ウインドトーカーズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > ウインドトーカーズ
 > (レビュー・クチコミ)

ウインドトーカーズ

[ウインドトーカーズ]
Windtalkers
2002年【米】 上映時間:134分
平均点:4.69 / 10(Review 176人) (点数分布表示)
アクションドラマ戦争もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-10-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・ウー
助監督ブライアン・シュメルツ(第二班監督)
演出ブライアン・シュメルツ(スタント・コーディネーター)
キャストニコラス・ケイジ(男優)ジョー・エンダース
アダム・ビーチ(男優)ベン・ヤージ
クリスチャン・スレーター(男優)オックス・ヘンダーソン
ピーター・ストーメア(男優)イェルムスタッド
ノア・エメリッヒ(男優)チック
マーク・ラファロ(男優)パパス
ブライアン・ヴァン・ホルト(男優)ハリガン
マーティン・ヘンダーソン〔男優・1974年生〕(男優)ネリー
フランシス・オコナー(女優)リタ
ジェイソン・アイザックス(男優)メリッツ少佐
ケヴィン・クーニー〔男優・1945年生〕(男優)軍医
坂本浩一(男優)
大塚明夫ジョー・エンダース(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
森川智之ベン・ヤージ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
てらそままさきオックス・ヘンダーソン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
内田直哉イェルムスタッド(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
佐々木優子リタ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
江原正士パパス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
楠大典チック(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
星野充昭ハリガン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
佐々木敏メリッツ少佐(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
楠見尚己チャーリー・ホワイトホース(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大川透(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
飯島肇(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小山力也ジョー・エンダース(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
坂詰貴之ベン・ヤージ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
家中宏オックス・ヘンダーソン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田中正彦パパス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
桐本琢也ハリガン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
後藤哲夫チック(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
村治学ネリー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
安藤麻吹リタ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大黒和広(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本ジョー・バッティア
ジョン・ライス〔脚本〕
音楽ジェームズ・ホーナー
編曲ジェームズ・ホーナー
J・A・C・レッドフォード
撮影ジェフリー・L・キンボール
ブライアン・シュメルツ(第二班撮影監督)
製作ジョン・ウー
テレンス・チャン
リチャード・ステンタ〔製作〕(ライン・プロデューサー)
製作総指揮C・O・エリクソン
配給20世紀フォックス
特殊メイクケヴィン・イエーガー
特撮シネサイト社(視覚効果)
美術ケヴィン・イシオカ(美術監督)
リチャード・C・ゴダード(セット)
編集トム・ロルフ
字幕翻訳松浦美奈
スタントジョン・コヤマ
ツヨシ・アベ[スタント]
ジョーイ・ボックス
ジョニー・マーティン
坂本浩一
その他ジェームズ・ホーナー(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
176.《ネタバレ》 これはね、戦争のそれも前線という狂気の現場に、体育祭レベルの友情テイストを持ち込むからオカシなことになってるんだよ。「二人には色々あったけど、ジョー君は足を怪我したベン君を背負ってゴールしました。先生は感動しました!」か。砲弾の衝撃や、負傷し死んでゆく兵士らをなまじリアルに描写するから、その現実感にそぐわないヘンテコ演出が目立つ。
「顔が日本人に似てるから」変装してたった二人で敵陣に乗り込む。そして無線を奪って大成功、って曲がりなりにも“反戦”の筋を通したいのならこんな驚天動地かつ荒唐無稽な脚本にしちゃいけません。捕虜田くんか。誰だ。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-10-07 00:37:23)
175.ニコラス・ケイジ演じる主人公は、かつて部下を失い、心も体も「壊れかけた」男。これを強調するように、耳の負傷が何度も何度もカメラに捉えられます。一方、日本軍にまだ破られていない暗号を駆使するナバホ族出身の通信兵。こちらは若く溌剌としていて、主人公と対照的。この二人の交流が描かれる訳ですが、通信兵の方は、いわば暗号通信のための「道具」に過ぎない面を持っている。というところで、若き通信兵とつかず離れず、ヨレヨレでダメダメで何やら訳アリの過去を持ってそうな影を見せるのが、ニコラス・ケイジの持ち味。突然妙なニホンゴを使って見せるのが、いかにも訳アリ感を感じさせますな。・・・というあたりまでは、結構なのですが、・・・本作、どうもピンと来ないのです。敵である日本兵との戦いの描写、爆発をひたすら炎で表現するのは安いアクション映画でアリガチですが、ここまで徹底すると確かに壮観、ただしその戦いにあまりドラマが無い。で、その結果どうなるかというと、主人公と通信兵の間に亀裂が入った時、ジョン・ウーは「待ってました」とばかり、そこに「男と男の対決」を描こうとするんですね。しかし本当に二人が対決するようなオハナシには脚本が書かれていないので、一瞬の場違いな盛り上がり、に終わってしまう。結局、背景に追いやられてしまう日本兵こそ哀れ。妙な作品でした。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-07-23 23:48:37)(良:1票)
174.まあ、ストーリーその他は別に特筆することはありませんが戦争がイカンってことはよくわかりますね。日本兵が掃いて捨てるように殺されてますが出征の時はみんな千人針を持って涙で送り出されてきた人達ばかりなんですよねぇ…多くの大切な命がいとも簡単に失われる戦争…やっぱりいけません。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 5点(2012-05-19 16:29:10)
173.《ネタバレ》 なんだかなぁ ナバホの言葉が暗号に使われてたというのは勉強になったけど 全体的な中途半端感がありますね(お金は相当掛ってるのは半端ないが)  途中で出てきた女の人は後半出番なし?  「ホリョダ」のシーンは  …あんまりでしょ  日本人の殺され方の描写はすごかった 戦争の悲惨さを訴えるとすれば 妥当な内容であったと解釈イタシマス
Kanameさん [DVD(字幕)] 3点(2011-06-06 07:07:07)
172.J・ウーのよさが消滅した駄作戦争映画。この人の演出は絶対集団戦には向かない。それ以前に脚本がどうしようもないわけだが。
j-hitchさん [DVD(字幕)] 3点(2010-08-20 14:51:13)
171.ジョン・ウーがついに戦争映画を撮る!2002年は戦争映画が多数製作されましたが、製作段階において特に注目度の高かったのが本作でした。しかし、蓋を開けると戦争映画としては史上最低クラスの出来。世間一般からは一瞬にして忘れ去られ、ウーファンにとっては触れてはならない過去となったのでした。超人的な主人公が華麗にアクションを決めるジョン・ウーのスタイルは、大人数が泥にまみれながら命をかける戦争映画とは水と油。前半はニコラス刑事が棒立ちでマシンガンを乱射してるだけで見せ場として全然面白くないし、ジョン・ウーがガマンできなくなったのか、とうとうマシンガンをピストルに持ちかえてしまった後半は、もはや戦争映画のルックスではなくなっています。ジョン・ウーの映画なのに、戦争映画なのに、見せ場がつまらないという致命的な欠点を本作は抱えているのです。また、「プラトーン」以降の戦争映画には、史実に基づいてリアルに作るという条件が課せられるようになりましたが、本作は時代錯誤なまでに適当。サイパン島と言えば年平均気温が27度という高温多湿の熱帯気候なのに、まったくそのような風土に見えないという圧巻のロケーションには驚きました。妙に乾燥している地域があったり、日本の秋口のような風情ある風景があったり、そもそも俳優達が暑さの演技をしていなかったり、こだわって作っていないことが丸出しになっています。また、日本人住民の集団自決のあった悲劇の島でもありますが、本作に登場する住民達は実にのどかなもので、アメリカ兵にいとも簡単に懐いてしまいます。ニコラス刑事の常備薬を一錠飲ませてもらったり、チョコレートをひとかけ食べただけでアメリカさん大好きになってしまうという激安野郎ばかりで、本当に何も調べずに撮ったんだなぁと呆れてしまいました。これに追い打ちをかけるのがニコラス刑事の妙な熱演で、この人が演技を頑張れば頑張るほど映画がおかしくなっていきます。酔っぱらった演技などは加藤茶のレベルに達しており、「リービング・ラスベガス」のアル中演技でオスカーをもらったのと同一人物とは思えません。ハゲヅラのお巡りさんと若ハゲのケイジさんが共演すれば面白いのではないでしょうか。また、「ホリョダ!」「ド~シタノ?」「ベイコクキライ!ニホンダイジ!(ダイスキの間違い?)」等を、恐ろしく気合いの入った顔でやられても困ってしまいます。
ザ・チャンバラさん [DVD(字幕)] 2点(2010-01-22 20:36:34)(良:1票)(笑:1票)
170.色々と「無い無いそれは無いわーw」という部分も有りますが、
トータル的に良かったと思います。
通信機を奪うために南米系の人を日本兵に見立てて捕虜の振りして、「イケル!!」って白人はマジ思ってんのか、と思うとかなり笑えますが、
この映画のテーマである国境を越えた友情は素直に胸を打ちました。
我がジャップはガンガン殺されますし、村?の設定も、なめてんのかと思うような感じで胸糞悪い所もありますが、
一番悪いのは戦争なんだ!本当にクタバレは戦争なんだ!というメッセージがしっかり描かれていた分、何故か感情移入してしまいましたね。
バニーボーイさん [DVD(字幕)] 6点(2009-10-11 20:04:17)
169.昨夜本当に何年かぶりで「フェイス・オフ」を観た流れでジョン・ウー作品の一覧を見ていて思い出しました。
一回観ただけだけど、つまらなかったです。ニコラス・ケイジはどの作品を観ても、パチンコのCMでさえもいつも全力だ。その必死の演技も救いにならないの。
ジョン・ウーはギャングVS警察、ギャング同士の派手なアクションが売りの娯楽作品じゃないとダメなのかも。
例えば「フェイス・オフ」の有り得ない設定は気になりません、しかし本作はどう説明していいのかわからないけど、その有り得ない強引な設定が気になるを通り越してシラけてしまうんです。
そしてアクションシーンもとうとう「バカの一つ覚え」と感じてしまったのでした。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2009-08-26 12:12:01)
168.ホリョダアー?その瞬間に撃たれますよほんと。
ととさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2008-05-04 02:31:44)
167.ファミコンの「ゲバラ」並みの殺戮ですな。
デッカードさん [DVD(字幕)] 2点(2008-03-25 02:43:58)
166.う~ん..今時、こんな子供じみた、コテコテのB級戦争映画を創るなんて..観てて辛かった..幼稚な演出がかなり目立つ..日本で言えば 「水戸黄門」 「遠山の金さん」 レベル..こんな映画に大金を注ぎ込んで喜んでるなんて、アメリカってホントめでたい..演出次第では、秀作にも成り得たのに..残念.. ジョン・ウー監督、「プライベート・ライアン」 「バンド・オブ・ブラザース」 の爪の垢でも煎じて飲んで下さい...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 2点(2007-07-02 16:55:24)
165.アクションシーンはほどほどに良かったと思います。が、なぜか今作の人物に感情移入ができなかった…そのせいか、後半勝手にキレて暴走してるやつを見て、イライラしてました。一応人間関係を重視しているわけだから、視聴者を取り込むような演出にしてほしかった。
SAKURAさん [映画館(字幕)] 5点(2007-06-14 23:25:59)
164.日本軍の描写が酷いこと酷いこと。ジョン・ウーは日本嫌いだからこうなるのは分かってたんですけどね。一応ナバホの暗号に苦戦する日本人をどう描くか気になってたので見ましたよ。それほど日本兵が苦戦する様な描写もなくイマイチでしたね。この映画で1番面白かったのはアメリカ軍が仲間を間違って砲撃するシーンかな。戦争映画では見やすい方でした。
TRUST NO ONEさん [DVD(字幕)] 2点(2007-01-19 05:24:49)
163.ニコラス・ケイジがあまり強そうに見えないのにスーパーヒーローのような活躍ぶりでちょっと違和感がありました…。
MELさん [DVD(字幕)] 6点(2006-10-09 19:31:50)
162.○久しぶりに鑑賞。○ありがちながらもアクションシーンはそれなりの迫力。○主演二人のドラマがいまいち。やはりスター俳優ニコラス・ケイジに話が傾きがち。○看護師とのエピソードが本当にただの飾りつけだった。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 4点(2006-08-31 00:46:00)
161.ジョンが戦争映画を撮ったらどんなことになるのだろう、と思って期待してたけど…この人は戦争映画とらないほうがいいと思う。アクションシーンはまぁまぁよかった。
Pepeさん [映画館(字幕)] 5点(2006-01-06 00:43:10)
160.戦闘シーンは凄いと思ったけど、クライマックスまでが単調に感じて、退屈でした。あと、しょうがないけど日本兵、ボコボコニされてますね・・・
H.Sさん [DVD(字幕)] 5点(2005-12-18 22:36:56)
159.《ネタバレ》 ジョンウー作品にはなじめないものがあった。しかしこれは別。色々な意味で重量級である。
まず日本人俳優をちゃんと使っていることおよび、旧日本軍をリアルに描いていること、評価いたします。さすがチャイニーズ、当たり前ですね。だってさー、中国人もコリアンも日本人も、全部いっしょくたにされてんのが普通じゃん。なので、とても嬉しく思いました。
ネイティブアメリカン役の俳優さん、よかった。暗号に使われていたなんて、全然知らなかったよ。戦闘場面、これまでのどの戦争映画とも違う撮り方だったと思う。どう表現したらよいのかわからないが、「引きのショット」の多さ、というか。ともあれ、ウーさんは、日本人をちゃんと撮ってくれてありがとう。ネイティブアメリカンの悲しくせつない思いが伝わる作品。もうニコラスケイジはどうでもよし。なんか、無駄にでかい気がしてきた。
パブロン中毒さん [DVD(字幕)] 9点(2005-11-13 19:29:00)
158.ジョン・ウー映画でしたな。。
いい意味でも悪い意味でも。

ジョン・ウー的に言うとアリですが
映画的に言うと、ちょっと・・って感じです。
話がいまいちつながり悪いし。

戦艦から砲撃するシーンって・・あれはありなの?(笑)
あと「ホリョダ」で騙されるのかなぁ。。
luminoxさん [DVD(字幕)] 4点(2005-06-11 01:30:08)
157.なんだかなー。わざわざ戦争に題材を求める必要があったのでしょうか?ジョン・ウーはどの映画を観ても自分には理解ができない描き方をしますね。日本的でもアメリカ的でもないからでしょうか?ニコラスハゲは戦争物には合ってないと思いますね。それとやたらドンパチやってるけど、どーにも箱庭セットで撮影している感じでリアリティがないですね。
たかちゃんさん [地上波(吹替)] 3点(2005-05-06 12:41:04)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 176人
平均点数 4.69点
063.41%
163.41%
2179.66%
32614.77%
42514.20%
53218.18%
62514.20%
72212.50%
8116.25%
942.27%
1021.14%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.66点 Review3人
2 ストーリー評価 4.66点 Review6人
3 鑑賞後の後味 3.25点 Review4人
4 音楽評価 5.00点 Review4人
5 感泣評価 4.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS