トータル・フィアーズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 >
 >
 > トータル・フィアーズ
 >

トータル・フィアーズ

[トータルフィアーズ]
The Sum of All Fears
2002年【米・独】 上映時間:124分
平均点:4.84 / 10(Review 183人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-08-10)
アクションドラマサスペンスシリーズもの政治もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2011-09-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フィル・アルデン・ロビンソン
演出テリー・J・レナード〔スタント〕(スタント・コーディネーター)
キャストベン・アフレック(男優)ジャック・ライアン
モーガン・フリーマン(男優)CIA長官 ウィリアム・キャボット
ジェームズ・クロムウェル(男優)ファウラー米大統領
リーヴ・シュレイバー(男優)ジョン・クラーク
マイケル・バーン[男優・1943年生](男優)ロシア政治顧問 グルシュコフ
キアラン・ハインズ(男優)ネメロフ露大統領
アラン・ベイツ(男優)ドレスラー
フィリップ・ベイカー・ホール(男優)デヴィッド・ベッカー米国防長官
ブルース・マッギル(男優)ジーン・レベル米国家安全保障担当補佐官
ブリジット・モイナハン(女優)外科研修医 キャシー・ミュラー
ロン・リフキン(男優)シドニー・オーウェンズ国防省長官
メイス・ニューフェルド(男優)議長
ジョセフ・ソマー(男優)上院議員 ジェサップ
コルム・フィオール(男優)武器商人 オルソン
リサ・ゲイ・ハミルトン(女優)ボルチモアへの救援軍指揮官
ジェイソン・アントゥーン(男優)
コンスタンティン・グレゴリー(男優)ロシア軍将軍
ジョエル・ビソネット(男優)
堀内賢雄ジャック・ライアン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
坂口芳貞CIA長官 ウィリアム・キャボット(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
津嘉山正種ファウラー米大統領(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小山力也ジョン・クラーク(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
藤本譲デヴィッド・ベッカー米国防長官(日本語吹き替え版【VHS/DVD/フジテレビ】)
麦人ドレスラー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
沢海陽子外科研修医 キャシー・ミュラー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
石塚運昇ネメロフ露大統領(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山寺宏一ジャック・ライアン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
池田勝CIA長官 ウィリアム・キャボット(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
中村正[声優]ファウラー米大統領(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
山路和弘ジョン・クラーク(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小川真司〔声優・男優〕ドレスラー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
田中敦子〔声優〕外科研修医 キャシー・ミュラー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
佐々木勝彦シドニー・オーウェンズ国防省長官(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
屋良有作ネメロフ露大統領(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
稲垣隆史ジーン・レベル米国家安全保障担当補佐官(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
原作トム・クランシー『恐怖の総和』(文春文庫)
脚本ポール・アタナシオ
ダニエル・パイン
音楽ジェリー・ゴールドスミス
撮影ジョン・リンドレー
製作メイス・ニューフェルド
パラマウント・ピクチャーズ(共同製作)
製作総指揮トム・クランシー
ストラットン・レオポルド
配給東宝東和
特撮リズム&ヒューズ・スタジオ(視覚効果)
美術ジャニーン・オッペウォール(プロダクション・デザイン)
クロード・パレ(美術総監督)
イザベル・グアイ(美術監督)
シンディ・カー(セット装飾)
編集ニール・トラヴィス
ニコラス・デ・トス
録音ラッセル・ウィリアムズ二世
字幕翻訳松浦美奈
その他ジェリー・ゴールドスミス(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
183.《ネタバレ》 ベン・アフレック演じる三代目「ジャック・ライアン」シリーズ第4弾。アメリカのボルティモアで核爆弾が炸裂。若き日のライアンが誤解による米ロ核戦争を食い止めるべく孤軍奮闘。一触即発の事態を超ギリで抑えました。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2014-03-02 01:03:43)
182.《ネタバレ》 面白かったよ。ベタなストーリーではあるけれど、これだけ大掛かりにやられると十分楽しめるね。ただし、皆さんが言ってるように核に対する認識の甘さは目にあまるね。爆発そのものの表現はなかなか良かったけど、放射能による被害は無視って感じだもんな。それでも『インディ・ジョーンズ/クリスタルスカル』よりはましだったよ。こんなだからアメリカは原爆落としたり、ウラン弾使ったりできるんだろうな。
フラミンゴさん [DVD(字幕)] 5点(2012-04-05 07:38:17)
181.《ネタバレ》 スパイアクション物としては王道かつ最大規模のストーリー。アメリカ対ロシアの全面戦争の契機として実際に原爆が爆発してしまうという展開は、マクガフィンと思っていたものが実際に発動してしまうという驚きがありました。でも爆心地で何の装備も無しに駆け回っていた主人公が最後にもピンピンしているのは、余りにも納得がいかないと言いますか、昔から核の恐怖・影響について教育されている日本人からすると「なんだかな~」と首をかしげてしまいました。中盤までのギャグの内容がストーリー運びに直結している演出は上手いなと思います。お陰で全体的にダレてはいなかった。
民朗さん [DVD(字幕)] 6点(2011-06-05 11:32:32)
180.映画が嘘の世界であることは承知しているが、核がこんなにも軽く描かれちゃっていいものか。主人公ジャック・ライアンと恋人が爆心地にいたというのにその後、先に作られたシリーズ作品では元気もりもり、子供も授かっているという矛盾はさておき、せめて核を描くことにいくらかの覚悟をもってほしかった。ここでの核爆弾は超デカイ爆弾でしかないようなのだが、まさか本気でそう思ってるわけでもなかろう。あと、子供の喧嘩じゃあるまいし、なんなのだ、このレベルの低い攻防は。とにかくジャック以外のアメリカ人、いや合衆国政府高官の面々はアホばかりなのだが、9.11後のアフガニスタンへの空爆やイラク戦争へと向かったアメリカを見てるとあながちはずれてもないのか。
R&Aさん [DVD(字幕)] 4点(2010-10-13 16:44:32)
179.《ネタバレ》 軍事サスペンスとアクションの融合で、とっつきにくい部分もありますが・・・、
まぁ、そのとっつきにくい部分は噛み砕かれてるわけでもないですw
一応、テロを企てる組織みたいなのは出てきますが、
時間軸は振り回されてるアメリカとロシアの間で進んでいき、双方ただただパニックに陥る様を強調して描かれてる分主人公の影がとても薄い。
挙句に核は爆発するわ、アメリカもロシアも血が昇って全面戦争だ!と捲くし立てるわ。結局、巨悪の狙い通りに物語が進み、主人公からのホットライン一本で戦争が止まる。という壮大なんだか地味なんだかよくわからん展開。
しかし、国のトップや軍のトップが(ロシア大統領だけは、まだ冷静に描かれていたが)この映画に出てくるような人達だったら、戦争なんて永久に無くならないんだろうなぁ。「やられっぱなしで舐めらてたまるか!」の論理で核をぶつけるだ、ぶつけないとか、次元が低すぎる。アメリカ人って、どうなってんの?
バニーボーイさん [DVD(字幕)] 4点(2009-09-25 07:45:13)
178.《ネタバレ》 「本物の会議はテレビでは流れない」「裏口は常に開けておく」など、心に残りそうなセリフがありますが、映像的に物足りない仕上がりとなっています。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 4点(2009-05-01 21:54:47)
177.戦争映画が大好きなのに、ダメでした。
もっと真剣にやればよかったのに。
机上のだけで戦争していったら、もっとおもしろかったのに~
海外イチゴさん [地上波(吹替)] 4点(2009-03-14 13:21:05)
176.《ネタバレ》 まあそれなりに面白かったですよ~確かに冷戦終了後な現在では、ちょっとピントがずれてる感は否めませんが。ベン・アフレックって俳優さんも(この人「AJ」ですよね→わかる人はわかる)バカっぽいイメージありましたが…スミマセン…まあ、そこまで悪くはなかったかな。ひいきめに考えると、爆弾爆発のシーンも いろいろな映画上の制約うんぬんを考えるとあれが精一杯だったのではないか、と。さすがにあまりグロい描写はまずいでしょう…ちょこっと病院のシーンででますが…。それよりも根本の脚本に無理がある(アメリカ国内で核が爆発→斬新ではありますが)ので、制作上はいたしかたないかな? 放射能や爆風や各キャラの被害状況についての描写は、みなさんおっしゃる通りものすごーーーーーーく都合がよすぎ(苦笑)あの核爆弾がスタジアムで爆発した状況 普通に考えれば絶対みんな死んでる。でもそれじゃ映画が成立しない(笑) 個人的にスパイ役の人が、ものすごーくスパイらしかったのでこの点数デス
Kanameさん [ビデオ(字幕)] 6点(2009-01-21 14:38:41)
175.《ネタバレ》 ものすごい話です。何しろアメリカ国内で小規模とはいえ核爆発テロが成功してしまいますから。
演出にちょっと軽さが感じられましたが、テロリストの恐ろしさって言うのが本当にいやでいやでしょうがないあたりの見せ方は凄く良かった。

核兵器の恐ろしさが足りない、という意見もありますがアメリカの人たちはそれを使う人たちに恐怖していてその絵的惨状にはそれほど興味がないようです。
原作本にあった徹底的かつ妄信的な、テロリストの本質的な恐怖がハリウッド的に落とし込まれていることに落胆しているよう。

実際はアメリカの人たちは核兵器の恐ろしさや、科学的な見解などは日本人がテレビで教わっている以上に認識が高いようで、検索すると日本語ページよりも英語の方が多い。
となれば映画での扱いは、もう知っていることよりも、映像的な悲惨さよりも、狂信的な人間が使いそれが起こりそうなとき、起こってしまったときにどんなことになるのかと言うことにつきるかと思います。

そういう意味ではこの映画は迫真さに欠ける部分があり、決して完璧な作りではありませんが、核の悲惨さの表現だけよりも一歩も二歩も進んだ主張があると思います。
黒猫クックさん [DVD(字幕なし「原語」)] 7点(2008-09-26 23:26:08)
174.《ネタバレ》 大味な感じだけど結構楽しめる娯楽作。いかにもハリウッドらしい映画。恋人シーンは無駄なのでは序盤は思ってたけど、エンディングの布石かと考えると納得。モーガンはさすがの存在感と演技。ベンアフレックは持ち味に合った役をいただいたと思うが、他のキャラにも対応できるのか今後注目。ロシアの大統領は確かにロシア風の顔だった。米大統領はすこしせっかちで軽い感じであった。ハリウッドの映画は米大統領は立派に描かれることが多いんで少し違和感が。 7点か6点か迷ったけど少し厳しめに。
タッチッチさん [地上波(吹替)] 6点(2008-05-09 20:33:59)
173.ベン・アフレックは旧友マット・デイモンにえらく差をつけられちゃったな~と思わざるをえない。もっと役にあった知的な演技をしてほしい。
りりあさん [地上波(吹替)] 2点(2008-01-26 18:01:12)
172.ベン・アフレックには・・。
あるまーぬさん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-07-25 05:55:01)
171.《ネタバレ》 重いテーマに反して緊迫感のない描写に、汚い合成見え見えの爆発映像で興醒めしてしまいました。この映画のせいとまではいいませんが、ベン・アフレックはこの頃から出番が減ってきたような気がします。私が映画館で観た映画の中では今のところ最低の映画です。
Thankyouさん [映画館(字幕)] 0点(2007-01-08 03:42:37)
170.《ネタバレ》 全く期待しないで見たが面白かった。 突込みどころは満載だがそれらを勘弁すると
脚本は秀逸。 特にチェチェンに干渉するな!というのは全く持って2006年大晦日に
マッチしていて感心する。 政治に興味あれば見てみなさいってんだ。
Jane.Yさん [DVD(邦画)] 8点(2006-12-31 21:08:36)
169.やっぱり話の中心の「核」と言うものがすごく恐ろしいものだと思えないのは、製作者の認識度の甘さや勉強不足、演出の悪さが原因だからだと思います。それと、何故ベンアフレックを起用したのかもわかりません。まったく賢く見えないし、って言うかむしろアホに見える。ストーリーも面白くないしテンポも悪い。もう二度と観ることはないです。
TOSHIさん [地上波(吹替)] 1点(2006-09-02 01:09:14)
168.米・露対戦危機よりも、ベン・アフレックがジャック・ライアンでいることの方が有り得ない。
みんてんさん [DVD(字幕)] 4点(2006-08-17 09:50:17)
167.まあまあ面白かったと思うが、印象に残るシーンがない
ラスウェルさん [地上波(吹替)] 4点(2006-04-21 00:15:30)
166.《ネタバレ》 ジャック・ライアンシリーズはこれで三作品目の鑑賞となるが暇潰しにはなった。ただ、ちょっと時間が長い割には見せ場がなかったように感じる。特に核爆弾の投下のシーンでは爆風の割には煙に迫力を感じられなくて微妙な完成度。と言っても実際の核爆弾の威力を知っているわけではないが・・・。そういえば「スクリーム」シリーズでコットン・ウェアリー役のリーヴ・シュレイバーが出演していましたな。なんかベン・アフレックやモーガン・フリーマンなどの主要人物が微妙だったのが残念。もっと役柄にあっている男優を探せただろうにな。ネメロフ役のシアラン・ハインズが一番、印象に残っている。内容に触れると小難しいですがアメリカ映画というのもあって展開に無理があるように感じた。ジャック・ライアン1人で解決出来る問題ではないし、あんなタイミング良く核戦争を阻止されてもなぁ~。とにかく核の威力をリアルに映像化して戦争の恐怖を我々に表現して欲しかった。そうすれば戦争はこの世から消えるんだ!!と熱くなっても仕方ないか(焦)自分1人ではジャック・ライアンの100分の1程度にさえならないだろう(苦笑)
マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 5点(2005-08-17 04:16:17)
165.やっぱりベン・アフレックに頭脳派は無理ッ!
チャコさん [DVD(字幕)] 4点(2005-06-06 15:01:38)
164.散々、他の方も書かれていますが、あまりにも「核」に対する認識が甘すぎる。あれじゃただの「大きい爆弾」という程度じゃん。この描写のいい加減さは、ある意味、製作側の意図的なもののように感じる。

戦争や核の脅威に対する警鐘が目的にあるなら、本来あるべき「爆心地周辺の惨状」をもっと生々しく描写すべきだろう。被爆国に対して失礼だ。
FSSさん [ビデオ(吹替)] 0点(2005-05-01 10:33:19)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 183人
平均点数 4.84点
042.19%
142.19%
2116.01%
32714.75%
42513.66%
54323.50%
63519.13%
72312.57%
884.37%
921.09%
1010.55%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.50点 Review10人
2 ストーリー評価 5.00点 Review16人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review16人
4 音楽評価 5.66点 Review6人
5 感泣評価 4.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS