のど自慢のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ノ行
 > のど自慢
 > (レビュー・クチコミ)

のど自慢

[ノドジマン]
Amateur Singing Contest
1999年【日】 上映時間:112分
平均点:6.06 / 10(Review 52人) (点数分布表示)
公開開始日(1999-01-15)
ドラマコメディシリーズもの音楽もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-03-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督井筒和幸
助監督日垣一博
大森立嗣
キャスト室井滋(女優)赤城麗子(藤本鈴子)
大友康平(男優)荒木圭介
尾藤イサオ(男優)須貝
北村和夫(男優)耕太郎老人
竹中直人(男優)タクシー運転手・近藤
伊藤歩(女優)高橋里香
松田美由紀(女優)圭介の妻・美代子
佐々木すみ江(女優)圭介の義母・美子
由利徹(男優)住職
小林稔侍(男優)麗子の父
朝霧鏡子(女優)「銀座カンカン娘」
桜金造(男優)栃木のプロモーター
光石研(男優)アイビールックの足立
近藤芳正(男優)名曲堂のミーハー息子
坂上香織(女優)ピーコちゃんの先輩
石丸謙二郎(男優)ピーコちゃんの試験官
笹野高史(男優)小林
北村有起哉(男優)里香の友達
りりィ(女優)里香の母
でんでん(男優)里香の姉朋代を訪れた土建屋
木下ほうか(男優)あずさ一号
徳井優(男優)あずさ二号
菅原大吉(男優)「サン・トワ・マミー」
田口浩正(男優)ディレクター
工藤浩乃(女優)圭介の長女・聡美
古尾谷雅人(男優)作曲家の先生
山谷初男(男優)名曲堂の主人
岸部一徳(男優)審査員長
九十九一(男優)宴会で絡む酔っ払い
並樹史朗(男優)老人の息子
坂本冬美(女優)坂本冬美
日野陽仁(男優)圭介の友達
長宗我部陽子(女優)
脚本井筒和幸
安倍照男
音楽石川光(音楽プロデューサー)
藤野浩一
作詞井上陽水「渚にまつわるエトセトラ」
永六輔「上を向いて歩こう」/「上を向いて歩こう 平成版」
佐伯孝夫「銀座カンカン娘」
広瀬香美「ゲレンデがとけるほど恋したい」
作曲服部良一「銀座カンカン娘」
三木たかし「おしどり涙」
広瀬香美「ゲレンデがとけるほど恋したい」
中村八大「上を向いて歩こう」/「上を向いて歩こう 平成版」
編曲若草恵「おしどり涙」
挿入曲室井滋「おしどり涙」(クレジット「赤城麗子」)
撮影浜田毅
製作シネカノン
東宝
日活
ポニーキャニオン
プロデューサー李鳳宇(エグゼクティブ・プロデューサー)
石原仁美
配給シネカノン
東宝
美術中澤克巳
ヘアメイク下田かおり
編集冨田功
照明渡邊孝一
あらすじ
群馬県桐生市NHKのど自慢が行われることになった。 これに出演したい人々、ドサまわりの売れない演歌歌手・赤城麗子(室井滋)、4人の子どもを抱え失業中の荒木圭介(大友康平)、家庭の事情に揺れる女子高生の里香(伊藤歩)、孫と暮らす耕太郎(北村和夫)、タクシー運転手(竹中直人)らの、悲喜こもごもの人生模様と番組にかける情熱を描いた人情コメディー。 司会に金子辰雄、ゲストに大川栄策、坂本冬美も特別出演して実際の番組さながらに繰り広げられる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
52.面白くなかった。人を楽しませるセンスがない。
どちて坊やさん [映画館(邦画)] 0点(2010-12-28 00:48:43)
51.井筒監督作品を初鑑賞。前半の登場人物の多さとドタバタぶりについていけなかった。せっかく後半で良いエピソードがあるのだから、導入部分を分かりやすくしてほしかった。大都市でも田舎でもない桐生市を舞台にした点はリアリティがあって良かった。
mhiroさん [ビデオ(邦画)] 3点(2010-05-24 16:20:50)
50.『人のセックスを笑うな』は珍しい桐生ロケだったが、これも桐生であった。あっちには蒼井優・忍成修吾が出てるが、こっちには伊藤歩が出てる。みんな『リリィ・シュシュ…』の同窓生だ。あれっ、『リリィ・シュシュ』のロケもたしか北関東のどこかだったな。なにか北関東の空気って、どうだ、と“地方”を誇示するわけでもなく、もちろん卑屈さはかけらもなく、シャラッとしていて小気味よい。基本的に笑顔の似合わない女の子ってのが好きで、伊藤歩って似合わないでしょ、けっこう好きなの。でもこれは、暗い子が明るくなりました、って役柄で、笑顔になっちゃうんだ。でもまたそれもいいか(これで高校生演じた後で『リリィ…』で中学生演じたわけか)。予定調和的な話だけど、人前で、大観衆相手に、放送を通じて全国相手に歌う晴れがましさってのは、歌う楽しさの本質なのかも知れない、と思った。竹中直人は、葬儀の受付でただシミジミ泣いてたほうが笑いを取れた。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 6点(2009-02-07 12:18:05)
49.23区では「のど自慢」やらないからなあ。地方都市に住んでないと、この「祭り」の感覚は中々理解し難いな。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2008-10-23 02:25:30)
48.《ネタバレ》 「いやあ、歌っていいよね!」と、しみじみ感じさせてくれる映画でした。ベタなストーリーにベタな歌の組み合わせではあるんですが、これがまた良いんです。何というか、カラオケで自分の歌に酔ってしまう感覚に近いかも・・・・。本当に気楽に楽しめる映画でした。
TMさん [地上波(邦画)] 8点(2007-05-08 18:24:43)
47.井筒に、監督として誉められるべき部分をまったく見出せないでいるオイラでも、この映画にだけは10点をつける。これこそ映画として作るべき映画。庶民の娯楽であり芸術でもあり、大人数で感動を共有できる「映画」というメディアでこそ、最もポテンシャルを引き出せる素材だろう。これは「のど自慢」という素材の妙であり、企画の妙なんだと思う。この素材からどんな味が引き出せるかは監督次第で全然違うだろうし、実際オイラも映画館に足を運ぶ前はあーでもねえこーでもねえと勝手にストーリーや演出を考え続けていた…オイラが想像したのはもっとコテコテな歌謡ショー/ミュージカル風だったんだけど、井筒監督のこういう処理法でもかなり泣けたし、120%満足できた(竹中直人はいらんかったと思うんだけど…)。普通の暮らしをしている普通の人々が、歌によって一瞬の幸福を得られる魔法のステージ「のど自慢」。この素材に着目したプロデューサーは偉い。素直にシャッポを脱いで、ヒネクレずに10点献上。
エスねこさん [映画館(邦画)] 10点(2006-02-27 19:43:55)(良:2票)
46.大友康平が良いです。このおっさんはこの作品以降おれの中でかなりツボな俳優さんのひとりになりました。竹中直人ほどクドくない、ほどよいむさ苦しさが最高。日本にもこんなコミカルな演技ができる俳優さんっているんですねー。ダメパパ役があまりにも板につきすぎていて、とても本業がロック歌手とは思えません。あの家の子供に生まれたら贅沢な生活はひょっとしたらできないかもしんないけど、毎日楽しく生きられそう!ハートフルなエピソードに心癒されました。佳作という感じだけど、テレビでやってたらまた観てしまいそうな作品です。
Minatoさん [DVD(字幕)] 6点(2006-02-13 23:04:11)
45.井筒和幸監督というと失礼ながらテレビで話題の映画を酷評しているイメージが強く、自らの監督作に対してとても自信過剰な人に見えてなんだかイヤで、あまり監督作を見る気がしなかったのだが、「パッチギ」が話題になったこともあり、ためしに一本見てみようという気になってすごく期待しないで見たのだが、予想を裏切ってすごくいい映画だった。既に青観さんが書かれているが、旅立った姉のために妹が「花」を歌うシーンはとても感動的。北村和夫が歌う「上を向いて歩こう」にも勇気づけられた。こんなに明るくて感動できて観終わって心が晴々とするような映画はかなり久々に見たような気がする。井筒監督のほかの映画もこれからは食わず嫌いせずに見てみようかな。
イニシャルKさん [ビデオ(邦画)] 8点(2006-02-07 02:55:31)(良:1票)
44.前半は演技がわざとらしく見え、ギャグ?もつまらない。0点でもくれてやろうかと思ったが終盤~ラストがわりとすっきりしてたので5点。
やっぱトラボルタでしょうさん [DVD(字幕)] 5点(2005-12-09 01:37:00)
43.《ネタバレ》 井筒和幸監督の作品では「パッチギ」は別格として、この作品も私は好きです。とにかく音楽の使い方が上手い。いや、上手いと言うよりも上手すぎます。中でも高校生の里香が姉の為に歌う「花」という曲には思わず観ていて涙が出そうになりました。妻子ある男性との間に子供を身ごもってしまった姉への妹からの励まし(応援)のメッセージととれる「花」、本当に良い曲です。その他にも竹中直人や大友康平が歌う「また逢う日まで」も良い。音楽って素晴らしい。のど自慢という一つのイベントから見られるそんな人情味溢れる人達ばかりのこの映画、傑作とは言えなくても何だか観ていて楽しい気持ちになるそんな作品として評価したいと思います。
青観さん [ビデオ(字幕)] 8点(2005-07-24 22:30:48)(良:2票)
42.う~ん..イマイチかな...
コナンが一番さん [地上波(邦画)] 4点(2005-06-06 16:47:56)
41.最後の方で「不覚」にも涙してしまいました。。伊藤歩も室井もなかなか泣かせる演技をします。歌も上手いです。大友のエピソードは本人の演技ベタもあってちょっと押し付けがましかったです。久しぶりに映画で泣きました。
たかちゃんさん 6点(2005-03-17 22:46:52)
40.「NHKのど自慢」が何時から続いているのか知りませんが、何十年の間に予選・本選含めて膨大な数の延べ出場者、それぞれの想いを込め歌い上げるそれぞれの人生、ウ~ンこれはソウルだ!のど自慢がソウルだとは思わなかった、井筒を見直しました。もうワンパンチあればノックアウトなのに敢えて空かしてしまう井筒流、もっとベタベタにトドメを刺してもいいと思います。
亜流派 十五郎さん 7点(2005-02-12 23:28:12)
39.それなりに楽し。大友ファミリーに一番引きこまれたかな。そもそもあの歌い方はすげぇ。
やいのやいのさん 7点(2004-11-13 11:04:55)
38.「のど自慢」には全く興味がない。けど、それに出場しようとした人の背景には、興味があるかもしれない。個々の持っている悩みや、対面している問題を、「のど自慢」を通して描いているのであって、「のど自慢」はそのフィルターにしか過ぎない。とても上手くまとまっているし、ついつい涙が出てしまったシーンもある。こてこて定番なのかもしれないけれど、それはある意味基礎底辺。最近多い、内容の無い映画より、人情溢れるこっちの作品の方が、断然良いと思う。
もちもちばさん 8点(2004-08-01 13:13:17)(良:1票)
37.じいちゃんにウルッと来た。最後の歌もいい
ムートさん 9点(2004-06-13 15:51:13)
36.《ネタバレ》 いろんなとこで他の映画を批評しまくってる井筒さんの作品ということで、期待して見たけど・・・。いくつかの物語を別々に見せて、最後に一つになるっていう手法は良かったけど、面白いとは思わなかったなぁ。
夏目さん 4点(2004-06-12 14:33:30)
35.軽妙なつもりの台詞まわしも少しわざとらしく、もう少し地に足のついたスタイルでないと、共感を呼びにくい。
また、竹中直人をああいう使い方するのは、日本映画界で何かの協定でもあるのかと疑ってしまう。
とかなんとか文句をいいながら、実は私は、国営放送のこの番組の大ファンである。
見るたびテレビの前で、喝采し、共に歌い、ホロリとし、応援し、カネの音が少なすぎるとブーイングをしたりして、家族に引かれまくりながら、実に楽しませてもらっている。なので、よくぞこれを題材にしたなぁ!と感心しつつ、ツボにはまりまくり、エンディングでは滂沱の涙。
はっきり言って、今日び、あの程度の歌唱力では合格の鐘はあり得ないが、それでもいいじゃん。映画だもん。
人が懸命に歌う姿は、歌唱力にかかわらず、感動や共感を呼ぶものだ。
数々の名曲と共に、歌う喜びを存分に謳いあげた感動作に拍手。
poppoさん 9点(2004-05-18 11:11:05)(良:2票)(笑:1票)
34.昔から思っていたんだけど、井筒って下手くそだよなあ。「どうしてそんなカット割りすんだろー」とか「せっかくここまで盛り上げたのに、なんでこんなあっさりとした演出で済ますんだろー」とか、今回も結構思った。だが、なぜかそうした技法的なことがど-でもいいくらい、本作のアフレル情熱とミナギルやさしさに強く心を打たれ、作り手と登場人物たちが次第にキョウド-イッチダンケツしていく姿に触発されて、いつのまにか観ている自分も一緒になって拳を天高く突き上げて「ファイト-ッ!」と叫んでしまっていた。一緒に観た奥様も曰く、「続編も観たいわ。それから、このあいだの(『ゲロッパ!』)も借りてきて頂戴。」「ははーッ、御意!」
なるせたろうさん 10点(2004-05-07 18:14:37)(良:2票)
33.竹中さんの役が良いね。
ボバンさん 7点(2004-02-10 00:10:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 52人
平均点数 6.06点
011.92%
100.00%
200.00%
335.77%
4713.46%
51223.08%
659.62%
71121.15%
8815.38%
935.77%
1023.85%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 0.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 4.50点 Review2人
4 音楽評価 4.50点 Review2人
5 感泣評価 4.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS