陽だまりのグラウンドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > 陽だまりのグラウンド
 > (レビュー・クチコミ)

陽だまりのグラウンド

[ヒダマリノグラウンド]
Hard Ball
2001年【米・独】 上映時間:106分
平均点:6.23 / 10(Review 91人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-04-20)
ドラマスポーツもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-12-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブライアン・ロビンス
キャストキアヌ・リーヴス(男優)コナー・オニール
ダイアン・レイン(女優)エリザベス・ウィルクス
ジョン・ホークス〔1959年生〕(男優)ティッキー・トビン
D・B・スウィーニー(男優)マット・ハイランド
マイク・マッグローン(男優)ジミー・フレミング
グレアム・ベッケル(男優)ダフィ
マイケル・B・ジョーダン(男優)ジャマル
小山力也コナー・オニール(日本語吹き替え版)
唐沢潤エリザベス・ウィルクス(日本語吹き替え版)
桐本琢也ティッキー・トビン(日本語吹き替え版)
緒方文興マット・ハイランド(日本語吹き替え版)
ゆきじコーフィ・エヴァンス(日本語吹き替え版)
朴璐美レイレイ(日本語吹き替え版)
こおろぎさとみGベイビー(日本語吹き替え版)
喜田あゆ美ジェファーソン・アルバート・ティッブス(日本語吹き替え版)
安藤麻吹(日本語吹き替え版)
脚本ジョン・ゲイティンズ
音楽マーク・アイシャム
撮影トム・リッチモンド
製作ブライアン・ロビンス
マイケル・トーリン
パラマウント・ピクチャーズ
製作総指揮ハーブ・ゲインズ
アーウィン・ストフ
配給ギャガ・コミュニケーションズ
松竹
その他ハーブ・ゲインズ(ユニット・プロダクション・マネージャー)
アレグラ・クレッグ(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
コナー(キアヌ・リーヴス)は、スポーツ賭博でできた借金の、執拗な取立てに四苦八苦し、証券会社に勤める友人に借金を頼む。が、友人の出した条件は、週給500ドルで少年野球チーム「キカンバス」のコーチを務めることだった。 渋々従うコナーだったが、劣悪で危険な環境の中、野球を楽しむ子供たちとの出会いによって、自分が失っていた大切なものに気付きはじめるのだった。 原作は作家のダニエル・コイル。自身が少年野球のコーチをした経験を基に書かれた小説の映画化。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
91.《ネタバレ》 キアヌの優柔不断なキャラクターと野球のコーチというのがどうもピンとこない。予定調和な作品。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 5点(2018-05-03 14:13:36)
90.バクチ好きで投げやりの男が急に子ども思いのコーチになるとは信じられないのだけど・・・。黒人の子どもたちの純粋さは良かったし、彼らがサミー・ソーサに憧れる気持ちもよくわかる。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 5点(2015-04-23 21:58:46)
89.全然面白くなかった記憶だけある。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 2点(2014-10-04 11:58:10)
88.《ネタバレ》 ○所詮賭けで生計を立てている主人公が金のためとはいえ、嫌いな子供相手に野球を教えることに関して主人公の心映りがあまり描かれていない。○Gベイビーが殺される意図が分からん。○野球をしているシーンもそれなりに見応えはあるが、本作のハイライトは子供たちがソーサに手を振るシーン。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-10-27 17:39:45)
87.《ネタバレ》 えぇぇー そりゃないっしょ~ ベタベタ鉄板展開だけどたまにはこういうのもいいよね…と思ってたらあのラストにかーなーりビックリ! あれがアメリカの一部の実情なのでしょうか?そうだとしたら大変な国ですよマジで  キアヌいい感じですごく良かったけど展開が唐突すぎてもったいなかったかな 子どもたちの弾けるような笑顔 とくに球場に行った時の表情は最高&ダイアン・レインがものすごく大人な女の人の雰囲気満点でアリマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-02-09 08:50:43)
86.《ネタバレ》 作品として説明不足な点は多かったですが、野球映画は大好きですし、作品全体の雰囲気は悪くなかったです。特にスタジアムにメジャーリーグのゲームを観戦に行くシーンはこの作品で最も好きなシーンです。子供たちがこうして野球に魅せられていくんだなあ、というのがとてもよく描かれていたと思います。また、この作品のキアヌ・リーブスは本当に良かったと思います。特に教会のシーンの彼は素晴らしかったと思います。
とらやさん [映画館(字幕)] 5点(2009-01-13 22:04:14)
85.いい映画ではあるだろうけど、人の死をもって感動へと誘う作りが、あからさますぎて好きにはなれない。もちろん実際に起こり得ることなのかもしれない。原作者が経験を通して描いた世界だというが、そういう現状があるとして、その現状へのやるせなさが、悲しさを誘うのは確か。ただ、その題材に触れてしか、感動へといざなえないことも悲しい。キアヌリーブスがさしたる演技をみせつけたわけでもなければ、自分の知る限り実話ではない、一つの悲しい物語をポジティブに捉えさせようとした今作に、拍手喝采とはいかない。
Andrejさん [DVD(字幕)] 5点(2008-11-15 03:11:09)
84.今更このネタのやるなら真面目に作ってくれないと・・・
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 4点(2008-08-06 10:20:08)
83.《ネタバレ》 大きく期待はずれでした。
スポーツ映画というよりはスラム街の治安の悪さや悲劇が大きく描かれてて重い。
ラストの感動への持っていきかたもスポーツとは関係なし。

主人公も微妙で立ち直っていく過程も全くないし、これはスポーツ映画ではない。
Sway N Linさん [DVD(字幕)] 4点(2008-06-27 21:11:33)
82.《ネタバレ》 鑑賞前は、ダメ男が子供たちと野球を通じて自分を見つめ直す、よくあるドラマだろうと高を括っていました。
しかし実際はお涙頂戴でも無く、子供をダシに感動を仕立てた安っぽいドラマでもなく、治安の腐敗、殺伐とした街、エゴに塗れた大人たちなど、荒廃した世界を映し出したリアルなドラマだった。

主人公は堕落したダメ人間の典型だが、そんな自分を嫌悪しつつ、そのぬるま湯から簡単には抜け出せない様子も窺える。
これはつまり、人間の根本的な弱さと、大人に成れば成るほど堕ちた時の絶望感が大きいのだ、ということを意味しているように思う。
しかし、どんな人でも変わることが出来るはずだ。
その代名詞として、愛や子供という純粋で無垢な存在があるのだろう。
綺麗事と言われるかもしれない。
だが、こんな時代や環境を恨む事無く、真っ直ぐ懸命に生きようとする子供たちの姿を前にして、自らの荒んだ生き方をどうして恥じずにいられる?
愚かな自分でも受け入れようとしてくれている人を前にして、どうして変わる事を恐れる必要がある?
どんなに小さくても、自分が変わる為のキッカを何か一つでも掴めたか否かで、その後の人生がいくらでも変えられる事を、この映画は教えてくれる。

しかし、理不尽なこの世界。
生と死の前では、人はあまりにも無力なのだという事を感じざるを得ない出来事に、言い知れぬ悲しみを感じる。
目を背けたい現実を受け止めながら進むのは辛く苦しいが、人間として大きく前進する為の大切な課程であるのだろう。
港のリョーコ横浜横須賀さん [DVD(字幕)] 6点(2008-06-16 22:18:52)
81.《ネタバレ》 主人公(キアヌリーブス)の行動がふらふらしていて、成長が上手に描けていないように思う。あと年齢制限で除名になった少年がそのまま一人だけ排除されギャングに堕ちていったことに対するフォローがまったくなかったのが後味が悪かった。
こまごまさん [ビデオ(字幕)] 4点(2006-12-25 17:12:57)
80.終盤に感動して結構泣けたし、他のこの手の映画より少し違うものに思えた。見る前、少年野球のサクセスストーリーな映画かと思っていたが、実際は野球映画というより人間ドラマであり、社会派な感じがした。アメリカのスラムは危険な事は知っていたが、あれ程とは思わなかったので正直驚いたし、確かに子供が夜一人では相当怖いだろうと思った。ああいう生活の中で唯一の楽しみが野球であったり信頼できるのがそのコーチであったりとそいう事がわかると映画が途中から違う感じで見れた。アメリカに比べると日本なんて平和で治安がよくて暮らし安くてものすごく恵まれていると思った。でも、野球場はちゃんと芝生があって電動の表示板があったりとそのへんはアメリカだと思った。メジャーを見に連れて行ってもらった時の少年達の喜びようが良かった。自分もプロ野球を見に行くといつも楽しい気分になるのでその感動が良くわかった。ひとつ気になった事はなぜ強くなったかという事。描かれていないので気になった。それとキアヌはああいう役が似合っていると思った。
スワローマンさん [DVD(字幕)] 9点(2006-09-05 18:48:42)
79.最後とか、監督に対するすごい信頼とかは、説明できるエピソードもある程度ふくまれているものの、なんか消化不良な感じは否めませんが、全体として最後に心に残るものもありましたし、見れて良かったと思える映画です。なんか典型的に監督は昔野球をやってて、、、見たいなベタベタな感じではなく良かったですよ
マキーナさん [DVD(字幕)] 7点(2006-09-03 15:27:36)
78.いい映画だと思うけど…
ラスウェルさん [ビデオ(吹替)] 6点(2006-06-12 09:01:33)
77.なかなかに爽やかなストーリでした。ただしギャンブルで生計を立てたり、白人のお金持ち、黒人の風俗みたいな部分が色濃く出すぎていてちょっと日本人としては、ひいちゃう場面が多々ありました。これが現実なのか?って感じですね。ダイアンはいくつになってもきれいでした。いいお話です。
たかちゃんさん [DVD(吹替)] 6点(2005-09-27 11:20:54)
76.《ネタバレ》 キアヌ・リーブスって、感情描写の下手な役者だと思っていました。しかし、この映画では、役の設定が良いのも手伝って、心がこもっている非常に良い演技をしていました。題材も野球がメインではなく、ハーレムの子供たちの生活ぶりに焦点を合わせており、荒廃の中でも野球を楽しんでいる子供たちという部分で、感動しました。ただ、キアヌがどの辺りで子供たちのことを大切だと思うようになったかのきっかけが分かりにくく、知らぬ間にギャンブルから足を洗って…、という展開がちょっと話についていくのに戸惑いました。しかし次第に借金の返済のためでなくなり、本当に子供たちのことを親身になっていくキアヌの変化が素晴らしい映画でした。ベイビーGが死んでしまったのは残念でした。
どんぶり侍・剣道5級さん [DVD(吹替)] 7点(2005-06-01 21:11:40)
75.字幕版にしかでてこない、「自分を価値ある人間にしてくれた」という言葉に感動した。そして自分の価値が見つかることを、作ることを、今も十分にあることを、願う。
000さん [DVD(字幕)] 7点(2005-04-09 23:10:56)
74.可もなく不可もなく。典型的な映画です。
子供達がキアヌに信頼をよせるようになっていく展開が結構適当な感じでちょっと納得いかないくらいです。
ばかぽんさん 6点(2005-02-18 04:14:31)
73.ベイビーGしか印象に残っていないんだけど、それくらい可哀想だった。まっ、おいしい役ではあるが…。彼が一塁に走る姿を見て、昔巨人の有田捕手がサード前にセーフティーバンドをしてヘッドスライディングしたのを思い出しました。
tonaoさん 7点(2005-02-11 23:22:31)
72.地味ながら好きです。美しい邦題が感動の押し付けっぽくてちょっと・・・・。でもいい映画ではないでしょうか。
やぶさん 7点(2005-01-05 21:39:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 91人
平均点数 6.23点
000.00%
111.10%
211.10%
322.20%
41112.09%
51718.68%
61819.78%
71920.88%
81314.29%
966.59%
1033.30%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.66点 Review3人
2 ストーリー評価 6.00点 Review5人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review4人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 5.00点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS