セブン・イヤーズ・イン・チベットのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > セ行
 > セブン・イヤーズ・イン・チベット
 > (レビュー・クチコミ)

セブン・イヤーズ・イン・チベット

[セブンイヤーズインチベット]
Seven Year In Tibet
1997年【米】 上映時間:139分
平均点:6.21 / 10(Review 158人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-12-13)
ドラマ実話もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-06-24)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジャン=ジャック・アノー
キャストブラッド・ピット(男優)ハインリッヒ・ハラー
デヴィッド・シューリス(男優)ペーター・アウフシュナイター
B・D・ウォン(男優)ンガプー・ンガワン・ジクメ
マコ(男優)クンゴ・ツァロン
インゲボルガ・ダクネイト(女優)イングリッド・ハラー
ヴィクター・ウォン[男優](男優)
山寺宏一(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小川真司〔声優・男優〕(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
堀内賢雄(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/(日本語吹き替え版【テレビ】)
佐々木優子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/(日本語吹き替え版【テレビ】)
岡野浩介(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大塚明夫(日本語吹き替え版【テレビ】)
大塚芳忠(日本語吹き替え版【テレビ】)
さとうあい(日本語吹き替え版【テレビ】)
緒方賢一(日本語吹き替え版【テレビ】)
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
撮影ロベール・フレース
製作ジャン=ジャック・アノー
イアイン・スミス[製作]
製作総指揮リチャード・B・グッドウィン
配給松竹富士
日本ヘラルド
衣装エンリコ・サバッティーニ
字幕翻訳戸田奈津子
あらすじ
オーストリア人登山家のハラーは出産間近の妻を後にし、ナチス政府の威信をかけてヒマラヤの高峰に挑むが、第二次世界大戦が勃発して英領インドのヒマラヤでイギリスの捕虜となる。2年後、仲間とともにチベットへの脱走を果たしたハラーは妻を忘れ、世界大戦終了後もチベットでの生活を選ぶが、そのハラーに、幼時に「生き仏」と認定され、英才教育を受けて聡明で好奇心旺盛な少年に成長したダライ・ラマが面会を希望する。ダライ・ラマらとの暖かい交流も束の間、地上の楽園チベットは領土拡張を目指す中国共産党の脅威にさらされる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
158.《ネタバレ》 有名な登山家とダライラマの友情の話である。
この友情は事実らしい。

この登山家との出会いがなければ、中国のチベット事件のときに
ダライラマは亡命しただろうか?
そして、チベット文化は残り続けたろうか?

中国は恐ろしい。
戦後すぐで気が立っていたからだろうか?
でも今の香港を見ても、中国のホントのところは分からない。
中国映画を観ても、人情もあり、魅力ある人たちの国だとは思う。
でも政治が国を動かしているからなぁ・・

スコセッシの「クンドゥン」も似た話である。
こちらはダライラマを主人公にして、チベット事件を描いてる。
トントさん [DVD(字幕)] 7点(2020-06-06 22:54:12)
157.《ネタバレ》 映画の歴史においてこういう作品があっても良いのかなとは思います。僕はチベットのことを少しでもしれて良かったと思いましたが、他のレビュワー様の仰るように、チベットを描くのに「この程度では足りない」というのもまた確かなのかなと感じました。
なすさん [インターネット(字幕)] 7点(2017-02-13 23:38:39)
156.こういう映画を観ると、映画を観たなあと思います。(なんのこっちゃ)
ブラピが初めて、涙を見せるシーン。惜しい。
あそこが、山場だったと思います。
プラネットさん [DVD(字幕)] 7点(2016-07-08 21:39:59)
155.ちょっと勘違いして登山映画と思ったらコテコテの自伝だった。
前半はまあまあだけど後半に行くにつれつまらない…。チベットか~あまり魅力は感じなかったなあ。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-02-20 21:59:41)
154.《ネタバレ》 チベットの歴史に興味を持つきっかけとなりました。しかし、この映画ではチベットの歴史、痛み、ダライラマの表現は弱いです。
朴モグタンさん [DVD(吹替)] 5点(2015-09-23 15:54:46)
153.《ネタバレ》  映画として普通に面白かった。自分は人間が変わっていく話が大好きなので、最初は傲慢でひとりよがりだった主人公が、チベットの人々、特にダライ・ラマとの触れ合いを通じて人間として成長していく姿にうたれた。人間として成長したからこそ、息子にも(映画には描かれてないけれど、おそらくは別れた妻にも)受け入れてもらえたのでしょうね。いろいろなことを教えてあげている少年のダライ・ラマから逆に多くの事を学ぶって流れ、秀逸だと思いませんか?
まあ、単純な感想はここまでで。実はこの映画、現在の日本人、特に沖縄の人にとって今日的な意味がある映画だと思いますね、中国がチベット同様、沖縄に対しても領有権を主張しているという現実がある以上。
 沖縄からアメリカ軍の基地をなくすということは、映画の中で外務大臣が要塞の火薬や武器を吹っ飛ばしたのと全く同じだと考えますね、自分は。
今、この今現在こそ一人でも多くの沖縄の人に観てほしい映画!
(その方が、国家権力や、経済力で「新聞社を潰して」沖縄の人の気持ち、思い、言葉を力づくで押さえつけようとするよりよほどいいと思われ)
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-08-25 04:13:58)
152.予備知識なしで観たので、想像していた物語とは、全く違っていました..オーストリア登山家 ハインリッヒ・ハラー の自伝映画だったとは..壮絶な経路、経過を辿り、チベットまで流れ着く主人公..そして、好奇心旺盛な少年 ダライ・ラマ14世 との微笑ましいエピソード..そこが強く印象に残ります..伝記もの映画としては、ごく普通の出来かな..本人は大変な思いをした事でしょうが...
コナンが一番さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-08-09 13:13:09)
151.まあ、チベットの実情が少しわかったような気がするがそれだけかな。ブラピじゃなかったら最後までもたなかった。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 4点(2015-04-13 00:16:22)
150.《ネタバレ》 軽侮していた脱走計画にちゃっかり便乗した挙句、後は勝手に単独行動。
傲慢でいけすかない主人公に、そりゃあ離婚もされるだろうと同情もできない。
それが、邪気のまったくないダライ・ラマ少年との触れあいで感化され、角が取れていったよう。

ダライ・ラマに象徴される純朴で美しいチベットを、踏みにじる中国の横暴さが目に余る。
今もチベットやウイグルの弾圧を続けているこんな国が、日本の歴史認識や人権を上から目線で語るのが片腹痛い。
ハラーの自伝の映画化ということで、実話に基づいた作品にありがちな、淡々とした起伏のない展開とまとまりのなさが物足りない。
史実から離れた創作ものなら、横暴な奴らに一泡吹かせる展開で盛り上げるんだろうけど。
映画としては凡作だが、チベット問題を少しでも知らしめるという意味での価値はある。
中国がこの映画に激怒して自国で上映禁止にしたようだが、抗日ドラマばっかり作ってこういう自国の問題に蓋をするのがいかにも中華思想らしい。
飛鳥さん [地上波(吹替)] 4点(2015-03-24 22:47:19)
149.文化の違い 思想の違い 人種の違い 信仰の違いを超えて・・・と言う悪くない映画でした。美しい自然と美しい人々をみました。
東京ロッキーさん [ビデオ(吹替)] 6点(2012-12-25 18:03:06)
148.チベットの歴史や文がも勉強になるし映像も美しい。ストーリー的には特に大きな山場やどんでん返しがあるわけではないが、飽きることなく見ることができた。チベットの歴史を勉強してみたら、もちょっと楽しめたかも。
はちまろさん [映画館(字幕)] 7点(2012-10-14 18:22:01)
147.まだ少年のダライ・ラマの純粋にして高潔な人柄。そんなダライ・ラマとの心の通った交流や、平和を愛し牧歌的に暮らすチベットの人々の精神世界や文化との触れ合いを通じ、協調性に欠け一匹狼のような著名な登山家の心に変化が生じていく過程を描いた聖地ラサ滞在記としても十分に楽しめる作品。

ラサに辿り着くまでに描かれるチベットの厳しい自然とそこに暮らす人々の息遣いが伝わってくるかのような前半も、後半の当時のラサの人々の暮らしが垣間見える衣装や美術も素晴らしく一つ一つのシーンが実に見応えがありました。

現在も続くチベットの独立運動と中国政府との関係。チベットが独立を求める背景やダライ・ラマが亡命を余儀なくされている背景などに関しては何となく分かっているようで実際にはほとんど歴史的な知識はありませんでした。本作で描かれている事が全てでは無いだろうし、この部分をもう少し見せて欲しかった気もしますが、映画によってその一端に触れ、今までとは違った視点でニュースなどを見ることができたり、より深く知りたいと思うきっかけとなったりする。これも映画が持つ大きなチカラであると思います。
とらやさん [DVD(吹替)] 8点(2011-06-29 22:11:38)
146.故国に残した息子を幼いダライ・ラマと重ねるブラピのお話です。チベットや仏教に関する注釈もなく、西欧人になじみの薄いエキゾチックなアジアをブラピが紹介する観光映画のようでありました。
さめがいさん [地上波(字幕)] 5点(2011-03-14 21:20:31)
145.《ネタバレ》 何か物足りない淡々とした映画だな、という印象です。映画としては、文明国を離れた非日常的な生活、しかもヒマラヤの絶景と密教的な異文化の中で過ごしたことを物語るだけで十分面白さはあるのかも知れません。しかし描きたい中心がチベット文化なのか、若き日のダライラマなのか、中国のチベット侵略なのかがはっきりしない所が長尺な映画の割に何か物足りなさを感じてしまう所以なのだと思います。若き日のダライラマを描いた時点で当然中共のチベット侵略が映画の焦点として描かれない訳にはいかないのですが、描き方が肩透かし的で、中共軍によるチベット人の虐殺もダライラマの夢に出てくるだけ、チャムドの戦いもちょっとした砲撃でチベット軍は雲散霧消、指導者ンガワン・ジクメの降伏勧告があっさり描かれているだけです。この中国のチベット侵略はハラーを交えた物語の一部として映画で描くには、実はあまりに複雑で長期に及んでいるから簡単には描けなかった、というのが監督の本音ではないかと思われます。49年の中共成立、50年のチベット攻略宣言、51年の17条協定の強要、56年からのチベット動乱58年ラサ暴動とダライラマ亡命など実際には10年以上かかってじわじわとチベットの独立(自律的政権の消失)が行われてきた訳ですし、中国も当初は香港的一国二制度を西蔵といわれる地域には認めていた経緯などもあって、監督としては「まあこんなもんだろう」という感覚でチベット侵略を描かざるを得なかったのだと推測します。チベット併合の是非はともかく描かれた中国としては「許せない」という気持ちも多少理解できます。ただ他にチベット問題を取り上げたメジャーな映画がない現状では十分この点数の価値ありと思います。
rakitarouさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-01-30 14:16:34)
144.《ネタバレ》 ストーリーはいろいろ詰め込んだ割には描写は平坦で、チベットの土地柄や社会背景や風景に寄りかかっただけという気もするが、チベットが何であって、そこに中国がどう関わったのかということを、端的に示した心意気は買いたい。また、ブラッド・ピットはいい演技ができているとは言い難いが、彼が主演であることによって見たという人も多いと思われるし、こういった作品ではそういう要素も案外重要。
Oliasさん [DVD(字幕)] 6点(2011-01-16 02:23:16)
143.流行の山ファッション、しかもアース系のやつ。そういう見方でもいいじゃない。
長谷川アーリオ・オーリオさん [DVD(吹替)] 5点(2010-12-18 05:01:59)
142.《ネタバレ》 オーストリアの登山家と幼きダライ・ラマの人種を越えた友情を描いた壮大な歴史ドラマですが物語に奥行きが感じられずちょっと物足りなかったですね。アイドル顔で若き日のブラピ、まだ優男の印象が拭えません。チベット人の舌を出す挨拶がふざけているようでオモシロすぎ。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2010-08-21 23:32:31)
141.《ネタバレ》 前知識ゼロで鑑賞 へぇーブラピがでてるんや~ なんかあんまり登山家っぽくない様な… 壮大で美しい映像 チベットの人々の描写 独特の雰囲気 そして純朴なダライラマ少年  前半がちと退屈でしたが後半はよくなってきましたね  中国とチベットの関係を描いた後半の内容は、客観的にこの両国の関係を伝えてるような感じが致しました 異国情緒を味わうと共に大変勉強にナリマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-06-07 08:04:43)
140.壮大な映画で、ストーリーのスケールがとにかく大きい。ただ、チベットの自然が綺麗だと思っていたら、南米での撮影とのことで、ちょっとびっくりしました。
lalalaさん [DVD(吹替)] 8点(2009-12-25 13:46:44)
139.高校生の時、当時付き合ってた彼女と見ましたが・・・ちんぷんかんぷんでした。今見たら違うのかなぁ!?
zackさん [映画館(字幕)] 3点(2009-12-11 23:46:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 158人
平均点数 6.21点
010.63%
110.63%
210.63%
342.53%
42113.29%
52012.66%
63924.68%
73522.15%
82415.19%
995.70%
1031.90%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.33点 Review6人
2 ストーリー評価 6.00点 Review9人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review8人
4 音楽評価 6.50点 Review6人
5 感泣評価 6.60点 Review5人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

1997年 55回
作曲賞ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS