リトル・ダーリングのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > リ行
 > リトル・ダーリング
 > (レビュー・クチコミ)

リトル・ダーリング

[リトル・ダーリング]
Little Darlings
1980年【米】 上映時間:96分
平均点:5.45 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
ドラマ青春もの学園もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2009-06-28)【マーク・ハント】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロナルド・F・マクスウェル
キャストテイタム・オニール(女優)フェリス
クリスティ・マクニコル(女優)エンジェル
マット・ディロン(男優)ランディ
アーマンド・アサンテ(男優)ゲイリー
シンシア・ニクソン(女優)サンシャイン
原作キーミー・ペック
脚本キーミー・ペック
音楽チャールズ・フォックス
製作スティーヴン・J・フリードマン
キーミー・ペック(製作補)
パラマウント・ピクチャーズ
配給CIC
編集ペンブローク・J・ヘリング
字幕翻訳高瀬鎮夫
その他リンズレイ・パーソンズ・Jr(プロダクション・マネージャー総指揮〔ノンクレジット〕)
チャールズ・フォックス(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.思春期処女喪失映画。この映画でマットのファンになりはや何十年。今観てもキュートだわぁ。Tシャツ袖にタバコ巻き込んだり、ハニかんだり、彼に夢中だったあの頃。クリスティ・マクニコルのボーイッシュな感じにも憧れた。って映画の感想じゃないね。若い頃に夢中になった映画は評価甘くなる。
movie海馬さん [ビデオ(字幕)] 7点(2012-07-18 01:48:42)
10.出たー!わたしの青春です。テレヴィの12ちゃん”ファミリー愛の肖像”??たしかそんな題名。でクリスティマクニコルを愛してしまいました。そんで、お母さんの女優の声が”馬渕晴子ね!んでクリスティ(あのくちびる。というか口周りがよい!)。そのほんの1~2年前はテイタム好きでした~。(ベアーズね!)そのテイタムとクリスティの黄金のアイドルの競演!そのころはすでに”クリスティ派であったぼくは、この映画で、彼女が処女を喪失してしまうのがショックでした。(テイタムはなんかデカクなっちゃってね!)そう!それと”パラダイスアレイ”の”アーマンドアサンテ”ね!今となっては切ないおもいで。
男ザンパノさん [映画館(字幕)] 6点(2010-04-09 23:57:29)
9.僕が映画ファンになった頃、ファン雑誌の読者投票ではソフィー・マルソーがダントツ一番人気で、その後をブルック・シールズ、そしてこの映画の主役テイタム・オニールとクリスティ・マクニコルが後を追ってるって感じでした。しかしこの二人、人気の割りには新作の情報がさっぱり入ってこなくって、一体どうなってんの??って思ってた。過去の遺産(特にテイタム)での人気持続だった事が、後でこの映画のテレビ放映を観て納得。一番輝いてる時期にこんなバージン早捨てバトル映画に出ちゃいけなかったんだよ、やっぱさ。クリスティのボーイッシュな感じはなんとなくいいよなあってお姉さん世代に憧れてた時分の僕は思ってた。でもどう考えても彼女の方がもうけ役だよねえ、このお話って。(←何故か今日は一人称が僕になってしまったい)
放浪紳士チャーリーさん [地上波(吹替)] 5点(2005-09-27 14:38:39)
8.あんまり、ラブストーリーとか青春映画ってのをわざわざ観に行ったりしないので、この作品は、観たかった作品との併映だったと思う。何だったか忘れたけど。
それでも観ているとストーリーにはまって行くものだ。
この手のアイドル系作品てのは、もはや出来だの理屈だので見るのではなく、雰囲気やエピソードを楽しむものと割り切って観るのが肝心だ。
テイタム・オニールは、はっきり言ってタイプではなかったので、どうでも良かったが、クリスティ・マクニコルのキュートさと、後、誰だかわかんないが、脇役の女の子達の一人が良かった。
今、もう一度観てみたい。当時の感慨が甦る気がするから。
あむさん [映画館(字幕)] 5点(2005-09-14 18:25:33)
7.さらっと見よう。むずがゆくなってきますから・・
3737さん 7点(2004-11-07 18:23:59)
6.当時、某映画雑誌で人気を二分していた二人。テイタム・オニールの方が損な役だけど、私は............好きでした。
nizamさん 5点(2004-04-02 12:45:19)
5.うわあ、ほんとになっつかし~。子供の頃だったよ見たの。クリスティ・マク二コルもテイタム・オニールも可愛いです。やっぱ興味あるのは初体験か。これをテーマにしたものって結構多いよね。でもこれは割りとさわやかだった気がする。マット・ディロン、芸歴何年か?
fujicoさん 5点(2003-10-25 06:48:46)
4.この映画を観てからかなり長い間、マット・ディロン以上の男性はいないと信じこんでいた。それほど鮮烈にカッコ良かった。ストーリーは他愛ないけど、初体験が何を置いても人生の最重要テーマになっているティーンエイジャーの心の揺れをうまく描いている。悪ぶっていたクリスティ・マクニコルの流す涙が可憐。
Reiさん [映画館(字幕)] 5点(2003-10-19 22:15:10)
3.マット・ディロンってこの頃からやってるんだもんな~、パッとしない時期もあったけど本当に良くやってるよ~。
眼力王さん 5点(2003-01-31 15:53:23)
2. 「ペーパー・ムーン」の衝撃から7年…あの天才子役テータム・オニールが思春期セッ○ス体験映画に出演。流石にアメリカ人で16歳ともなれば、カラダの凄い成長ぶりには驚かされる。ムチムチした赤いビキニ姿のテータムは早くもオンナの色気を醸し出して小悪魔っぽい妖艶さ!でも、期待に反して実際に作品中で初体験したのは(ブスの)クリスティ・マクニコルの方だったけど。このキャスティングがなぁ…テータムとクリスティの役柄が逆ならもうチョット面白くなったんじゃないかな?ま、演出は鈍重だし、どっちにしても余り大した作品じゃないってコトだけは間違いないけどね。テータム、以後フェイドアウトの一途を辿る原因となった曲がり角(ターニング・ポイント)の映画…とも言える。
へちょちょさん 5点(2003-01-25 02:47:18)
1.なんか、、妙な魅力がありますね、、、、。はーい、先生、人工呼吸ですよぉー。
あろえりーなさん 5点(2002-08-08 11:05:51)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 5.45点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5872.73%
619.09%
7218.18%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS