愛に気づけば・・・のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 愛に気づけば・・・
 > (レビュー・クチコミ)

愛に気づけば・・・

[アイニキヅケバ・・・]
Angie
1994年【米】 上映時間:107分
平均点:5.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
ドラマ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2010-10-26)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マーサ・クーリッジ
キャストジーナ・デイビス(女優)
スティーヴン・レイ(男優)
ジェームズ・ガンドルフィーニ(男優)
フィリップ・ボスコ(男優)
マイケル・リスポリ(男優)
アイダ・タートゥーロ(女優)
マーガレット・チョー(女優)
脚本トッド・グラフ
音楽ジェリー・ゴールドスミス
撮影ジョニー・E・ジェンセン
アナスタス・N・ミコス(カメラ・オペレーター)
製作パトリック・マコーミック
トッド・グラフ(共同製作)
製作総指揮ロジャー・バーンバウム
ジョー・ロス
配給ブエナビスタ
美術メル・ボーン(プロダクション・デザイン)
衣装ジェーン・ロビンソン[衣装]
録音デヴィッド・パーカー[録音]
字幕翻訳関美冬
その他パトリック・マコーミック(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.主人公の行動回路と思考回路がさっぱり理解できませんでした。男性関係は結局どうなったのかとか、赤ん坊の腕云々には何の意味があったのかとか、いろいろ手を出すだけ出して放置している脚本も粗雑。ジーナ・デイヴィスにこんな役をさせるとは、まったく無駄遣いもいいところです。
Oliasさん [DVD(字幕)] 2点(2020-03-27 00:44:10)
2.アンジーは自分勝手で孤独な女性という印象だったのだけど、これってほとんどの人がそうなのかもね。妊娠したらこれだけ私は大変なのよ、父親になるならもっと文化的な男性がいいわ、そういうものなんだと思います。みんなすぐ近くの小さな愛を見過ごして、独りよがりの大きな愛を探してしまう。総合失調症の母親の事実を知ってからのアンジーは、目が覚めたように周りの人間の心遣いに気付き、子供を心から愛そうと誓う。大げさなようで、身近にある素敵な映画でした。
さん 6点(2004-10-31 20:05:56)
1.《ネタバレ》 ヒロインは「一風変わった女性」という設定なのだけど、今の時代、ごく普通な気がする。継母や産みの母との関係、恋愛、出産などから女性が成長していくってストーリーなんだけど…共感出来たり出来なかったり。終盤、赤ちゃんの元に帰ってきてからのストーリーはすごく素敵。やっと歩み寄れた継母とのやり取りとか、命名とか、オッパイとか…。年齢的にリンクするとこがあって、自分の今の生活を考えてしまった。ジーナは多少悩んだとしても、どんなことでも乗り越えちゃいそうな強さが漲っててカッコイイ。スティーブン・レイはショボくれた感じがしてちっとも素敵に見えなかったけど・・・。
桃子さん 7点(2003-10-21 19:41:44)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 5.00点
000.00%
100.00%
2133.33%
300.00%
400.00%
500.00%
6133.33%
7133.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS