フェームのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > フェーム
 > (レビュー・クチコミ)

フェーム

[フェーム]
Fame
1980年【米】 上映時間:133分
平均点:7.30 / 10(Review 33人) (点数分布表示)
公開開始日(1980-12-06)
ドラマ青春もの音楽もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-02-27)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アラン・パーカー〔監督〕
助監督ロバート・F・コールズベリー
キャストアイリーン・キャラ(女優)ココ
ポール・マクレーン(男優)モンゴメリー
モーリン・ティーフィ(女優)ドリス
アン・メアラ(女優)シャーウッド
メグ・ティリー(女優)ダンサー
バリー・ミラー(男優)ラルフ
脚本クリストファー・ゴア
音楽マイケル・ゴア
作詞ディーン・ピッチフォード挿入曲"Fame"他
ロバート・F・コールズベリー挿入曲"Hot Lunch Jam"
ポール・マクレーン挿入歌"Isn It Okay If I Call You Mine"
マリリン・バーグマン挿入歌"The Way We Were"
アラン・バーグマン挿入歌"The Way We Were"
作曲マイケル・ゴア挿入曲"Fame"他
ポール・マクレーン挿入歌"Isn It Okay If I Call You Mine"
撮影マイケル・セレシン
トム・プリーストリー・Jr(カメラ・オペレーター)
製作アラン・マーシャル〔製作〕
MGM
配給CIC
美術ジョセフ・M・カラッシオロ(プロパティー・マスター)
ジェフリー・カークランド(プロダクション・デザイン)
衣装クリスティ・ズィー
エレン・マイロニック(衣装デザイン補)
編集ジェリー・ハンブリング
録音クリストファー・ニューマン〔録音〕
マイケル・J・コーハット
字幕翻訳高瀬鎮夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
33.生命力あふれる映画でした。公開当時に登場人物たちと同世代だったら、生涯のベストワンになっていてもおかしくないくらい、青春の素晴らしさ、つらさ、楽しさ、苦さを感じさせてくれます。似た年ごろの若者が何人も登場して悩みを告白するミュージカルは、他にもいくつかありますが、これが最初でしょうか?この映画は深刻過ぎなくて、身の丈って感じがします。
shoukanさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-10-31 00:03:14)
32.群像劇ですが、ちょっとバタバタして落ち着かなかった。食堂や映画館のシーンは素晴らしい。また夢に向かうパワーと厳しい現実がよく描かれていました。あのタクシーのお父さん、いい人ですね。
nojiさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-10-23 23:28:53)
31.《ネタバレ》 誰か特定の主人公という形式ではなく、それぞれの学園生活を描く群像物語といった感じなんだけど、
どの子も初々しくてとても愛らしいですね。演出も嘘くさくなく、生き生きとした等身大の若者を描いてる。
なんだか、自分の学生時代を思い出しちゃいました。
いろんな子がいてそれぞれ笑えるし、またそれぞれほろっとさせられたりもする。
序盤の、音楽やら演劇やらダンスやらの学生たちみんなで楽しく演奏&踊りまくるシーンがすごく良かったです。
あろえりーなさん [地上波(字幕)] 7点(2016-08-28 22:33:55)
30.《ネタバレ》 有名人を夢見る芸能専門学校生が入れ替わり立ち替わり出てくるのが初めは煩わしかったけど、延々と見せられるうちに彼らに感情移入しながら見てました。クレジットカードを盗んだ泥棒の方が金使いが少なかったとか、ドリスという名前がオバちゃんぽいとか、才能が無いことを指摘されて落ち込んだ女の子の地下鉄ホームでの見事な演技、誰からともなくみんなで盛り上がる食堂や路上でのパフォーマンス、なかなか楽しい映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-01-11 01:13:57)
29.《ネタバレ》  目立っているあの人も。才能があふれるあの人も。実はみーんな、人には見せない悩みや不安を抱えてるのです。
 この映画の中で、壁にぶつからない人は出てきません。
 一見、パーフェクトに見えたあの先輩でさえ、注文を取りに来たではありませんか。
 そのときのドリスの視線は、親しげではありましたが、もはやアイドルに恋する目ではありませんでしたね。
 個人的には、そのシーンと、ラルフが思いっきりすべっているシーンが一番いたたまれない気持ちになりした。これが現実なのだと。
 ですが誰も「人生」という舞台から降りることはできないということも、痛いほどに伝わってきます。
 「もし降りたかったら、そのときは死ぬ時だ。」
 というメッセージが、あのシーンから伝わってきます。
 個々の事実、エピソードを掘り下げることなく、結論を出すことなく、ただ切り張りしただけのような映画。
 でもそこに何故か音には出ていない人の感情が見えてくるから面白い。
 でもでもやっぱり、群像劇はそこまで映画に入り込めない・・・。
 もう少し統一感があれば、面白かったのですが、そうすると普通の青春ドラマになっちゃうのかぁ・・・。
たきたてさん [DVD(字幕)] 5点(2012-10-15 20:44:23)
28.《ネタバレ》 現実は甘くないんだけど、それ以上に夢や希望に満ち溢れた若い世代が美しく、そして素晴らしく、悩んだり不安になったりしながらも一直線な姿が羨ましく思える映画でした。

自分の若かりし頃なんかも思い返しつつ、改めて若いって、いいよなぁ~と(しみじみ)
ぐうたらパパさん [DVD(字幕)] 6点(2012-08-19 18:58:03)
27.ミュージカルではなくて、ちゃんとした青春ドラマ。
音楽学校に入学してきた生徒の中の10人ほどにスポットを当て、
彼らの姿を追った構成は、ちょっとドキュメントっぽい雰囲気があり。
登場人物が多いので、それなりに上映時間も長いんだけど、
やはり音楽やダンスシーンなどの見せ場はもっとあった方が正直観やすかったかな。
タイトルにもなっている、アイリーン・キャラが歌う「フェーム」は随分とヒットしていたけど、
やっぱり歌がうまい。名曲。やはりこの音楽が流れるシーンが一番印象的だった。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 4点(2011-07-22 07:12:38)
26.初めて見たのがティーンエイジャーのころで、深夜にテレビで見ました。
もう20年以上前のことですが、それから何度も見て感動しました。
これからどうやって生きていくんだろうとか不安で、進路に悩む時期にこの映画を見れて良かったです。真剣に未来や人生を考えるきっかけにもなりました。
夢ややりたいことを精一杯して生きようと思いました。
と言っても別にフェームになったわけではないし、高収入でもありませんがね。
途中のアイリーンキャラの歌も良かったし、クライマックスのオーケストラをバックにコーラスで歌ってた歌(タイトルは知りません)が今でも大好きです。
うどんさん [地上波(字幕)] 10点(2010-08-07 23:44:52)
25.何度も繰り返して観てしまう映画。特に食堂で、徐々にみんなのってきて、踊りだす場面は最高!また仲間内の優しい笑顔の中で受けるジョークが、ナマのステージですべるシーンは痛い。芸の厳しさ、楽しさが伝わってくる映画です。
トントさん [ビデオ(字幕)] 8点(2010-06-26 22:53:50)
24.アラン・パーカーが描く青春群像は独自の味がある。アメリカの芸能学校が舞台でもベタでなく、かといってドライまでいかず彼らの4年間をスナップショットのように切りとりコラージュ。彼らが曲にのってストリートに踊り出る場面はNYらしい躍動感あふれる。「コーラスライン」の厳しい現実以前の温室のような世界にいても悩みはあり、彼らを見守る教師たちも人間。モンゴメリー(「ロボコップ」エミール、「ER」ロマノになるとはね!)のネオンサインが窓のすぐ外にある部屋は、安宿の象徴でもポエジーな赤に満たされる不思議な空間。ダンサーの天分がありながら文盲コンプレックスを抱くリロイ、ママの翼の下から飛び出したいドリス(モーリン・ティーフィはこれと「スーパーガール」でしか見かけない)。巣立つ日の晴れやかなコーラス「いつかみんながスターになる♪」ありえないことなんだけどね。スターになれる人はほんの一握り。それでも卒業式の彼らは夜空に散らした星のようだった。この映画からスターと呼べる人はでていないことも、陰影深い撮影とあいまってみずみずしい青春を真空パックしている気がする。2009年リメイク。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2010-03-10 07:35:11)
23.ロマノ先生が若くて髪の毛フサフサじゃん、しかも茶髪。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-02-12 22:26:19)
22.もっと、青春の溢れるパワーが音楽や演劇を通じて大爆発!みたいな感じになるのかと思っていたのですが・・・。ステージに上がるということをちょっとでも真剣に考える人が見れば、そもそもオーディションの時点で全員落選でしょうし、その後も誰が何をしたいのかが全然はっきりしない。みんなで歌ったり踊ったりする場面は多少盛り上がりますが、楽曲の良さに頼ってその前提となる人格表現を抜きにしているのは、映画としては不合格です。点数はもちろん、'80sサウンド丸出しの主題歌に対して。
Oliasさん [DVD(字幕)] 4点(2008-06-15 23:01:43)
21.同年製作のミュージカル、オリヴィア・ニュートン=ジョン主演「ザナドゥ」が壊滅的センスの悪さだった為、80年代初頭っていうのはアメリカでも一番ダサめの時代だったのかなあとずっと思ってたんですが、これは違いました。アラン・パーカーの時代を超越した映像センスが今観ても非常に斬新、群像劇としても良く出来てます。つうか、出来損ないの「ザナドゥ」などとは比較しちゃいけないレベルの志と格の高さ。多分公開当時に同じ年頃に観ていたら、かなり評価は違ったと思います。いきなりニューヨークの街角で名曲「フェーム」に合わせ踊りだす、あの熱気の中に自分も包まれてみたかったなあ・・・なんて思ったり。嗚呼、二度と戻れない日々よ・・・。
放浪紳士チャーリーさん [DVD(字幕)] 6点(2008-05-24 10:37:45)
20.《ネタバレ》 アイリーン・キャラの歌で踊り出すシーンがいい
なますてさん [DVD(邦画)] 8点(2007-11-04 23:29:11)
19.《ネタバレ》 ロードショーで観て以来、20年以上経って観た作品ですが、私の心の凸凹にピターッと合う感じは変わっていませんでした。よくある青春群像物の一つと言ってしまえばそうなのかもしれませんが、個々の生徒の個性がよく表されていて、入学試験のシーンから始まって、卒業式のシーンまで心に残るシーン・楽曲も少なくありません。
チェックメイト・キングIIさん [DVD(吹替)] 10点(2007-09-15 17:47:50)
18.う~ん・・。青春ものは好きなんだけど、ミュージカル仕立てにされるとなんか調子が狂ってしまった。
あるまーぬさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-07-25 16:59:17)
17.《ネタバレ》 普遍的なことを描いているためにそれほど古さを感じない。これといって大きな盛り上がりのあるエピソードがあるわけでもなく、さらりさらりとただそこにある若者達の姿を描いた内容に、ドキュメンタリー的な匂いを含んだ作りがよく合っている。かなり作られた面が見られるにも拘らず、受ける現実感が結構高いのは要所の描き方が的確なためだろう。ただ出てくる若者達はあまり愛せるキャラクターはなく、ちょっと冷めた目で見ると、甘やかされた若造達のエゴイスティックな群像劇でしかないようにも思える。まあ、それだからこそのリアリティでもあり、この辺は諸刃の刃。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2007-06-03 21:37:08)(良:1票)
16.何故かミュージカル好きな私がもう一つ乗り気になれなかった。
コンディションが悪かったのかな。印象も余り残らず。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-04-09 18:56:30)
15.《ネタバレ》 ドキュメンタリー風であり非現実感と微妙に交差してあっけなく終わる感じが独特であります。正直あんまり得意じゃないですね。エンゼル・ハートも合わなかったし、自分には。アイリーン・キャラのフェームという曲が好きで(ピンク・レディーのリメンバーが本当は好き)、その基の映画はどんなもんだろという事でDVDで鑑賞しましたが、歌自体は途中に1場面で使われるだけだったんですね。メインテーマとしてもっと始めと終わりには出で来るのかと期待してたんですが。ショウビズ界を夢見る若者達の夢と挫折というストーリーは最初よくあるパターンの期待感があったのですが、そういう成功例的な要素は無く、真夜中のカウボーイ的な暗さがあります。夢を追っているののだからもう少し切磋琢磨する部分があっても良いのでは?特にアイリーン・キャラの演じる役のエピソードは観ていて痛い。そんなドキュメンタリー感いらないと思った。
森のpoohさんさん [DVD(字幕)] 5点(2006-06-15 00:48:00)
14.みんなで歌い踊るシーンが本当に盛り上がって歌い踊っているのかミュージカル風演出なのかわかりずらい。前者なら醒めた性格の私には寒いだけ。後者なら生徒だけのダンスに不満。オーデション風景や授業風景はそれなりに楽しめるし、青春につきものの「夢」と「挫折」、「喜び」と「悲しみ」が適度に散りばめられているのも好感が持てるが、イマイチのれなかった。ノリノリのダンスムービーに「挫折」や「悲しみ」といった「負」の部分や、人種や貧富の問題、あるいは環境の問題、大人も含めた個人の悩みなどをさりげなく導入するあたりがいかにもアラン・パーカーらしい。
R&Aさん 5点(2004-08-24 15:03:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 33人
平均点数 7.30点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
426.06%
5412.12%
6618.18%
7515.15%
8618.18%
9618.18%
10412.12%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review4人
4 音楽評価 8.33点 Review3人
5 感泣評価 6.00点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

1980年 53回
脚本賞クリストファー・ゴア候補(ノミネート) 
オリジナル主題歌マイケル・ゴア受賞"Fame"(作曲)<歌曲賞 として>
オリジナル主題歌ディーン・ピッチフォード受賞"Fame"(作詞)<歌曲賞 として>
オリジナル主題歌マイケル・ゴア候補(ノミネート)"Out Here on My Own"(作曲)<歌曲賞 として>
作曲賞(ドラマ)マイケル・ゴア受賞 
音響賞クリストファー・ニューマン〔録音〕候補(ノミネート) 
音響賞マイケル・J・コーハット候補(ノミネート) 
編集賞ジェリー・ハンブリング候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1980年 38回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)アイリーン・キャラ候補(ノミネート) 
作曲賞マイケル・ゴア候補(ノミネート) 
主題歌賞マイケル・ゴア受賞"Fame"(作曲)
主題歌賞ディーン・ピッチフォード受賞"Fame"(作詞)

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS