ザ・リングのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > ザ・リング
 > (レビュー・クチコミ)

ザ・リング

[ザリング]
The Ring
2002年【米・日】 上映時間:116分
平均点:5.13 / 10(Review 195人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-11-02)
ホラーサスペンスシリーズものミステリーリメイク小説の映画化オカルト映画
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-09-18)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ゴア・ヴァービンスキー
キャストナオミ・ワッツ(女優)レイチェル・ケラー
マーティン・ヘンダーソン〔男優・1974年生〕(男優)ノア・クレイ
ブライアン・コックス〔男優・1946年生〕(男優)リチャード・モーガン
デヴィッド・ドーフマン(男優)エイダン・ケラー
アンバー・タンブリン(女優)ケイティ・エンブリー
デイヴィー・チェイス(女優)サマラ・モーガン
ジェーン・アレクサンダー(女優)グラスニック医師
アダム・ブロディ(男優)ケレン
リチャード・ラインバック(男優)管理人
レイチェル・ベラ(女優)レベッカ・コトラー
サーシャ・バレス(女優)少女その1
安藤麻吹レイチェル・ケラー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
家中宏ノア・クレイ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
かないみかサマラ・モーガン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
磯辺万沙子ルース(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小島幸子ケイティ・エンブリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
野沢由香里(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
仲野裕(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
西凜太朗(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
井上喜久子レイチェル・ケラー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
関俊彦ノア・クレイ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大谷育江エイダン・ケラー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
富田耕生リチャード・モーガン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
堀江由衣サマラ・モーガン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
川上とも子ケイティ・エンブリー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
甲斐田裕子レベッカ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
谷育子グラスニック医師(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
佐藤しのぶ【声優】(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
原作鈴木光司「リング」
脚本アーレン・クルーガー
高橋洋〔脚本・監督〕(オリジナル脚本)
音楽ハンス・ジマー
ジェームズ・ドゥーリー(追加音楽)
編曲ブルース・ファウラー〔編曲〕(ノンクレジット)
撮影ボジャン・バゼリ
製作ウォルター・F・パークス
ローリー・マクドナルド
ドリームワークス(共同製作)
製作総指揮ロイ・リー
マイク・マカーリ
ダグ・デイヴィソン
配給アスミック・エース
角川書店
特殊メイクリック・ベイカー[メイク]
辻一弘(プロジェクトスーパーバイザー)
バート・ミクソン(ノンクレジット)
特撮リズム&ヒューズ・スタジオ(視覚効果)
アサイラムVFX(視覚効果)
ティペット・スタジオ(視覚効果)
衣装ジュリー・ワイス
編集クレイグ・ウッド
スタントケリー・ステーブルス
パット・ロマノ(ノンクレジット)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
195.《ネタバレ》 名作Jホラー映画リング。
貞子という強烈なキャラクターとミステリー感覚に進んで行くストーリー、そして不気味なホラー要素と、とにかく面白いホラー映画だ。そんなに面白ければハリウッドにも行ってしまう。
別にリングが面白かったからってハリウッド版を見る理由は普通は無いはずだが、僕はリングの中で呪いのビデオのシーンがとにかく好きなのだ。あのアングラ感しかないヤバそうな映像がたまらない。そんな映像がハリウッド版にもあるなら是非拝みたい。ナオミ・ワッツがどうなろうと知った事ではない!

そんなこんなで本作の呪いのビデオシーンは日本版の倍くらいの長さがある新聞記事はないけれど情報量は多めでちょっとビックリ。でも映像のカッコ良さはやっぱり日本人だからか日本版の方がヤバさがあってよかったなぁ。でも面白いので満足です。

…本編の話もしますか。
さて本編はというと序盤は完全に日本版映画と同じ道をなぞるのですが、貞子…ではなくサマラの出生あたりの話は大きく違うので見応えがありました。親父が電気自殺したり、馬が暴れだしたりとなかなか見応えもあります。日本版ではちょっと余計だったサイコメトリー要素もありません。ただ真田広之ポジションの男の優男感がなんとも薄っぺらくて、真田広之と比べてしまうと残念な感じでした。

まぁ全体的な流れは同じですがリングらしいミステリー要素もホラー要素もありかなりよく出来たハリウッドリメイク作品でした。
こんな事ならもっといろんな国でリングのリメイクを作っていただきたかったです。
えすえふさん [DVD(吹替)] 6点(2020-01-25 03:43:52)★《新規》★
194.《ネタバレ》 筋は分かっているのだけど、それなりにドキドキ感は味わえました。
でも欧米とホラーに対する感性が違うのか、日本人が感じるような
おどろおどろしさはいまいち表現できていなかったような気がします。
やはり土地柄の違いなのでしょうか。

それにしても日本版も含めてやっぱりひっかかるのが、サマラ(貞子)
と殺される人たちとの関係。確かにサマラは井戸に放り込まれて7日間
苦しみ抜いて死んでいったのはそりゃあ悲惨ではありますが、青春
まっただ中で殺された罪の無い高校生たちにはまだまだこれから楽しい
人生が待っていたはず。それをいわれなく呪い殺されてしまったので
は相当な無念さや恨みが残ったはず。それはサマラのそれと比較しても
遜色ないはずで、今度はサマラが皆から呪われて苦しむ番になって
しまうのではないでしょうか。私ならそうしますけど。

評価点は呪われると怖いので6点にしておきます。
キムリンさん [地上波(吹替)] 6点(2019-07-03 20:48:40)
193.《ネタバレ》 頑張ってリメイクされてると思います。が、貞子のままアメリカに行って欲しかったな。イチローのように。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2019-05-18 20:55:03)
192.小説⇒7点。邦画⇒6点。本作⇒4点。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-09-21 07:46:15)
191.《ネタバレ》 ホラー映画はゾクゾクする気分をどれくらい味わえたかが評価のポイントと思います。この作品は元ネタをすみずみまで知っているうえに、演出の改変に首をかしげる部分があり、あまり怖くありませんでした。特に貞子・・・ではなくアマラの怨念に関しては、母親の千里眼事件から始まる事情を外してほしくなかったです。呪いビデオの誕生にも関係することですし(馬とか、訳わかりません。欧米人にはああと納得できるものがあるのでしょうか)。そして、見終えて感じるのは、リング原作のプロットがいかに素晴らしかったかですね。終盤で貞子の遺体発見→主人公は死なない。呪いは消えたのだ、万歳!→相棒死亡→何が間違っていたのか?という一連の演出は、何度見ても動揺しますからね。
次郎丸三郎さん [ビデオ(吹替)] 6点(2017-07-08 14:41:44)
190.別に日本版「リング」に思い入れもないので。
呪いのビデオは日本版の勝ち。
全体的な演出はアメリカ版の勝ち。
ってなところですか。
最初の女の子の死に顔がトラウマです。
プラネットさん [インターネット(吹替)] 6点(2017-02-23 19:48:28)
189.    
んー
あー
んー

まぁ、はい
こっちゃんさん [DVD(字幕)] 4点(2016-06-10 15:38:02)
188.《ネタバレ》 日本のやつのほうが怖かった・・・それだけです
KINKINさん [DVD(字幕)] 4点(2013-10-30 09:03:16)
187.《ネタバレ》 サマラには加速装置が付いているのか、動きが早すぎませんか?日本的恐怖をそのままリメイクしてもつまらないし、出来ないとも思うので、これはこれで楽しめました。
リニアさん [映画館(字幕)] 6点(2013-05-05 11:34:49)
186.日本で大ヒットした「リング」のハリウッド・リメイクで、
細かい設定やラストなどは違うが、基本的な内容は同じなのであまり違和感は感じなかった。
ビデオに映る映像は、日本版では恐怖を演出するためのイメージが強いのに比べ、
こちらは画面に映るカットの一つ一つが真相を解明する小道具代わりに使われており、
サスペンスミステリーの要素を含んでいる。ラストはちょっとあっさり目。
"家族"が基盤のストーリー展開という点は、いかにもアメリカらしい。
ホラー映画としては普通に楽しめる範囲だとは思うが、やっぱり日本版のほうが怖かった。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 4点(2011-08-10 06:37:31)
185.《ネタバレ》 サマラたんに、一言モノ申~す!!

ダメだよぉ~~!!!
テレビから出る時にあんな早く出てきちゃあーーー!!!
しかも、出た後にプチ瞬間移動も使っちゃダメでしょおおおお!!!
あそこが山場なんだよ、今夜が山田くらいヤマなんだよ!
それを、おま、ダメだよおおおおお!!!!!!!。・゚・(ノД`)・゚・。

・・・・うん、分かってる(´・ω・`)
分かってるよ、サマラたん。。。
ここはアメリカだもんね、日本じゃないもんね。
日本版みたいにゆっくり出てきたら、出て這いずってる間に銃で撃たれちゃうもんね。
ごめんニョ、サマラたん(´・ω・`)

でも面白かったですよ、そこそこ。
あ、スミマセン。
「そこそこ」とか言ってたら、サマラたんがComeー Maybe Comeーですね、わかります。
港のリョーコ横浜横須賀さん [映画館(字幕)] 6点(2010-12-07 21:38:01)(笑:1票)
184.日本人にはオリジナルの方が怖いのだろうけど、リメイクとしてうまく出来ている。怨念とモンスターという日米文化の違いがあって面白い。
nojiさん [地上波(吹替)] 6点(2010-08-16 20:48:35)
183.意外にもハリウッド版の方が評価されてるんですね。
ホラー自体、あんまり得意なジャンルではないからかもしれないですが、
日本版の方がインパクトという意味では強かった。
ハリウッドのほうがけっこう淡々としてるので、途中脱落しかけましたよ。
バニーボーイさん [DVD(邦画)] 4点(2009-11-26 10:38:39)
182.《ネタバレ》 原作派の私はこのハリウッド・リメイクのほうが好き。(日本版)映画の方のリメイクなので、原作はこの映画を作るにあたって考慮されていないと思われるにもかかわらず、である。貞子は元々薄幸の美少女なのに、完全に化け物にしてしまった(日本版)映画にはかなり不満があった。サマラには不気味さもあるが、(原作とは違うが)幽閉された悲惨な過去を持ち、美少女を使っているので、イメージ的にはかえってこちらが近かった。また、恐怖のビデオも「日本版のほうが原作に近い」と言う人も多いが、何せはしょりすぎており、すごく不満だったので、原作ほどの長さがあって、シュールな感じにまとめてあるこちらの方が良かった。あとは何と言っても主演の演技!松嶋菜々子はこの役では大根振りがかなり気になったので、これもナオミさんに軍配。それから高山竜司。超能力者という設定は日本版のほうが原作に忠実なのだが、真田広之のキャラのためか、主人公の前夫という設定のためか、超能力者である必然性が中途半端で、妙に浮いてしまった。ハリウット版はこの「超能力者」という設定をばっさり切って主人公の前夫ノアを凡人にしたため、脇役に徹っして無理がなかった。色々な面で、日本版で感じた不満が、案外にこのハリウッド版で払拭されたので、日本版よりは高い評価。
あっかっかさん [CS・衛星(字幕なし「原語」)] 6点(2008-12-18 13:58:15)
181.国産映画とハリウッド映画で、何がどのくらい違うものかの興味で観たのだけど、やっぱりお金をたくさん使ってる感じはしましたよ。細かな作り込みとかが良くできていて、画面の隅にまで気を遣ってました。結果としてスクリーンから感じる温度が日本版より低く抑えられていて、怖さが増した印象でした。色んなアレンジが加えられて、すでに原作は遠いものになった印象だけど、貞子(じゃなかった、サマラだっけ)がテレビから這い出て接近して来るシーンには、文字通り鳥肌が立ちました。映画単体の比較として松嶋奈々子には悪いけど、ナオミ・ワッツの方が見ごたえがありました。
アンドレ・タカシさん [映画館(字幕)] 6点(2008-12-09 14:26:51)
180.生まれて初めて一目惚れした人がいて、彼との初デートの時に映画館に見に行き、あまりのひどさにエンドロールの時に「ど~しよ、気を使って面白かったと言うべきか…いや、怖かったと言った方が正しいのか?むしろ怖くて内容に集中出来なかった~と言って逃げるべきか…」と、さんざん悩んだあげく、隣で彼が一言「これいつDVD化されんだろうなっ!ぜって~買おっ。」・・・そうきたか…。人を外見で選ぶとえらい目にあうことを、との映画で学びました。ありがとう!
りりあさん [映画館(字幕)] 1点(2008-01-26 19:27:07)
179.《ネタバレ》 僕はオリジナル版の「リング」の大ファンですが…………、「ザ・リング」も面白いじゃないですか! 「リング」のような怖さはまったくありませんが、ストーリーはよくできているし、伏線の張り方も、うまい。ストーリー自体はこっちのほうがいいですよ。日本版「リング」の不合理なところも、きちんと作りなおしてあって、感心しました。でも、一番最後の少年のセリフは蛇足ですね。あそこまで説明されると、しらけます。ラストは断然日本版のほうがセンスよかったなあ。
コウモリさん [地上波(吹替)] 8点(2007-07-27 10:57:51)
178.まあ、オリジナルを観ているからどうしようもないのですが、目新しさは無く外国シチュエーションになりましたーという映画。仕方ないでしょう。それは。
森のpoohさんさん [DVD(字幕)] 5点(2007-07-07 11:10:32)
177.《ネタバレ》 基本的に日本版の忠実なリメイク。そのため細部の変更をどう評価するかという問題になってきます。最大の変更点はサマラ(貞子)の年齢の設定。少女(というより幼女)の霊の方が米国ではポピュラーなのでしょう。ただ、サマラから“不気味さ”は感じられても、“怨念”までは感じ取れません。貞子と比べるとキャラ的に弱い。また生前の素顔を晒しすぎたのもマイナスでした。さらに日本版で好評だった“テレビから這い出る”シーンが著しくトーンダウンしたのが致命的。カクカクした動き、眼球アップ等、日本版同シーンが如何に出色の出来であったかが分かります。また物語の流れについては日本版を“なぞった”感が強く、やや拙く感じました。不出来とは思いませんが、無難すぎたかと。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-04-22 01:10:22)
176.《ネタバレ》 オリジナル版の貞子を過小評価しすぎ。

主観ですが、貞子はもっとカリスマ性のあるキャラです。
あんなクリーチャーみたいなビジュアルでは到底オリジナルにはかないません。
とにかくオリジナル版ラストの様な強烈な『威圧感』は欲しかったです。
ッュャさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2007-03-18 20:41:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 195人
平均点数 5.13点
031.54%
152.56%
2126.15%
3178.72%
42613.33%
54523.08%
64623.59%
72211.28%
8136.67%
931.54%
1031.54%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review1人
2 ストーリー評価 3.00点 Review5人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review6人
4 音楽評価 2.50点 Review2人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS