サン・スーシの女のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > サン・スーシの女
 > (レビュー・クチコミ)

サン・スーシの女

[サンスーシノオンナ]
La Passante Du Sans-Souci
1982年【仏・西独】 上映時間:115分
平均点:6.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
ドラマ小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2008-08-26)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
助監督クレール・ドニ(第1助監督)
キャストロミー・シュナイダー(女優)リナ・ボームスタイン / エルザ
ミシェル・ピッコリ(男優)マックス・ボームスタイン
ヘルムート・グリーム(男優)ミシェル
ドミニク・ラブリエ(女優)シャーロッテ
マチュー・カリエール(男優)ルパート・フォン・レガート
マリア・シェル(女優)アンナ
ジャン・レノ(男優)
原作ジョセフ・ケッセル
音楽ジョルジュ・ドルリュー
撮影ジャン・パンゼル
製作レイモン・ダノン
配給日本ヘラルド
その他ジョルジュ・ドルリュー(指揮)
レイモン・ダノン(presenter)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 ロミーシュナイダーの遺作。

ラストの古いユダヤの歌が心に残った。
その曲の歌詞全文↓
「甘くて忘れられない古いユダヤの歌 子供の頃にヴァイオリンで弾いていた そのメロディを聴き両親は涙したものだ これは亡命者の物語 移民の人生 村の虐殺を逃れた人々は皆悲しみの旅に出る ワルシャワ、ベルリン、ロシアから逃げた パリで自由に生きるため サンスーシの前であのひとは殺された 叫びのあとに訪れた無関心 そして忘却のうちにすべてが繰り返される
甘くて忘れられないこの懐かしい歌 子供の頃にヴァイオリンで弾いていた そのメロディを聴き両親は涙したものだ これは亡命の物語 移民の人生 僕の目の前にはエルザ 君の美しい面影 最後の旅に出る君が口ずさんでいた 僕が子供の頃に弾いていた 追憶と涙と後悔のあの歌を」
トントさん [DVD(字幕)] 6点(2019-08-24 20:18:01)★《新規》★
1.ロミー・シュナイダーの遺作。蝋燭の灯が消えるの直前のような煌きと寂しさを画面から感じる。いい時に亡くなったなーと思う。こんなこと言っちゃいけないけど。
mimiさん 7点(2004-08-31 20:05:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 6.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6150.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS