イン・ザ・ベッドルームのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 イ行
 > イン・ザ・ベッドルームの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

イン・ザ・ベッドルーム

[インザベッドルーム]
In the Bedroom
2001年上映時間:130分
平均点:5.78 / 10(Review 37人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-08-03)
ドラマ犯罪もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2022-07-26)【envy】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トッド・フィールド
キャストトム・ウィルキンソン(男優)マット・ファウラー
シシー・スペイセク(女優)ルース・ファウラー
ニック・スタール(男優)フランク・ファウラー
マリサ・トメイ(女優)ナタリー・ストラウト
ウィリアム・メイポーザー(男優)リチャード・ストラウト
カレン・アレン(女優)マーラ・キース
ヴェロニカ・カートライト(女優)TVに映る大臣
ケヴィン・チャップマン(男優)ティムの友人
菅生隆之マット・ファウラー(日本語吹き替え版)
谷育子ルース・ファウラー(日本語吹き替え版)
安藤麻吹ナタリー・ストラウト(日本語吹き替え版)
咲野俊介リチャード・ストラウト(日本語吹き替え版)
塩屋浩三(日本語吹き替え版)
小島敏彦(日本語吹き替え版)
北村弘一(日本語吹き替え版)
佐々木敏(日本語吹き替え版)
伊藤和晃(日本語吹き替え版)
湯屋敦子(日本語吹き替え版)
脚本トッド・フィールド
音楽トーマス・ニューマン
編曲トーマス・パサティエリ
撮影トッド・フィールド(カメラ・オペレーター/ノンクレジット)
製作トッド・フィールド
製作総指揮テッド・ホープ
ジョン・ペノッティ
配給UIP
字幕翻訳戸田奈津子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
37.後味悪いし、憂鬱になる。映画としては正解かもしれませんが、あのラストはない。
色鉛筆さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2008-11-24 07:17:23)
36.この徹底したローテンションな雰囲気は嫌いではありません。ラストのさりげなく閉じられるインパクトもなかなか強烈です。が、貧乏くさそうなカメラとすぐ暗転したがる編集には苛々させられて、せっかくの素材をこねくり回しているうちに質を落としてしまったという感じでした。尺ももっと短くできたはず。
Oliasさん [DVD(字幕)] 6点(2008-09-16 00:16:21)
35.《ネタバレ》 ウィルキンソンとシシーの終始抑えた演技で、しかも重苦しい。すべてが終わって寝室で二人は何を想う・・・もうこればっかりは体験しないとわからない。もちろん気持ちはわかるし、自分もそうしたい。ただ一線を越えた彼らは賛成するのか。同じ状況におかれた人達に彼らは何を語るか。ずっと考えても答えは出ない。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 6点(2008-07-23 18:46:26)
34.《ネタバレ》 とにかくこれは暗い映画です。この映画と「ミスティック・リバー」「息子の部屋」「ムーンライトマイル」「衝動殺人・息子よ」「オール・アバウト・マイ・マザー」を連チャンで見れば、愛児を他人に理不尽に殺された後残された家族が立ち直るまでの葛藤、そこに至るまでのアプローチの方法が映画作家やお国柄によって、色々と違いが出てて非常に興味深いかと思います。私自身は世評に反して評価がやたら低い「ムーンライトマイル」が好きなんですけど・・・。
放浪紳士チャーリーさん [映画館(字幕)] 5点(2006-07-17 10:38:19)
33.これはもう共感できるか?否かが作品に対する評価を大きく左右すると言っていいだろう。物語中盤から一気に押し寄せる悲しみを、どう受け止めるか?その後、どう見守るべきか…そんな事を考えさせられた深みある物語だった。個人的な感想としては、ラストで父と母が見せた究極的で、感情的なクライマックスに感銘を受けることは、残念ながらなかった。夫婦仲の関係が、サム・メンデス監督の「アメリカン・ビューティー」に通ずるものがあったが、むしろもっと冷め冷めとした印象が、こちらの作品には強く残る。確かに救いがない分、リアリティーを強烈に感じたが、その分どうしようもなく暗澹とした気持ちにさせたらたのも事実。見て損はない…だが、観終わって静かな後悔の念を抱くことは大いにありうることかもしれない。
yuuaさん 4点(2005-03-21 21:29:39)
32.一度歯車が回り出したら、橋は止まらないね!
kさん 8点(2005-02-20 22:40:27)
31.全編に渡り重苦しい雰囲気の映画でした。マリサ・トメイの出番があまりなかったなぁ。
ギニューさん 5点(2005-01-23 00:03:51)
30.重い。老夫婦の思い・・。若かった息子を失うというのは計り知れないものがある。感情のぶつかり合い、そして結末。ナタリーはしょうがないのかもしれないがなんともいえない位置だった。やっぱりそうしてしまうでしょうね。止められない、それが子を思う親の感情だ。こういった作品に求めるのがナンセンスでしょうが盛り上がりに欠ける、予想できる展開、結末。全体的に漂うローな空気。味気なく感じるかも。
HIGEニズムさん 5点(2005-01-18 12:49:38)
29.《ネタバレ》 こういう映画って、やっぱり「もし自分があの立場だったら」って考えますよね。
ナタリーはなぜあの写真(ツーショット)をまだ飾っていたのか?
もう愛していないなら、あんな幸せだった頃の写真なんて破り捨ててしまいたい
と思うはず。子供たちの為?そうではないと思う。
あと、フランクが暴力を振るわれても決して警察沙汰にしなかったこととか。
ジョン・コナーさん 7点(2005-01-05 04:47:30)
28.子を持つ親でしか分からない悲しみがそこにある。
自分も我が子殺されたなら、このような手段に出るであろう。
マリサ・トメイのセクシーさにぐらりと来てしまった親父にも共感。
もう一度見たい映画ではないな。
ラストももう一捻り欲しいし、すっきりとしない終わり方であった。
ボーリング・フォー・コロンバインでも分かるように、銃社会は本当に恐ろしい。
あんなものを許している国と仲良くしなければならない日本が悲しい。
くぼごんさん 6点(2004-10-05 15:16:33)
27.マリサ・トメイの出番、中途半端すぎ。 なんて中途半端なんだ まさか、ビンタされたところから先お役ごめんだったとは… 
3737さん 3点(2004-04-17 19:55:44)
26.《ネタバレ》 多くの言葉よりも静寂で語り掛ける作りは、数々の賞を受賞したこともうなずけ、非常に好感が持てた。しかし、最後の最後で悪い意味で観客の期待に応えてしまったのが減点。あそこは是非、観ている者をイライラさせてでも、ああいうスッキリとした終わり方にするべきではなかった。そこに至るまで、答えを探しての葛藤だけだったのだから、何もアクション映画でないのだし、最後まで答えは必要なかったと思う。印象的なのは、息子が死んでからしばらくの、悲しいみの種は日常のそこかしこに転がっている、というシーンの連続に心打たれた。信号で停車したときに前の車のナンバープレートが仮免。それだけで人は、息苦しくなるほど悲しくなる。
永遠さん 7点(2004-04-13 07:12:09)
25.公開時、アメリカのテレビCMでは、シシー・スペイセクが、「Everything!」と叫んで大皿割るシーンがやたら流れてて、熟年夫婦の危機!みたいな映画かと思ったら・・・思わぬ展開でびびりました。でも、ラストがなあ~。そっちにいってほしくなかったなあ。なんだか、安易な方向にいっちゃったみたいで、もう一歩、ドラマとして踏ん張ってほしかったなあ。それ以外は、緊迫感のあるムードや、シシー、トム・ウィルキンソン、マリサ・トメイ、2代目ジョン・コナーという地味なキャストの演技もみんなよかっただけに残念。
ころりさんさん 6点(2004-03-15 21:54:06)
24.んー。あんまり印象に残らなかった。シリアスな作品がシリアスなまま終わっちゃったって感じ。
Andy17さん 6点(2004-03-14 23:04:56)
23.《ネタバレ》 息子を殺した犯人を殺してきた夫を妻(シシー・スペイセク)がベッドルームに迎え入れるラストシーンが何とも感慨深い。アメリカ映画には珍しいと言える徹底したローテンションが逆に新鮮でじわりとこころに響く。なかなか好きになれる映画ではないが、印象度は強い。
鉄腕麗人さん 7点(2004-01-30 16:12:59)
22.息子が射殺された上に、その犯人が平然と普通の暮らしをしているって事に驚きです。私も犯人への憎しみはもちろんの事、ナタリーに怒りを感じずにはいられませんでした。自分が親ならどうするか、などと考えてしまいました。
よっさんさん 7点(2004-01-14 21:08:18)
21.《ネタバレ》 殺人事件の遺族の心理描写が怖いくらいリアルだった。自分がそのような立場になったことがないので、軽々しく感想は書けないが、復讐するしないはともかく、おそらく自分も遺族ならあのような心理状態になるだろう。
さん 7点(2004-01-14 01:16:33)
20.息子を殺された夫婦の、決して癒されることの無い深い喪失を描いている。感情を剥き出しにするシーンはそれ程多くなく、それ故にラスト近くでの夫婦の言い合いと結末は、揺れ動く心情を巧みに描写していて、重い。最後の父親の行動は意外でもなければ衝撃的でもなかったが。指のケガが象徴的である。
nothing-to-loseさん 6点(2003-12-29 03:20:11)
19.《ネタバレ》 自分の子供がどんな相手と交際しようと、親は結局認めざるを得ないのでしょうね。自分があの二人の両親の立場に立ったらどう思うだろうか。両親役のトム・ウィルキンソン、シシー・スペイセク、二人の演技が見ているこちらの気持ちをじわじわと揺らす。子供を失った二人が怒りをどこに持っていったらいいかわからず、また犯人を時折見かけて、心が癒される事なく、結局殺害しても虚しい気持ちは消えることなく、また新たな十字架を背負って生きてゆかねばならない、、、心にズシリと重く切ない思いが残った。
fujicoさん 7点(2003-11-25 13:09:17)
18.シシー・スペイセクが出ている、というコトの他に、わざわざオスカーにノミネートされた理由がまったく思いつけない映画。テレビドラマかと思うほどちゃちな作りで奥行きもへったくれもなし。濃い口なメンバーが揃いも揃って大真面目に火曜サスペンス劇場をやっているという面白さはある。切り口だけは良かったんだけど、これをもう1回観るんだったら「評決の時」を20回観た方がよっぽど感動できると思った。
anemoneさん 2点(2003-11-22 16:43:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 37人
平均点数 5.78点
000.00%
100.00%
225.41%
325.41%
4410.81%
5410.81%
61027.03%
71232.43%
838.11%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review2人
5 感泣評価 5.00点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

2001年 74回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞トム・ウィルキンソン候補(ノミネート) 
主演女優賞シシー・スペイセク候補(ノミネート) 
助演女優賞マリサ・トメイ候補(ノミネート) 
脚色賞トッド・フィールド候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2001年 59回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演女優賞(ドラマ部門)シシー・スペイセク受賞 
助演女優賞マリサ・トメイ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS