メル・ブルックスの大脱走のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > メ行
 > メル・ブルックスの大脱走
 > (レビュー・クチコミ)

メル・ブルックスの大脱走

[メルブルックスノダイダッソウ]
To Be or Not to Be
1983年【米】 上映時間:108分
平均点:8.22 / 10(Review 23人) (点数分布表示)
公開開始日(1984-05-09)
アクションコメディ戦争ものリメイク
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-01-07)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アラン・ジョンソン
キャストメル・ブルックス(男優)フレデリック・ブロンスキー
アン・バンクロフト(女優)アンナ・ブロンスキー
ティム・マシスン(男優)アンドレ・ソビンスキー中尉
チャールズ・ダーニング(男優)エアハルト大佐
ジョージ・ゲインズ〔男優〕(男優)ラビッチ
クリストファー・ロイド(男優)シュルツ大尉
ホセ・ファラー(男優)シレッツキー教授
ヘンリー・ブランドン(男優)
アール・ボーエン(男優)ボヤスキー
テレンス・マーシュ(男優)
坂口芳貞フレデリック・ブロンスキー(日本語吹き替え版)
一柳みるアンナ・ブロンスキー(日本語吹き替え版)
大塚芳忠アンドレ・ソビンスキー中尉(日本語吹き替え版)
小島敏彦シレッツキー教授(日本語吹き替え版)
西尾徳ラビッチ(日本語吹き替え版)
秋元羊介ラトコフスキー(日本語吹き替え版)
伊藤和晃ルピンスキー(日本語吹き替え版)
小室正幸ドビッシュ(日本語吹き替え版)
江原正士サーシャ(日本語吹き替え版)
小関一ソンドハイム(日本語吹き替え版)
竹口安芸子グラバ(日本語吹き替え版)
寺内よりえリフカ(日本語吹き替え版)
伊井篤史ホブス将軍(日本語吹き替え版)
福田信昭空港のナチ将校(日本語吹き替え版)
原作エルンスト・ルビッチ(原案)
脚本エドウィン・ジャスタス・メイヤー(オリジナル脚本)
音楽ジョン・モリス[音楽]
編曲ジャック・ヘイズ〔編曲〕
撮影ジェラルド・ハーシュフェルド
製作メル・ブルックス
20世紀フォックス
配給20世紀フォックス
特撮レックスフォード・メッツ(視覚効果撮影監督〔ノンクレジット〕)
美術テレンス・マーシュ(プロダクション・デザイン)
J・デニス・ワシントン (美術監督)
ウェイン・フィッツジェラルド(タイトル・デザイン)
衣装アルバート・ウォルスキー
スタントバディ・ジョー・フッカー
あらすじ
第二次世界大戦が始まった頃のポーランド。ワルシャワでシェークスピアを演じる劇団が、ヒトラーの侵攻により危機に遭遇する。彼らはたまたまそこにいたイギリスの工作員と協力し、知恵を使ってドイツ軍から脱走を図ろうとする。これを観ずしてシェークスピアを語ることなかれ(笑)。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
23.大脱走というのでスティーブ・マックイーンのリメイクかと思ったら、”To Be or Not To Be”の方だったとはびっくり。しかも「生きるべきか死ぬべきか」ではストーリーもおもしろさもいまいちだったのに、この映画はおもしろいしよくわかる。オリジナルが洗練されたおもしろさというなら、こっちのは誰にでもわかる大衆的なおもしろさと言うべきかもしれない。とにかく両方の映画を見た結果、作品に対する理解が深まった。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 8点(2018-03-23 20:20:27)
22.《ネタバレ》 どこか昔見たシットコムを思い出させるようなコミカルテイスト。
「生きるべきか死ぬべきか」のリメイクだったが、邦題が違いすぎて最初は気づかなかった。
リメイク版といえばオリジナルとストーリーが結構違っていて面食らう場合もあるのだが、これはオリジナルにかなり忠実。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 5点(2018-01-24 21:27:41)
21.《ネタバレ》 冷酷無比なナチスとブロンスキー一座の対決を堪能しました。反骨心と笑いの塩梅が絶妙であり、特筆もののチャールズ・ダーニングの百面相は絶品でオスカーを受賞してもらいたかったです。逃亡劇で誰一人ニセ総統である事に気付かなかった無理筋は残念でしたが快作です。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 8点(2017-09-28 15:47:49)
20.最後の舞台でのフィナーレなどうまい演出が見受けられましたが、なかなか面白かったかなという印象止まりでしたので7点で。
川本知佳さん [DVD(字幕)] 7点(2014-06-08 07:54:06)
19.《ネタバレ》 ルビッチ「生きるべきか死ぬべきか」のリメイクである本作、なかなか良くできている。オリジナルのジャック・ベニー+キャロル・ロンバートよりもメル+アン・バンクロフト(実際の夫婦)の方が役者としての幅=ロマンス/ドタバタへの対応力がある分だけ安心して見ていられる。私はオリジナルを10点としているのだがその違いはルビッチの「艶笑」喜劇が好きであるというそれだけのこと。ドタバタコメディを求める人にはこちらの方が良いはず。もともとはナチスドイツに対するプロパガンダ映画として制作された、と聞いているので、ユダヤ系アメリカ人のメル・ブルックスがこの題材を取りあげたこと自体彼の頭の良さを表しているのではないだろうか。「シンドラーのリスト」に負けないくらい批判・主張が出来ているし加えて洒落っ気があるというのはたいしたもんだ。
Nbu2さん [ビデオ(字幕)] 8点(2012-12-12 19:25:44)
18.《ネタバレ》  コメディとサスペンスの要素が完璧なバランスで組み立てられています。今の若い人達でもきっと楽しめる内容です。
 ドイツ軍に占領されるポーランドの首都ワルシャワ。空爆。家の接収。友人の逮捕。スパイ。劇場の封鎖。イギリスへの脱出。
 一見すると悲劇です。ですが、映画は軽快なテンポとコメディタッチでさくさく展開します。しかも、ハラハラドキドキ感は残したまま。最後は最高に良い後味で締めてくれます。本当に完成度の高い映画だと思います。
 個人的にはエアハルト大佐がつぼです。よく大佐になれたな。
 「シュルーツ!」
たきたてさん [DVD(字幕)] 8点(2011-11-27 17:31:21)
17.エルンスト・ルビッチのオリジナルは未見なのですが、これはこれで楽しめる作品です。メル・ブルックスは自作に出演するとこれでもかこれでもかというほどクサイ芝居をするのが厭だったのですが、どうしてどうして、本作では鮮やかなコメディ演技で感心しました。歌う場面はさすがに年を感じさせて苦しかったですが。大女優アン・バンクロフトのコメディエンヌぶりもさまになっていました。
S&Sさん [DVD(字幕)] 7点(2009-06-01 23:37:47)
16.バックステージものって好きな作品がやたら多いです。ちょっと思い出しただけでも「雨に唄えば」「イヴの総て」「ブロードウェイと銃弾」「Wの悲劇」「女優志願」・・・。これも良い方向でのジンクス通り面白かった。練られた脚本に感心し、サリバン先生→ミセス・ロビンソン→アン・バンクロフトという女優さんが、いかに役の幅が広い役者だったのかを再認識させてもらいました。「プロデューサーズ」でも、ナチをおちょくったり揶揄する台詞やらシーンが多かったけれど、メル・ブルックス流コメディの視点っていうのは、ナチへの怒りから来ているのかな?なんて思ったり。あ、でもこれリメイクなんだよね。スパイのニセモノが発覚した時の、ナチの対応が何故かおざなりなのが少々気にかかったので減点1。コメディゆえ、ホロコーストジャンルで時に目を覆いたくなるようなユダヤ人連行虐殺シーン等がないのも小心者の自分には嬉しい。
放浪紳士チャーリーさん [DVD(字幕)] 8点(2009-01-17 10:21:14)
15.シェークスピアならずとも文学を知ってる人ならだれでも知ってる「To Be or Not To Be」ですけどもここまでパロっている映画も初めて見た。最近メル・ブルックスの映画を見るようになったけどもなんか一番彼らしい映画のようにも思うし、奥さんのアン・バンクロフトとの掛け合いも見事。オリジナルは未見ですけどもテンポがいいのげハラハラさせてくれますし、笑いを絡め方が絶妙なのでちょっと安心して見れました。ラスのフィナーレ舞台はたまらんかったです。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 9点(2008-12-24 11:58:07)
14.リメイクとはいっても、すみずみにまで製作者の狙いや意図がいきわたり、渋い役者を揃えて練り上げられた作品は、最近ではなかなか観ることができなくなったなぁ~という傑作だと思います。メルの作品は非常に好みですが、その中でも最上位に評価しても良いのではないでしょうか。アニマルハウスに出ていたティム・マティスン、ここでもやや女性に目がない役どころなんですね。
J-coffeeさん [DVD(字幕)] 10点(2008-11-22 11:48:18)
13.《ネタバレ》 リメイク物とは知らなかった。舞台でのシェークスピアという紋切り型の芝居に対比させ、これこそ映画という展開の脱走劇を見せる。やはりメル・ブルックスは偉大だ。邦題は今一ついただけないが。
monteprinceさん [DVD(字幕)] 8点(2008-07-23 23:46:12)
12.《ネタバレ》 シェイクスピアのパロディがてんこ盛り!
小技が各所にちりばめられている。
こういう作品こそDVDを入手して、家で何度も繰り返して観ることをお勧めします。
伊達邦彦さん [映画館(字幕)] 9点(2008-05-09 14:57:24)
11.コメディとしてはまあ観れるほうではないかと。ホロコーストに関心の薄い人間には少々敷居が高いような気がします。
Kさん [DVD(字幕)] 6点(2007-12-03 19:00:07)
10.《ネタバレ》 大団円を迎えながらも、最後まで嫁の名前に( )をつけることは忘れない旦那。
永遠さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-07-22 19:54:41)(笑:1票)
9.《ネタバレ》 エルンスト・ルビッチの「生きるべきか死ぬべきか」をほぼ忠実にリメイクしています。ただ、若干ユダヤ色が強い感じですかね。あとは、「プロデューサーズ」にも雰囲気が似ていましたね。(ゲイが出てくるところとか、「good luck」と「break a leg」の話とか・・・)
しかしながら、良く出来たストーリーだと思います。本当にスリリングな展開(特に教授の死体の場面は一転二転して面白かったですね。)に釘付けになりました
TMさん [ビデオ(字幕)] 8点(2006-06-22 11:27:16)
8.《ネタバレ》 映画史上最も完成されていると言っても過言ではないその脚本と、そこにルビッチ・タッチと謳われるエルンスト・ルビッチ監督の類い希な演出が絶妙に溶け合った、まさに究極的名作『生きるべきか死ぬべきか』のリメイク作品。

もともとの脚本が恐ろしい程の完成度を誇っているので、よっぽどのヘマをしない限りおかしなものになることはない。
実際かなり忠実にリメイクしている。ズルイともいえる。

ただ、やっぱりオリジナルあってこその作品に思えたのも事実。
リメイクなわけだから当然と言えば当然だが、オリジナル版がコメディといえど、その完成された脚本によってストーリー上、実に自然にツボをつく笑いを生み出していた感触だったのに対して、本作は完全に笑いを取りに行っている。
オリジナル版を先に観た人は違和感をおぼえるかもしれないが、カメラアングルなどかなり忠実にルビッチ版を再現している箇所もあり、オリジナルに思い入れのある人も色々な意味で楽しめることは間違いないだろう。

個人的にはオリジナル版の冒頭で、ヒトラーが突如ポーランドの街のド真ん中に現れるシーンが本作にはなかったことが残念に感じられたが、なんとラストでしっかりその代わりとなるシーンが用意されていてかなりの高ポイント。

そしてそして、エンドクレジットも洒落てる。最高に好きだ。
Jumpさん [DVD(字幕)] 9点(2006-03-17 03:22:57)
7.大傑作「生きるべきか死ぬべきか」のリメイク。ルビッチと比べると、分かりやすい創りである反面、冗長に感じる。決して悪い出来ではない、メル・ブルックスはいい仕事をしている。だが、それが所謂「ルビッチ・タッチ」との差ということか。いかにルビッチの才能が傑出しているかを再認識した。この映画を気に入っている人は、「生きるべきか死ぬべきか」を見てない人は必ず見て下さい。
STYX21さん 8点(2004-02-26 23:44:36)
6.公開当時に一度見たっきり、その後見る機会もないのですが、今でもブルックスの大仰な「とぅび~、おあ、のっととぅび~!」を思い出すと笑えます。コテコテとした笑いの多い印象のブルックス作品にあって、これは洗練された映画で、それゆえかなり異質なのですが。クライマックスのサスペンス描写なんかは本気だなって感じですし(それでもちゃんと笑いを入れてたりしますけどね)。ただ、ブルックスが監督をしていない事が好印象に繋がったのだとしたら、ちょっと皮肉な感じかな・・・。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 8点(2004-01-15 13:37:48)
5.「新サイコ」を観て以来、メル・ブルックスの世界にハマッてしまいました。そこで、他に作品が無いものかと探していたら、本作品を見つけました。名作コメディ「生きるべきか死ぬべきか」をリメイクしたものらしいので、そちらを先に観た方がいいかと思ったのですが、いくら探しても見つからないので、待ちきれずに観てしまいました。するとまあ、予想以上に面白い!メルのヒトラーが最高!!シュルツとのやりとりにも爆笑してしまいました。コメディの中では一番面白い作品だと思います。文句ナシに10点!ところでビックリしたのですが、あの奥さんは何と「卒業」のロビンソン夫人で、メルとは実生活でも夫婦だそうですね!驚きました…。男を誑かす役がホントにうまいなあ(笑)
Ronnyさん 10点(2004-01-13 23:53:17)(良:1票)
4.メル・ブルックスの中でベストではないでしょうか。チャップリンの「独裁者」と比較してもいいくらいによくできた作品だと思っています。売れないシェークスピア俳優で劇団長のメル・ブルックスが、ヒトラーの振りをするという設定も面白いし、全編に渡ってハラハラドキドキと笑いにあふれています。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドクが間抜けな親衛隊員で笑わせてくれます。なんといっても好きなシーンは、ラストの劇場でのシェークスピア・メドレー(笑)。最後に劇中劇の形を取ったフィナーレも楽しいですね。
オオカミさん 9点(2003-11-18 23:45:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 23人
平均点数 8.22点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
514.35%
628.70%
728.70%
8939.13%
9417.39%
10521.74%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.75点 Review4人
2 ストーリー評価 8.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.66点 Review3人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 3.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1983年 56回
助演男優賞チャールズ・ダーニング候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1983年 41回
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)アン・バンクロフト候補(ノミネート) 
助演男優賞チャールズ・ダーニング候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS