ドラゴンハートのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > ドラゴンハート
 > (レビュー・クチコミ)

ドラゴンハート

[ドラゴンハート]
DRAGONHEART
1996年【米】 上映時間:103分
平均点:6.54 / 10(Review 65人) (点数分布表示)
アクションSFアドベンチャーファンタジーシリーズもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-11-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロブ・コーエン
助監督ハーブ・ゲインズ
キャストデニス・クエイド(男優)ボーエン
デヴィッド・シューリス(男優)アイノン
ピート・ポスルスウェイト(男優)ギルバート
ディナ・メイヤー(女優)カーラ
ジェイソン・アイザックス(男優)フェルトン卿
ブライアン・トンプソン〔男優・1959年生〕(男優)ブロック
ジュリー・クリスティー(女優)アイリン女王
ショーン・コネリードレイコ
ジョン・ギールグッドキング・アーサー(ノンクレジット)
大塚明夫ボーエン(日本語吹き替え版【VHS/DVD/日本テレビ】
若山弦蔵ドレイコ(日本語吹き替え版【VHS/DVD/日本テレビ】)
鈴置洋孝アイノン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
田中敦子〔声優〕カーラ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
池田勝ギルバート(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
納谷六朗フェルトン卿(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
銀河万丈ブロック(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
谷育子アイリン女王(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
成田剣アイノン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
牛山茂ギルバート(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
坂口哲夫フェルトン卿(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
鈴木弘子アイリン女王(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
斎藤志郎ブロック(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
原作パトリック・リード・ジョンソン(原案)
チャールズ・エドワード・ポーグ(原案)
脚本チャールズ・エドワード・ポーグ
音楽ランディ・エデルマン
撮影デヴィッド・エグビー
製作ラファエラ・デ・ラウレンティス
ユニバーサル・ピクチャーズ
ハーブ・ゲインズ(製作補)
製作総指揮パトリック・リード・ジョンソン
配給UIP
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
キット・ウェスト(特殊効果スーパーバイザー)
美術フィル・ティペット(ドラゴン・デザイン)
録音ビル・ヴァーニー
字幕翻訳戸田奈津子
あらすじ
10世紀のヨーロッパ。成長したアイノンは父以上の暴君となり、民衆を苦しませ続けた。そんな姿を見た騎士のボーエンは、ドラゴンが心臓の半分を与えたからだと思い込む。それに失望した彼は城を出て、ドラゴンを殺すことだけに執念を燃やすドラゴンスレイヤーとなった。しかし、そんなある日にボーエンは、人間の言葉で「なぜ我々を殺す」と語りかけたドラゴンに出会い意気投合する。そして両者は協定を結んだり・・。 その喋るドラゴンにはドレイコと名付けてやった。(声はショーン・コネリー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
65.少し古い映画なので、CGとか演出などは粗がありツッコミどころもあるが、
きちんとまとまっているので、トータル的に見ればまぁ観られる範囲。
展開のテンポもよく、飽きることはないかなと思う。
正義と悪がはっきりしてるので、わかりやすくて良い。
娯楽作の安定感。

中世の世界観と、剣と、ドラゴン。
オーソドックスなファンタジー好きにはおススメしたい。
Joe.Gさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2020-05-02 22:21:00)(良:1票)★《新規》★
64.《ネタバレ》  王道のファンタジー映画として、綺麗に纏まっていますね。
 何よりもドラゴンに存在感があって、彼が動き、喋り、飛ぶ姿を見ているだけでも楽しい。

 ただ、主人公の設定が「凄腕のドラゴンハンター」というわりに、全然凄みが感じられないというか、ハッキリ言うなら強く見えないせいで、今一つ没頭出来なかったように思えます。
 血生臭い発想ですが、彼がドレイコと出会う前の段階「凄腕のハンターとして各地のドラゴンを狩りまくる」話の方が面白くなるんじゃないか、なんてついつい考えてしまいました。

 ストーリーの流れとしては「ドレイコと組んで村人相手に詐欺行為を働くほどに堕落していた主人公が、本物の騎士になる」という形でカタルシスを生み出そうとしているのは分かるのですが、その「詐欺行為」のパートが非常に楽しそうで、あんまり悪事を働いているようには見えなかった辺りも残念。
 最後にドレイコが死ぬ自己犠牲展開になるのも、事前に「死んだら星座になりたい」と語られた通り、星座になってハッピーエンドというのが分かり切っており、完全に予定調和の内であるように思えて、ノリ切れませんでしたね。
 この辺りは「王道の魅力」と褒める事も「先が読める退屈な内容」と貶す事も出来そうな、難しい部分。
 そもそもドレイコが「心臓を分け与えて瀕死の王子を救う」理由が「善行を積めば死後に星座になれるから」というのだから、本作は非常に宗教的な話なのでしょうね。
 その辺りが、信仰心の薄い自分の心には響かなかったのかも。

 視覚的には十分に楽しめるし、キャラクター造形なども悪くない。
 ハッピーエンドなので後味も良い。
 色々と魅力的な要素は揃っているだけに、肌に合わない事が勿体無く思えた映画でした。
ゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2017-01-30 03:37:17)(良:1票)
63.《ネタバレ》  家族向けファンタジー映画の佳作…これが一般的な評価だと思います。しかし私にとっては、人生を変えてくれた映画です。
 出会いは偶然でした。たまたま買物帰りに、某映画館の入口にあったテレビで予告編が流れていました。手強いドラゴンに対し、主人公は「倒せるのはあなたしかいない」とヒロインから励まされ、戦いを挑む…という構成になっていました。暇つぶしに…と軽い気持ちで単身、映画館に入ったのです。上映が始まってすぐ、予告編は【編集によるマジック】であり、全く違う内容だと気づきました。しかし逆に感動しました。何故なら【理想を打ち砕かれ、自暴自棄になってニヤけたり、吐き捨てるような言動に走る主人公の姿】と【仕事の理想を見失ってひねくれていた自分】、そして【ドレイコとの出会いにより、再起する主人公の姿】と【理解ある上司との出会いにより、立ち直った自分】とが、重なって見えたからです。コミカルな演出でつなぎながら、締める場面はしっかり締める構成にも好感が持てました。上映後、近くの席にいた若者達も「怪獣への興味で見に来たが“映画”としてよく出来ていた」と言っていました。感じ入ったものは違っていたでしょうが、感動を分かち合えたように思いました。
 それから1年後…たまたまレンタルビデオで見ていると、実家から電話がかかってきました。お見合いを受けるか否かを確認する電話でした。電話の途中でちょうど【アーサー王の姿が浮かび上がった柱の前で、主人公が騎士の掟を誓い直す場面】に差しかかりました。私は「会うだけあってみよう。それが人としての誠意ではないか」と思い、主人公が誓うのと同時に、見合いを受けると伝えたのです。すると、柱の向こうから『よく言ったな!』と祝福するように、ドレイコが私をも見つめるように現れたように感じました。
 さて、見合いの結果ですが、これも運命の出会いと言いましょうか、話がとんとん拍子に進み、結婚し、現在があります。あれから20年近くが経ちました。最近、春休み用にTV放映されたので録画して観ました。我が子には「この映画が無ければ、お前は生まれていなかったんだよ」と伝えました…と、まあ、嘘のような本当のお話です。
 さて、採点ですが、一般的には良くて6~7点といったところでしょう。しかし当時の感動や不思議な巡り合わせの感覚をそのままに「鑑賞環境」は「映画館」とし10点を献上します。
せんべいさん [映画館(字幕)] 10点(2015-04-12 21:40:42)(良:1票)
62.《ネタバレ》 主役と思った奴がめちゃくちゃ悪人になったのにはおどろきであった。
pokobunさん [DVD(字幕)] 5点(2013-08-16 21:55:55)
61.《ネタバレ》 地味だなー。もっといっぱいドラゴン出てくればいいのに。
すべからさん [DVD(吹替)] 4点(2011-08-17 15:31:28)
60.《ネタバレ》 徳のある勇敢な騎士と、心優しいドラゴンが友情を結び、八百長試合で善良な村人たちからお金をまきあげる話ですね(笑)。とても面白かったです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2011-07-07 19:42:36)(良:1票)
59.ドラゴンの声が妙に甘い。たぶん前職で女を口説きすぎたからだ。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-02-20 13:53:24)(笑:1票)
58.《ネタバレ》 ファンタジーですねー ドラゴンのCGはよくできているなぁ 口の動きなんかホントちゃんとしゃべってる(感心)声はショーン・コネリーで、これまたよく雰囲気にあってて情感あふれてます。ストーリーはかなり直球(笑)ですが感動的なラストも○ 地味にいい映画だとオモイマス
Kanameさん [DVD(字幕)] 6点(2009-10-03 07:38:08)
57.《ネタバレ》 あ~、ドラゴンの声はショーン・コネリーだったんですかぁ。どおりでダンディで風格のある声色だなと思ったんですよ~。いやほんと、ハマり役といいますか、ああいう色っぽい声だからこそ、ドラゴンに人間臭さを付加し、愛着を持つ事が出来るんですよねぇ。ラストなんか、ドラゴンの魂が天に昇って星座が一同に集まり花火の様に散るシーンで、ベタだな~と思いながらもファンタジー映画やらではの魅力と醍醐味を堪能した次第でありました。
あろえりーなさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-10-30 01:12:11)
56.何といっても、ドラゴンの造形の見事さ、そしてCGによる動きが、実にスバラシイです。夕日をバックにした光景が、恥ずかしいくらいカッチョよい・・・。滅びゆく運命を受け入れたような達観したドラゴン、一方ではコメディタッチで子供向け丸出しのストーリー、その落差にはズッコケますが、これもまあ、特撮への自信があってこそのことでしょう(と好意的に受け止める)。デニス・クエイドが“真の騎士”ってのもウサン臭くてなかなか斬新。と思ったら中盤以降はこれまた実はコミカルな役回りでした。コバヤシも大活躍。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-08-15 10:34:54)
55.ショーン・コネリーの声が素晴らしかった。もう少し、話にワクワク感が欲しかったかな。本当の鑑賞環境はビデオ(字幕なし「原語」)。
ジャッカルの目さん [DVD(字幕なし「原語」)] 6点(2007-09-05 09:24:25)
54.《ネタバレ》 また、つまらないものを見てしまった・・・。ストーリーがとってつけたような流れであまりにも急すぎやしないだろうか。暴君である父親の死、その片鱗を見せる王子と教育する古の騎士、王子の不幸な死、ドラゴンによる復活、父親と同じような振る舞いをする王(王子)、心が悪くなったのはドラゴンのせいだ!とばかりにドラゴンスレイヤーになる騎士・・・・なんだろう。これ。ちっとも面白くないし、結末まで一直線です・・。中学生まで。
蝉丸さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2007-04-28 08:10:47)
53.面白ガジェット盛り沢山ですが、メインストーリーは凡庸な復讐劇。
カラバ侯爵さん [地上波(吹替)] 4点(2007-04-04 19:31:59)
52.ショーン・コネリーの声が、ドラゴンに似合い過ぎて笑えるほど。ストーリーは子供だましだが、その低音の声だけで映画が締まるんだから、やっぱりこのスコットランドのオヤジはスゲーな
永遠さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2004-12-29 08:23:44)
51.《ネタバレ》 鑑賞後の感想は物足りなくて欲求不満です。「凄み」をとことん排除して「きれい」にまとめ過ぎた。本当にもったいない...。ボーエンがドラゴンを殺し尽くした描写がないし、ドレイコとボーエンの和解だって素直すぎ。お互いにもっと恨みつらみがあるんじゃないのかな。(ドレイコが”大人”なのか)クライマックスもドレイコが王と刺し違えるとかボーエンが王の首をはねるなどの演出が欲しかった。CGドレイコの質感や飛翔感、雄大な自然シーンを楽しむ映画かな。とはいえ音楽、効果音は素晴らしいのでのめり込んでしまうのは確か。DVDでの鑑賞ですが、字幕の訳の出来がよくない上に見事に映像の邪魔をしている所が一か所あり。吹き替えが素晴らしいのが救い。
リンさん [DVD(字幕)] 5点(2004-12-29 00:46:58)
50.《ネタバレ》 オレとしてはアイノン王子(=デビッド・シューリス)を殺す為にドレイコを犠牲にさせたことに納得いかない。そんなラストにするんやったらいっそボーエン(=デニス・クエイド)に「不死身でもどうしようもなくなるぐらい全身をバラバラにしてやるぜ」ぐらいのことをやらせてほしかった。
やはりこのラストに納得いかないのはアイノンに直接鉄槌を下せなかったからという事もあるんだろう。ドレイコの命の代償にアイノンの命ってのはやっぱつりあわん。
しかしこの王子、最初っから最後まで見るに堪えん。悪すぎて。
映像としてはこの時期のものとしては格段に良いですね。無論ドレイコのCGのみでなく、部分部分ではロード・オブ・ザ・リング並みの背景が出てきたりして、観ていてとても気持ちよかったすね☆戦闘シーンも楽しめるものがあったし上々の出来だったと思います。
が、やはりドレイコの死には納得できずマイナス1点の、合計6点ということで。
TANTOさん 6点(2004-08-18 09:47:32)
49.DVDにて鑑賞。落ちぶれ騎士ボーエンがドレイコの後押しを経て再び騎士道精神を取り戻す場面が良かった。S.コネリーは声だけでも“色気”があって良いなー。サラウンド効果でドレイコがあたかも自分の周りを飛んでいるように感じられるのもスゴイ!ラストは泣かせるが、ただ悲しいだけではなく、代償としての“希望”を感じさせるものになり爽やかな後味を残します。観て損なし。
いわぞーさん 8点(2004-07-19 22:54:52)
48.竜をドラゴンと翻訳してほしくないですね。竜→RYUであってDRAGON→オオトカゲで充分です。 この作品ってその”竜”を東洋と西洋ではこうも価値観が違うのかということを教えてくれる。東洋ではもっと神秘的で”殺す”という概念は無いはずだけど、この作品では絶滅させようとしてますからね。また似ても無い題名で「ライオンハート」というヴァンダム主演の作品がありますがこれは絶対お勧めしません。
tetsu78さん 5点(2004-07-16 23:40:29)
47.中二の時単純に娯楽として見れた記憶が・・・
ムートさん 6点(2004-07-11 06:03:51)
46.西洋人はドラゴンが大好きだ。キリスト教的価値観の下、悪魔的存在に変わってしまってもファンタジー作品の「敵役」としては絶大だ。かつては悪魔ではなく、むしろ単なる小悪党であったり、逆に神の遣い的な要素が強かった彼らへの、無意識のうちの罪悪感がそうさせるのか。そこで出てきたのがこの「ドラゴンハート」、実は元ネタと思われるゲルマンの伝承がある。小悪党が財宝を守るためにドラゴンに姿を変えた。だからかそのドラゴンは凶悪というよりどことなく愛嬌があり、心臓を食べると生き物の言葉が分かるという特徴もあった。これが後に「ニーベルンゲンの指輪」となり、この「ドラゴンハート」にも繋がった。それまでの倒されるために存在するドラゴンとは違い、善なる存在、というよりは善悪を併せ持ち、人間を上回る叡智を持つ存在(「人類がまだ幼かった頃・・・」の話が象徴的)として描かれている。21世紀が目前となった時にこの映画が作られたのは決して偶然ではあるまい。まずは価値観の変化。キリスト教的価値観が以前ほど絶対的ではなくなり多様な価値観を認めるようになり、ファンタジーやSF小説では善のドラゴンも登場するようになった。そしてCGという技術革新は、操演では不可能だった複雑な動きを可能にした。この二つの変化が、人語を話し、叡智と愛嬌を併せ持ったドレイコを誕生させたといっても過言ではない。長々と書かせていただいたが、映画の出来以上にこのドレイコががまさに「現代」を象徴する存在であり、またキリスト教以前の原点に回帰した古くて新しいドラゴンとして稀有な魅力を持つドラゴンだと思っているからである。姿を見せず声だけのショーン・コネリーはこのドレイコがまさにはまり役で、その存在感と愛嬌がドレイコにも反映され、私などはだんだんドレイコの顔がコネリー自身に見えたほどだ。映画そのものはいい意味でラウレンティス一家らしい出来で、英雄箪にコミカルな要素を加えて飽きさせない(どこか間の抜けたピート・ポスルスウェイトがいい)。ラストシーンは感動のほかに、父ディノが製作した「フラッシュ・ゴードン」を思わせる演出もあって憎らしい。いろいろな意味で楽しめるお得な作品。
合言葉は埜波と軍曹/埜波(のなみ)さん 9点(2004-06-23 22:43:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 65人
平均点数 6.54点
000.00%
123.08%
223.08%
346.15%
469.23%
5913.85%
61015.38%
746.15%
81116.92%
9812.31%
10913.85%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.42点 Review7人
2 ストーリー評価 6.44点 Review9人
3 鑑賞後の後味 5.77点 Review9人
4 音楽評価 6.83点 Review6人
5 感泣評価 5.87点 Review8人
chart

【アカデミー賞 情報】

1996年 69回
視覚効果賞フィル・ティペット候補(ノミネート) 
視覚効果賞キット・ウェスト候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS