霧の中の風景のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 霧の中の風景
 > (レビュー・クチコミ)

霧の中の風景

[キリノナカノフウケイ]
Landscape in the Mist
(Topio stin omichli)
1988年【ギリシア・仏】 上映時間:125分
平均点:7.59 / 10(Review 32人) (点数分布表示)
公開開始日(1990-03-17)
ドラマロードムービー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2009-07-24)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督テオ・アンゲロプロス
キャストミカリス・ゼーケ(男優)主人公の弟
タニア・パライオログウ(女優)主人公の姉
ストラトス・ジョルジョログウ(男優)旅芸人の青年
エヴァ・コタマニドゥ(女優)
ヴァシリス・コロヴォス(男優)
原作テオ・アンゲロプロス(原案)
脚本テオ・アンゲロプロス
トニーノ・グエッラ
音楽エレニ・カラインドロウ
撮影ヨルゴス・アルヴァニティス
配給フランス映画社
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
32.《ネタバレ》 政治色が強く、長回し及びロングショットの多用で芸術映画を地で行くアンゲロプロス監督作品の中では一番分かり易く敷居の低い映画であることには間違いない。深い黒で覆われたオープニングから引き込まれ、初めて列車に乗った時の高揚感に胸が躍る。まだ見ぬ父親に宛てた繊細で詩的な手紙に雪で時間が止まった群衆、失われていく馬の命と遠景の結婚式の対比、あまりに透徹であまりに美しい映像の力に魅了される。それ故に政治的・難解さといったフィルターがあまり掛かっておらず、あくまで寓話でありながら、現実が寓話を侵食し破壊していく様をまざまざと見せ付けられる。トラック運転手に犯されて"女"にされた姉や時代に付いていけず廃れていく旅芸人の一座、ヘリに引き上げられた神の手がそれだろう。再会し恋愛感情を抱いたにも関わらずすれ違いで別れる際の旅芸人の青年の詩的な台詞が胸に迫る。悲惨な現実を経て、ボロボロになって辿りついた姉弟を迎え入れるようにそびえる樹木は、死によって彷徨う姉弟を慰める父親そのものかもしれない。 ある意味で救いかもしれないし、監督の厭世観を感じさせた。
Cinecdockeさん [ビデオ(字幕)] 9点(2015-01-17 22:33:20)
31.《ネタバレ》 達するはずのない、未だ見ぬ父を求めて旅をする姉と弟。その旅は幼い彼らにはあまりに過酷で、まさに混沌と言える。しかしその中でお互いに支え合う2人に感動を覚える。
そして着いたはずであろうドイツ。光が射し、霧の中の風景に一本の木が見え始める。駆け寄っていく2人の姿に想起させるものは、終わりではなく始まりでした。

印象に残っているシーンは、姉が旅芸人の青年の胸で泣き崩れるところ。
感情を表に出す弟と反対に、姉は強く耐え忍んでいた印象があったので、感情を露わにしたこのシーンには私も感情が高ぶり、強いインパクトを残してくれました。

成長していく姉と弟の姿を見て、大人になるっていうことがこれほど大変なのかと思うのは、私が環境に恵まれている日本人だからでしょうか。
アンゲロプロス監督の現代社会に対する悲観を表した作品は、日本人の多くは理解するに難しいのかもしれないと感じました。
でもこういう暗喩や象徴的なシーンに満ちた作品は面白く好きだなあ。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-11-17 11:14:59)
30.《ネタバレ》 「旅芸人の記録」より好きな作品。一切退屈しなかった。
初期の短編「放送」を思わせる軽快な部分も多いし、同時に地平線の彼方に消えてしまいそうな儚さも肌身に感じさせる。ロングショットとクローズアップの構成もほど良い。
冒頭、幼い姉弟が濡れたアスファルトの夜道を駆けて来る。
どうやら二人は先を急ぐらしく、電車に向かって駆けていく。電車の前で人々が通り中々向こうに行けず、ようやく行けると思ったらドアは無情にも閉じられる。
姉のヴーラは、しょんぼりして駅を後にする電車を見つめている。
ヴーラ1人ならともかく、弟のアレクサンドロスの事を思うと無理に人の群れを掻き分けるのは危険に思えたのだろう。実に弟想いな姉ちゃんだ。
二人は、顔も知らない父を探しにあてのない旅に出ようとしている。
2度目は電車に乗る事に成功するが、切符を買う金も満足にない二人は無賃乗車で列車から降ろされてしまう。
バスの兄ちゃんが凄く良い兄貴でさ。ヴーラは、その優しさと疲れた弟を思ってバスに乗り込む。
浜辺での360度パンが美しい。旅芸人の人々と交流し、バイク青年とヴーラたちは一旦別れる。
その次に出会うトラックの運転手の野郎がロリコンクソ野郎で。
布一枚でしきられた荷台、ヴーラの髪は乱れ、手に付いた血が情事を物語る。ヴーラは、女の子から“女”になってしまう。それでも、彼女は静かに涙を流し黙って耐えるのみ。髪は下ろしたままだが、以前のように髪を結ぶのは止め、帽子を被って“隠す”事を選ぶ。どれほどの苦痛が彼女にあった事だろう。
誰にも頼らず、誰にも訴えず。いや、少なくともアレクを守ろうとしているのと同時に、アレク、そしてバイク青年を心の支えにして彼女は耐えたのだろう。
劇的な再会、そしてヴーラが心を開き、青年の胸の中で声を出して泣きじゃくる場面、バイク青年からの想いを断りハイウェイで別れるシーンは何度見ても切ない。
ヴーラも覚悟を決め、弟のために切符代を盗んでまで再び電車へと乗り込む。
夜の川辺で、サーチライトが照らす中を潜り抜ける二人。一瞬響く銃声が、緊張を奔らせる。
霧がたち込める朝方。霧の晴れた先に待つものは・・・本当に素晴らしい映画だった。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-03-17 07:55:23)(良:1票)
29.子供(姉と弟)に対して、とても冷たいロードムービー。
映像演出が凝っていてとても面白いのだが、後半はお話のポイントがどんどんずれていって、弟の出番が減ってしまったのは残念。
本筋に戻ったラストは、タイトルとお話の流れから早いうちに予想はできるかと。
鑑賞時にはあまりいい印象は受けなかったが、なぜか今でもはっきりと記憶に残っている不思議な映画。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 5点(2012-11-03 01:12:39)
28.《ネタバレ》 ロードムービーって大抵、人物が旅の途中で色んな経験をして成長するというパターンが多い中、これは絶望的です。そうですよね。ヒッチハイクってこんな危険、多いに有り得ますよね。お父さんがどんな顔でこの二人を迎えるのか?という期待で映画にのめりこんだら、お金がないと旅は悲惨だ、という現実を容赦なくつきつけられました。こんな小さな無防備な姉弟がふらりと歩いていたら、街の誰かが気をとめるべきでしょう。この映画の場合、警察が早く確保してやってくれ~、と思いたくもなります。最後のほうの兵隊の「俺って馬鹿だよなぁ」と言って、金を置いていくとこは好きなエピソードです。時代が変わりつつある中、世の中の人、みんな余裕がない時のお話ですよね。いつの時代だってこんなもんさ、と思いたくないなぁ。
トントさん [ビデオ(字幕)] 7点(2011-08-15 16:44:05)
27.人生ってそんなものさっ!シュールだけど楽しめた。
ホットチョコレートさん [地上波(字幕)] 6点(2011-02-02 19:14:15)
26.最初は同情してみていて、なんとなく霧の中か夢の中のふわふわした気持がよかったのですが、中盤からいたたまれないところがあって、それからはもう欠点を探してとまらなかった。。。青年のジーンズが嫌だったり、無謀な姉弟に嫌気がさしたり、、、ラストも嫌になりましたー、けど、画と音楽だけはすんごい。ああ、口直しに何か明るいのを見たくなりました。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-01-22 00:56:08)
25.《ネタバレ》 名作らしいけど、理解できなかった。父親に会うためにドイツを目指す姉弟の話。でも、これは最後死んでますね・・・? 国境の警備がそんなに甘い訳無いですから。そうなると「火垂るの墓」同様、お姉ちゃんに責任があるのでは? 認めるべきは認め、適切な行動をとるのが務めだったはず。帰る家があり、好きではないようだが母親もいる。なぜこのような思いをしなければならなかったのか? 他に選択肢はなかったのか? そんなことを考えてしまいました。霧もそうだし、雨の後の濡れた路面など、晴れない心を表してるようですね。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-08-27 18:36:12)(良:1票)
24.長回し、定点カメラ、ロングショットといった手法へのこだわりぶりがまず強力であるが、それにも増して凄いのは、そうやって構築された映像の数々が、見事に的確に内容表現になっていること。よほど構図や背景に自信がないと、こういう撮り方はできません。そしてその結果、あまりにも強烈な重量感と説得力のある画面を、すべての場面において完成させています。そして、それに飲み込まれない存在感を確立している各俳優の演技も特筆すべきです。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2010-08-26 00:50:43)
23.ただひたすら切なく哀しい。哀しい映画は数々あれど、これほど余韻を引きずる作品はそうはない。
きーとんさん [DVD(字幕)] 6点(2010-08-01 13:34:17)
22.《ネタバレ》 テオ・アンゲロプロスという監督とは、とことん相性が悪くて、今までに観たこの監督の作品はことごとく合わなかったという経緯がある。
しかし本作は私が最も好きとも言えるジャンル“ロードムービー”なので、少しは期待して観てみることに・・・

前半からなかなかの良い雰囲気。
幼い子供二人が父親の面影を追い求め、旅を始める。
旅先で出会ったバイク青年との絡みはなかなか味わい深く、期待は増していったが、後半になるにつれ、いつものテオ節が炸裂!。
あえなく撃沈しそうになった。

そして、これまたテオ作品に多い、突然のハプニング。
終始、静かにゆっくり話が進んでいくと思いきや、突然、嵐が巻き起こる。
それがテオ作品。
今回は、少女への強姦事件。
描かれ方がとても地味であるため、余計にリアリティが増し、後味の悪さが残った。
この強姦シーンについては、個人的に不要と感じた。
別にこんな悲惨なエピソード盛り込まなくたって、二人の子供が静かにゆっくり旅をする・・・でいい様に思うんだが。
やっぱり、この監督とは相性が悪いらしい。
にじばぶさん [ビデオ(字幕)] 4点(2009-07-20 23:46:20)(良:1票)
21.《ネタバレ》 映画のワンカット目の幼い子供の後姿から、いつものアンゲロプロスの映画らしい陰鬱な雰囲気がすぐに伝わってきます。彼らの身に何かあるんだなというのは何となく分かるのですが、決してそれを表情や言葉には出さないまま物語は進みます。
しかし、何が何でもドイツに行くんだ!という内に秘めた悲壮な決意が、もうとにかく凄い。
ここまでくると、あれはもう本能じゃないかと思ってしまうほどの凄まじい気概が、あのあどけない2人の姿からひしひしと伝わってきて、それがこの映画を終始に渡って緊張感溢れるものにしていると思うのです。
たとえ無事にドイツまで行けたとしても、生みの親に会えるとは限らない。いや、可能性は恐らくゼロなんだろう。けど、純粋で一途な彼女たちの気持ちに本当に感動しました。
途中で、フィルムの中の霧の風景を見つめるシーンとか、雪景色をみんなで立ち止まって空を見上げるシーンとか、石像の手を吊り上げるシーンとか、印象深いシーンがいくつかありましたけど、必見は最後。向こう岸に辿り着いたときのいつか見た霧景色。徐々に霧が晴れ、草原の向こうには大きな木が一本。
2人が木の中に飛び込むシーンの幻想的で感動的なワンショットに鳥肌が立つ思いがしました。それまでの2人の涙を思い出すと、観ている方も彼らを見守っている気分になり、とても感慨深いラストでした。
もっつぁれらさん [映画館(字幕)] 7点(2008-10-20 02:13:08)
20.まったく理解できなかった。
最後の映像はなんだったんだろうか。それすら分からない。
人によって意見が全く異なると思う映画。
監督の表現を理解できた人がどれほどいるのだろう?
なますてさん [DVD(字幕)] 3点(2007-10-10 11:54:52)
19.垂れ込めた空気と姉弟の心理が重なり合い、必要最低限のセリフと演技で観客を納得させるミニマリズムの手法は圧巻。また、カメラは必要以上に被写体に近づかず、そしてむやみに表情を映さない。よって映像で心理描写を十分に描きながらもカメラワークが説明的過ぎないという妙技を見せ付けている。本当にこの映像は素晴しいとしか言いようがない。時に使われる非現実的なシーンもストーリーの奥深さを増加させていて効果的。とにかくそういった技術てきな問題に関してこの映画は秀でている。しかし僕個人的にはこの種の映画がそもそもそんなに好きではないし、純粋に映画を楽しめない。なので芸術点10点、ストーリーで-2点!!計8点とさせていただきます。
ジャザガダ~ンさん [ビデオ(字幕)] 8点(2006-06-10 12:50:44)
18.いい映画だとは思う。でもちょっと重すぎる。なんとなく入り込めない部分があったので-2点です。
トナカイさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2006-06-07 23:32:42)
17.幼い姉弟が、見たこともない父親に執着してどんな苦境にもめげず躍起になって外国まで探しに行くなんて発想、それ自体いかにも映画的でヤラしいし、この旅を通じて姉弟が成長したとも思えない。レイプされたり、カラダ売ろうとしたり、ホモの旅役者で失恋を味わったりせんでも姉はいずれ恋をするやろうし、弟だっていずれ動物の死に対面するし、アルバイトもするやろ。旅役者が、時代背景を象徴するとともにストーリー進行においても必要不可欠なキャラクターであったことは確かだが、取って付けたようなエピソードの羅列にはうんざりしてしまう。・・・・・・けど、けど、映像表現はとにかく素晴らしい。もう、めちゃめちゃ素晴らしい。ロングショットの美しさは勿論のこと、白と黒のあまりに見事な対比によって、吸い込まれるような、家の無機質なテレビが無機質でなくなるような映像を見せてくれる。人差し指の欠けた手の彫刻がヘリで運ばれる画は印象度も絶大で、暗喩としても充分なものであった。 これでもっと人間考察の深みがあれば・・・と思うと残念でならない。希望と言う光を持ち続ければ・・・ってのも気休めとしか思えんのよな。
stroheimさん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-05-12 17:40:38)(良:1票)
16.下の方の意見で「全体として、ただひたすら苦しい映画でした。、、、、、」とありますが、私の感想もまさにそれでした。他の方と違っているのは、この映画を傑作と思えるかどうか、繰り返しみたいと思えるかどうかの部分ですが、私はどちらも否定的です。この映画に高い芸術性は感じますが、傑作だとはどうしても思えません。というより、これほどつらいロードムービーは見たくないと。希望も情けもあったもんじゃありませんと。つらいのは現実世界だけで十分だと。そんな気持ちになりました。
mhiroさん [ビデオ(字幕)] 3点(2006-03-01 18:47:35)
15.テオ・アンゲロプロス監督作品はこの作品しか観たことないけど、これは間違いなく傑作だと言えるそんな素晴らしい映画です。この映画まず何よりもどのシーンにしても台詞は少なくても映像だけで迫ってくる。それも今のアメリカ映画的な大騒ぎ的な映像とは全く違う落ち着きのあるそして、美しい構図の中で繰り広げられる物語!長回しというカメラワークを巧みに使って、一度観ただけで絶対に忘れることの出来ないほどの素晴らしいショットを撮って見せた。霧の中の風景という正にタイトルにぴったしの素晴らしい映像!霧の中から映し出される二人の姉と弟の並び立つシーンやそして、やはり圧巻はあのラストシーン!何もかもが本当に美しく撮られていて素晴らしい!映画本来の持っている映画でしか観られない。映画だからこそ可能なこれぞ映像のマジックとでも言うべき傑作の一本です。
青観さん [ビデオ(字幕)] 9点(2006-02-19 22:47:08)(良:2票)
14.どんよりと垂れ込めた霧の中、主人公の姉と弟の心も、そして私の心もまた晴れない。
オープニングから突き放すような映像、しかし、そこから目を離すことは出来ない。
くすんだ色使いの画面は、ひとつひとつが絵画のように印象的。
映された風景と人物がとが、あたかもキャンパスに切り取られたように感じられる。
その芸術性の高さ、奥深さで私を魅了する。
アンゲロプロス監督の完璧ともいえる感性と才能には、ただ感心するばかりです。

観終わった今、私自身がこの作品について完全に消化しきれていないもどかしさがあります。
理解しなければならないのか、感性を研ぎ澄まさなければならないのか・・
迷う心と、私の観たそのままで良いと思う心とが、交錯しています。

力(ちから)のある作品に出会えて嬉しい。  
たんぽぽさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2005-09-08 21:34:25)
13.《ネタバレ》 映像詩、ドアの隙間から流れ込んでくる光でさえも美しい。まるで時が止まったかのように降り積もる雪を眺める人々、圧倒的映像表現!この映画には例え台詞が無くともストーリーを理解できるような気がします、寧ろ台詞は邪魔。中盤の展開はさすがに勘弁しろと思いましたが…、そこから物語もどんどん暗い世界へとのめり込んでいくような気がします。ヴーラが溜まった悲しみを吐き出すかのように泣くシーンではこちらも一緒に涙を流してしまう。空中に浮かぶ巨大な手のインパクト、けたたましいバイクの音でさえも流麗。ラストシーンは大木が二人を優しく包み込むかのようなパーフェクトショットでした。大大傑作。
かんたーたさん [ビデオ(字幕)] 9点(2005-05-09 18:08:29)(良:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 32人
平均点数 7.59点
000.00%
100.00%
200.00%
326.25%
413.12%
539.38%
639.38%
7412.50%
839.38%
91237.50%
10412.50%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.50点 Review2人
2 ストーリー評価 9.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review2人
4 音楽評価 8.00点 Review2人
5 感泣評価 10.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS