Menu
 >
 >
 > 陰謀のセオリー

陰謀のセオリー

Conspiracy Theory
1997年【米】 上映時間:135分
平均点: / 10(Review 100人) (点数分布表示)
アクションサスペンス犯罪もの政治ものスパイもの
[インボウノセオリー]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-07-18)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督リチャード・ドナー
助監督ジム・ヴァン・ウィック
コンラッド・E・パルミサーノ(第二班監督)
演出ミック・ロジャース(スタント・コーディネーター)
キャストメル・ギブソン(男優)ジェリー・フレッチャー
ジュリア・ロバーツ(女優)アリス・サットン
パトリック・スチュワート(男優)ジョナス博士
スティーヴ・カーン(男優)ミスター・ウィルソン
キルク・カザート(男優)ロウリー捜査官
トロイ・ギャリティ(男優)研修生
トーマス・マッカーシー(男優)ヘリの監視人
ジョン・シュワルツマン(男優)監視人
ジム・ヴァン・ウィック(男優)監視人
ダン・クラッチオロ(男優)監視人
リチャード・ドナー(男優)タクシー乗客(ノンクレジット)
コンラッド・E・パルミサーノ(男優)トラック運転手(ノンクレジット)
安原義人ジェリー・フレッチャー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
勝生真沙子アリス・サットン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
加藤精三ジョナス博士(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
石塚運昇ロウリー捜査官(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
塚田正昭ミスター・ウィルソン(日本語吹き替え版【VHS/DVD/テレビ朝日】)
山寺宏一ジェリー・フレッチャー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田中敦子〔声優〕アリス・サットン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小林修ジョナス博士(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
宝亀克寿フリップ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
内田直哉皮肉屋な乗客(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
星野充昭ルーズベルト病院の医者(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
相沢まさきロウリー捜査官(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
多田野曜平(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本ブライアン・ヘルゲランド
音楽カーター・バーウェル
編曲ソニー・コンパネック
挿入曲ローリン・ヒル"Can't Take My Eyes off of You"
撮影ジョン・シュワルツマン
ジョン・M・スティーヴンス(第二班撮影監督)
製作リチャード・ドナー
リチャード・ソロモン(共同製作)
ジョエル・シルヴァー
ダン・クラッチオロ(共同製作)
製作総指揮ジム・ヴァン・ウィック
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクケヴィン・イエーガー
特撮デジタル・ドメイン社(視覚効果)
美術ポール・シルバート(プロダクション・デザイン)
レスリー・ブルーム(セット装飾)
パトリシア・ウッドブリッジ(美術監督助手)
衣装ハー・グエン
編集フランク・J・ウリオステ
録音マーク・A・マンジーニ
ジョン・T・ライツ
デヴィッド・E・キャンベル
グレッグ・ルドロフ
動物ジェリー
スタントミック・ロジャース
マイク・スミス[スタント]
その他カーター・バーウェル(指揮)
ケン・クーグラー(トロンボーン演奏)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
100.若干コメディ要素の入ったサスペンスもの。メル・ギブソンが拘束されて尋問を受ける場面などは、シュールで派手な絵に、現実感を揺さぶられました。20年前の映画ですが、今でも十分鑑賞に耐えます。家族で観てもOKです。小4の娘は映画館から逃げるシーンで「ヒッチコックだね」と喜んでいました。おすすめです。
えぴおうさん [インターネット(字幕)] 8点(2017-09-13 12:04:24)
99.《ネタバレ》 ​そう、あいつはヤバい奴!陰謀論を撒き散らしてる狂った奴さ。
そんな奴の言ってる事は誰も信じない、でもそれが本当だったら?
そこから始まる謎の尋問、特殊部隊、俺を追う連中。
護るべき女性と共に巨大な悪に立ち向かうのだ…って、あれ?なんだか伏線は沢山あるけれど雑だぞ?結局なにが原因なんだ?話はトントン拍子に進むように見せかけるが増えるのは頭の中の「?」だけ。真相は?コイツらは結局なんなの?って終わり!?
主人公とヒロインの関係についてはなかなかイイと思うけれど、本筋の話が長い割にはあまり納得いくモノではなく残念でした。中途半端なXファイルのような印象です。
えすえふさん [DVD(吹替)] 4点(2016-01-28 19:29:47)
98.陰謀論ものがお好きな方は楽しめると思います。ぶっ飛んだメル・ギブソンが笑える。
movie海馬さん [DVD(字幕)] 6点(2015-02-24 16:06:29)
97.《ネタバレ》 冷蔵庫の扉に鍵(+中のコーヒーの缶まで鍵!)かけちゃうメル・ギブソンのイカレ野郎演技もなかなかで、こういう役をこなせるのはたぶんこの人しかいないよね(感心)。ジュリア・ロバーツも意外に「陰謀もの」にピッタリで、面白かったです。結局のところの中心となる陰謀…NASAが地震に見せかけて大統領を…はどうだったのかな?? ま、なんでも分かればいいってもんじゃないし、今後のドキドキ感も無いわけで(笑)。謎は謎のままの方がいい場合もアリマスカラネ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-08-27 12:29:03)
96.メル・ギブソンのアブナイおやぢ演技が良かった。所々で機転をきかせて危機を回避するところもなかなか面白い。ジュリア・ロバーツは今までどこがいいのかわからなかったのだがこの映画をみるとちょっと魅力的。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 5点(2013-08-20 12:02:10)
95.《ネタバレ》  手足を縛られた脚本、定型的な演出、そしてどこかでみたことが有るストーリー。これだけの制約がありながらもメジャーがその手法を捨てずに作り上げている。何となく嫌悪感を感じる要素かもしれないけど、実際はそうではない側面もあるのかなとも思う。
 90年代はマーケティングの時代とも言える。限られた情報をマーケティングでミックスして、ほんの少しだけ新しい物を作り出す。それが相乗効果を生む時代がこの10年間を彩っていた様に見える。そんな中で、この映画のようにどこかで観たような錯覚が見える映画も悪くは無い面も見えてくる。
 元ネタになったと思しき作品達は、メジャーで出すには少し味が濃いかなと感じられるがこうやってメジャーで作られてみると万人に観てもらえる物になっていて、敷居を低くかつ高品質なものに仕上げられている。
 そうやって作られて、色々な人に様々に感じてもらってもう少し深い世界観画を探してもらえる間口として機能するのであれば、大勢の作り手の懐の深さが感じられる。こう言った優しさのある作品がどぎつい世界観の作品への橋渡しになるのだと思うとちょっとした敬意が湧いてくる。
黒猫クックさん [DVD(吹替)] 6点(2012-11-08 03:14:09)
94.メルがかなりイってます。この性格に途中でお腹いっぱいになりました。
真尋さん [DVD(吹替)] 5点(2012-11-07 02:22:00)
93.《ネタバレ》 まずキャスティング、実際の言動を考えると、陰謀論に取り付かれた様に見える主人公にメル・ギブソンを持ってきたのは、まず成功です。だってメル・ギブソン、陰謀論をほんとに信じていそうですから(笑)。しかしですね、ヒロインがジュリア・ロバーツってのは無駄に豪華なキャスティングの見本みたいな失敗です。彼女の現実味のない映画での行動は脚本のせいだからしょうがないけど、このキャラは花のある女優を使ってはいけません。 ストーリー・テリングも「虚実とり混ぜて」という風に引っ張っていくのが常道なのに、意外とあっさり黒幕を出しちゃって、しかもそれが薄いキャラだから嫌になっちゃいます。私の大好きな名曲"Can't Take My Eyes off of You"にしても、下手な使い方をされてしまって可哀そう。ジョエル・シルバー製作だから深みのあるお話しのはずもなくドンパチ・アクションを期待していましたが、その方面もびっくりするほどつまらなかった。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2012-06-08 22:39:32)
92.《ネタバレ》 メル・ギブソンの拷問シーンが時計じかけのオレンジみたいでしたね。人格をつくり変えるにはまばたき厳禁なんでしょう。冷蔵庫、コーヒー豆にもカギしちゃうヤツがそーそー街をウロウロできるもんですかね(笑)ま、映画だからいいですけど。一見アブなそうな人が実は覚醒してる、、、ように見えてやっぱりオカシイのか?と思いきや…みたいな内容です、そうです、ありがちです。まぁ見どころと言えば追い詰められた時の切り抜け方ぐらいでしょう。
ろにまささん [地上波(吹替)] 4点(2012-04-16 10:13:33)
91.《ネタバレ》 ○見せ方がうまかったのか、途中までメル・ギブソンの言っていることが嘘か本当かわからなかった。主人公に感情移入させるような演出がうまい。ただ少し長かった。○この手の映画ではヒロインにジュリア・ロバーツと珍しい。お偉いさんの割にあっさり主人公を信じちゃうし、違和感のある人選ではあったがこれもありかと思った。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 6点(2011-04-17 15:40:05)
90.《ネタバレ》 観ているこっちも途中までメル・ギブソンの言ってることはウソだと思ってた。最後まで何が真実なのか興味をもって観れた。
たこちゅうさん [地上波(吹替)] 7点(2011-02-27 23:59:04)
89.《ネタバレ》 B級感は否めないが、奇想天外なストーリーに引き込まれた。M・ギブソンはミスキャストのような気もしたが出演陣も豪華。D・ワシントン、出てましたよね?
kaaazさん [インターネット(字幕)] 8点(2009-10-24 23:14:06)
88.《ネタバレ》 ラストの爽やかさだけが救いかな。車イスでの逃走シーン、「ライ麦畑で捕まえて」のトラップ、名曲「君の瞳に恋してる」が印象に残った。でも面白い話ではない。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 5点(2009-07-12 16:38:02)
87.《ネタバレ》 メル・ギブソンの暴れ映画は苦手なので、乗り切れませんでした。この手の映画が好きな人にはそこそこ面白いのではないかな?私はメル・ギブソンがうるさくて耳が痛かったです・・・。この時のジュリア・ロバーツは綺麗で良かったが、作品の中のキャラはなぜ頭のおかしいジェリーを信用したり、話を聞いてあげたりするのか理解できない。映画を見終わって、なんかスッキリしなかった。余談ですが「死霊のえじき」のテリー・アレクサンダーが出演していましたね。
マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 5点(2009-07-08 15:39:17)
86.《ネタバレ》 妄想と現実の境が分からなくなる、あるいは妄想が徐々に現実を侵犯していってしまう、そんなユニークな展開になるかと思っていたら、あっさり現実が妄想に負けちゃって。映画とはもともと妄想に近いものなわけで、とりわけこの手のサスペンスはそうでしょ、そこらへんをもっとネッチリ展開してくれれば面白かっただろう。街角にヘリコプターが浮かんでいるところなんか悪くないんだけど。「俺はいつも殴られてから謝まられる」ってセリフを覚えている。男が縛られていて床に転がされ、女が救ってキスを与える、昔はだいたい逆だったのに世の中変わったものだ。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2009-03-07 12:00:25)
85.《ネタバレ》 車いすでよちよち、叫びながら逃げるメル・ギブソンは爆笑モノだ。アクションはあんまりない気がするが、荒唐無稽な陰謀話と、ちょっとずれた主人公は気に入った。面白いのは前半かな。主人公の奇行?がいい雰囲気。もうちょっと時間が短ければなあ。
ジェイムズ・ギャッツさん [ビデオ(字幕)] 6点(2008-12-02 18:13:08)
84.陰謀論を大きくフィーチャーした『バード・オン・ワイヤー』という感じ。でも、話のまとまりやアクションなどの見せ場では、『バード・オン~』の方がはるかに上かな。こっちは、話を繋ぐためのドタバタに終始してる観が強いわりに、コレといった見せ場らしいアクションが無い。ってより、山場らしい山場が無い。敵の組織の正体もよく分からないし、あれだけの組織力を持っといて、ギブソン一人捕まえるのにどんだけ大騒ぎしてんのよ、お前ら?! って感じですな。そして何より、内容の割りに映画が長すぎる。2時間15分もかけて見せる内容じゃない。
TERRAさん [DVD(字幕)] 4点(2008-09-21 18:52:29)

83.《ネタバレ》 妄想か、はたまた陰謀は存在するのか。両方の可能性を残しつつ物語は推移します。観客は疑心暗鬼のまま行く末を見守ります。二転、三転する展開。明かされた真実に、はたと膝を打つ…となれば良かったのですが、スッキリしません。それは、メル・ギブソンの告白のみに事件の真相が委ねられているから。彼の告白を裏付けるものがない。もちろん状況証拠から考えれば、彼の証言は理にかなっている。そもそも寝返ったのでなければ、組織から追われることもないでしょう。でも彼が洗脳されていたという事実や、しどろもどろの告白に疑惑の目を向けてしまいます。ここで注目したいのが、真相の告白シーンで常套とされる回想シーンがないこと。ここに意味があると思う。一つは、彼に記憶がないことの示唆。覚えていないから回想映像がない。実際、彼の言い回しは妙でした。都合のいいように記憶を捻じ曲げているようにも見えます。そしてもう一つの意味。それは、“真実とは所詮その程度にあやふやなものだ”というメッセージ。もしそうならば、それなりに納得できます。ただし、もっと腑に落ちないのは、ジュリア・ロバーツのほう。何故、彼女はメルの証言をアッサリ信用してしまったのか。彼の言葉の中に、信用に足る事実が含まれていたとは思えない。(意味ありげなワードは、「コーヒー」と「ベイビー」くらい。)ただ、彼女がメルを愛してしまったのであれば、説明はつきます。彼を助けるために、真相を知るX-メンを射殺した。真実を知るのが怖かったのから。いずれにしてもこの結末で、事件の真実が明かされていくとは思えません。陰謀は暴かれないから陰謀。それがセオリーということでしょうか。モヤモヤ感は残ってしまいます。これが余韻を狙ったものであるならば、脱帽ものです。ただエンディングのジュリアの笑顔をみていると、そうは思えない。単に説明不足なのだと思います。メルの洗脳のメカニズム(暗殺の指令を抗えるのかどうか)、ジュリアの父子の関係、ジュリアがメルに好意を抱く過程、このあたりが描かれていれば、スッキリしたと思います。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-06-22 18:21:54)
82.《ネタバレ》 タイトルからシリアスなサスペンス映画を期待すると裏切られること請け合いですが、その裏切りが結構気持ち良かったりします。
メル・ギブソンのちょっとイカレ気味の主人公に、寛容で優しいヒロインのジュリア・ロバーツの組み合わせが、意外にもバランスよく感じました。この映画のジュリア・ロバーツは結構好きです。
camelさん [DVD(字幕)] 7点(2007-05-19 23:20:24)
81.ストーリーを複雑にしすぎて、失敗したケースでしょうか。観ている者には惑わされる部分が多いのです。まあ、そこが作った側の意図なんでしょうが。
shoukanさん [DVD(字幕)] 5点(2007-04-08 18:32:05)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 100人
平均点数 5.68点
000.00%
122.00%
211.00%
355.00%
41515.00%
51919.00%
62525.00%
72323.00%
888.00%
911.00%
1011.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review2人
2 ストーリー評価 4.20点 Review5人
3 鑑賞後の後味 5.25点 Review4人
4 音楽評価 5.50点 Review2人
5 感泣評価 4.00点 Review2人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS