歌え!ロレッタ 愛のためにのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > 歌え!ロレッタ 愛のために
 > (レビュー・クチコミ)

歌え!ロレッタ 愛のために

[ウタエロレッタアイノタメニ]
Coal Miner's Daughter
1980年【米】 上映時間:121分
平均点:7.72 / 10(Review 32人) (点数分布表示)
公開開始日(1981-06-06)
ドラマ音楽もの伝記もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-02-27)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイケル・アプテッド
助監督ダン・コルスラッド
キャストシシー・スペイセク(女優)ロレッタ
トミー・リー・ジョーンズ(男優)ドゥーリトル・リン
ビヴァリー・ダンジェロ(女優)パッツィ・クライン
ウィリアム・サンダーソン(男優)リー・ドラーハイド
リヴォン・ヘルム(男優)テッド
脚本トーマス・リックマン
撮影ラルフ・D・ボード
マイケル・ストーン〔撮影〕(カメラ・オペレーター)
製作ユニバーサル・ピクチャーズ
配給CIC
美術ジョン・W・コルソ(プロダクション・デザイン)
ジョン・M・ドワイヤー(セット)
衣装ジョー・I・トンプキンス
編集アーサー・シュミット
録音リチャード・ポートマン
字幕翻訳金田文夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
32.ロレッタを演じるシシー・スペイセクには文句の付けようがないが、時には強引に売り込み、時にはそっと見守るドゥーリトルのトミー・リー・ジョーンズが良い。いや見直してしまった。
ESPERANZAさん [映画館(字幕)] 8点(2012-05-02 21:25:08)(良:1票)
31.トミー・リー・ジョーンズが可愛い。もう少しロレッタの苦悩を描いて欲しかった。
akilaさん [DVD(字幕)] 6点(2011-06-19 12:00:21)
30.シシー・スペイセクはエイジレスで不思議な女優さん。 「キャリー」は26才、これは30才にして13才の幼な妻、ビヴァリー・ダンジェロとともに歌も聴かせる。 歌手ロレッタを生みだした夫トミー・リー・ジョーンズの粗野なようでいて抑制のきいた繊細な演技もよく、結婚早々父との約束を破り妻に手を上げてしまった時は「あ、やっちまった・・・」のがよくでていた。 山アリ谷アリの夫婦愛はベタな邦題とはウラハラに淡々としたシーンの積み重ねで画も美しく、冒頭のヤマの情景は味がある。 ツアーバスの正面に掲げられたCOALMINER(炭鉱夫)のプレートは早すぎる巣立ちを惜しんだ父への愛情と誇りが感じられて。 カントリー・ミュージックは得意ではないけれど、ロレッタ・リンの人生は実りあるもの。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-06-04 07:00:07)(良:1票)
29. シシー・スペイセクとトミー・リージョーンズが、これほど素晴らしい作品出演しているとは知りませんでした。
 シシーの父親との約束を簡単に破って、ロレッタを殴ってしまうトミーですが、最後まで、ロレッタに対する愛を貫き通すところに胸が熱くなるテーマを感じさせます。。
 これが「映画」なんです。ドラマなんです!
 カントリーミュージックが浸透していない日本で、私は最近、アリスン・クラウスとういう歌手を知ることが出来ました。
 一昨年、レッド・ツェッペリンのロバートプラントとコンピレーションアルバムをリリースして、アルバム・オブ・ジ・イヤー・グラミーを獲得したので参考までに聞いてみてください。
 ところで、シシーは何故歌手活動に転向しなかったのだろう。
 映画で歌うシシーは、プロの歌手そのものです。シシー本人が歌っています
 シシー・スペイセクといえば、「キャリー」が有名ですが、本作を観賞して、見方を変えていただけると嬉しいです。
 因みに、本作のモデルとなったロレッタ・リン。HPを見ると、まだ健在なんですね。それに映画のシシーと雰囲気もそっくり。
 ロレッタからの制約もあったのでしょう。レイ・チャールズのような悲惨なシーンは少ないですが、タイトルがダサいけど、見る価値「大」の傑作です。
クロエさん [DVD(字幕)] 10点(2010-05-28 05:28:48)
28.感動モノです。ラストの歌で涙が止まりませんでした。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2010-05-01 11:16:42)
27.《ネタバレ》 ロレッタのおやっさんがいい。どこかで見たことあると思ったら、ザ・バンドのレヴォン・ヘルムだった!なんだかうれしい。カントリーミュージックの映画にふさわしい配役だ。主役二人ももちろん最高。若い頃のトミー・リー、いいな。荒っぽくも妻への愛にあふれた夫を好演している。ロレッタがビッグになるにつれて夫として、男としてメンツをなくしていく中盤は、ひたすら彼に同情した。ラジオ局遠征あたりが二人とも一番幸せそう。ところどころダレたのが残念。もうちょっとコンパクトでテンポよかったら、もっと好きになった映画かも。
ジェイムズ・ギャッツさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-04-30 16:12:46)
26.《ネタバレ》 とにかく一度観てください、シシー・スペイセクの歌の上手いことにびっくりしますから。カントリーは日本では一番なじみがないジャンルですが、ロレッタ・リンは美空ひばり、カントリーは演歌だと思えば判りやすいかも。シシー・スペイセクは13歳のロレッタまで演じていますが、不思議と違和感がないんです。またトミー・リーがいい味出しているのですよ、髪の色が金髪っぽいので始めは彼とは気づきませんでしたが。お舅さんとの約束を簡単に破るところなぞキレまくるいつものトミー・リーかと思いきや、これが奥さんを深く愛してマネージャーに徹するいいキャラでした。
S&Sさん [DVD(字幕)] 7点(2010-01-09 20:49:57)
25.カントリーミュージックもさることながら、その土壌となるアメリカンカントリーの雰囲気が楽しめてかなり満足です。トミー・リー・ジョーンズもなかなかの好演です。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 7点(2009-06-12 23:08:16)
24.《ネタバレ》 洋楽は好きですが、カントリーは全く聞かないのでロレッタ・リンという名前も知りませんでしたが、この作品はなかなか良かったです。10台半ば位からの年齢を一人で演じ、観ている者にそれ程の違和感を感じさせないシシー・スペイセクの演技が見事でした。歌もシシー本人が歌っていて、この歌もまた良かったです。トミー・リー演じる夫と時には喧嘩する事もありましたが、この夫婦の描写も微笑ましく、鑑賞後の後味もとてもいい作品でした。
とらやさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2008-12-28 23:49:30)
23.シシーのカントリーはすごくよかった。オスカーも納得。またトミーリーの内助の功も素晴らしく二人の間には間違いなく愛があるのが感じ取れた。邦題があまりよくないんだけど人に勧められる1本。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 8点(2008-07-20 19:00:05)
22.《ネタバレ》 13歳のロレッタと結婚した上、すぐに孕ませるなんて相当なロリコンですね。しかもそれが、ボスのおじさんだからちょっと引いてしまいました。今でもマサチューセッツでは女性は12歳から結婚できるんですね、ちょっと信じられません(ちなみに現在 ケンタッキーでは18歳から みたいです)。
シシー・スペイセクは幅広い年齢を演じ分け 歌唱力も素晴らしく、とても良かったです。(ホラー映画「キャリー」の主演だったんですね。気づきませんでした...)
くろゆりさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-02-15 12:53:51)
21.カントリーソングというのは私にはあまり馴染みのないジャンルですが、シシー・スペイシクの歌声には惚れました。ハスキーでありながら深みのあるいい声をしてますね。本業の歌手じゃなくてここまで歌えるのは凄いです。話としてはよくあるサクセスストーリーですが、テンポもよく、夫も嫌な奴かと思いきや意外と憎めない奴で、最後まで楽しめました。何より、古き良きアメリカの雰囲気が良かったですね。
(^o^)y-~~~さん [DVD(字幕)] 8点(2007-02-25 01:40:11)
20.まずは、満点つけている方へ、申し訳ありませんです。けして、悪い作品とは思わないし、良い映画ではあると思うものの、あまりにも期待が高かったせいか?それなりに楽しめた程度で大きな感動はなかったです。既に書かれている方もいるけど、トミーリー・ジョーンズのあの態度、ロレッタのお父さんとの約束を簡単に破る態度はどうにもこうにも許しがたいものが感じられてしまいました。
青観さん [DVD(字幕)] 6点(2006-10-08 10:16:55)
19.《ネタバレ》 シシー・スペイセクの圧倒的名演はいうまでもないが、それを丹念に受け止めてみせたトミー・リー・ジョーンズも称賛されるべきだと思う。映画中のロレッタ・リンと同じく、彼の助けなしではここまでのレベルには到達しなかっただろう。ラブラブなだけでも険悪でもない、笑いも涙も喧嘩もあるごく普通の夫婦のあり方を、絶妙なバランス配分で見せているところが良い。エンディングのメドレーにもびっくりした。
Oliasさん [DVD(字幕)] 7点(2006-07-25 01:29:19)(良:1票)
18.《ネタバレ》 「この惑星の住人はイチキュッパが大好きだ」というCMが世の主婦から反感を買う、はずの宇宙人ジョーンズさんなんですが、、やられたー、、やっぱり言うだけのことあり、、本作では地球人の(←当たり前)ジョーンズさんが、あるとき上手な買い物をするおかげで奥さんが成功する、というお話。しつこさもクサもなく、何度観ても気持ちよく感動できる伝記物語だと思います。夫婦でキャンペーンしてるときのH(映りません。笑)とか、二人の欠点さえも愛おしいほど微笑ましい。パッツィ(美人で歌うまいっ!)とのほっとするやりとりから事態が変わるシーン、それからシシー・スペイセクの文字が出てエンディングに移っていくシーン、この鮮やかさがいつまでも残り続けています。
かーすけさん [DVD(字幕)] 8点(2006-07-11 01:30:20)
17.ドゥー  って呼ばれてるトミーリージョーンズがかわいかった。シシーの歌も素敵でサントラ欲しいと思いました!
junneisanさん [DVD(字幕)] 8点(2006-03-10 14:43:08)
16.ご主人、約束破るの早かったな~。
ケンジさん [DVD(字幕)] 8点(2005-11-15 20:52:08)
15.これは良い!!
ゆきむらさん [ビデオ(字幕)] 8点(2005-06-26 21:37:49)
14.カントリーはどれも同じようだけど、シシーの声を聞いているだけで心地よくなれた。すばらしい歌声だと思う。そして、(14歳以外の)すべての年齢のロレッタをナチュラルにこなせる演技力もすばらしい。実在の人物を演じるときは、みな気合が入るのかもしれない。また、トミーリージョーンズもなかなか泣かせる。実際はどうだったか分からないけど、いい夫婦だとしみじみ思った。
ぷりんぐるしゅさん [DVD(字幕)] 8点(2005-06-02 23:12:52)
13.カントリーに別に興味があるわけではないし,ロレッタ・リンという人にも興味はなかったのですが,タイトルは結構有名だったので観てみました.ああゆう旦那の立場を経験したことがないので,よくわかりませんが,私だったら,奥さんがあれだけ稼ぎまくってくれれば,三歩後から,「専業主夫」として一生ついていきたいと思います.本人が歌っていたとは思わなかったので+1点.それと,内容はだいぶ違いますが,歌手になるために頑張る女の子の映画としては「マイ・ソング」もお薦めです.
マー君さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-05-04 10:21:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 32人
平均点数 7.72点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
639.38%
71237.50%
81134.38%
939.38%
1039.38%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review4人
2 ストーリー評価 3.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.33点 Review3人
4 音楽評価 8.00点 Review3人
5 感泣評価 5.33点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

1980年 53回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演女優賞シシー・スペイセク受賞 
撮影賞ラルフ・D・ボード候補(ノミネート) 
音響賞リチャード・ポートマン候補(ノミネート) 
美術賞ジョン・W・コルソ候補(ノミネート)美術
美術賞ジョン・M・ドワイヤー候補(ノミネート)装置
脚色賞トーマス・リックマン候補(ノミネート) 
編集賞アーサー・シュミット候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1980年 38回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 受賞 
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)シシー・スペイセク受賞 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)トミー・リー・ジョーンズ候補(ノミネート) 
助演女優賞ビヴァリー・ダンジェロ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS