レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想いのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 レ行
 > レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想いの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い

[レジェンドオブフォールハテシナキオモイ]
Legends of the Fall
ビデオタイトル : レジェンド・オブ・フォール
1994年上映時間:133分
平均点:6.32 / 10(Review 94人) (点数分布表示)
公開開始日(1995-06-10)
ドラマ戦争ものロマンス小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2024-02-20)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エドワード・ズウィック
助監督ルーウィン・ウェブ(第2助監督)
キャストブラッド・ピット(男優)トリスタン・ラドロー
アンソニー・ホプキンス(男優)ウィリアム・ラドロー大佐
エイダン・クイン(男優)アルフレッド・ラドロー
ジュリア・オーモンド(女優)スザンナ・フィンキャノン・ラドロー
ヘンリー・トーマス(男優)サミュエル・ラドロー
カリーナ・ロンバード(女優)イザベル二世
ケネス・ウェルシュ(男優)タイナート保安官
ケン・カージンガー(男優)オバニヨン兄弟の手下
宮本充トリスタン・ラドロー(日本語吹き替え版【旧ソフト】)
山野史人ウィリアム・ラドロー大佐(日本語吹き替え版【旧ソフト】)
家中宏アルフレッド・ラドロー大佐(日本語吹き替え版【旧ソフト】)
勝生真沙子スザンナ・フィンキャノン・ラドロー(日本語吹き替え版【旧ソフト】)
平田広明サミュエル・ラドロー(日本語吹き替え版【旧ソフト】)
竹口安芸子ペット(日本語吹き替え版【旧ソフト】)
内田稔ワン・スタッブ(日本語吹き替え版【旧ソフト】)
沢田敏子イザベル・ラドロー(日本語吹き替え版【旧ソフト】)
伊井篤史ロスコー・デッカー(日本語吹き替え版【旧ソフト】)
上田敏也(日本語吹き替え版【旧ソフト】)
秋元羊介(日本語吹き替え版【旧ソフト】)
成田剣(日本語吹き替え版【旧ソフト】)
名取幸政(日本語吹き替え版【旧ソフト】)
幹本雄之(日本語吹き替え版【旧ソフト】)
大黒和広(日本語吹き替え版【旧ソフト】)
大谷育江(日本語吹き替え版【旧ソフト】)
坂口賢一(日本語吹き替え版【旧ソフト】)
東地宏樹トリスタン・ラドロー(日本語吹き替え版【新ソフト】)
佐々木梅治ウィリアム・ラドロー大佐(日本語吹き替え版【新ソフト】)
内田直哉アルフレッド・ラドロー(日本語吹き替え版【新ソフト】)
石塚理恵スザンナ・フィンキャノン・ラドロー(日本語吹き替え版【新ソフト】)
平川大輔サミュエル・ラドロー(日本語吹き替え版【新ソフト】)
定岡小百合ペット(日本語吹き替え版【新ソフト】)
青野武ワン・スタッブ(日本語吹き替え版【新ソフト】)
中博史ロスコー・デッカー(日本語吹き替え版【新ソフト】)
かないみか(日本語吹き替え版【新ソフト】)
辻親八(日本語吹き替え版【新ソフト】)
青山穣(日本語吹き替え版【新ソフト】)
原作ジム・ハリソン「レジェンド・オブ・フォール」(早川書房)
脚本ウィリアム・D・ウィットリフ
音楽ジェームズ・ホーナー
編曲ドン・デイヴィス[音楽・1957年生](ノンクレジット)
トーマス・パサティエリ(ノンクレジット)
撮影ジョン・トール
製作エドワード・ズウィック
マーシャル・ハースコヴィッツ
ウィリアム・D・ウィットリフ
ジェーン・バーテルミ(共同製作)
製作総指揮パトリック・クローリー
制作東北新社(日本語吹き替え版【旧ソフト / 新ソフト】)
特殊メイクゴードン・J・スミス
美術リリー・キルヴァート(プロダクション・デザイン)
衣装デボラ・リン・スコット
編集スティーヴン・ローゼンブラム
録音デヴィッド・E・キャンベル
字幕翻訳戸田奈津子
その他ジェームズ・ホーナー(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
94.《ネタバレ》 雄大な風景をバックに展開する壮大な一家族の大河ドラマ、と見せておきつつ内容うっすい。自己中ブラピを筆頭に、人物の誰も彼も「なぜそういうことをするの?」と疑問だらけ。なんにも心の内を掘り下げてくれないの。
なのでスザンナは尻軽女で親父は偏屈じじいでその妻は不思議極まる勝手女。咬ませ犬の長男と三男、置物のような先住民スタッフ。以上がオールキャストのつまらん映画だな、というのが感想です。
tottokoさん [試写会(字幕なし「原語」)] 4点(2023-10-19 22:54:01)
93.《ネタバレ》 けっこうドラマドラマしたドラマで、それなりに楽しませてもらいました。
しかし冒頭から「?」な点が。なぜ、遠い海の向こうの戦争に、アメリカの若者がわざわざ志願したのか。国家が脅かされているならまだしも、第一次大戦はアメリカにとって文字どおり「対岸の火事」でしかなかったはずで、たしかに参戦はしましたが、新たに志願兵を募るほどではなかったんじゃないかと。しかも3兄弟揃って行く必要はないし、まして末弟はハーバード大とのこと。妙に正義感に燃えていましたが、それにしても将来の国家を背負うかもしれない有能な人材を、なぜ一兵卒として異国の最前線へ送り込んでしまったのか。「学徒出陣」じゃあるまいし。なんてことが気になってモヤモヤ。
ついでに言えば、長兄もブラッド・ピットも世間が狭すぎるんじゃないですかねぇ。ともに有能かつイケメンなんだから、町に出れば女なんていくらでも寄ってきたはず。わざわざ揃って末弟の恋人を横恋慕せんでも。まあこのあたりがドラマなんでしょうが。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2023-07-12 01:52:39)
92.ブラピがみんなから愛されている、ということが良く分かる。
TERUさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2023-06-20 22:25:51)
91.《ネタバレ》  子供の頃に観て以来、大好きな映画。

 改めて再見すると「ヒロインのスザンナに共感出来ない」「主人公トリスタンが家に帰る場面を感動的に描くのは、二回繰り返さず一回に留めて欲しかった」等々、欠点らしき物も見つかるんですが……
 (あぁ、やっぱり良いなぁ)って感じる場面の方が多かったですね。

 特に「弟であるサミュエルの死」の件は、何度観ても胸に迫るものがあります。
 瀕死の弟を抱き起こし「もう大丈夫だ」「家へ帰ろう」と呼びかける兄の姿。
 ちっとも大丈夫じゃないし、弟は二度と家へ帰れないという現実が痛いほど分かるだけに、トリスタンの切なる願いと、それが叶わない絶望とが伝わってきて、忘れ難い名場面です。

 そんなトリスタンが「神を呪う」と叫んだり、トリスタンの父が「アメリカ先住民を守ろうとしたが、守れなかった軍人」という立場だったりと、本来はキリスト教徒や米国人向けに作られた映画なのでしょうけど……
 そのどちらにも該当しない自分でも、充分に面白かったですね。
 むしろ、この映画で描かれた世界や歴史、価値観とは無縁であるからこそ、一種のファンタジーとして、夢に浸るような気持ちで楽しめたのかも知れません。

 映画の要所要所で手紙が読み上げられるのも、程好いアクセントになってると思うし、序盤にも中盤にもクマを登場させてあるので「最後に主人公は、クマと戦って死ぬ」という、一見すると突飛な結末にも、しっかり納得出来る作りなのも嬉しかったです。
 (この主人公の最期は、クマと戦わなきゃ駄目だ。そうじゃなかったら嘘だ)とまで思わせてくれたんだから、本当に凄い。
 モンスターパニック物とは毛色が違うけど、これも一種の「クマ映画」と呼べそうですね。

 それと、自分は先程「ヒロインのスザンナ」と書きましたが、どちらかといえばイザベル・スーの方が、ヒロインと呼ぶに相応しい気がします。
 幼い少女時代から、健気にトリスタンを想い続け、最後は彼の妻となる。
 大人になった今観ると「何があっても貴方への気持ちは変わらない」「待ってるわ、どんなに長くなっても」とトリスタンに言ってたスザンナが、彼の兄であるアルフレッドと結婚しちゃう事や「イザベルの死を願ってた」と言い出す事に、流石に付いて行けない気持ちになったりもするんだけど……
 それでも楽しめたのは、彼女のアンチテーゼとも言うべき存在として「本当に何があっても、トリスタンを一途に想い続けたイザベル」が登場しているからだと思います。

 そんな感じで、アレコレ分析させる余地もあるし、難しい事を考えず「男女の恋愛映画」「家族愛を描いた映画」として感覚的に楽しむのも可能だし、何ていうか、懐の大きい作品なんですよね。
 老いて活舌の悪くなった父が、黒板に「(お前に会えて)嬉しい」と書いて、息子との再会を喜ぶ場面も良いし、不遇だった長兄のアルフレッドが、最後に父と弟を救ってオイシイとこ持っていくのも良い。
 ブラッド・ピットの俳優人生で、最も美しい瞬間を収めたフィルムってだけでも、充分に価値があると思います。

 作中で描かれるモンタナの風景も雄大で、音楽も幻想的な響きがあって、夢心地にさせてくれる。
 初めて観た時から、今も変わらずに……
 自分にとっての「夢のような映画」と言える一本です。
ゆきさん [DVD(吹替)] 8点(2023-06-14 01:51:09)
90.なにが面白いかわからない映画だった。
aimihcimuimさん [DVD(字幕)] 3点(2014-09-22 12:16:44)
89.《ネタバレ》 舞台となるモンタナってどこだと捜したところ、米国の北西部だと分かった。地図上の感覚だけど、明らかに辺鄙だ。日本の総面積より広い州に、現在でも100万人くらいしか住んでいない。そんな場所にそこそこ美しい独身女性がやって来たら、それが兄弟の婚約者でも何かが起こりそうです。そして、起こってしまうのが本作のストーリーでした。
だから、メロドラマとしては安直なんだけど、トリスタン(=ブラピ)という破滅的な生命力を持った不思議な男を軸とした大河ドラマに仕立てています。トリスタンは迷惑な奴です。でも、不思議な魅力がある。本作は、トリスタン本人の心情を追うというより、周囲がトリスタンに向ける感情に共感させる作り方でした。
とことん自分勝手で、周囲を巻き込んで迷惑を掛けて、でも憎まれないのがトリスタンでした。性根が純粋で、悪意が無いから許される性格だと思う。特殊な才能です。おかげで墓石が増えて行くけど、やっぱりトリスタンは憎めない。
ちょっと話が逸れるけど、昭和マンガの代表的な主人公「矢吹丈」がちょうどトリスタンのような奴でした。彼は周囲の心情を汲む繊細さを持ち合わせていたけど、それを振り切り自分の奥底にある欲求を優先させて燃えつきました。対して現代の代表的なヒーロー、モンキー・D・ルフィは、彼の夢と仲間を秤に掛けたら間違いなく仲間を選びます。
つまり、トリスタンは20世紀初頭の人で先住民の資質を受け継いだ描かれ方でしたが、私的には昭和のヒーローでした(笑)。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-10-19 23:17:45)
88.《ネタバレ》 鑑賞前には「『果てしなき想い』って何だよ。日本の配給会社は相変わらずセンスのない邦題を付けるなぁ」などと思っていたのですが、実際に本編を見ると、このダサイ邦題に負けず劣らずの安っぽい内容にガッカリしました。まるで昼ドラです。物語を進めるために人が死にまくる安直なストーリー展開に、「私が私が」ばかりで感情移入の余地のない登場人物達。3兄弟を渡り歩くスザンヌは自己憐憫に浸る身勝手女に見えてしまうし、本能のままに生き、家族や社会に対する一切の責任を放棄して自分探しの旅に出るトリスタンも無責任男でしかありません。ラドロー大佐も、ただの偏屈なオヤジだし。必死に頑張って社会的地位を築き上げた長男・アルフレッドを邪険に扱い続けるラドロー一家には、なかなか感情移入しがたいものがありました。。。
さらには、シチュエーションの作り方も巧くなくて、妻を殺されたトリスタンが泣き寝入りせざるをえなかった理由がよく伝わらなかったために(目撃者が大勢いた上に、犠牲者は下院議員の親戚。常識的に考えれば汚職警官もヤクザも一巻の終わりでしょう)、ラストの復讐劇に感情がうまく乗っかりませんでした。さらには、戦場で弟を殺された際には悪鬼の如く暴れ回ったトリスタンが、妻を殺された際には意外と大人しく振舞っていた点にも納得がいかず、作品内での整合性の点でも問題を感じました。。。
以上の通り、決して出来の良い映画ではないのですが、オスカー受賞の素晴らしい撮影に、ジェームズ・ホーナーによる壮大な音楽、スター俳優の共演によって見られる映画にはなっています。さらには、エドワード・ズウィックの演出は映画の肝どころをきちんと押さえており、2時間はきっちりと楽しめる作品となっています。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 6点(2013-06-11 01:41:31)
87.《ネタバレ》 歴史からの避難所としての西部。父は歴史の暴力・ヒロイズムの正体を目撃してしまい、西部にこもる。グリムのような三兄弟とともに。そこに女と歴史が侵入し破壊していくというドラマだ。苦労知らずで無垢の三男の死がたたり続け、それで残ったものも無垢ではいられなくなる構造。愛憎の絡まり具合に、いかにも大河ドラマの醍醐味があった。トリスタンは生き残り続け、死んで伝説になるのではない。暴力の時代・無法の時代の最後を、法よりも家族を優先して生き残り続けることで伝説になる。各国をさすらっているシーンはない方がいいわな。最後に兄アルフレッドも、父弟と同じ側に立って銃を撃つ、という仁侠映画のノリ。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 7点(2010-04-26 11:56:11)
86.ヒロインが微妙。復讐を決意してからのシーンが親子愛・兄弟愛を上手く表現できていて良かった。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 6点(2009-11-30 23:50:38)
85.《ネタバレ》 すんません、スザンナに正直共感出来るところは無いですね 観ている間、腹立たしさにすら近い感情を覚えてしまいました  ただただ美しい風景と裏腹に悲しさと虚しさと後味の悪さが残った作品でした
Kanameさん [DVD(字幕)] 2点(2009-11-30 21:18:27)
84.《ネタバレ》 ○大自然を存分に映した映像の割りに、ドラマの部分が結構薄っぺらい印象だった。○人はすぐに死ぬし、心はすぐに移り変わるし、付いていけなかった。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 4点(2009-11-29 11:44:22)
83.熊は恐ろしい!
ケンジさん [DVD(字幕)] 6点(2009-11-28 00:03:06)
82.全体的にまとまりがあっていい映画といえるのでは。とにかく長髪の野生児トリスタンの美しさには目が釘付け。彼が馬にまたがり、自然の中を駆け巡る姿はそれだけでもう何も入りません。ただ、内容的には、前半のトリスタンが何考えてんのかわかんない人に見えて仕方なかった。スザンナとの事も、少し無責任なんじゃ?と。そのへん、トリスタンの心理が描写不足だったように思う。スザンナとのやりとりも、もっとていねいに描くべきだったのでは。おかげでトリスタン、前半は深みのないふらふらした人間にしか見えなかった。
後半は親子、兄弟との絆を描いててそこはかなり引き込まれて観てしまいました。ラストも、ちょっと殺しておいてあんなにすがすがしくされるのもどうかと思いましたが、やはり親子兄弟が抱き合う姿には感動しました。
ヒロイン役のジュリア・オーモンドですが、容姿も演技も、ちょっと彼女がブラピの相手役を務めるのは不満。体ごつくてちょっとおばちゃん入ってるし。兄弟3人が心引かれる女性にはどうしても見えなかったです。相手が美しいブラピだから、もっと綺麗で線の細い、魅力的な女優さんを使って欲しかったです。もしスザンナ役が良ければ、もっと映画が良くなったと思うのに、残念。
ドテカボさん [ビデオ(字幕)] 8点(2009-03-31 14:17:14)
81.トリスタンという、ちょっと変わった人の一代記。
文学的な映画なので、爽快でもなければ愉快でもないけど、
退屈なりに得るものもあったような気がする、
1915年くらい?の雰囲気とか、
ちょっとだけど、1次大戦のシーンもなかなかよかった。
オールドカーがいろいろ出てくるのもよい。
イザベルIIの顔が成長前と成長後で全然違っている気がした。
いちばん最後のシーンは思わず爆笑してしまった、
製作者が笑わせるつもりでそうしたのかはわからないけど、
まあ笑って終われたのでよかったと思う。
最後にすごいオチもってきたもんだ、ホントある意味伝説かも…。
さん [地上波(吹替)] 6点(2009-01-06 04:22:21)
80.ホプキンス全然気付かなんだ。嫌いじゃないけどいまいちのめり込めなかった。スザンナの心情が理解できなかったのと、ギャングとのありがちな争いに嫌気がさしたためだろう。サミュエル「これは侵略にたいする戦争なんだ」父「ならばまずこの大陸から白人は引き上げるべきだ!」とか言ってくれたら面白そうだった。有名な小説の映画化なのでしょうが、ちょいと飛ばしすぎだったかな。
ブラックバッスさん [地上波(吹替)] 5点(2007-12-30 12:46:05)
79.かなり前に観た記憶が・・・
結構面白かったと記憶している。
当時はブラピが誰だか知らなかった。
にじばぶさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-10-12 00:32:40)
78.《ネタバレ》 途中のストーリーは、安っぽい感じがしたのですが、最後のシーンは何度見ても好きです。最後はやっぱり親子・兄弟だな、という感じが。音楽・映像も良かったです。
コスッタルイさん [DVD(字幕)] 8点(2007-08-04 16:25:15)
77.《ネタバレ》 親子愛、兄弟愛の部分については感動した。色々あるのだろうけど去ってしまう母ちゃんや、兄弟を渡り歩いてしまった嫁はちょっと解せない。人が死にまくるのは観ていてつらい物がありますね。
ないとれいんさん [DVD(字幕)] 7点(2006-06-19 10:04:54)
76.《ネタバレ》 兄弟三人を渡り歩く尻軽ヒロインに辟易します。
MARK25さん [DVD(字幕)] 2点(2006-06-14 20:06:19)
75.リバー・ランズ・スルー・イットに似たものがあるように感じたが、こちらも良かった。
misoさん [DVD(字幕)] 8点(2006-01-17 21:11:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 94人
平均点数 6.32点
000.00%
122.13%
233.19%
366.38%
444.26%
51212.77%
62122.34%
71920.21%
81515.96%
977.45%
1055.32%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.66点 Review3人
2 ストーリー評価 6.66点 Review6人
3 鑑賞後の後味 6.57点 Review7人
4 音楽評価 7.75点 Review4人
5 感泣評価 7.00点 Review5人
chart

【アカデミー賞 情報】

1994年 67回
撮影賞ジョン・トール受賞 
音響賞デヴィッド・E・キャンベル候補(ノミネート) 
美術賞リリー・キルヴァート候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1994年 52回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)ブラッド・ピット候補(ノミネート) 
監督賞エドワード・ズウィック候補(ノミネート) 
作曲賞ジェームズ・ホーナー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS