イングリッシュ・ペイシェントのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > イングリッシュ・ペイシェント
 > (レビュー・クチコミ)

イングリッシュ・ペイシェント

[イングリッシュペイシェント]
The English Patient
1996年【米・英】 上映時間:162分
平均点:6.35 / 10(Review 188人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-04-26)
ドラマラブストーリー戦争もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-05-21)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンソニー・ミンゲラ
キャストレイフ・ファインズ(男優)アルマシー
ジュリエット・ビノシュ(女優)ハナ
ウィレム・デフォー(男優)デヴィッド・カラヴァッジョ
クリスティン・スコット・トーマス(女優)キャサリン・クリフトン
ナヴィーン・アンドリュース(男優)キップ
コリン・ファース(男優)ジェフリー・クリフトン
ユルゲン・プロフノウ(男優)ミューラー少佐
ニーノ・カステルヌォーヴォ(男優)ダゴスティーノ
ジュリアン・ワダム(男優)マドックス
津嘉山正種アルマシー(日本語吹き替え版)
山像かおりハナ(日本語吹き替え版)
戸田恵子キャサリン・クリフトン(日本語吹き替え版)
野沢那智デヴィッド・カラヴァッジョ(日本語吹き替え版)
大塚芳忠ジェフリー・クリフトン(日本語吹き替え版)
江原正士キップ(日本語吹き替え版)
小川真司〔声優・男優〕ドイツ人将校(日本語吹き替え版)
仲野裕ハーディ(日本語吹き替え版)
土師孝也マドックス(日本語吹き替え版)
西村知道(日本語吹き替え版)
伊藤和晃(日本語吹き替え版)
石井敏郎(日本語吹き替え版)
魏涼子(日本語吹き替え版)
藤巻恵理子(日本語吹き替え版)
伊藤栄次(日本語吹き替え版)
坂口賢一(日本語吹き替え版)
檀臣幸(日本語吹き替え版)
脚本アンソニー・ミンゲラ
音楽ガブリエル・ヤレド
作曲ヨハン・セバスチャン・バッハゴルトベルク変奏曲
挿入曲ベニー・グッドマン"Wang Wang Blues"
エラ・フィッツジェラルド"Cheek to Cheek"
撮影ジョン・シール
レミ・アデファラシン(第二班撮影監督)
製作ミラマックス(presents)
ソウル・ゼインツ
製作総指揮ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
配給松竹富士
特撮ジム・ヘンソン・クリーチャー・ショップ(特殊効果)
ムービング・ピクチャー・カンパニー特殊効果(ノンクレジット)
美術スチュアート・クレイグ[美術](プロダクション・デザイン)
ジョン・ブッシュ[美術](セット装飾補)
ステファニー・マクミラン〔美術〕(セット装飾)
衣装アン・ロス〔衣装〕
ゲイリー・ジョーンズ[衣装]
編集ウォルター・マーチ
録音ウォルター・マーチ
クリストファー・ニューマン〔録音〕
アイヴァン・シャーロック
デヴィッド・パーカー[録音]
字幕翻訳戸田奈津子
その他ポール・ウェブスター〔製作〕(プロダクション代表〔ノンクレジット〕)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
188.《ネタバレ》 この映画がアカデミー賞に値するかという意見については「当然」と主張したい。

なぜならほらよく思い出してほしい。戦争という背景、そして夫のいるヒロイン・・・夫とは燃えるような愛情ではなく情の延長線上にあるような関係、ヒロインに恋するアウトサイダーな香りのする男・・・そうあのハリウッドの不倫映画の名作「カサブランカ」臭がするのだから。

カサブランカの舞台は北アフリカのモロッコ。そう、そしてそのモロッコは、マレーネ・ディートリッヒ主演の不倫要素も含んでいたハリウッドのレジェンド的作品「モロッコ」の舞台でもある。

今やアカデミー会員の中身も、多様性を主張する少数派の意見によって女性や有色人種の割合も増え、新しい価値観の風が吹き荒れている。しかしちょっと前までは、大多数派である高齢の白人の男たちがぎゅうじる、高齢の白人の男たちの祭りであった。

となれば、今から20年以上も前のこの「イングリッシュペイシェント」という往年の名作の香りを漂わせる不倫映画が、不倫のひとつやふたつはしてそうな昔のお金持ちなオジサマに「なんて懐かしい世界観!ワンダホー!」と思わせ、彼らの心にロックオンしても何の不思議もない。

アカデミーでこのような古典的な香りのする不倫映画がオスカーを受賞できたのは、まさに”時代がそうさせた”ともいえよう。そして「不倫なんてけがらわしい!」と考えやすい女性の人数や若い世代が増えた現代のアカデミーにおいては、もう二度とオスカーを受賞することはないであろう(ゆえに、つくろうとする監督やプロデューサーもいないであろう)貴重な類の作品でもある。



劇中でアルマシー伯爵は、ひとりの女性を愛したことで、結果的には仲間をピストル自殺においこみ、あるいは飛行機での無理心中においこみ、さらに無関係だった人間でさえ敵軍にとらえられ指をはねられる運命へと引きずり込んでしまう。

「彼女以外の事はどうでもよかった」と、関係者だろうと無関係者だろうと彼らが死のうが体の一部を失おうが、彼女のもとに行くための飛行機とガソリンを手に入れるためだけに敵国に味方の地図を渡したアルマシー伯爵。

そこまでしても彼女を死に追いやってしまい、手に入れることはできなかったアルマシー伯爵。

彼女に指輪を贈りたくても、彼女の左薬指にはすでに別の男の指輪。でもシンブルなら贈っても夫の目に不自然ではない。バザールでぼったくられながら買った何気ないものだったけれど彼女にとっては指輪以上の意味を持っていたのだろう。アルマシー伯爵が瀕死の彼女の胸にペンダントにして身に付けられたシンブルを見つけて、初めて堰をきったように泣き崩れた場面では胸がどうしてもしめつけられた。

洞窟で死んでしまった彼女の、彼が好きだったという首の付け根(アルマシー海峡)に、そのシンブルの中にあるサフランの粉をこぼし、それで彼女の顔に化粧をほどこして、彼女を白い布で覆いお姫様だっこで洞窟から現れた彼は、まるで教会のドアから花嫁を抱いて出てきた花婿のように錯覚した。

しかし彼女は死んでいて、彼女を飛行機に乗せて死に場所を求めてふたり旅立つ光景は、未来のない新婚旅行に見えてやるせなくなった。

どんなに愛しても、結婚して祝福されることのない関係・・・。
不倫は、愛情の深度と現実に起きる出来事とのギャップが 通常恋愛よりも大きいからこそ、見るものに、人間のやるせなさや、もどかしさ、やりきれなさ、どうにもならい閉塞感と悲壮な感情をこれでもかというほどに、かきたてる。
そういう意味で、けして映画のテーマとして否定してはならない、外せないカテゴリーであることは間違いないと思う。

アルマシー伯爵の不倫からの安楽死という悲しい結末(闇)の後に、”私と関わった人は必ず死ぬ”というジンクスを破ったインド人彼氏との未来に希望を抱くジュリエット・ビノシュや、積年の恨みを手離し恋人との未来に心弾ませるウィレム・デフォーというサイドエピソード(光)を描くことで、「闇のあとには光が現れる」「闇夜の後には必ず夜明けが訪れる」というイメージが、往年の名作のオマージュに感じられるこの北アフリカの自然と溶け合い、これだけアルマシー伯爵を起点に大勢のひとたちが悲しい運命をたどったというのになぜかすがすがしい気持ちにさせる・・・

不倫のように複雑な味わいのある映画であった。
フィンセントさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2019-02-07 11:10:33)
187.冒頭で撃墜された飛行機のパイロットが誰なのか、どういうシチュエーションなのか、徐々に明らかになっていくが、不倫とはいいながらも壮大なストーリーが浮かび上がってきてその壮大さに圧倒される。また、舞台が砂漠ということもあり、美しくも恐るべき自然も興味深かった。あの砂嵐は、こんなことになってしまうんだととにかくびっくりした。好み25/50、演出9/15、脚本8/15、演技8/10、技術8/10、合計58/100→6/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 6点(2017-03-15 23:02:06)
186.《ネタバレ》 一言でいえばただの不倫映画。オプションとしてアカデミー作品賞がつく。
人間の愛や愚かさを北アフリカをバックに壮大に描いただけ。罪の代償だけに幸せになるはずがない。
2人のラブロマンスにスポットがあたっているが心中を図った旦那さんの気持ちを考えてごらんなさい。これを果たして美しい映画として呼べるか疑問。人間の不徳です。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-11-07 00:27:09)
185.《ネタバレ》 文芸作品としての上品な風格とハリウッド映画らしい大作感を両立した作品であり、そのルックスはほぼ完璧。「これは何か賞をやらなければ」と思わせるだけの仕上がりだし、一方で同年には他に突出した作品がなかったこともあって、作品賞を始めとするオスカー大量受賞には納得がいきます。アカデミー会員が求めるものを、ほぼパーフェクトに充たした作品なのですから。ただし「面白いか?」と聞かれると、これはちょっと微妙と言わざるをえません。
ざっくり言うと不倫で身を持ち崩した男の話なのですが、その舞台が第二次大戦前夜というキナ臭い時代だった上に、登場人物達の背景に国際的な諜報戦も絡んできたことから悲劇は雪だるま式に折り重なっていき、最終的には大勢の人の死に繋がっていくという劇的な展開を迎えます。そのまま映画化すればさぞや面白かろうという内容なのですが、厄介なことに、監督とプロデューサーは恐らく意図的に娯楽性の高くなりそうなポイントを外してきています。本作の評価はこの点をどう受け止めるかにかかっており、この手の文芸作品が好きな人にとってはストーリーテリングにおけるこの独特な取捨選択がハマったのかもしれませんが、それ以外の観客にとっては、盛り上がりそうで盛り上がらない中途半端な展開にフラストレーションが溜まる結果となっています。
具体的には、足を負傷したキャサリンを砂漠の洞窟に残して救助を求めに出て行ったアルマシーが、その国籍ゆえにスパイ容疑をかけられてキャサリンを助けに戻れなくなるというくだり。タイムリミットサスペンスの要素とも相まって、詳細に描けばかなり面白くなったであろう展開なのですが、監督は驚くほどアッサリとこのパートを流してしまいます。その過程において売国行為にまで手を染めるという、アルマシーにとって分岐点となったイベントも簡単なナレーションのみで片付けられており、その意思決定の時点でアルマシーが抱えていたジレンマはほとんど描かれません。監督によるこの取捨選択には大きな疑問を持ちました。
他方、無駄に感じたのが看護師ハナの物語全般です。映画は現在パート(1944年)と回想パート(1938年)を行き来しながら進行するのですが、現在パートにおけるハナと爆弾処理兵キップとの恋愛が本筋にうまく絡んでいない上に、この物語がさして面白くもありません。ハナとキップは登場させず、間接的に加害者となってしまったアルマシーと、アルマシーの売国行為によって重大な損害を受けたカラヴァッジョの対話を現在パートの基礎とした方が全体的な話の通りは良くなったような気がします。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2016-01-18 19:18:00)
184.深い愛の物語でした。第2次大戦に絡めたお話になっているのですが、時間の流れがとても分かりにくいんです。また、さほど重要ではないのかもしれませんが、国籍もよく分かりません。記憶をたどって語る物語と、現在の物語のつながりが、私にはよく分かりませんでした。
shoukanさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-01-17 17:13:02)
183.個人的なツボは、「艦長」とデフォーがやりとりする凄惨なシーン。艦長以外を演じる「艦長」を初めて見ました。陸に上がってもやっぱりドイツ軍人で、やっぱりクールですね。チョイ役でしたが。
眉山さん [インターネット(字幕)] 8点(2015-04-23 21:23:24)
182.主演二人もすばらしかったのですがコリンファースの控えめな演技も大変よかったかと。昔からレイフ・ファインズは誰かと混ざる。でもそれも思いだせない、情けないけど思い出したらまた書きます。とほほ。
HRM36さん [DVD(字幕)] 7点(2015-03-02 13:40:52)
181.《ネタバレ》 ○回想シーンを入れた戦争メロドラマ。雰囲気など割と好きだが、どうも長い。2時間くらいでまとめてほしかった。IMBDを見ると最初は4時間以上あったとか。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-01-04 16:11:22)(良:1票)
180.見終わってネットで調べた結果、アルマシーがハンガリー人だと気づきました。これでは内容についてきちんと理解できたかどうか、心許ないわけですが……。長時間でも見られましたが、それは撮影と音楽のおかげでしょう。時間に見合った作品だったかどうかは、「?」が付きます。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-11-03 09:37:19)
179.上映時間がちょっと長く感じる戦争メロドラマでした。たくさんオスカーを取っている作品ですが、観終わってから知りました。何が受けたのかはよく分かりませんが。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-10-26 00:41:46)
178.《ネタバレ》 ハナとカラバッジョの二人がカナダ人という設定は、イギリスの分国であるからなのはもちろんだが、カナダの持つ国際貢献のイメージをハナに重ねたものと思われる。主要な登場人物である二人が、フランス語を母語とするケベック人であることがさりげなく示され、国家の枠組みにとらわれないコスモポリタンとして登場していることは、元カナダ在住の小生には興味深い。■恋人キャサリンの命が危機に晒されているのに、彼がイギリス国籍でなく姓がドイツ風だという理由で必要な援助を受けられず、それどころか捕らえられ連行までされれば、裏切りたくもなるだろう。ところがキャサリンが死んだことで、裏切りは意味を失くす。自分も死のうと決意するが、飛行機が墜落したあとも死に切れず、記憶をなくした彼は皮肉にも「イギリス人の患者」と呼ばれる。■本作は「不倫を美化しているから受け容れられない」という意見が多いが、主人公らの恋を不倫に設定したのはわざとだろう。なぜなら、不倫は二人にとって夫と友人を裏切る行為であり、それが国を裏切る行為と対比されているからだ。■戦争は国家のために命を捧げる行為だが、アルマシーは不倫相手の命を救うために国家機密を売り、その結果多くの市民と軍人を戦禍に巻き込み、友人と不倫相手の夫を自殺に追い込み、その部下もスパイ容疑で拷問されるという惨事を招く。だがそれほどの犠牲を払ったにもかかわらず、キャサリンは息絶えてしまう。それが、作者が背徳者の二人に与えた報いである。■キャサリンは遺書に「いとしい人、あなたを待っている。外に出れば日差しが強すぎる」と綴った。背徳者の二人には、日の当たる世界に出るのは厳しすぎ、日陰に隠れる生活が相応だと暗示している。だがアルマシーを許したカラバッジョと、誰にでも無償の愛を注いだハナは、最後にアルマシーが見ることのなかったまぶしいばかりの朝を見た。恋人との仲を修復したカラバッジョと、その車に乗り込むハナが、全身に日の光をいっぱいに浴びる映像が大変美しく、彼らに輝かしい未来があることを強く予感させる。それから車は画面の右へ、そして飛行機は画面の左へと消えてゆく。ハナとカラバッジョには現実世界での幸福が、そして背徳者の二人には「地図のない世界」での自由が示される。対称的な両者の人生は、偶然にただ一度交差し、そして反対方向へと向かったのだ。
高橋 幸二さん [地上波(字幕)] 6点(2014-07-06 10:20:30)(良:3票)
177.《ネタバレ》 三度目の鑑賞。三度目が一番面白かったかな。やはり不倫なんてものを題材にされても困るのは変わりないが、映像とサウンドのクオリティーの高さは感服。特に飛行機で砂漠を飛行していくシーンがいくつかあるが、何度も見てしまった。そのスケールの大きさと相反してメイン二人に小物感を感じてしまう。二人の独りよがりさと余裕のなさが事態を悪くし、それらに不運にも巻き込まれてしまった人々が居たたまれない。
それでも映像と音楽との画面が壮麗で砂漠映画としては圧巻されるだろう。
なさんなさん [DVD(字幕)] 6点(2014-04-24 16:05:08)
176.戦争を背景にした壮大なロマンはまさにアカデミー作品賞にふさわしい。忘れかかった頃にDVDで繰り返し見るが、そのたびに涙が止まらない。アフリカの広大な砂漠を飛ぶ飛行機が実に印象的だが、キップとハナのロマンスもフレスコ画あたりだけでなくもうちょっと膨らませてほしかった。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 9点(2013-12-03 14:05:25)
175. うーん、感情移入できませんでした。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-06-28 21:40:05)
174.《ネタバレ》 面白くないわけではないが、アカデミー賞作品賞に値するかはちょっと疑問。
規模の大きさと映像美は感じるが、まるでハーレクインロマンスのようなストーリー。
大火傷を負ったイギリス人患者が、失われた記憶を辿っていく過程で、不明だった人間関係やスパイ活動などの真相が明らかになっていく。
そこにサスペンス性はあるのだが、テンポが悪くて緊張感がなかなか高まらず、冗長で散漫な印象を受けてしまう。
妻の不倫に勘付いたジェフリーが、飛行機でアルマシーに心中覚悟で突っ込んだあたりからやっと面白くなった。
アルマシーがドイツに地図を売ったのはやむをえないことで、砂漠の洞窟でひとり死んでいったキャサリンとの悲恋が切ない。
だからこそ親指を失ったカラヴァッジョもアルマシーへの復讐する気が失せたのだろう。
ただ、その命がけの愛が不倫で、どうしてそこまで深く愛し合ったのかの描写が不足しているので、その分共感しにくいのが難点。
また、全体にテンポアップしてハナの恋愛エピソードもカットすれば、160分の長尺をもっと短くできたはず。
ハナがアルマシーの意図を汲んでモルヒネの量を増やし安楽死させてあげたのは、結末としては良かったと思う。
飛鳥さん [ビデオ(吹替)] 5点(2013-06-09 01:59:10)(良:1票)
173.《ネタバレ》 これがホントにアカデミー賞?初めてアカデミー賞の失敗作を見た。要は不倫相手のダンナに殺されかけたんだけど運良く助かっちゃったと。ところが不倫相手は巻き添えくって重傷になっちゃったんで助けようとしたんだけどドン臭くてモタモタしてたら死なせちゃったと。オレが悪いんだぁ~って自己陶酔して安楽死させてもらったと。これだけのことでしょ?どの登場人物にも何の共感も感情移入もできない。何も心に響かない。近来希にみる超駄作。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 1点(2013-03-27 00:39:58)
172.《ネタバレ》 おもしろくない。戦争映画でもないし恋愛映画?としても駄作。登場人物、特に不倫する奥さんに魅力が無い。勝手に不倫して勝手に困って勝手に死ねよって思いました。そもそも題材が「不倫」って作品に名作は無いですね。二人の男にしっかり抱かれてて真実の愛もくそもないです。アカデミー賞の審査員ってのはおっぱい出してる作品が好きなんですね。
どちて坊やさん [DVD(字幕)] 2点(2010-12-23 00:16:47)
171.《ネタバレ》 僧院の床に伏せる、見るに耐えない姿の全身火傷男。現在と回想シーンを行き来する異色の構成ですが上映時間をかなり長く感じてしまいました。墜落事故後のラスト40分ほどの物語しか印象に残ってません。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 5点(2010-09-11 02:09:41)
170.盛り込みすぎなのか、はっきりしないことが多すぎます。砂漠での不倫はだめってことですね。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 4点(2010-03-07 18:39:28)
169.《ネタバレ》 決して悪いお話しでは無いのですが、私には今一つ心に響かなかったですね。冒頭、砂漠の砂が縞模様になっているシーンは、まるで女体を陰影深く撮った様にも見えて、とてもエロチックで印象深かったですが、いかんせん、長すぎますよこの映画。「英国人の患者」の正体に迫ってゆくミステリー仕掛けの伏線も中途半端でしたし。どうも自分にはレイフ・ファインズという俳優とは相性が悪いみたいで、彼を観てると何を演じていてもイライラさせられるのです。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-02-19 01:03:39)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 188人
平均点数 6.35点
010.53%
131.60%
242.13%
3115.85%
42312.23%
52814.89%
63418.09%
72010.64%
82211.70%
92211.70%
102010.64%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.80点 Review5人
2 ストーリー評価 4.69点 Review13人
3 鑑賞後の後味 4.40点 Review10人
4 音楽評価 6.10点 Review10人
5 感泣評価 2.57点 Review7人
chart

【アカデミー賞 情報】

1996年 69回
作品賞 受賞 
主演男優賞レイフ・ファインズ候補(ノミネート) 
主演女優賞クリスティン・スコット・トーマス候補(ノミネート) 
助演女優賞ジュリエット・ビノシュ受賞 
監督賞アンソニー・ミンゲラ受賞 
撮影賞ジョン・シール受賞 
作曲賞(ドラマ)ガブリエル・ヤレド受賞 
音響賞クリストファー・ニューマン〔録音〕受賞 
音響賞ウォルター・マーチ受賞 
音響賞デヴィッド・パーカー[録音]受賞 
美術賞ステファニー・マクミラン〔美術〕受賞 
美術賞スチュアート・クレイグ[美術]受賞 
衣装デザイン賞アン・ロス〔衣装〕受賞 
脚色賞アンソニー・ミンゲラ候補(ノミネート) 
編集賞ウォルター・マーチ受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1996年 54回
作品賞(ドラマ部門) 受賞 
主演女優賞(ドラマ部門)クリスティン・スコット・トーマス候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)レイフ・ファインズ候補(ノミネート) 
助演女優賞ジュリエット・ビノシュ候補(ノミネート) 
監督賞アンソニー・ミンゲラ候補(ノミネート) 
脚本賞アンソニー・ミンゲラ候補(ノミネート) 
作曲賞ガブリエル・ヤレド受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS