ライトスタッフのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ライトスタッフ
 > (レビュー・クチコミ)

ライトスタッフ

[ライトスタッフ]
The Right Stuff
1983年【米】 上映時間:193分
平均点:7.74 / 10(Review 134人) (点数分布表示)
公開開始日(1984-09-01)
ドラマアドベンチャー実話もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-01-04)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フィリップ・カウフマン
演出バディ・ジョー・フッカー(スタント・コーディネーター)
キャストサム・シェパード(男優)チャック・イェーガー
スコット・グレン(男優)アラン・シェパード
エド・ハリス(男優)ジョン・グレン
デニス・クエイド(男優)ゴードン・クーパー
フレッド・ウォード(男優)ガス・グリソム
バーバラ・ハーシー(女優)チャック・イェーガーの妻 グリニス・イェーガー
キム・スタンレー(女優)バーの女主人 パンチョ・バーンズ
ヴェロニカ・カートライト(女優)ガス・グリソムの妻 ベティ・グリソム
パメラ・リード(女優)ゴードン・クーパーの妻 トルーディ・クーパー
ランス・ヘンリクセン(男優)ウォルター・シラー
ドナルド・モファット(男優)副大統領 リンドン・B・ジョンソン
スコット・ウィルソン(男優)民間パイロット スコット・クロスフィールド
キャシー・ベイカー(女優)アラン・シェパードの妻 ルイーズ・シェパード
ローヤル・ダーノ(男優)大臣
デヴィッド・クレノン(男優)連絡係
ジェフ・ゴールドブラム(男優)宇宙飛行士をスカウトしにくる男
ジョン・P・ライアン(男優)マーキュリー計画の主任
ウィリアム・ラス(男優)民間パイロット スリック・グドリン
リヴォン・ヘルム(男優)ジャック・リドリー
ジョン・デナー(男優)ヘンリー・ルース
リヴォン・ヘルムナレーター
菅生隆之チャック・イェーガー(日本語吹き替え版)
池田勝アラン・シェパード(日本語吹き替え版)
牛山茂ジョン・グレン(日本語吹き替え版)
大塚芳忠ゴードン・クーパー(日本語吹き替え版)
秋元羊介ガス・グリソム(日本語吹き替え版)
井上喜久子ゴードン・クーパーの妻 トルーディ・クーパー(日本語吹き替え版)
塚田正昭副大統領 リンドン・B・ジョンソン(日本語吹き替え版)
小島敏彦(日本語吹き替え版)
田原アルノ(日本語吹き替え版)
脚本フィリップ・カウフマン
音楽ビル・コンティ
トッド・ボーケルハイド(補足音楽)
撮影キャレブ・デシャネル
製作アーウィン・ウィンクラー
ロバート・チャートフ
製作総指揮ジェームズ・D・ブルベイカー
制作東北新社(日本語版制作)
配給ワーナー・ブラザース
美術ジェフリー・カークランド(プロダクション・デザイン)
ジョージ・R・ネルソン(セット装飾)
編集トム・ロルフ
スティーヴン・A・ロッター
ウィリアム・チャートフ(特別編集〔ノンクレジット〕)
録音ランディ・トム
デイヴィッド・マクミラン[録音]
デヴィッド・パーカー[録音]
その他リン・スタルマスター(キャスティング)
ジェームズ・D・ブルベイカー(プロダクション・マネージャー)
ウォルター・マーチ(スペシャル・サンクス)
あらすじ
有人宇宙飛行においてソ連に遅れをとったアメリカ政府は,「マーキュリー」計画を実行。選りすぐりのパイロットを集める。有人飛行時間記録へ挑む所謂「マーキュリー7」の活躍と,孤高のテスト・パイロット,チャック・イェーガーの陰影感溢れる姿を描いたドキュメンタリー・タッチの秀作。なお,後の「サンダーバード」のトレーシー兄弟のファーストネームは,このマーキュリー7から名付けられた。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
134.《ネタバレ》 基本長過ぎ・・ アメリカの宇宙ロケット開発の歴史映画だけど
ドキュメンタリー調でもあり、どこを切っても娯楽映画ではない。3時間13分は疲れる。
運転免許の違反者講習並みの忍耐必要・・。

申し訳ないが、コチラが見たいのはロケット技術の話と、その映像であって、パイロットの
プライベートやら、家庭の事情とかではない。できれば政治家の葛藤とかも要らないくらいだ。
その人間ドラマ部分を全て削ったら、多分1時間程度の尺になるだろう。ダラダラ感がキツイ。

最初の搭乗員をサルにしてしまい、気落ちした飛行士に誰かが「どーせサルでもできる仕事」との問いに
「サルは任務がどんなに危険なのかを知らない」「我々は知った上で機に乗り込む」との会話。
この言葉は重い。無人実験の大爆発を繰り返し目撃した後で、搭乗する精神状態は半端ではない。
ここら辺はカットできない部分でしょう。

アポロ計画の前段階、マーキュリー計画の映画なので、そこで終わりになるのですがどーもピンと来ない。
新しいテクノロジーでトラブル連続の中、有人ロケットのリスクは伝わりました。
それを伝えるドキュメンタリーとしては良いと思います。ただ「二兎を追うものは一兎をも得ず」ですよ。
女房事情、下半身事情、政治の事情も全て入れたら、食い過ぎで腹を壊しますってこと。 ホント長かった
グルコサミンSさん [DVD(字幕)] 5点(2019-02-27 17:03:33)★《新規》★
133.《ネタバレ》 ファースト・マンのところにおおむね感想書いてしまったので詳しくは描きませんが、この映画以上に「男のロマン」が詰まった作品を、私は知りません。
Northwoodさん [映画館(字幕)] 10点(2019-02-09 00:55:27)
132.《ネタバレ》    
ライトスタッフ
適材適所、という訳が正しいかは分かりませんが
それぞれが、どうしようもないほどのロマンを抱えて
自分の可能性に命さえも掛ける男達ですが
必ずしも求めた夢が叶うわけではありません

それでも、男たちは自分がするべきことに
自分だからこそできることに、誇りを持って臨みます
傷だらけで堂々と歩くイエーガーの姿が熱く胸に残ります
こっちゃんさん [映画館(字幕)] 9点(2016-07-30 02:38:53)
131.まあまあ、男意気の上がる映画として良いのだけれど、映画の最後の締めの言葉がダメだったね。
この映画監督、脚本家は、パイロットの生き様を判っていないと感じたので、-1点。

最高のパイロットは壁に飾られた人々を含め、挑戦したパイロット達でしょう。
また、良い面に対する、負の側面をもう少し掘り下げられれば、映画に深みが出たかな。
cogitoさん [DVD(字幕)] 6点(2016-07-17 11:18:02)
130.《ネタバレ》 序盤、1947年の音速突破から50年代の空のスピード競争を淡々と描き「これはほんとに地味真面目な映画だな」と観客が認識仕切った頃にぶちかまされる大統領相手のプレゼン「宇宙飛行士におすすめするのはサーファーです云々」ってどういうギャグなんだ、おい!  個人的にはこのシーンがこの映画のクライマックス。

真面目に書くとアメリカ宇宙開発と飛行機の歴史から見て時系列がやや混乱するシーンがあり、たとえばクライマックスのアトラス6号の再突入にかぶって対照的に描かれるF104ジェット戦闘機の高度挑戦シーンは実は3年以上前の過去に起きた出来事で決して同タイミングのシーンではないんだけど、多分そこは映画のクライマックスとしての意図的な脚色。 とはいえ、歴史から見れば嘘に見える作りなわけで、そういうとこはちょっと嫌。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-03-25 22:39:38)
129.《ネタバレ》 どの道を歩んでも、自分や仲間や家族を信じてやり抜く事。そんな心強いテーマなので、鑑賞後は、「よし、自分も頑張るぞ!」っていう気持ちになりました。この映画に出てくる飛行士たちは、肉体や精神が強くなればなるほどに、思考が単純で明瞭になっていきます。物事は単純に考えた方がいいですね。無駄な回り道や言い訳はしない。そんな男らしい男になりたいものです。
VNTSさん [DVD(字幕)] 7点(2013-07-26 23:25:57)
128.科学の先端での「職人気質」を賞揚する。人間臭さの連帯感みたいなこと。最後のドンチャン騒ぎのバーベキューパーティで最も優れたパイロットの名を言いかけて、あとはマスコミ向けのジョークに変えてしまう。副大統領に会わないグレン夫人をめぐるゴタゴタで一致団結する。この「誇り高い職人たち」を、夫人たち女の理論がさらに対象化して笑えればもっと良かったんだけど。室内がやたら暗いのは、青空の勇気の世界と対照させているのか。瑣末なエピソードの堆積こそが歴史である、という考え方。出来事を全体で捉えようとする。宇宙ものはSFと決まっていたのに、本作あたりから「歴史」になった。へー、これアカデミー作曲賞とってんのか。チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲もどきで、宇宙に出ると「惑星」の火星や木星が鳴って、かなり安易と思ったが。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 7点(2013-04-30 09:27:28)
127.とりあえず航空史宇宙史ということで観れました。未知なるものに挑戦したいという男の本能というのにフォーカスした感じです。人間模様の裏表も見れて面白かったのですが、ただ尺が長かった・・・。いやにデニスクエイドが若い!と思ったら30年前の作品だった。そうなると、評価は上がる。
タッチッチさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-04-10 12:53:20)
126.作品のポリシーや魅せようとする気概は感じるが主役級が多い上にストーリーがクロスするのにストーリーテリングを軽視しすぎでわかりにくい。似たような顔だらけで途中から誰が誰でどんなキャラだかもわからなくなり感情移入どころではなくなってしまった。七人の侍は1人1人個性豊だから面白いのであってこれでは…
Arufuさん [DVD(字幕)] 5点(2012-04-22 16:23:18)
125.ところどころに演出や映像に気合の入ったパートは見られるが、全体としてはあまりにも未整理、長すぎ。どこに照準を合わせた作品なのかよく分からなかった。
Oliasさん [映画館(字幕)] 5点(2011-10-16 22:24:31)
124.《ネタバレ》 この作品は、ほとんど喜劇です。登場人物個々の立場は同情するけど、世俗の垢にまみれた俗物ばかりに見えます。アメリカ全体がバカやって浮かれてる。彼らはこれと同じのりで北ベトナムを絨毯爆撃してたわけです。ジョンソンを下品な権力亡者に描いてるのは、監督の嫌悪感でしょうか。ただ、対象をつきはなした喜劇ではあっても、愛情をこめてることがわかるので、キューブリックのような冷たさはありません。

この作品で唯一、笑いの対象でない男はただひとり。イェーガーだけです。
みみさん [DVD(字幕)] 7点(2011-08-24 22:47:01)
123.最初は普通の飛行機乗りたちのお話かと思ったので、後半の展開にはびっくり。
15年ほどのスパンで展開されるドキュメントタッチのドラマということで、
登場人物が決して少なくないこともあり、かなり上映時間が長い。
その分、各飛行士たちの描写がしっかりと描かれているので見応えは十分にあり。
面白いことは面白かったけど・・・やっぱり長かったな。
こういう内容の作品は、役者たちの演技を楽しむシーンも自然と削られるし、
普通のドキュメントでもテーマは十分に伝わるかと思う。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 6点(2011-08-07 10:44:25)
122.みんなすごくカッコイイぜぇ!男はこうでなきゃ… 男に生まれてきたことに感謝し、次も絶対男に生まれてきたいと思った映画でした。
おやじのバイクさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-07-16 11:58:16)
121.男とはこういう生き物である。
akilaさん [DVD(字幕)] 8点(2011-06-19 13:27:46)
120.《ネタバレ》 某漫画にてこの映画の存在を知り その(勝手な)イメージが強すぎて音速突破シーンのあっさりな描写にちょっとビックリ、で その後が長い長い長い… おまけにリズムが悪いというかテンポがいまいちで いいシーンが多いのに乗りきれない感じ まぁ史実に基づいたものであれば、そこら辺は仕方ないかな~と思いつつ テストパイロット達の熱い生き様を演じた素晴らしい名優たちにこの点数デ
Kanameさん [ビデオ(字幕)] 6点(2011-02-07 14:04:55)
119.全員いい奴 ナイスガイだった
くまさんさん [インターネット(字幕)] 9点(2010-06-08 16:49:10)
118.<完全版>冒頭の音速を超えたあたりがピークだったかも。以降長くて疲れちゃった。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-06-01 18:02:57)
117.宇宙開発、その恐ろしくも壮大なスケールで描く実話で時代と共に失敗の連続にもめげずに奮闘する人々の素晴らしさには胸がときめきました。懐かしい「エド・サリバン・ショー」のテレビ画面も出てきます。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-03-15 22:49:00)
116.《ネタバレ》 劇場で観る機会を逃していたら衛星放送で「完全版」なるものを観る機会ができました。イェーガーの自伝とかも出版されていましたが、これは読んでいません。前半の舞台となる飛行基地の酒場が最後に火事で燃えてしまった跡を訪れたイェーガー夫婦の会話からも判るようにイェーガーを駆り立てたのは夫人のほうだったのかも知れません。夫が危険な飛行をするのをジープから表情も変えずに黙って待っているのは他の夫人連中に比べて際立っていたし、昔話に耽るなら消えると言われれば挑戦を続けるしかないですね。実際には愛妻が亡くなるととびっきり若い娘と再婚したとか。マーキュリー計画の要員は政府の宣伝が重要だったのでチンパンジーでも勤まるけれど有人飛行と言うことでの大々的な選抜を行ったのでしょう。そこで大卒でないイェーガーは当初より対象外だと言うことは猿以下(笑)。マーキュリー宇宙船も当初は信頼性の高いフォン・ブラウンのグループのレッドストーンミサイルベースの飛行だったからグレンのときに最初のアトラスロケットでの地球周回になったようです。彼は英雄として最後は上院議員になった。グリソム飛行士が扉の事故で宇宙船の回収が失敗して冷たい扱いを受けるのですが記者が取材に来るときの夫人の切り替えの素早さは凄い。最初の酒場での登場における皆を凍らせる言葉の行き違いから、折角アポロ計画の要員にまで進んだのに事故死(発射前の宇宙船内での火災事故)まで、どうもついていないのは最後まで続いたようです。
たいほうさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-09-07 00:46:42)
115.《ネタバレ》  平成23年8月3日全面改訂
・欠点 宇宙飛行士部分が空疎。単なるエピソードの、しかも不真面目にギャグっぽく演出した羅列。(正直、臀を見せれば喜ぶっていうアメリカンジョーク、体調の悪い時はきつい)いくら群集劇とは言え、もう少し誰かを中心にして欲しかった。あれでは、グレンが中心やら、ガスが中心やら、ゴードンが中心やら。もう少し誰かに重点を置いても。非常に散漫な印象が。事実であろうが無かろうが、わざわざ実在の政治家を貶める表現が、この映画に必要か? アボリジニーのわざとらしい表現。(本当にごくごく基本的な科学知識にさえ欠けている民族が、本能的に宇宙を感じられると信じてるのか?だったら、そんな素晴らしい民族を、同じアングロサクソンが絶滅寸前まで虐待したことを、ちっとは反省しろ)総じてこの部分、ドキュメンタリーとしては満点だが、映画としては疑問符。
 しかし、それにも関わらずチャック・イェーガーの部分が本当に素晴らしかった。誰よりも極限を追い求めながら、「宇宙飛行」という極限の機会を与えられなかった男、それでも彼は自分に与えられた全てで夢を追い求める、そして夫の身を気遣いながらも、あくまで夢を追い求めることを求める妻。最高だった。この部分をもっともっと長くしてもらえれば。
 チャック・イェーガー部分の短さ、宇宙飛行士部分とのつながりの薄さ、そして宇宙飛行士部分に一部見られるあまりのくだらなさ。ものすごく素晴らしい題材だけに、ストーリーから練り直してリメイク希望。
rhforeverさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2009-08-05 19:46:14)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 134人
平均点数 7.74点
000.00%
100.00%
200.00%
321.49%
421.49%
585.97%
61712.69%
72720.15%
83223.88%
92417.91%
102216.42%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.56点 Review16人
2 ストーリー評価 8.04点 Review23人
3 鑑賞後の後味 8.70点 Review24人
4 音楽評価 8.95点 Review24人
5 感泣評価 7.66点 Review18人
chart

【アカデミー賞 情報】

1983年 56回
作品賞 候補(ノミネート) 
助演男優賞サム・シェパード候補(ノミネート) 
撮影賞キャレブ・デシャネル候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)ビル・コンティ受賞 
音響効果賞 受賞(音響効果編集賞 として)
音響賞ランディ・トム受賞 
音響賞デイヴィッド・マクミラン[録音]受賞 
美術賞ジョージ・R・ネルソン候補(ノミネート) 
美術賞ジェフリー・カークランド候補(ノミネート) 
編集賞スティーヴン・A・ロッター受賞 
編集賞トム・ロルフ受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1983年 41回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS