Menu
 >
 >
 > レナードの朝

レナードの朝

Awakenings
1990年【米】 上映時間:120分
平均点: / 10(Review 279人) (点数分布表示)
ドラマ医学もの実話もの
[レナードノアサ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-09-01)【M・R・サイケデリコン】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ペニー・マーシャル
キャストロバート・デ・ニーロ(男優)レナード・ロウ
ロビン・ウィリアムス(男優)マルコム・セイヤー医師
ジュリー・カヴナー(女優)エレノア
ルース・ネルソン(女優)ロウ夫人
ジョン・ハード(男優)カウフマン医師
ペネロープ・アン・ミラー(女優)ポーラ
アリス・ドラモンド(女優)ルーシー
マックス・フォン・シドー(男優)ピーター・インガム医師
デクスター・ゴードン(男優)ローランド
ブラッドリー・ウィットフォード(男優)タイラー医師
リチャード・リバティーニ(男優)シドニー
ピーター・ストーメア(男優)神経心理学者
ヴィン・ディーゼル(男優)病院の看護兵(ノンクレジット)
金内吉男レナード・ロウ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
樋浦勉マルコム・セイヤー医師(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
納谷六朗カウフマン医師(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
北浜晴子エレノア(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
井上喜久子ポーラ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
清川元夢ピーター・インガム医師(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
野沢那智レナード・ロウ(日本語吹き替え版【テレビ】)
角野卓造マルコム・セイヤー医師(日本語吹き替え版【テレビ】)
金尾哲夫カウフマン医師(日本語吹き替え版【テレビ】)
田中敦子〔声優〕ポーラ(日本語吹き替え版【テレビ】)
糸博ピーター・インガム医師(日本語吹き替え版【テレビ】)
脚本スティーヴン・ザイリアン
音楽ランディ・ニューマン
作詞ジミ・ヘンドリックス"Purple Haze"
編曲ジャック・ヘイズ〔編曲〕
挿入曲ジミ・ヘンドリックス"Purple Haze"
撮影ミロスラフ・オンドリチェク
トム・プリーストリー・Jr(カメラ・オペレーター)
製作ウォルター・F・パークス
コロムビア・ピクチャーズ
ローレンス・ラスカー
製作総指揮ペニー・マーシャル
アーン・シュミット
配給コロンビア・トライスター・ピクチャーズ
美術アントン・ファースト(プロダクション・デザイン)
ビル・グルーム(美術監督)
ジョージ・デ・ティッタ・Jr(セット装飾)
衣装シンシア・フリント
編集ジェラルド・B・グリーンバーグ
字幕翻訳戸田奈津子
あらすじ
脳神経科医の体験に基づく実話物。研究一途の脳神経科医セイヤーは赴任したばかりの病院で、人間が活動を行う上で電気のような役割を果たすドーパミンを体内で十分に合成できなくなり、長年に渡って随意運動ができないレナードや嗜眠性脳炎で同じ状態に陥った患者に接する。パーキンソン病の症状を軽減する画期的な合成薬L-Dopaの存在を知ったセイヤーは、この薬の大量投与によって患者に随意運動と生きる喜びを取り戻す。しかし、セイヤーらの勝利感と家族の喜びも束の間、成功例第一号のレナードに副作用という暗い影がしのび寄る。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
279. 冒頭に実話を強調されると「ああそうですか」というしかない。あんなに劇的に患者が回復するだろうか?と素朴な感想。
 治療の方法に疑問は残るが、セイヤー医師は研究医として全力で患者を救いたかったのだろう、と好意的に受け止める。結果的に一時回復→副作用→再発の流れになり、最善を尽くしても治療の結果は「神のみぞ知る」だ。
 1969年の象徴として、アポロのポスターやゾンビーズ「ふたりのシーズン」は効果的。
 序盤から中盤まではR・ウィリアムス、終盤はR・デ・ニーロが主役といった感じだ。題材の性格上、デ・ニーロの演技に注目が集まるのは自然なことだろう。歯磨き以降の場面は見ごたえのある演技だった。ある意味儲け役を好演だが、“特徴のある役(動きの大きな演技)は演りやすい 特徴のない役(静かな心理描写)は難しい”という思いも若干残る。
風小僧さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2017-01-15 11:37:33)
278.ロビン・ウィリアムズとロバート・デ・ニーロ、二人の暑苦しい演技合戦なんか見せられたらタマランな、と思うところですが、比較的抑制が効いた演出となっていて、好感が持てます。決してハッピーなお話ではないのですが、作品に盛り込まれたユーモアに救われます。ロビン・ウィリアムズのネクタイの結び方とかね。
奇病との戦いにおいて、病魔に侵される不幸、改善する幸せ、再発する不幸、ってのは当然ある訳ですが、その患者の様子を、悲惨なものとしてよりは、どこかユーモアを湛えた存在として描き、たとえそれがひとときの治癒に過ぎなくとも、病魔から自分を取り戻したその刹那の輝きを描く。
人生、皮肉もあれば希望もある、それを、押しつけがましく無く描いているのが、いいですね。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-12-30 10:45:14)
277.毎日をしっかり生きることの尊さを痛感させられる。コミュニケーションが取れない人も生きているということは周囲も理解しているだろうが、その人の感情までをも理解しているのだろうかと問いかけられた気持ちになった。
さらに、門外漢の医師ゆえに気付きがあった点にも注目したい。物事を軽んじることがどれほど罪になり得るかを、患者を治そうと思うことを無駄のように考えていた医師を見て、自戒する思いになる。思いやりのある人になりたいと思うと、作中にあったセイヤー医師の笑顔が目に浮かぶ。
さわきさん [地上波(字幕)] 8点(2016-12-17 18:32:52)
276.映画はよく奇跡を描く。

極限からの生還や幾重にも連なった偶然の果ての出会い、魔法にいたるまで、

この映画では起きた奇跡は医者が試行錯誤の末にたどりついた境地と呼ぶべきもので、
それは普段映画で描かれる奇跡とはまるで違うものである。
しかし、眠れる人々が起き上がり再開を果たすシーンでは、
事実が故の重みもあいまって非常に胸を打つ。

映画としては演技とこの事実の重み、彼らの心情などなど見所が多く、
佳作といえるが、正直言って辛気臭さがはなにつく。

もう少し大人になったら再鑑賞したい。
病気の犬さん [DVD(字幕)] 6点(2015-11-11 19:34:40)
275.《ネタバレ》 難しいですね。何が正しくて、何が間違っているのか。効果も副作用も不明な新薬を、独断で増量投薬する。まるで実験台じゃないか・・もし自分が医師だったらとても真似できません。したくありません。しかし、そうして目覚めたレナードの喜び、世界の輝き。何物にも代えがたいはずです。レナードが目覚めた最初の夜、「僕は起きている」と笑うシーン。母親を認めて腕を広げるシーン。ほかの患者にも投薬治療をし、皆が次々とベッドから起き上がるシーン。あの喜びと輝きに満ちた、鮮やかな場面は、全ての批判を跳ね返す力があります。もちろん結果論です。成功したから肯定できる。見方を変えれば彼をマッドサイエンティスト(?)と呼ぶこともできるでしょう。彼は間違っています。しかし、レナードにとって彼は救世主で、かけがえのない主治医で、友人でした。やがてレナードに再びゆるやかな死が迫り、お互いに苦悩し、心を分かつ場面もありましたが、しかし最後まで二人は努力を続ける戦友であり続けました。何が正しくて、何が間違っているのか。外野がとやかく言える問題ではありません。ラストシーン、セイヤーは、たどたどしい口調で看護師エレノアをコーヒーに誘います。正しいも間違いも存在しない。人は成功と挫折の中で一生かけて学びつづけ、自分が最善だと信じる方へ進み続けるしかないのだと思います。
レナードとポーラのダンスシーン。文句なく素晴らしい、まさしく名場面です。そして、あの奇跡のひと夏が終わりを告げ、患者はすべて元のような人形に戻ってしまいますが、あの「髪を染めたいわ、私の髪は黒髪なの」と気恥ずかしそうに笑ったおばあちゃんの髪が変わらず黒く染められ、化粧を受けているシーン!ぐっときますね。セイヤーは「自分のしたことはひどく残酷なことではないか」と悩みますが、果たしてそうでしょうか。あのおばあちゃんの黒髪は、ひどく救いに満ちていると感じました。(私が女だからでしょうか・・)
デルモゾールG軟膏さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2015-07-29 02:19:25)
274.さすがデニーロ。患者役まで演じ切る、さすがではあるが反面、拳銃慣れした強いデニーロが焼付きすぎて「こんなデニーロみたくない」と感じちゃう。内容はノンフィクションなのでうまいドラマでは無いのはわかってるけど特に。患者が治ってない状況でセイヤーの恋はいらなかった。
UFC196.さん [地上波(字幕)] 5点(2015-01-27 00:23:19)
273.実話なのでハッピーエンドではありませんが、患者本人や家族の藁をも掴む気持ちは痛いほど分かりますので、難病治療における試行錯誤の医療行為は不可欠だと思います。いい映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-09-16 20:01:18)
272.ロバートデニーロもロビンウィリアムスもとってもよくて、
脚本もいいのだから、文句なくいい映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 8点(2014-08-16 13:50:09)
271.症状の劇的すぎる改善などは少し誇張しているのかもしれないけれど、とても良い映画だった。普通の朝が来る事をこれだけ切に願う状況があるんだ、と考えさせられた。邦題も良いと思う。
ネフェルタリさん [地上波(字幕)] 7点(2014-01-10 14:13:14)
270.《ネタバレ》 せりふを使わないで発病の経過を示していく導入がすこぶるいい。ベンチに名前をナイフで彫りかけて手がしびれる。いつも成績がAかBのレナード君のテストの採点をしている先生がノートを調べると、単語の端がズーッと流れてる。ここらへん怖い。友だちが遊びに誘いに来たのに、帰さなければならない雪の日。視点は医者に移り、バイキンの本見ながら食事をする学者肌。治療が始まる。ボールによる訓練、音楽療法。床の模様替えをして、ルーシーが歩き続けるとこ。水飲み場へ行くのかと思っていると、その脇の窓辺に立つの、ニクい。で新薬の投与による目覚め。悲喜こもごも。熱帯植物園で退屈してるあたりのユーモア感覚。やがて「アルジャーノンに花束を」的な展開になり、ドアの外の自由から遮断される。痙攣が始まると歯を磨くときに便利、なんてユーモア入れちゃうのも凄い。娘が食堂でダンスしてくれるのに泣けるが、彼女がバスに乗るまで窓から見送るのも涙。そう、これは窓の映画ね。R・ウィリアムスはいつもの通り邪気のない善意の人で、困った人でもある。映画も彼を勇気のある立派な人とのみは捉えてなく、でも大量投与で少なくとも一時的な目覚めを与えることは出来たわけで、医療と言うものの難しさを思う。人と人との間にある距離のはるかさ、それだけに人と人とが出会えることの奇跡的な美しさ。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 8点(2013-09-07 09:55:22)(良:1票)
269.《ネタバレ》 以前に小説の『アルジャーノンに花束を』を読んだが、それとよく似ている。
臨床の経験がなく研究ばかりしていた医師の試行錯誤に生真面目な誠実さが見える。
覚醒して生の喜びを得た後だけに、再び症状を自覚したときの衝撃が倍加する。
病気が健康のありがたさを教えてくれるように、レナードの悲しい人生の追体験が生のあり方を教えてくれる。
普通に生きていることがどんなに尊いか、人生は喜びであり神からの贈り物――レナードの言葉が胸に蘇る。
レナードがポーラと別れのダンスで痙攣がおさまるシーンは感動的。
いつもながらロバート・デニーロの演技はさすが。
医師が彼女をコーヒーに誘ったラストは、レナードから学んだことが端的に表れていて後味の良い映画になっている。
飛鳥さん [ビデオ(吹替)] 9点(2013-06-10 00:21:17)(良:1票)
268.《ネタバレ》 『奇跡』の起る時間が早かったのでこれはヤバいんじゃないかと思ったら…。
たった2時間の上映時間のなかで、ここまで見事に状況や主人公たちの気持ちの変遷を描き切った作品はそうは無いんじゃないでしょうか。
そしてそれぞれの人に影響を与える人、人、人。これほど人間関係だけで出来上がった映画って面でも珍しいですね。
レナードたちは突然やってきて、またいってしまった。
それでもわずかな『奇跡』の時間に確実に残したものがあって、彼らは以前も、これからも生きていることを証明してみせました。
これがこの種の不治の病と戦う(いや、戦うと言うかそんな日常に疲れきっているかもしれません)人々にどれほどの影響があったことか。
実験的投薬のエスカレートが示すようにロビンは患者たちに対して医師から友人になっていました。
もちろん倫理的な問題はありますが、あの人づきあいが苦手な医師が、あの時間のとまってしまっていた患者たちにです。
ラストもこの物語を締めくくるにふさわしいエピソードで、なんだか切なくなりました。
そしてロバート・デ・ニーロのおそろしいまでの演技力がこの映画を支えていたことは言うまでもありません。
ろにまささん [CS・衛星(字幕)] 9点(2012-10-31 06:27:51)
267.デ・ニーロの演技以外はさほど……
Kさん [DVD(吹替)] 6点(2012-06-02 19:34:34)
266.《ネタバレ》  点数をつけること自体に気がひけてしまうくらいすばらしい映画です。

 マルコム・セイヤー医師は、医師ではなく研究者であったから、序盤は常に優先順位が「真実を知ること」でした。そのセイヤー医師がこの病院に、勘違いから赴任してしまったことが、最初の奇跡だったように思います。
 赴任後、セイヤー医師は、看護師や患者さんたちと一緒に病気に向き合っていくことで、次第に医師としての側面を持つようになっていきます。
 序盤、どうしてもセイヤー医師の笑顔が、「新しい真実を発見した喜び」に見えてしまいました。ですが彼は、少しずつ心境の変化を見せていきます。

 セイヤー医師は、日常の小さな気付きから仮説をたて、実証することを繰り返します。
 これが、言葉を発することができない患者さんたちの心と、少しずつ触れ合っていくきっかけとなったように思います。

 また、後半では、レナードが自分を実験台にするように申し出ます。
 実際に痙攣が始まります。レナードは、セイヤー医師に自分を撮るように促します。
 ところが、セイヤー医師はためらってしまいます。
 ああ、この人はもう医師であり、レナードの友人なんだと思いました。

 レナードをふくむ病気の方たちが目覚めた期間はわずかなものだったかもしれません。 だとしても、その期間、間違いなくこの方たちは自分の人生を享受していました。そして自分にとって大切な人達との再会を果たすことができたのです。
 それは彼らだけではなく、彼らを支え続けた人々にとっても同じことが言えると思います。むしろ、長い年月寂しい思いをしてきたのは、周りで支え続ける家族や医師たちのほうだったかもしれません。患者さんたちは、ずっと自分たちを支え続けてくれた人達のために、ほんのひとときだけ目覚めてくれたようにさえ感じます。

 別れは再びやってきます。ラストは、彼らに取り残されたような気分になりましたが、それは彼らが目覚めていたとき、一緒に彼らの人生を楽しむことができたからだと思いました。

 100冊の自己啓発本を読むより、この映画を1本見るほうが、自分の中で何かが目覚めた気がします。
たきたてさん [DVD(字幕)] 10点(2012-05-14 11:29:59)
265.これはもうデ・ニーロの演技に尽きるかな。ロビン・ウィリアムスや脇役のキャラもそれぞれに魅力がある。こういう医療モノ、好きですね。
nojiさん [ビデオ(字幕)] 8点(2012-03-05 22:34:37)
264.ほんの少しの間だけ覚醒させ、その時間を精一杯生きるレナードの仕草、言葉には、すごく考えさせられた。普通に僕らが過ごす一分一秒はものすごく大事だと心から思った。最終的にはもとの状態に戻ってしまった患者たちだが、変わらず生きていることには違いないことに感動した。こういうアクションをおこす、熱心な医者が今いるのだろうか疑問に思った。デニーロの演技には本当に感動させられた。
バトルコサックさん [DVD(字幕)] 7点(2012-02-24 04:28:23)
263.《ネタバレ》 健康で生活出来ることが如何に幸せなことか・・・
一瞬、一瞬をもっと大事に生きなければ・・・
こんな当たり前のことを気付かせてくれるだけでも価値のある映画だと思います。

鬼気迫る熱演のロバート・デ・ニーロにがっぷり四つで対抗したロビン・ウィリアムスも凄い。
ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 7点(2011-11-01 15:05:33)
262.《ネタバレ》 泣けて、そしていろいろ考えさせられる映画。結局患者たちはみんな元通りで決してハッピーエンドとは言えないけど陰鬱さとかそういうものは感じずむしろ優しい気持ちに包まれる。セイヤー医師はレナードに喜びや楽しみを与えただけでなく、レナードからも同様にもらってたんですね。凄くいいEDでした。つまんねえ人生だ、とかもうやだ死にたいとか何かにつけて皆言いがちな世の中ですが、こうやって見て、触れて、聞いて、話して、感じて…こういう単純なことだけでも生きるってのは楽しくて素晴らしいんじゃあないのかあ、なんて思ったりしました。『純真な気持ち』を思い出させてくれる映画。心が洗われます。
ケ66軍曹さん [DVD(字幕)] 9点(2011-09-01 22:32:19)
261.実話を基に作られた医療ドラマ。おそらく登場人物達の人間関係以外は
かなり忠実に再現されているのではないかと思う。それだけにストーリーはかなりシビア。
ベタな演出はほとんどなく、後半からの特別ドラマチックな展開というのも見受けられない。
残酷とまで言える悲しい現実、リアルな映像から命の尊さがずっしりと心に響いてくる。
もう少しドラマ性が欲しいというところで多少評価が分かれるかもしれないが、
主役二人の演技は確かなものだし(デニーロは少々役作りしすぎの感はあるけど)、
キャラ分けのバランスもよく、彼らを観ているだけで見応えは十分。
個人的には感動と言うより、いろいろ考えさせられた作品だった。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 7点(2011-07-29 06:22:17)
260.小学生の頃に鑑賞して以来、作品名がわからず20年近く探していた思い出深い映画です。今観ても泣けました。ロビン・ウィリアムスとロバート・デ・ニーロが本当にいい演技をしています。
アフロさん [DVD(字幕)] 8点(2011-06-21 02:00:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 279人
平均点数 7.67点
020.72%
100.00%
220.72%
310.36%
420.72%
5145.02%
6279.68%
76623.66%
87928.32%
96121.86%
10258.96%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.35点 Review17人
2 ストーリー評価 8.00点 Review20人
3 鑑賞後の後味 7.77点 Review22人
4 音楽評価 7.81点 Review16人
5 感泣評価 8.16点 Review18人

【アカデミー賞 情報】

1990年 63回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ロバート・デ・ニーロ候補(ノミネート) 
脚色賞スティーヴン・ザイリアン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS