インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説
 > (レビュー・クチコミ)

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説

[インディジィーンズマキュウノデンセツ]
Indiana Jones and the Temple of Doom
1984年【米】 上映時間:118分
平均点:7.55 / 10(Review 283人) (点数分布表示)
公開開始日(1984-07-07)
アクションサスペンスアドベンチャーシリーズもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-09-25)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・スピルバーグ
助監督フランク・マーシャル(第二班監督)
イアン・ブライス(第二助監督)
キャストハリソン・フォード〔1942年生〕(男優)インディアナ・ジョーンズ
ケイト・キャプショー(女優)ウィリー・スコット
キー・ホイ・クァン(男優)ショート・ラウンド
アムリッシュ・プリ(男優)モーラ・ラム
ロイ・チャオ(男優)ラオ・チェ
フィリップ・ストーン(男優)ブランバート大尉
ダン・エイクロイド(男優)アール・ウェバー
ロシャン・セス(男優)チャター・ラル
フランク・マーシャル(男優)空港の旅行者(ノンクレジット)
スティーヴン・スピルバーグ(男優)空港の旅行者(ノンクレジット)
アンソニー・パウエル(男優)宣教師(ノンクレジット)
ジョージ・ルーカス(男優)宣教師(ノンクレジット)
シドニー・ギャニス(男優)宣教師(ノンクレジット)
村井国夫インディアナ・ジョーンズ(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD、日本テレビ】)
吉田理保子ウィリー・スコット(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
野沢雅子ショート・ラウンド(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
坂口芳貞モラ・ラム(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
加藤精三チャター・ラル(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
川久保潔ブランバート(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
小林清志ラオ・チェ(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
大塚明夫アール・ウェバー(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
大塚芳忠ウー・ハン(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
秋元羊介(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
田村錦人シャマン(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
藤本譲(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
滝沢ロコ(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
松本梨香(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
神山卓三(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
島香裕(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
巴菁子(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
亀井三郎(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD】)
内田直哉インディアナ・ジョーンズ(日本語吹き替え版【BD別音源】)
白石涼子ショート・ラウンド(日本語吹き替え版【BD別音源】)
志村知幸アール・ウェバー(日本語吹き替え版【BD別音源】)
水内清光モラ・ラム(日本語吹き替え版【BD別音源】)
村治学チャター・ラル/ウー・ハン(日本語吹き替え版【BD別音源】)
藤田淑子ウィリー・スコット(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
田中真弓ショート・ラウンド(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
石田太郎モラ・ラム(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
北村弘一ブランバート(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
羽佐間道夫チャター・ラル(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
内海賢二ラオ・チェ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
千葉繁ウー・ハン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
加藤正之アール・ウェバー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
永井一郎シャマン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小室正幸(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
竹口安芸子(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
磯部勉インディアナ・ジョーンズ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小宮和枝ウィリー・スコット(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
矢島晶子ショート・ラウンド(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
麦人モラ・ラム(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
牛山茂チャター・ラル(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
石森達幸ブランバート(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
茶風林ラオ・チェ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
古田信幸アール・ウェバー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大木民夫シャマン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
渡辺美佐〔声優〕(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
佐々木梅治(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
仲野裕(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中博史(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
津村まこと(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
喜田あゆ美(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小形満(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作ジョージ・ルーカス(原案)
脚本ウィラード・ハイク
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
作曲コール・ポーター"Anything Goes"
挿入曲ケイト・キャプショー"Anything Goes" (ノンクレジット)
撮影ダグラス・スローカム
アレン・ダヴィオー(第二班撮影監督)
製作キャスリーン・ケネディ(製作補)
パラマウント・ピクチャーズ
製作総指揮ジョージ・ルーカス
フランク・マーシャル
制作東北新社日本語版制作(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD別音源、日本テレビ、テレビ朝日】)
配給CIC
特撮デニス・ミューレン(視覚効果スーパーバイザー)
ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
ケヴィン・パイク(第二班特殊効果スーパーバイザー)
デヴィッド・フィンチャー(視覚効果)
フィル・ティペット(クリエイティブ・エフェクツ・コンサルタント)
美術エリオット・スコット[美術](プロダクション・デザイン)
ピーター・ハウイット〔美術〕(セット装飾)
ジョー・ジョンストン(第二班美術監督)
衣装アンソニー・パウエル
編集マイケル・カーン(ノンクレジット)
ジョージ・ルーカス(ノンクレジット)
録音デイヴィッド・マクミラン[録音]
ゲイリー・ライドストロム
ゲイリー・サマーズ
日本語翻訳木原たけし(日本語吹き替え版【VHS、DVD、BD別音源、日本テレビ】)
スタントヴィク・アームストロング
テリー・フォレスタル
その他ジョン・デイヴィス〔製作〕(プロダクション・スーパーバイザー)
ロバート・レイサム・ブラウン(プロダクション・マネージャー)
シドニー・ギャニス(宣伝)
あらすじ
え~、お客さん、シートベルトは締めましたか?これからこのジェットコースターは中国からインドへとノンストップで参ります。今回の任務はインドの山奥に潜む邪教集団から、秘石サンカラ・ストーンと連れ去られた子供達を取り戻す事です。皆様の前には幾多の困難が待ち受けている事でしょう。ですが振り落とされずに、しっかりとコースターにつかまっていてくださいね。勿論、叫び声は多いに上げていただいて結構です(笑い声も)。さぁ皆さん、冒険の始まりです。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
283.《ネタバレ》 この頃までのスピルバーグ作品に欠けていたものは、ヒロインのセクシー度。ただこの作品のヒロイン=ケイトキャプショーは良い。だから、スピルバーグの嫁に。この話を知ったときはガッカリした。
にけさん [映画館(字幕)] 7点(2019-01-11 23:01:33)★《新規》★
282.《ネタバレ》 このシリーズで、これが一番エンターテイメント度と完成度が高く、大いに楽しめるジェットコースタームービー。84年は味のある面白い映画が多かったな~。

※ケイト・キャプショー、最初オバサンにしか見えなかったが、よく見ると美人なのかも・・・
festivaljapanさん [ビデオ(字幕)] 7点(2018-09-24 15:43:48)(良:1票)
281.インディジョンーズシリーズの中では一番面白いですね、間違いなく。
なかなかトロッコアクションなんて見れないですからね~。
あとは虫ムカデ虫。鼠とともに定番化しました。撮影中はまあ地獄でしょうね。
考古学者でありながら無類の強さを発揮し、強運も持ち合わせているインディアナ。コメディ要素も強くまさに王道のファミリームービー。
Mighty Guardさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-04-14 23:53:36)
280.《ネタバレ》 子供の頃観てすごく楽しかった思い出があり久々に観たら、、、あれ?こんなにクオリティ低かったっけという内容。

とにかくツッコミ所が多すぎて笑ってしまう。子供に炭坑掘らせるようなアナログな場にオートマティックなシュレッダーが置いてあったり、心臓取り出してからも生贄が生きてそれを炎で殺したり、インディの少し横をめがけて銃弾や矢が飛んだり、いくら何でもそれは笑、、、という内容が多かった。あとゲテモノ過ぎる料理は流石にインドの人に失礼だと思った。

近代の映画ではあり得ない作り込みのショボさに、ここ数十年で映画ってすごく進歩したんだなあと改めて実感。どうしても思い出補正とかで昔の映画ばかり持ち上げてしまう傾向があるけど、今の時代の映画を楽しめる幸福を再認識しました。本作にもまあマイルストーン的な価値はあったと思いますけど、オールタイムな名作とは言えないのかなと思いました。
なすさん [地上波(吹替)] 6点(2017-11-29 19:23:56)
279.小二の娘と30年ぶりに再見。高校生のときにTVで初見したときはドキがムネムネで大変楽しかったですが、今見るとそうでもないっすね。時間中ずっと楽しいジェットコースターに乗ってる気分だけど、それだけの映画。娘には少し怖いシーンもありましたが楽しめた様子でした。
よしふみさん [DVD(吹替)] 6点(2017-07-09 00:10:47)
278.第1作が、戦争を背景にしていたり、オカルトの要素をクライマックスに向けてジワジワ盛り上げたりと、ハードな一面を持っていたのに比べると、この第2作はすっかりドタバタになってしまっていて。なるほど単なる二番煎じにならぬよう、趣向を変えてきたんでしょうけど、どうもノリが軽すぎて、前作ほど夢中にはなれません。今回もオカルトテイストを盛り込んでいて、オドロオドロしい部分はあるけれど、コワさにまでは繋がらないし。とにかくドタバタした印象、まさにひと頃、「お子様ランチ映画」などと揶揄された映画の典型。
と、まあ、第1作のレイダースがあんまり面白かったもんで、この第2作を初めて観た時には、結構ガッカリした記憶があるのですが。それでも何でも、ラストで子どもたちがワラワラと走り出てくる場面。いいですよね。これがあるから、気持ちよく観終われるし、また観たいな、と思っちゃう。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-03-15 22:55:51)
277.キャストに子供を追加して、さぁ子供たち自己投影してくださいといった感じ。子供層に媚を売った映画。
たろささん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-06-06 21:54:28)
276.《ネタバレ》 若い時映画館で見て最高に面白かった。昨晩テレビで見たら、結構怖かった。宗教儀式、いけにえ、心臓えぐり、手かせ足かせで人間を焼き網に挟みぐるりと回転させて火の海へ(いや~、これはなかなかすごい)、地下での年少者労働(これもゾクゾクっと来る)。これって、楽しむには若さも必要ね。
LOISさん [地上波(吹替)] 7点(2016-05-11 14:53:07)
275.《ネタバレ》 この映画、昔から何度かテレビで観ています。全体としてもおもしろいのですが、やはりいくつかのシーンが突出しています。カブトムシを食べる(ジョジョの花京院か!)、サルの脳みそデザート、虫だらけの洞窟。一度観たら忘れられません。あと、インディ・ジョーンズの演技、最近の格闘にあるとにかく早い動きとは違い、なんかゆっくりしてますよね。そこもまた映画にあっていて良いと思います。
珈琲時間さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2016-05-11 08:27:44)
274.あまりのくだらなさに辟易してしまいます。コメディ要素が強く、冒険の内容も子供っぽい。いい大人が何やってるんだ?と思ってしまうのは、キャラクターの設定と脚本のバランスが少し歪だからだと思います。全体的に根拠がない。だからいまいち話に乗れない。それでもある程度は楽しめるのがこのシリーズの恐ろしいところです。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 4点(2016-02-15 16:04:29)
273.《ネタバレ》 ディズニーランドのアトラクションのような楽しい映画です。楽しいと言っても、おどろおどろしい儀式や虫の大群など結構グロいシーンもあるので、ある程度の年齢以上のアトラクションでしょうか。前作と雰囲気が変わって、アジアンチックで古い時代、未開の地のあやしさを堪能でき、冒険活劇というジャンルの完成版という感じがします。少し残念なのは「サンカラストーン」の神秘性、魔力というものがあまりはっきりせず、さらわれた子供を助けるために戦うという印象が強いため、考古学者というより正義のヒーローというキャラクターになってしまっているところでしょうか。それにしてもトロッコ、つり橋のシーンはすごいの一言です。
金田一耕助さん [DVD(字幕)] 8点(2016-02-01 09:55:22)
272.《ネタバレ》 何度鑑賞したか忘れるほどです。うーむ、面白いことは面白いのですが、あまりにも子供向け過ぎてさすがに大人になってからはキツイです。思い出補正というか、、昔の楽しかった気持ちを加味した点数です。

トロッコ→靴燃える→水が押し寄せる、敵を追いかけて画面はける→沢山引き連れて戻ってくる、釣り橋といえば=落ちるもの。。最高に面白い流れだし設定ですがあまりにも安直すぎてドリフのコント風味が強すぎます。当時コレに熱狂していたとはにわかに信じられないほど陳腐に見えてしまいます。いや真面目な話、ホントにホントに面白いんですけどねぇ・・

他を引き合いに出しても仕方がありませんが、BTTFはわざとらしい演技が目立つものの今観ても全く色褪せません。どこに差が出たのか判りませんが、インディシリーズは年齢を選ぶ映画だと感じてしまいます。
アラジン2014さん [DVD(字幕)] 5点(2015-09-08 10:06:55)
271.《ネタバレ》 シャーベットって美味しいですよね(^O^)/

面白い(≧∇≦)映画に余裕があるし、作り物だとわかっていても楽しめると思うわけなんですよσ(^_^;)

空からボートで落ちてラフティング(≧∇≦)4DXで観たい!

キー・ホイ・クァンは少年少女の憧れスターだったと思っています^ ^

さて、結構低俗扱いされた本作ですが(今観るとそんなに低俗な感じがしませんが)、なんといってものナンバーワンシーンはお食事シーンだとσ(^_^;)

お猿さんの!!!

心臓のつかみ取りなどすごいセンス全開でしたね〜!
JFさん [DVD(吹替)] 7点(2015-08-28 21:50:13)
270.シリーズで一番コメディタッチでエンタメ印象な作品で、トロッコシーン自体がこのシリーズの紹介としてよく映像が出されますね。私も大好きです。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 8点(2014-12-04 20:57:25)
269.《ネタバレ》 シリーズ最高のアクション、ホラー、馬鹿馬鹿しさ全回の2作目。

絶叫と弾丸飛び交う激闘、
秘境に伝わる呪いと儀式の風習、
シリーズ随一の不死身振りを見せるインディ。絨毯の性能がヤバいのかインディたちがイカれてんのか(褒め言葉)

トロッコのシーンが楽しすぎるんだが。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 8点(2014-08-18 07:51:51)
268.《ネタバレ》 他のインディジョーンズ作品と比べて、よりエンターテイメントに舵を取った感がある。
なのでコメディっぽさと話の調子の良さが、やけに鼻につく。
afoijwさん [ビデオ(字幕)] 1点(2014-03-13 23:24:36)
267.地上波吹き替え放送を観すぎちゃって、暫くオアズケになっていたDVD。
うまい具合に忘れていそう!今なら楽しめそうとDVDでじっくり鑑賞。
さすが娯楽大作の筆頭に数え上げるだけあって、今見ても楽しい♪
アイデア満載、スピード感ばっちり、セットも良く出来てる。
地上波ではカットされている、ちょっとしたシーンもなかなか素敵だなと。
良い味付けされていて、幾度も観たくなる大好きな作品。
たんぽぽさん [DVD(字幕)] 9点(2013-09-08 20:29:58)
266.《ネタバレ》 まさに小学生のころに観てしまってドハマリしてしまいました。もう、小学生男子の心を鷲掴みにするネタが次から次へとジェットコースターのように展開して、もうたまりません!わー、猿の脳味噌食ってるし!ひぇぇ、虫が大群じゃー!おっさん、心臓ほじくり出してるし!!トロッコだ!洪水だ!吊り橋落としちゃってるし!!!ひぃぃ、も、もう止めてー!!!映画の楽しさをこの作品で初めて教えてもらいました。当時、録画したビデオテープが擦り切れるほど何度も観てしまった思い出の一作。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 9点(2013-04-12 13:31:08)(良:3票)
265.「インディ・ジョーンズ」っていうと、コレが浮かぶ人が多いんじゃないかな? 他の3作とは雰囲気の異なる「魔宮」は、学究的でもなく、地理的な移動も少ない(上海→インドのみ)けど一番好きです。 コレがなかったらどれも似たような感じになって、こんな人気シリーズじゃなかったのでは? 歌手ウィリー・スコット(ケイト・キャプショー)がコール・ポーターの「エニシング・ゴーズ」を上海語で歌う、ミュージカル風のオープニングからして華やか♪ インディの助手?ショート・ラウンド(キー・ホイ・クァン)がちっこいのに小生意気でこれまたカワイイったらなく、ハリソン・フォードは「カサブランカ」風の白いタキシードに始まり後半ワイルドに上半身をさらす、このトリオの魅力が充実。(インディがウィリーといいムードになっても、「レイダース」の前の年(1935年)の設定なのでOKというのがなかなかズルイ) 2作目の勢いとゆーか八方破れなエネルギーにも満ちていて、理屈より感覚の自分好み。 クライマックスはミニチュアも使用したトロッコ、つづいてのつり橋とノッて作ったように見えながら、スピルバーグはあまり好きじゃなさそうですが。 芸術的なマット・ペインティング(背景画)が活躍する作品でもあり、子供っぽいかもしれないけど冒険心にあふれ、レイダース・マーチも一番お似合い♪
レインさん [映画館(字幕)] 9点(2013-04-02 07:00:02)(良:1票)
264.内容としてはそれほどたいしたことないんだけど、なぜか魅力がある。トレジャー・ハントって心を躍らせるんですね。
nojiさん [DVD(字幕)] 7点(2013-03-16 09:39:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112131415
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 283人
平均点数 7.55点
010.35%
110.35%
220.71%
331.06%
4103.53%
5124.24%
6279.54%
77024.73%
87727.21%
94616.25%
103412.01%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.46点 Review15人
2 ストーリー評価 7.52点 Review25人
3 鑑賞後の後味 7.79点 Review24人
4 音楽評価 8.20点 Review24人
5 感泣評価 4.46点 Review13人
chart

【アカデミー賞 情報】

1984年 57回
作曲賞(ドラマ)ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]候補(ノミネート) 
視覚効果賞デニス・ミューレン受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS