L.A.コンフィデンシャルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > L.A.コンフィデンシャル
 > (レビュー・クチコミ)

L.A.コンフィデンシャル

[エルエーコンフィデンシャル]
L.A. Confidential
1997年【米】 上映時間:138分
平均点:7.45 / 10(Review 339人) (点数分布表示)
公開開始日(1998-07-18)
ドラマサスペンス犯罪ものミステリー刑事もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-02-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督カーティス・ハンソン
キャストケヴィン・スペイシー(男優)ジャック・ビンセンス
ラッセル・クロウ(男優)バド・ホワイト
ガイ・ピアース(男優)エド・エクスリー
ジェームズ・クロムウェル(男優)ダドリー・スミス
キム・ベイシンガー(女優)リン・ブラッケン
デヴィッド・ストラザーン(男優)ピアス・パチェット
ダニー・デヴィート(男優)シド・ハジェンス
グレアム・ベッケル(男優)ディック・ステンスランド
ポール・ギルフォイル[1949年生](男優)ハリス・”ミッキー”・コーエン
ロン・リフキン(男優)検事 エリス・ロウ
マット・マッコイ(男優)ブレット・チェイス
パオロ・セガンティ(男優)パチェットの用心棒 ジョニー・ストンパナート
アンバー・スミス(女優)娼婦 スーザン・レファーツ
サイモン・ベイカー(男優)若手男優 マット・レノルズ
トーマス・ロサレス・Jr(男優)メキシコ人
ノーマン・ハウエル(男優)警官
トマス・アラナ(男優)刑事 マイケル・ブルーニング
ジム・メッツラー(男優)市議
ブレンダ・バーキ(女優)女優 ラナ・ターナー
ジミー・オルテガ(男優)メキシコ人(ノンクレジット)
田中秀幸ジャック・ビンセンス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
菅生隆之バド・ホワイト(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宮本充エド・エクスリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
有川博ダドリー・スミス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
高島雅羅リン・ブラッケン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
永井一郎シド・ハジェンス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
菅原正志ディック・ステンスランド(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小島敏彦ピアス・パチェット(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山野史人検事 エリス・ロウ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大木民夫(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
斎藤昌(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
仲野裕(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
江原正士ジャック・ビンセンス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
山野井仁バド・ホワイト(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
藤原啓治エド・エクスリー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
青野武シド・ハジェンス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
塩屋浩三ディック・ステンスランド(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小川真司〔声優・男優〕ピアス・パチェット(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
石森達幸検事 エリス・ロウ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
富田耕生(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
中田和宏(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
片岡富枝(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大山高男(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
出演デボラ・カーHerself(アーカイヴ映像/ノンクレジット)
ヴァージニア・メイヨHerself(アーカイヴ映像/ノンクレジット)
マリリン・モンローHerself(アーカイヴ映像/ノンクレジット)
ジェーン・ラッセルHerself(アーカイヴ映像/ノンクレジット)
フランク・シナトラHimself(アーカイヴ映像/ノンクレジット)
原作ジェームズ・エルロイ「L.A.コンフィデンシャル」(文藝春秋社)
脚本ブライアン・ヘルゲランド
カーティス・ハンソン
音楽ジェリー・ゴールドスミス
作詞サミー・カーン〔音楽〕"The Christmas Blues"
ジョニー・マーサー"Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive"他1曲
アイラ・ガーシュウィン"But Not for Me"
ロレンツ・ハート"The Lady Is A Tramp"
コール・ポーター挿入歌"Looking At You"
作曲ジョージ・ガーシュウィン挿入歌"But Not For Me"
コール・ポーター挿入歌"Looking At You"
編曲アレクサンダー・カレッジ(ノンクレジット)
アーサー・モートン〔編曲〕(ノンクレジット)
挿入曲ビング・クロスビー"Mele Kalikimka"
ベティ・ハットン"Hit the Road to Dreamland"
ジョニー・マーサー"Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive"
ディーン・マーティン"The Christmas Blues"他1曲
ジャッキー・グリーソン"But Not For Me"
撮影ダンテ・スピノッティ
ジェームズ・ミューロー(カメラ・オペレーター)
製作カーティス・ハンソン
アーノン・ミルチャン
マイケル・G・ネイサンソン
ブライアン・ヘルゲランド(共同製作)
ワーナー・ブラザース
製作総指揮ダン・コルスラッド
配給日本ヘラルド
美術ジャニーン・オッペウォール(プロダクション・デザイン)
衣装ルース・マイヤーズ[衣装]
編集ピーター・ホネス
録音アンディ・ネルソン[録音]
字幕翻訳林完治
スタントリック・エイヴリー
ジミー・オルテガ
ジョーイ・ボックス
ボブ・ヘロン
あらすじ
1953年のLA。カフェで6人の男女が惨殺された。ロス市警は捜査を開始。捜査の鍵を握るのは謎の女リン(キム・ベイシンガー)。彼女を追う警察官はトラウマを抱える熱血漢バド(ラッセルクロウ)と野心家エド警部補(ガイ・ピアース)、もう1人は曲者ヴインセンズ(ケヴィン・スペイシー)、役者は揃っている。しかし事件は思わぬ展開に・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
339.《ネタバレ》 絶妙な配役。
荒くれ者のラッセル・クロウと切れ者のガイ・ピアーズ、二枚目だけど三枚目のケビン・スペイシー。そして善人にしか見えない悪党のジェームズ・クロムェル。
ヒロインは、包容力に溢れたキム・ベイシンガー。
仲の悪い二人が手を組むところは、何度観てもスカッとする展開。
ストーリーに無駄が無く、娯楽映画としてまさに申し分のない傑作。
roadster316さん [インターネット(字幕)] 9点(2019-03-21 14:31:26)★《新規》★
338.《ネタバレ》 久々の鑑賞。のっぽの親玉が黒幕だと分かっているのに、初見より引き込まれてしまうのは何故なのか。うわべやキレイごとなんかクソ喰らえのバド、最後にムカつく諸悪の根源を背後から撃ち殺すエド、爽快感抜群の映画です。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2018-04-21 00:00:57)
337.良く出来た作品だということは十分に伝わる。でも、かなり真面目に観ないと話の筋や登場人物が分かりにくい。
もう一度観たら点数上がるのは間違いないと思うが、当面は観ないかな。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-04-15 19:13:04)
336.《ネタバレ》 原作小説の愛読者としては、この映画版は非常に罪作りな作品だと感じる。

エルロイの複雑極まりない原作を非常に手際よくまとめ、王道かつ一級品のエンタメ作品に仕上がっている。しかし、点数としては7点。
なぜなのか。これは原作が映画以上に良過ぎるから、の一言に尽きる。

原作小説は映画版を超えるスケール(事件の規模・事件解決までの年数、伏線の数々)で展開され、
しかも4部作中の3作目であるため、4部作通じて読む事で判ってくる本作の楽しさや面白みもあるのだ。
原作冒頭における衝撃の幕開け、黒幕の犯行のえげつなさ(映画の比でないくらいに”ダドリー!!!”と咆哮する事間違いなし)、そこからの怒涛の伏線回収と犯人との血みどろの対決。

映画版にはない複雑さ、えげつなさ、ミステリーとしての鮮やか過ぎる展開が原作には盛りだくさんで、とにかく熱い、熱過ぎる小説なのだ。

映画版を先に観てしまうと、原作を読む事で得られる楽しさや感動が減ってしまう。
原作を読んだ後でこの映画版を見ると、やはりスケールダウンした感じがあって物足りない。

そういう意味で本作は非常に罪作りな映画だなと感じる次第である。
興味を持った方はぜひ原作4部作も挑戦してほしい。
nakashiさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2018-03-25 16:05:57)
335.2〜3度、見返した方が理解が深くなっていいかも。
ただ惜しむらくは、ヒロイン役がとっくにとうのたったキム・ベイシンガーだったこと。
魔性の女役としては個人的にはイマイチでした。
プラネットさん [インターネット(字幕)] 7点(2017-08-06 21:36:21)
334.映像演出、俳優のパーソナリティ、ストーリーの難解さと面白さ。どれをとっても高いレベルで、アメリカ映画らしい面白さがたくさん詰まっている作品だと思います。
しかし人物把握に難しい部分があるので、最初から集中してみる必要があると思います(改めて見てみたら、人物紹介するための演出があって、とても丁寧に作った力作だと感じます)。
夢中で見られて、あっという間に終わる映画でした。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-08-02 12:55:27)
333.《ネタバレ》 主役の3人の個性がそれぞれ光り、非常にカッコいい。シナリオも伏線が多いがよく練り込まれてて、面白い。最後はみんな居なくなり、エド1人が出世してしまうのも、ロスの世直し所長への第一歩なのだろう。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 9点(2016-11-27 22:52:48)
332.エンタメ性が高くて面白い。主人公格の人物が3人もいたらグダグダになりそうなものだけど、脚本が優れているのかまったくグダらない。彼らの演技は申し分ないし、展開も軽妙かつスリリングで引き込まれる。エドとバドの物語も愉快で楽しい。楽しい映画を見たいと思った時のベストチョイスだと思う。
カニばさみさん [インターネット(字幕)] 8点(2016-02-22 10:28:20)
331.《ネタバレ》 原作小説は貸出時間切れで途中で投げ出してしまったが、映画版の大胆な脚色でこの完成度の高さと濃厚さは稀なケースではないか。それだけこの映画は素晴らしい。暗く血生臭い内容であるにも関わらず、爽やかな後味を残す。巨悪を追うタイプの違う三人の刑事は決して潔癖ではないが、それぞれの信念と正義を持ち、そして人間臭い。だからこそ、一つ一つの台詞が伏線となって、鮮やかに決まったときのカタルシスに打ち震える。特に「ロロ・トマシ」と「更生のない悪人を背後から撃つことが出来るか」には痺れた。カッコいい。これに作品賞と監督賞をあげないとは、アカデミー賞最大の汚点として恥じるべきだろう。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 9点(2015-12-31 01:32:43)
330.《ネタバレ》 良作です。巧みな脚本で中盤に事件が解決したかと思えば終盤までの展開はグイグイと引っ張られた。
まさか最後はバドとエドが手を組むとは中盤までは思いもしなかった。
個人的にはケビンスペイシーの役割・ポジションに惹かれた。汚職には多少染めてた小悪さも持ちながら独自の正義感を持ちかっこいい。まさかで死んじゃうけど。
Mighty Guardさん [地上波(字幕)] 7点(2015-12-27 20:48:18)
329.《ネタバレ》 ダーティーな傑作ミステリ刑事ドラマでした。
部署内のドロドロした腐敗がリアルに描かれていて面白かったです。
組織内に蔓延した腐敗は変えられるものではないですが、前向きに妥協しているので深いです。
タイプの違う主役がそれぞれ男らしくて面白かったです。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 8点(2015-11-17 21:54:53)
328.《ネタバレ》 登場人物が多く話の内容が複雑で、もう一度改めて見たい作品。1950年代のノスタルジックな雰囲気が再現され、警察による手段を問わないやり方(もちろんすべてが全てではないが)を映し出しているところは好感が持てた。黒幕が一般人(黒人3名)ではなく、警察の上層部にいるという展開はこのような警察を描いた作品においては珍しくなく、今回のダドリー・スミス警部が事件に関係していることも推測は難しくはない。しかし、多くの犠牲者が出るので、黒幕の冷徹さが必要十分に表現されていたのはよかった。ジャック、バド、エクスリーの3人の刑事のそれぞれの異なったパーソナリティーが丁寧に描かれているので、事件の捜査過程といっしょに楽しめる。
カジノ愛さん [DVD(字幕)] 6点(2015-10-11 16:19:18)
327.《ネタバレ》  とても豪華な出演陣。エンターテイメント作品としての完成度が非常に高いです。ジャック・ビンセンス、バド・ホワイト、エド・エクスリー、それぞれのカラーがあり、それぞれの信念に基づいて行動するのが熱いですね。まるで『現代版三銃士』のような趣があります。
 また、今作はいろいろ注文をつけがちな作品にも関わらず、『じゃあ面白くなかったのか?』と聞かれると、『めちゃくちゃ面白かった』と思えてしまう不思議な作品です。とにかく勢いがあります。
 本作の主人公はやはりエドでしょうか。彼は『三銃士』でいうところのダルタニアンっぽいです。信念が最初からぶれておらず、本作で最も成長を遂げる人物。『出世の虫』と劇中言われていましたが、どちらかと言えば自分の正義を具現化・体言化するために、出世を利用していると感じます。清濁併せ呑む覚悟があるのでしょう。ですからエドだけは、その信念・正義においては終始一貫していたのではないでしょうか。
 そしてエドの迷わない、ある意味『若く青く純粋な正義感』に、ジャックとバドが警官を志した頃の自分を思い出し、エドに協力していくのは胸がアツくなります。
 ストーリー的には、もっと大ドンデン返し、もしくはもっと衝撃的なミステリーを期待してしまったので、単純なヘロイン絡みのイザコザだったのは期待はずれでした。ダドリーが怪しいのは誰の目にも明らかで、別に驚きもしません。
 本作は、『出題された問題』は面白かったのに、『答え合わせ』してみると、『なんだ、そんなことか』って、大したことない真相にちょっとがっかりしちゃう感じですね。
たきたてさん [DVD(字幕)] 8点(2015-02-17 14:36:06)
326.荒っぽい捜査でやたら銃をぶっ放す映画は私が最も嫌いとするところ、おもしろくなかったら代金はお返ししますの宣伝文句につられて見たのだがおもしろくなかった。役者は皆顔なじみだったが、役名が最後まで覚えきれなかった。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 2点(2014-10-18 21:30:34)
325.《ネタバレ》 モーテルで殺されていた若い俳優志望の検死にて「胃に◯◯が残っていた」はちょっとリアルすぎやしないかい?
la_spagnaさん [DVD(字幕)] 7点(2014-10-08 21:19:58)
324.90年代はそれなりに面白いと思ったけれど、今みると案外普通の映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 8点(2014-09-02 00:59:57)
323.《ネタバレ》 「新しいフィルム・ノワールの傑作」と聞いて飛びついたが、まさかこんなキャラ映画だとは思わなんだ。
うーん、ヒロインに魅力が感じられない。元ネタの一つとされるフリッツ・ラングの「ビッグ・ヒート/復讐は俺に任せろ」を見れば一目瞭然だ。この映画のヒロインに「ビッグ・ヒート」のグロリア・グレアムのようなファム・ファタールとしての魅力は皆無。女がほとんど出ないフレンチ・ノワールならともかく、こう女ばかり出てくるのに女に魅力が無いだなんて致命的だぜ。フィルム・ノワールとしては0点。でも、普通の犯罪映画として見れば充分すぎるほど良い映画だと思う。
でも登場人物が多すぎんだよ!誰が誰だが解んねえよ!!整理するか大量に間引く(ログアウトさせる)かどっちかにしろや!!!
余計な奴が多すぎる。モブでいいだろあんなの・・・エドにバドにバズっざけんなゴラアアアッ!!!!・・・・・・・・なんて思いながら楽しんで見てしまおう。
姿形は似ていようとも、奴らの見せる表情と魂はまったく違う。
かつてフィルム・ノワールの祖となった偉大なる作品「暗黒街の顔役」やフィルム・ノワール「三つ数えろ」においてもそれは言える。
同じようなスーツに身を包んだ悪党ども、
「偽善」を吐くゴミ野郎どもを次々から次へと地獄に送りまくる最高の“悪”アンチ・ヒーローたち、
記憶に焼き付ける間もなく忘れ去られ散っていく人々の残像。それは群像劇として一瞬の輝きを帯び、とても魅力的に思えてくる。
次から次へとスリリングな展開が続くハラハラドキドキなストーリー。
生と死は光と闇。ケビンの壮絶な生き様と死に様は正に光と闇だ。

ただ、話が余りに複雑すぎる。これはもう一度見ないと真の面白さは味わえないだろう。みれば見るほど病み付きになるタイプだとは思うが。
それに「フィルム・ノワール」ってほど曖昧な感じはしない。でも、俺にはかなり面白かった。「パルプ・フィクション」みたいな映画が好きな人にはオススメ。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 8点(2014-01-29 23:17:47)
322.なかなか面白かった作品でした。ストーリーが破綻してないどころか、キャスティングとうまく溶け込んで面白い。バランス良く作り込まれ、素直に観ることができますね。二転三転のストーリーや、強烈などんでん返しで刺激の欲しい方にはものたりないかな。
minさん [DVD(字幕)] 8点(2013-08-21 22:08:07)
321.《ネタバレ》 本作で一番面白かったのは何と言ってもキャスティング。特に物語の核となる三人の刑事達のキャストは完璧ですね。頭はキレるし正義感もあるんだけれど生意気な新米刑事にガイ・ピアース、しょっちゅう暴れ回る暴力刑事に私生活でも暴れ回ってるラッセル・クロウ、TV業界への露出が多い曲者刑事にケヴィン・スペイシー。彼らは本当に役にピッタリ嵌ってた。
ストーリーは腐敗した警察で巻き起こる内部抗争ですが、主人公が実質三人もいる上に、それぞれの性格が全く異なっている上に、誰の視点から描かれている訳でもないので、話がどう転んでいくか予想のつかないサスペンスが連続するという凝った作りになっています。
ただ50年代のロスを描いたにしては、画面があまりに綺麗に写りすぎている気もしました。いかにも現代で当時を再現しましたって思ってしまいましたが、その辺りはどうなんでしょうね。
民朗さん [地上波(字幕)] 7点(2013-05-19 23:41:39)(良:1票)
320.《ネタバレ》 ロス市警の暗部に迫り刑事のあるべき姿を表現した王道刑事サスペンス。人物相関と呼び名が複雑で前半は四苦八苦でしたが、反発する二人の刑事が分かり合いタッグを組んでからの展開には引き込まれました。黒幕は意外と身近に。喧嘩シーンや戦闘場面は白熱。熱血刑事をラッセル・クロウ、若き野心家刑事をガイ・ピアース、曲者で殉職した刑事をケヴィン・スペイシーがそれぞれ熱演。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2013-02-02 23:28:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 339人
平均点数 7.45点
010.29%
100.00%
220.59%
330.88%
4144.13%
5175.01%
64513.27%
78224.19%
88424.78%
95616.52%
103510.32%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.46点 Review13人
2 ストーリー評価 7.66点 Review21人
3 鑑賞後の後味 6.80点 Review20人
4 音楽評価 6.13点 Review15人
5 感泣評価 4.42点 Review14人
chart

【アカデミー賞 情報】

1997年 70回
作品賞 候補(ノミネート) 
助演女優賞キム・ベイシンガー受賞 
監督賞カーティス・ハンソン候補(ノミネート) 
撮影賞ダンテ・スピノッティ候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)ジェリー・ゴールドスミス候補(ノミネート) 
音響賞アンディ・ネルソン[録音]候補(ノミネート) 
美術賞ジャニーン・オッペウォール候補(ノミネート) 
脚色賞カーティス・ハンソン受賞 
脚色賞ブライアン・ヘルゲランド受賞 
編集賞ピーター・ホネス候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1997年 55回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
助演女優賞キム・ベイシンガー受賞 
監督賞カーティス・ハンソン候補(ノミネート) 
脚本賞ブライアン・ヘルゲランド候補(ノミネート) 
脚本賞カーティス・ハンソン候補(ノミネート) 
作曲賞ジェリー・ゴールドスミス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS