チェンジング・レーンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > チェンジング・レーン
 > (レビュー・クチコミ)

チェンジング・レーン

[チェンジングレーン]
Changing Lanes
2002年【米】 上映時間:98分
平均点:5.22 / 10(Review 114人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-11-09)
ドラマサスペンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-12-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロジャー・ミッシェル
助監督ケニー・ベイツ(第二班監督)
演出ダグ・コールマン(スタント・コーディネーター)
キャストベン・アフレック(男優)ギャヴィン・バネック
サミュエル・L・ジャクソン(男優)ドイル・ギプソン
トニ・コレット(女優)ミシェル
シドニー・ポラック(男優)スティーブン・デラーノ
リチャード・ジェンキンス〔男優・1947年生〕(男優)ウォルター・アーネル
ジェニファー・ダンダス(女優)ミーナ・ダン
アマンダ・ピート(女優)シンシア・デラノ・バネック
ブルース・アルトマン(男優)テリー・カウフマン
ジョー・グリファシ(男優)判事 コセル
ウィリアム・ハート(男優)ドイルの身元保証人
ディラン・ベイカー(男優)フィンチ
ニール・ジョーンズ(男優)ニュース編集室の記者
咲野俊介ギャビン・バネック(日本語吹き替え版)
池田勝ドイル・ギプソン(日本語吹き替え版)
磯辺万沙子ヴァレリー・ギプソン(日本語吹き替え版)
藤本譲スティーヴン・デラーノ(日本語吹き替え版)
竹口安芸子デラーノ夫人(日本語吹き替え版)
水野龍司ウォルター・アーネル(日本語吹き替え版)
有本欽隆ドイルの身元引受人(日本語吹き替え版)
脚本マイケル・トルキン
音楽デヴィッド・アーノルド
作曲ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン「交響曲第9番ニ短調作品125 歓喜の歌」
編曲ニコラス・ドッド
ソニー・コンパネック(ノンクレジット)
挿入曲アニー・レノックス"Waiting in Vain"
撮影サルヴァトーレ・トチノ
デヴィッド・M・ダンラップ(第二班撮影監督)
ケニー・ベイツ(第二班撮影監督)
デヴィッド・ノリス〔撮影〕(カメラ・オペレーター〔ノンクレジット〕)
製作スコット・ルーディン
パラマウント・ピクチャーズ
製作総指揮アダム・シュローダー
配給UIP
美術ランドール・バルスマイヤー(タイトル・デザイン〔ノンクレジット〕)
クリスティ・ズィー(プロダクション・デザイン)
衣装アン・ロス〔衣装〕
字幕翻訳戸田奈津子
スタントスティーヴ・ホラデイ
その他ソニー・コンパネック(追加指揮)
ニコラス・ドッド(指揮)
あらすじ
若手弁護士ギャヴィン(ベン・アフレック)は、裁判所に向かう途中、車の接触事故を起こす。相手は黒人のドイル(サミュエル・L・ジャクソン)。彼も子供たちの親権を巡る裁判に出頭するところだった。だがギャヴィンは遅刻を恐れ、小切手を渡して走り去ってしまう。そのとき彼は大切なファイルを置いてきてしまった。資産家がギャヴィンの事務所に遺産を譲渡した証明書。それを今日中に見つけないと、彼は詐欺罪で投獄されてしまう。二人の男の運命が激しく交差する一日・・・果たしてその結末とは。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
114.それぞれの目的地に急いでいる途中での接触事故。そこで失った20分が元で話がどんどんこじれていく。
接触した方もされた方も、今回の事故が元でこじれた問題は、これまでの生き方そのものにも深く関係している訳でして。
今日1日というタイムリミットのあるドラマですが、刻々と時間だけが過ぎていく、じれったくなるような時の流れはそれ程感じられない。
しかし今回の事故を契機に、これまで進んできた人生のレーンを正そうとする、最終盤の解決に向かう流れは良かった。
監督業がすっかり板についてきた感があるアフレック。一方で俳優アフレックは苦手なのですが、
若くして弁護士として成功している風であり、ちょっと調子こいている感じがとてもうまく出ていたと思います。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-02-28 22:08:44)
113.《ネタバレ》 割と面白かったと思う。人に勧められなくもない。

いきなり提示される、人間のもつ属性の違い。それを車という資産で表現するあたりにいやらしさを感じるが、作り手の思惑通りだろう。斜めにさえ見なければ本来善人のステロタイプであるはずの二人の職業、階層もしくは人種といった部分が、少しずつズレ始める。その原因が所々に挟まれたいやらしさにあるが、何となく意識されないまま物語が進んでいく。
こういうスピーディさはさすがにハリウッドと言うべきか、非常に洗練されている。

何となく黒人を善人にして、白人弁護士を撃破するような暴力的な話を望んでしまいそうだし、脳内でそういう話に変換してみると、確かに面白そうではあるが、もう少しネジのゆるんだ話に進めてみるとやっぱりこういう厭味な方向というのも確実にアリだろう。

ヨーロッパの映画であれば、ちょっと油断すると逆ハリウッドのごとくただ生きているだけでなぜ悲劇を見なければならないのか、と二人を「無常観」で設定したり、突然解決しない悲劇を家族愛に絡めたりしかねない。しかしアメリカ人はそんな方向には絶対持って行かない。

加害者被害者の関係にあった彼らは、嫌がらせの応報でその垣根を越えて悪人になってしまうのをサックリと見せてしまうあたりはさすがとしか言いようがない。最後の最後も実にアメリカらしい。

ヨーロッパ映画なら片方が苦悩しながら悪行を続け、片方が自殺でもするんだろう。そういう嘘くさい憂鬱はいらない、このこの映画は違う。こんなに努力してまでなんで犯罪行為しなくちゃならねーんだよ、ニューヨークで弁護士やってりゃ誰でも気づくわいアホが、といわんばかりに投げやりに元の善人に戻ってしまう。片方もそうだ。

何で最後善人になっちゃうの?悪に手を染めれば簡単だろ、強いだろ、などという発想を吹き飛ばす。当たり前のことだが、マンハッタンの最有望株若手弁護士が手段を選ばず反撃に出たら一発で芋づるで悪徳弁護士事務所などアウトだ。このラストの自暴自棄的な善人への回復っていうのは、実に爽快だった。

ただ、ほとんどサスペンスアクションみたいな攻防が続くので、そんなに深みや含みは無いように感じた。内容的には必ずしも優れてはいないかもしれない。だけど文芸調に作られていたなら観ていなかったとも思うので、このくらいがちょうど良かったのかもしれない。
黒猫クックさん [DVD(字幕なし「原語」)] 7点(2009-10-03 19:45:07)
112.つまんね。忍耐力がある人はどうぞ。
幸志さん [インターネット(字幕)] 0点(2009-10-02 22:30:55)
111.《ネタバレ》 ん~特になしですね。途中のイヤラシイ報復劇の割に、あっさり和解するのはどうなんですかね~。内容も面白くなかったです&吹き替えで観たせいかイマイチでした。
Kanameさん [ビデオ(吹替)] 3点(2009-02-01 15:33:43)
110.今よりもう少し若い頃、焦りや自分本位が原因で、物事が裏目に転がっていくことは自分のまわりも確かにあった。この映画は、そのエスカレートバージョン。
アンドレ・タカシさん [DVD(字幕)] 5点(2008-08-06 21:43:54)
109.《ネタバレ》 些細なイザコザから2人の男の運命が狂っていく。その過程がとてもリアルで、恐ろしく思えました。アルコール中毒の黒人男性側に感情移入したら、もう胸が痛くて苦しくて。相手の弁護士に強い憤りを覚えました。ただ客観的にみれば、黒人男性にも相当非がある。感情のままに暴力を振るう場面が何度もありましたし、タイヤを外すのは完全にヤリ過ぎ。アルコール中毒云々よりも、堪え性の無い性格に難ありと言わざるを得ません。しかし希望はあります。あの状況でアルコールに口を付けなかった気概は買いたい。それに金に目が眩まなかったことも。根は善人。そして家族とやり直したい気持ちは本物だと思う。そしてもう一人の主人公。彼はやり手の弁護士です。仕事は出来るのでしょう。でもどこか抜けている。サミュエルを追い込む遣り方は下手糞だし、女房に不倫がバレていることに気付いていなかった。彼と街で再会した時、ウソでも土下座するくらいのしたたかさがあれば、問題は簡単に解決したはず。ベンは彼自身が考えている以上に、脆い人間だと思います。でも、だからこそ見込みがある。非情になれないのは、良心が死んでいない証拠。誰だって誘惑に負ける時はある。過ぎた時間は決して戻らない。でもこれからを変えるのに遅すぎることはない。アンラッキーをラッキーに変えるのは自分次第。多少甘くはありますが、いいお話だと思いました。
目隠シストさん [DVD(字幕)] 7点(2008-02-25 19:28:26)
108.空虚すら漂う展開。
あるまーぬさん [ビデオ(字幕)] 5点(2007-07-24 14:48:55)
107.不慮の交通事故から、どのようなサスペンスに仕上げるのか、期待しながら鑑賞しましたが最後の詰めが甘いまま鑑賞終了。カローラ廃車ですか
SATさん [ビデオ(字幕)] 3点(2007-05-04 18:40:36)
106.まるでティーンエイジャーが書いたような雑で強引な話。

男二人の言動は理不尽で不可解。ああも激昂と後悔を繰り返されては単なるバカ二人になってしまい、観客はどの視点で観ていいのかわからなくなる。
カラバ侯爵さん [DVD(吹替)] 0点(2007-05-02 14:01:51)
105.人生に「タラレバ」はないんだよ。
東京50km圏道路地図さん [DVD(吹替)] 6点(2007-01-14 03:21:23)
104.《ネタバレ》 期待しないで見たらそこそこ楽しめました。急がば回れ的な印象を受けました。「あー、あそこでちゃんとしとけば、こんなめんどくさいことにならなかったのに。」っていうことって結構日常でもある気がする。さすがに、ここまでのことはないけど。一応ハッピーエンドなのでしょうね。
mamimamiさん [DVD(字幕)] 5点(2007-01-03 18:58:35)
103.自分があの二人のどちらかの立場に立たされとしたら、
果たしてどう行動するか?

主役の二人に移入して観れば、
彼らのとった行動に不自然さを感じない…かな?
彬彬さん [DVD(字幕)] 4点(2006-12-20 09:53:23)
102.うーん。内容はまあまあでした。印象には特に残らない。ベン・アフレック結構演技上手いんじゃないでしょうか。
february8さん [DVD(字幕)] 5点(2006-09-13 23:27:38)
101.どうでもいいやりあいの、観ているのが面倒くさくなる映画でした。
MARK25さん [DVD(字幕)] 1点(2006-06-11 09:40:12)
100.つまりベンアフレックの出ている映画は3割引きくらいになってしまうのです。だって顔がうさんくさいんだもん。「かっこいいか否か」を判断する前に、「あっうさんくさい」が先走って、それ以上思考停止。なのでなるべく出演作を見ないようにしているのですが、やっぱり話題作だと見てみたい。で、見たあと「うさんくさいことに気が散ってよくわからなかった」でいつも終わってしまう。私の頭の中に警報を鳴らす男ベン。あなたは話題作に出ないでください。アル中で妻子に見捨てられた黒人のおっさんをもってくるのは、ご都合な感じであざといなあ。(アフレックって、アフラックに似ていますよね。いつも「ガチョウ」がよぎるんだけど)
パブロン中毒さん [DVD(字幕)] 6点(2005-12-31 00:43:08)
99.《ネタバレ》 まあ、最後はお互いに非を認めて良かったです。これがなければ、本当に何が言いたいのか分からない映画になってたような気がする。
H.Sさん [DVD(字幕)] 6点(2005-12-26 19:37:02)
98.《ネタバレ》 これってたしか前評判が高い(お○ぎが絶賛みたいな)映画でしたよね。その割には?という感じです。とにかく、ギャヴィンがドイルの奥さんを説得するはずの?シーンをカット(っていうか省略)してあるのが信じられない。そこが一番の見せ場なんじゃないの??ハードルが高いシーンだったというのはわかるけど、そこをバッチリきめてこそ映画、というか最高の作品になれたチャンスをみすみす逃したんじゃないんでしょうか。「そんなもん言わんでもわかるだろ!」というツッコミは通用しません。それまでのシーンにそれほど深い表現は見られないし・・・。明らかな敵前逃亡作品だと思います。残念。
長毛さん [DVD(字幕)] 4点(2005-11-05 01:39:30)
97.キャスティングは派手な割に、内容は地味な作品。こじんまりと、ねちねちと、互いの復讐戦がひたすら続くが、まとまりは良い。人間の矛盾をよく表せているとは思うが、いかんせん平凡な印象の方が強い。
えいざっくさん [ビデオ(字幕)] 4点(2005-07-21 09:54:19)
96.大人って嫌だな。自分のことだけ考えて、しかも金カネ金カネって貪欲でさー。しかも、セコイ復讐とかした後に自己嫌悪に陥ったりしてさ。私、こんな大人にならなくて良かった。
さん [DVD(字幕)] 6点(2005-05-27 00:09:41)
95.まぁまぁ。ベン・アフレックってやっぱ顔ながいけどカッコいいなーとかおもいました。
ギニュー隊長★さん [DVD(字幕)] 6点(2005-04-23 12:20:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 114人
平均点数 5.22点
021.75%
121.75%
287.02%
387.02%
4108.77%
53228.07%
62824.56%
71412.28%
865.26%
910.88%
1032.63%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.20点 Review5人
2 ストーリー評価 5.00点 Review8人
3 鑑賞後の後味 3.16点 Review6人
4 音楽評価 5.00点 Review3人
5 感泣評価 2.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS