リトル・マーメイドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > リ行
 > リトル・マーメイド
 > (レビュー・クチコミ)

リトル・マーメイド

[リトルマーメイド]
The Little Mermaid
1989年【米】 上映時間:84分
平均点:6.89 / 10(Review 64人) (点数分布表示)
公開開始日(1991-07-20)
ラブストーリーファンタジーアニメミュージカルファミリー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-08-01)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・マスカー
ロン・クレメンツ
演出山田悦司(日本語吹き替え版)
ジョディ・ベンソンアリエル
ケネス・マーストリトン
サミュエル・E・ライトセバスチャン
ルネ・オーベルジョノワルイ(シェフ)
エディ・マックラーグキャロッタ
ティム・カリー補足音声(ノンクレジット)
マーク・ハミル補足音声(ノンクレジット)
すずきまゆみアリエル(日本語吹き替え版)
久米明トリトン(日本語吹き替え版)
石田太郎トリトン(リバイバル公開日本語吹き替え版)
上條恒彦セバスチャン(日本語吹き替え版)
山寺宏一セバスチャン(リバイバル公開日本語吹き替え版)
肝付兼太スカットル(日本語吹き替え版)
八奈見乗児グリムズビー(日本語吹き替え版)
森山周一郎フロットサムとジェットサム(日本語吹き替え版)
森公美子海の魔女アースラ(日本語吹き替え版)
井上和彦エリック王子(日本語吹き替え版)
原作ハンス・クリスチャン・アンデルセン「人魚姫」
脚本ジョン・マスカー
ロン・クレメンツ
ブレンダ・チャップマン(ストーリー・スーパーバイザー)
音楽アラン・メンケン
編曲トーマス・パサティエリ
挿入曲サミュエル・E・ライト"Kiss the Girl"and "Under the Sea"
製作ジョン・マスカー
ロン・クレメンツ
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
特撮クリス・バック(キャラクター・アニメーター)
マーク・ディンダル(視覚効果スーパーバイザー)
美術ケヴィン・リマ(キャラクター・デザイン)
クリス・ヴァン・オールズバーグ(visual development artist)
日本語翻訳進藤光太
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
64.《ネタバレ》 勧められて観ましたが、おそらく自分から進んで観ることは一生ないであろうタイプの映画です。ディズニーミュージカルアニメなので特に集中する必要もなく、、気軽に観られます。ふと思い出しましたがトムとジェリーなどと同じタイプのアニメです。

私が記憶している人魚姫では、声を失い、人間の足は針の上を歩くような痛みを伴い、そして結婚できず泡となって海に消えるという悲惨な物語だったはずです。ディズニー版では簡単に声も戻ったし魔女が死んだら全てがご破算。そしてラストはハッピーエンドというライトで楽しいアニメになっていました。コレはこれで良かったと思いますが、やはりグリム童話のほうを正確に再現してくれたら悲しい物語としてより重厚で良かったかもしれません。(大人的には)
アラジン2014さん [ブルーレイ(吹替)] 3点(2015-05-04 17:31:45)
63.まぁ普通のディズニー映画。
miumichimiaさん [DVD(吹替)] 5点(2015-01-12 14:50:18)
62.《ネタバレ》 歌の内容(特に日本語吹き替え)はVHSとDVDで違うらしい。俺が聞いたのはこのサイトの記述にもあるようにセバスチャンが山寺宏一でアースラが森久美子のものらしい。

子供ながらアリエルがアースラと契約して人間となり、まっ裸で王子と浜辺で対面するシーンはドキドキしながら見ていた。傍らであたふたするセバスチャンが面白い。
あの水中の髪の動きまで手描きだもんなー。凄いわ。

すかあふえいすさん [地上波(吹替)] 8点(2014-12-29 18:56:04)
61.《ネタバレ》 それなりに楽しめました。
でも、人間になるというラストはハッピーエンドなのか…。人間に生まれてきた私の正直な疑問です。
クロエさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2014-11-11 02:49:39)
60.人魚姫の悲しい物語よりも、見た後良かったと思えるディズニーのリトルマーメイドの方が好き。歌はどれも良いが "Under the Sea"が私は一番好き。
ESPERANZAさん [DVD(吹替)] 7点(2014-09-01 19:28:22)
59.主題歌がもうひとつだったかな。蟹はいい感じでした。
Yuさん [DVD(吹替)] 6点(2014-05-26 10:43:58)
58.ミュージカル作品を吹き替えるときに楽曲まで日本語化してしまうのはどうかと思って、吹き替えと字幕の両方で視聴してみたけど、これは吹き替え版に軍配を挙げたい。
原曲が駄目というわけではないけど、僕には日本語の歌詞の方がしっくり来た。
アンダー・ザ・シー♪素晴らしー♪
あと、どうでもいいことだけど、20年以上前に好きだった子の家で一緒に見たのが初見だったけど、終盤はほとんど覚えていなくて、こんな超展開だったっけ?と新鮮な気持ちで楽しめました。
あの日の僕は彼女の家でいったい何をしてたんだろうか???
もとやさん [DVD(吹替)] 8点(2014-01-31 16:32:45)
57.《ネタバレ》 王子と出会うまでの前置きは妙に長すぎ、逆に出会ってからはすべてがあっという間。つまり、あまり深く考えずに適当に作ってしまったということです。あと、字幕版で見たのですが、全般的に声優の発声がえらく弱くないか?
Oliasさん [DVD(字幕)] 4点(2013-12-14 23:08:54)
56.北欧トーンを南洋に変えたのがミソ。人魚を褐色のお肌にして、音楽もカリプソ風。楽器の見立て、ちょっとせわしなかったけどディズニーの味。王子にキスさせるためのムードを盛り上げていくとこも楽しい。魔女が太ってるの。ディズニーではだいたい悪の側のキャラクターが魅力的で、これもそう。タコ。表情が豊かになる。海老の執事も怯えながら笑いを浮かべるあたり、いい。フランダースがつまんない。アンデルセンって19世紀のカフカだと思ってる。先がけて疎外のテーマを語っている。しかしその地上の世界と海の世界との断絶を、ディズニーは憧れの力で乗り越えられる、とする。断絶があるからこそ姫の憧れが輝くのであって…、などと注文をつけても、これはもう作者の立脚点の違いで、仕方なかろう。良くも悪くも、ディズニーの型はしっかり完成してしまっている。声が戻るとこはホロッとしたけど、もっとミュージカル的な手はなかったか。王子のキスが間にあわない、いう展開はいい。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2013-07-13 10:02:37)
55.楽曲が素晴らしいです、それにつきます。悪役のアースラはディズニー映画の悪役キャラの中でも唄って踊れるので1番好きなキャラです。
しっぽりさん [DVD(字幕)] 7点(2013-03-15 17:20:41)
54.原作とは全く違う展開なのでご注意下さい。個人的には何度も観てます。ディズニー新プリンセス物の中では一番好きです。主役のアリエルはいわゆる好奇心旺盛なプリンセスで可愛らしい。劇中曲も良い曲が多いですよ。
movie海馬さん [映画館(吹替)] 9点(2012-05-14 22:31:22)
53.人魚姫のお話を、子供が楽しめるようにアレンジしたディズニーアニメ。
相変わらず色使いがきれい。キャラの絵は、昔の作品と比較するとずいぶん変わったなぁ。
ストーリーの方は可もなく不可もなく。とにかく明るく楽しく、バラエティーに富んだ作りで、
やや小さな子供向けエンタメ作品に仕上がっていた。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 4点(2011-07-18 02:40:47)
52.やどかりのお目付け役がいっちばん頑張っていました。MVPをあげたい。
たきたてさん [DVD(吹替)] 6点(2011-07-05 23:21:08)
51.セバスチャンや仲間たちが歌う「Kiss the Girl」は、水の使い方も綺麗でとても幻想的。元は悲しいお話ですがそこはディズニー、ディズニー仕様でハッピーエンドになっています。
*まみこ*さん [DVD(字幕)] 9点(2011-05-18 13:49:56)
50.アリエルの歌が好きですがほかはそうでもないです。アリエルの吹き替えの声の人かわいい。
CEDFさん [ビデオ(吹替)] 5点(2009-04-11 16:19:30)
49.子供の頃慣れ親しんだ「人魚姫」はフランダースの犬と並ぶ悲しいお話で、結末だけでなく「一歩歩くごとに針を刺すような痛みが全身に走る。それでも王子様に会いたくて・・・」という、切なく痛々しい、胸を締め付けられる恋物語だった。正に涙と共に愛した名作なのだ。はあ・・・いやね、子供向けったら、このデフォルメはOKなんでしょうけどね、ディズニーだし。娘も大のお気に入りだし・・・。「別物」と思えれば、アリエルはディズニーのヒロインの中でもかなり魅力的だし、Under the SeaやKiss the girlは名曲でミュージカルとしても優れてるんだけど、それでもやっぱりアンデルセンの話をベースにしているので、割り切れない。いっそまったくアンデルセンから切り離した人魚物語にして欲しかったなあ、と思う・・・。
あっかっかさん [DVD(字幕なし「原語」)] 4点(2009-01-15 13:21:01)
48.ディズニー・プリンセスの中で最も等身大の女の子。我が娘のお気に入りプリンセスでもある。性格の良し悪しではなく、キャラクターの魅力はたしかにずば抜けているかも。お話はアンデルセン童話とは全く異なるハッピーエンドのミュージカル。べつに悪くはない。ただ、うちの娘は一度気に入ると、同じものばっかり観続ける(『となりのトトロ』『アラジン』が最長期間のヘビーローテーションでした)んですが、これはいっしょに観ててちょっと飽きたかな。たぶん絵が単調なんだろうか。例えば『アラジン』の空飛ぶ絨毯の動きの繊細さとかジーニーの表情の豊かさだとかって何度観ても楽しめるんだけど、『リトル・マーメイド』にはそういった絵の魅力が乏しかったような。せっかく人魚の尾ひれとかセバスチャンの動きとかアニメーションとしての見せ所の多い設定なのに。鑑賞環境は字幕版も観ていますがオリジナル音声が思い出せないくらいに吹き替え版を観まくってますんで「吹替」にしときます。
R&Aさん [DVD(吹替)] 5点(2008-03-14 14:51:00)
47.《ネタバレ》 だいすきなディズニープリンセス。吹き替え版が実に良かった。
成田とうこさん [DVD(字幕)] 9点(2007-10-31 20:55:34)
46.ディズニーが人魚姫なんて悲劇やっちゃいかんだろ。どうでもいいけど、アリエルの前髪がやたら気になる。
えいざっくさん [ビデオ(吹替)] 3点(2007-03-15 14:18:23)
45.アリエルの無邪気さがなんとも言えないんだよね~幸せになって欲しいな~王子様と・・・
みんてんさん [DVD(字幕)] 6点(2006-12-10 00:24:40)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 64人
平均点数 6.89点
000.00%
100.00%
200.00%
346.25%
446.25%
569.38%
61015.62%
71625.00%
81218.75%
957.81%
10710.94%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review4人
2 ストーリー評価 5.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 5.25点 Review4人
4 音楽評価 6.00点 Review4人
5 感泣評価 4.00点 Review4人
chart

【アカデミー賞 情報】

1989年 62回
オリジナル主題歌アラン・メンケン受賞(作曲)"Under the Sea"
オリジナル主題歌アラン・メンケン候補(ノミネート)(作曲)"Kiss the Girl"
作曲賞(ドラマ)アラン・メンケン受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1989年 47回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
作曲賞アラン・メンケン受賞 
主題歌賞アラン・メンケン受賞"Under The Sea"
主題歌賞アラン・メンケン候補(ノミネート)"Kiss The Girl"

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS