男はつらいよ 寅次郎頑張れ!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 男はつらいよ 寅次郎頑張れ!
 > (レビュー・クチコミ)

男はつらいよ 寅次郎頑張れ!

[オトコハツライヨトラジロウガンバレ]
1977年【日】 上映時間:95分
平均点:6.08 / 10(Review 24人) (点数分布表示)
公開開始日(1977-12-29)
ドラマコメディシリーズものTVの映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-05-10)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山田洋次
助監督五十嵐敬司
キャスト渥美清(男優)車寅次郎
藤村志保(女優)島田藤子
倍賞千恵子(女優)諏訪さくら
前田吟(男優)諏訪博
下條正巳(男優)車竜造
三崎千恵子(女優)車つね
太宰久雄(男優)桂梅太郎
佐藤蛾次郎(男優)源公
笠智衆(男優)御前様
中村はやと(男優)諏訪満男
笠井一彦(男優)中村
吉田義夫(男優)旅回り一座の座長
岡本茉利(女優)旅回り一座の座員
津嘉山正種(男優)川岸でサックスを吹く男
米倉斎加年(男優)巡査
石井均(男優)連絡船の船長
杉山とく子(女優)パチンコをしている中年の女
桜井センリ(男優)神父
中村雅俊(男優)島田良介
大竹しのぶ(女優)福村幸子
原作山田洋次
脚本山田洋次
朝間義隆
音楽山本直純
作詞星野哲郎「男はつらいよ」
作曲山本直純「男はつらいよ」
フランツ・シューベルト歌曲集「冬の旅」より「菩提樹」
主題歌渥美清「男はつらいよ」
撮影高羽哲夫
製作島津清
企画小林俊一
高島幸夫
配給松竹
美術出川三男
編集石井巌
録音松本隆司(調音)
中村寛
照明青木好文
その他東京現像所(現像)
山田洋次(4Kデジタル修復版総合監修)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
24.このシリーズは2度目だし、本当に面白いんだろうか?と半信半疑で画面に向かったが、
そんな思いをいい意味で裏切ってくれるようなものは、何もなかった。
基本的には舞台劇のような屋内構図が連なるなか、割合としては多くないながら、パチンコ店や長崎平戸など、45年くらい前の日本の風景がところどころに映り込んでいるのは確かだ。
おかきさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2022-02-26 22:26:27)《新規》
23.中村雅俊がカッコいいです。俺たちの旅のカースケを彷彿させるキャラで、当時ドラマを観ていた私としては懐かしさを感じました。大竹しのぶも可愛らしくて良かったです。シリーズ20作目ともなると定番の展開を崩さずに、新しさも入れていく苦労を感じますが、本作も安定した面白さをキープしているのは凄いと思いました。
ぽじっこさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2021-01-21 06:31:13)
22.《ネタバレ》 マドンナの登場がやたら遅く、初期作品の作り方に戻ったような感じ。ただ、藤村志保さんという典型的和風美人はこの作品世界との適合度は高いと思っていたので、これは何とももったいない。一方で、若者二人の恋愛譚は、中村雅俊と大竹しのぶという人材の力も加わり、制作側にとっても、当初の想定以上に話が広がり、異様に出来が良くなってしまったのではないだろうか。とりわけ大竹しのぶは、弱冠20歳にして、とらやの面々をコントロールするほどの求心力を発揮している(実家から戻ったシーンの存在感!)。サブゲストとしてはこれまでも桜田淳子や檀ふみという強力な例があったが、作中における磁場力はそれ以上だ。それと、もっぱらコーチを受ける立場だった青年が、最後に一言で場の色を塗り替える逆転の構図。●それと忘れてはいけないのは、パチンコ屋の杉山とく子さんではないでしょうか。最初は相互反発そのものだった寅さんとワット君が、ここで邂逅し、共鳴する。その変化の媒介を、ごく自然に(それも笑わせながら)行って、シーンの価値を高めているのです。これこそが役者の演技ですし、このシリーズは随所でこういう人たちに支えられています。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2020-08-27 00:45:08)★《更新》★
21.「男はつらいよ」の脚本は京都の旅館の一室を二ヶ月間借りて缶詰状態で書き上げるというドキュメンタリー番組を見たことがある。
毎週放送されているこの映画を見て、その苦労がしみじみと伝わってくる。
今回もネタ作りに苦労したように感じられ、エピソードは前半、若者二人の恋愛と後半、寅さんの恋愛に別れているようだ。
昔は寅さんの年齢なんて考えたことなかったけど、さすがに自分が寅さんの年齢に近づいて来ると、50を迎えた中年が一目惚れで女性を好きになるというのは、正直感情移入しにくい。
寅さんの相手役になるヒロインも偽善的なクリスチャンを見せられたような気がした。
大竹しのぶは表情だけで演じることが出来る女優であることを、この年齢で証明している。
クロエさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-06-01 00:50:17)
20.寅さん自身の恋愛よりも、若い二人の恋愛が中心になっていく初めての作品かもしれない。
寅さんの歳を考えれば自然ではある。そして、この若者に移っていくことでシリーズにさらに幅が広がる感じがする。
若き大竹しのぶはなかなか良かったと思う。中村雅俊はそのまま。
今回はかなり安心して観られる。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-05-31 14:23:59)
19.《ネタバレ》  満男、源ちゃんをサルに見立てて紐で縛って遊ぶなんざぁ、ナカナカどうして寅の甥らしいイタズラ小僧っぷりである。それはさておき。

 寅次郎頑張れというより、寅の方が青年頑張れと励ましている映画。二十歳の大竹しのぶは大変可愛く、特に青年が九州に帰ったことを知った際の、みるみる涙をためたカットのその目の美しさは尋常じゃない。
 それに引き換え、と言っちゃあ悪いが、今回のマドンナはちょっと印象薄。この人が悪いというよりは、脚本的にこちら二人の恋の描写が足りないからではなかろうか。特に寅が失恋を自覚して去る、お約束の展開だが、今回はフラれたというよりただ横槍が入っただけ程度のことで、寅さん押しが足りなすぎじゃないか?
 あれ?だから、寅次郎頑張れ!なのかな?いいのか、結局。
Tolbieさん [DVD(邦画)] 6点(2014-06-11 13:22:19)
18.《ネタバレ》 もうぅとにかく大竹しのぶが初々しい。そして中村雅俊が気のいい兄ちゃんな感じで既にかっこいい(笑)。内容的に寅さんの恋愛指導はとても面白いけど、中村雅俊のイマイチそれを理解しているようなしてないようなトンチンカンなところがさらに面白いよね~、最終的に恋が成就して良かったよかった。でもガス爆発にはビックリした! なにか爆発やそういうものに縁が無いシリーズだと思ってたもんで。映像で観る限り相当壊れてるように見えるなぁ…なかなかなサプライズでゴザイマシタ
Kanameさん [DVD(邦画)] 7点(2014-05-20 02:54:08)
17.《ネタバレ》 ○大竹しのぶはさんま離婚後しか知らないからあんなにかわいいとは思わずびっくりした。こちらも若い中村雅俊との恋愛は見ていて恥ずかしかった。○一方寅さんはキューピット役以外はマドンナ含め存在感が薄かった。ラストの困った時の劇団登場もそろそろ限界じゃないか。
TOSHIさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-04-20 22:00:25)
16.《ネタバレ》 【寅が労働 平戸篇。今回のマドンナ:藤村志保さん。】 
どうもあれです ワットくんの独りよがりな思いと行動が好きになれなかった。さんざん世話になってたとらやの二階で自殺を企むとは何ゴトですか 死にたいんだったら、どっか近くの浅い池にでも頭から飛び込んで石底で頭でも打って死ねばよいんです。なんでとらやの迷惑考えないかね こーのバカモノが! もしも、あの店や茶の間までもがぶっ飛んじまってたならシリーズ続かなくなってしまっていたではないか そしたらうちら今後何を楽しみに生きていけというんだ ホント彼の独りよがりには困ったもんだ そんなケツの細さで九州男児を名乗るでナイ! なんだか腹立たしい気分になってしまった 以上、もうおしまい。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-03-05 22:16:09)
15.寅さんが現役を引退して恋愛のコーチへ、と思ったら思いがけないところにお姉さんがいてたちまち現役復帰。ところがこのお姉さん藤村志保、皆さんご指摘のように控えめというかやや影が薄い。もちろん藤村志保らしい雰囲気は良く出ているのだが・・・。中村雅俊と大竹しのぶの若いカップルが初々しく、見ていてこちらもポッと赤くなるほどだ。この二人だが、大竹しのぶは映画「青春の門」で高い評価を得ていたが、中村雅俊はその頃はテレビドラマで活躍中で「ふれあい」という歌がヒットしていた。
ESPERANZAさん [DVD(邦画)] 6点(2013-04-13 05:58:32)
14.《ネタバレ》 最初の夢のおばちゃんに違和感(笑) 今回のマドンナさんは印象薄い。その代わり中村雅俊と大竹しのぶが初々しくて良い。やはり中村雅俊には下駄が似合う。でもガス爆発にはビックリした!
movie海馬さん [地上波(邦画)] 5点(2012-08-26 02:18:25)
13.《ネタバレ》 マドンナは藤村志保。

この回の主役は、中村雅俊と大竹しのぶの若いカップルだろう。2人は配線工と食堂の女給。山田監督らしいブルーカラーな取り合わせだなぁと。寅さんは14作目に続き恋愛指南役である。こういう役回りはこの後結構増えてくるのだが、今回はその先駆けといっていいだろう。寅さんのデート指南はディテールに富んでいて、最高に面白かった。基本はいつも同じで、言葉ではなく、目で物語るというアレであるが、結局のところ中村雅俊はその通りにしていないところが笑えた。中村雅俊にはエラそうに言うのだけど、いざ自分が藤村志保に対して同じ境遇になった時には全然なっていないというのはいつものパターンである。

中村雅俊と大竹しのぶのカップルが初々しくて、溌剌としていて、純朴で、とてもよかった。大竹しのぶには泣かされたなぁ。キリシタンの島、平戸の風景もよかった。最後は大空小百合にも会えたし。この回は傑作!
onomichiさん [DVD(邦画)] 10点(2012-04-28 23:31:41)
12.寅さんは特に中期以降の作品では数々の若いカップルの恋愛を成就をさせてきました。本作は寅さんが本格的に若い二人のコーチ役に回り若い二人の恋がメインになった、その第一弾となる作品ではないでしょうか。(第3作「フーテンの寅」や第10作「夢枕」でもその傾向はありましたが)その反面マドンナの存在感と寅さんの恋が最も印象に残らない作品の一つとなってしまいました。マドンナ役の藤村志保が演じた人物像、数少ない寅さんとのツーショットのシーンは悪くなかっただけに惜しい作品ではあります。寅さんとワット君、その隣のくわえ煙草の杉山とく子さんとのパチンコ屋のシーンや、ふるさと亭でワット君の恋を寅さんが察知したシーンなど寅さんの恋や、とらやでのシーン以外の所が妙に印象に残る作品でもありました。本作のタイトルは「寅次郎頑張れ!」ですが、平戸の神父さんも頑張れ!
とらやさん [ビデオ(邦画)] 6点(2010-03-09 20:20:51)
11.現役引退という言葉が出てきてドキッとした以外は、普通の印象。そういえば、マドンナは今回も影が薄かった。
mhiroさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2008-07-18 23:27:00)
10.タコ社長はやっぱり最高だねぇ~♪
にじばぶさん [ビデオ(邦画)] 6点(2007-10-04 23:18:25)
9.《ネタバレ》 ◆とらやに居候している若者ワット君と食堂の娘、そして寅さんとワット君のお姉さんとのラブストーリーが平行して描かれています。とうとう恋愛の中心人物として寅さんが描かれなくなってしまったのかと思い、さびしい、というのが感想です。◆本作の最大の見所は爆発シーンでしょう。これは「マジでビビり」ました。寅さんシリーズにはあまりにも異質な爆発シーン。これだけでも本作を見る価値があると思います。◆内容は、そろそろネタが尽きてきたかなという印象を受けました。寅さんの恋愛模様は二の次で、若いカップルの恋愛がストーリーの中心になっていることと、寅さんがキチンと振られていないことからそれを感じました。◆特に、マドンナが寅さんと付き合えない理由が描かれていないのはいただけない。あの描き方では、寅さんがマドンナに利用されている印象しか持つことができない。山田洋次は最後に必ずハッピーエンドで終わらせることにこだわりを持っている人ですが、本作の終わり方は、寅さんについては何も解決しておらず、見た後に不満が残ります。(最後に大空小百合を出す必然性もあまりない。後味を良くしようとしての演出なのかもしれないが、フォローになっているとはいいがたい。)◆爆発シーンの異質さと、若い二人の恋愛模様はそれぞれいいのですが、本作の主人公は寅さんであることを考えたときに、寅さんがないがしろにされているように思いましたので4点を引いて6点を献上させていただきたい。
もりたろうさん [DVD(字幕)] 6点(2007-08-26 22:48:05)(良:1票)
8.マドンナに華も存在感もないなあ。完全に大竹しのぶに食われてる。「寅さんは心のキレイな人」ってアンタいい年して鈍感すぎるよ。 下宿人がいる時は寅さん寝泊りする部屋が変わるので、利用する階段を別にしているってのは細かい演出だね。
<追記>13年ぶりに再見。確かに寅さんは心のキレイな人かもしれないが、聖人じゃないんだから下心はあるわけで。この辺はそれに気がつかない鈍感なキリスト者を揶揄しているようにも思えるが、信仰の有無に関係なくその気もないのにズルズルと関係を続ける人間一般に対しての批判なのかもしれない。そう考えれば、ラストの中村雅敏の痛烈な一言はメッセージ性が高いとも言えなくもない。
尚、本作から恋愛コーチ寅さんの役割が追加される一方、寅さん本人の恋愛要素や出番そのものが減るという転換点になった作品であるとも言える。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2007-01-02 02:56:52)
7.《ネタバレ》 中村雅俊演じるワット君!キミ、ずいぶん薄情ではないか。自分の恋愛についてはあんなに寅さんの世話になっておきながら、自分の恋愛がさえうまくいったら、今度は寅さんの恋愛のバックアップするどころか、いきなり引導を渡してしまうとは! え?別に寅さんの世話にはなってない? まあそりゃそうなんだけどね、いひひ。しかし中村雅俊が演ってると、どうも腹黒い人物に見えてしまうのは、私だけなんですかねえ。さて、大竹しのぶを無事デートに誘い出したワット君、池のほとりで重大な告白をするのかと思いきや、「お金貸して」、財布がカラッポになっちゃったのでした。でもあの池は不忍池、上野から柴又なら運賃の安い京成電鉄で帰れる行程。ホントに完全に金欠になっちゃったのね。で、後日、プロポーズに臨むが、このシーンが天井からのカット、ちょっと意外な感じ。どうでもいいけどワット君、寅さん以上に変なヒトかもしれんなあ、と思えてきた。が、結局うまくいっちゃうのは、これはお約束。とらやでは皆大盛り上がりだが、その中で、ワット君に「見捨てられた」寅さんの階段での後ろ姿が物悲しい。場違いな「菩提樹」(シューベルト歌曲集「冬の旅」)でひとり盛り上がる店長、周りは白け切っているが、寅さんは「冬の旅」か、としみじみ。「冬の旅」もまた、恋に破れた青年の絶望的な彷徨を歌ったもの、シューベルト晩年の心境が染み渡り、死の匂いが強くたちこめた作品である。ここで我々は気付くのだ、そうか前半のワット君の自殺未遂騒動は、物語の伏線となるモチーフだったのだ、そう、これから寅さんは旅先で自らの命を絶とうとしているのだ!・・・え?考えすぎだって?いやいや、はたしてそう言い切れるのか!(←言い切れます)
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2005-12-04 19:53:22)
6.寅さん現役引退か。と思いきや見事に復帰。それにしてもガス爆発とは思い切ったものだ。しかし、あの場面でタバコ吸うか?というか、その前に、死に場所くらい考えろよ青年。こじんまりしているが、なかなかまとまっている印象です。階段を下りていく寅さんの後姿がたまらない。さくらはどんな気持ちで見てたのだろう。
パセリセージさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2005-12-04 14:50:40)
5.《ネタバレ》 藤村志保ってマドンナとしてはどうなのかなあ?まあ、それはさておき、今作の寅さん、ワット君に愛の方法を教えようとするのだが、寅さんの口から映画が飛び出すというのが驚きであり、新鮮である。作品の面白さという意味では平均的な感じとでも言いますか、物足りない気もするし、まずまず楽しめた程度の出来ということで6点!
青観さん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-11-12 12:51:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 24人
平均点数 6.08点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5833.33%
6937.50%
7625.00%
800.00%
900.00%
1014.17%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.33点 Review3人
4 音楽評価 7.00点 Review3人
5 感泣評価 5.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS