グリッター きらめきの向こうにのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ク行
 > グリッター きらめきの向こうにの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

グリッター きらめきの向こうに

[グリッター]
Glitter
ビデオタイトル : グリッター
2001年
平均点:3.00 / 10(Review 9人) (点数分布表示)
ドラマミュージカルロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-05-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ヴォンディ・カーティス=ホール
キャストマックス・ビーズリー(男優)
マライア・キャリー(女優)
落合弘治(日本語吹き替え版)
西凜太朗(日本語吹き替え版)
堀越真己(日本語吹き替え版)
立木文彦(日本語吹き替え版)
仲野裕(日本語吹き替え版)
中田和宏(日本語吹き替え版)
真山亜子(日本語吹き替え版)
三宅健太(日本語吹き替え版)
岸祐二(日本語吹き替え版)
音楽マライア・キャリー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
9.《ネタバレ》 最後は少し盛り上がったけど、途中まではダラダラと…。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 3点(2007-07-01 17:53:34)
8.正にゴールデン・ラズベリー賞好きしそうな典型的アイドル映画。ストーリーは「スター誕生」。そこに生き別れになった母親のエピソードや80年代音楽業界での発砲沙汰を加味してありますが、全てに於いて中途半端で浅い作劇。企画先行型のやっつけ仕事感がプンプンします。本当にマライア・キャリーの歌と「身体」だけの映画でした。それにしても、マドンナも映画女優としては失敗続きでしたけど、こんな安易な企画に乗っかるほど馬鹿ではなかった。30過ぎてアイドル映画でもなかろうに…。この辺にトップ・アーティストとしての貫禄や自意識に違いが見えますね、3点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2006-10-18 00:03:48)
7.《ネタバレ》 世間でもここでものあまりのけなされように、観てみようという気にすらならなかったのだけど・・・初めて「これ好き」と言う人が現れて、奮起。で、結果・・・あれれ?そんなにひどいかなーって感じなんだけど。私も「これ好き」の奇特組に仲間入りか?!バックコーラス(ダンサー?)の二人組が最後まで切られなかったというのが何より嬉しくて(こういうサクセス・ストーリーにはつらい選択が必要不可欠で、この二人も当然・・・と思ってたから)、彼のことも仕事上はトラブっても最後まで気持ちは通じてたし、そんなこんなでロマンチストの私はとても気持ち良く観終わりました。るん♪
桃子さん 7点(2004-06-11 17:49:55)
6.《ネタバレ》 マライア・キャリーのマライア・キャリーによるマライア・キャリーのためだけの作品。
アル中の母との別離と再会。その間にはさまれた男の出会いとその突然の死。
女にとって男ってなに?
TSUTTYさん 0点(2003-12-15 17:08:05)
5.なぜマライヤの自伝を映画化する必要があるんか?
c r a z yガール★さん 3点(2003-11-02 21:13:19)
4.ここまで面白くない映画だとは・・・・・・・。っていうか、これって映画なのかなぁ。お金をかけたプロモーションビデオだと思えば、ファンの人には貴重かも。
ルクレツィアの娘さん 2点(2003-06-30 10:58:52)
3.いくらなんでもひどすぎる。これでは、M・キャリーのイメージビデオかミュージックビデオではないか。映画を馬鹿にしているとしか思えない。コメントする気にもなれないでござるよ。
Fatmanさん 0点(2003-03-30 16:31:58)
2.マライアの自伝?のサクセスストーリーだけど、演技はやっぱりイマイチで歌ってるだけの方がいいような気がした。ちょっと3流入ってる作品というのが感想。
Megさん 4点(2002-08-06 20:49:40)
1.マライヤ・キャリー主演のラブロマンス。…なんかこの作品に関してあまりいい評判を聞かなかったんですが、思ってたよりはよかったです。一応ストーリーもそこそこできてるし、世界的トップシンガーの歌声も堪能できるし(謎)ただ、舞台設定が1980年代なので音楽も80年代。だからこの作品のウリである音楽が全体的にレトロ。ファッションもレトロだし。あとは終わり方かな。ストーリー上、あれでしょうがないのかなぁ…。
びでおやさん 5点(2002-03-23 00:05:19)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 9人
平均点数 3.00点
0222.22%
100.00%
2111.11%
3333.33%
4111.11%
5111.11%
600.00%
7111.11%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.00点 Review1人
2 ストーリー評価 3.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS