リオの男のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > リ行
 > リオの男
 > (レビュー・クチコミ)

リオの男

[リオノオトコ]
That Man from Rio
(L'Homme de Rio)
1963年【仏・伊】 上映時間:112分
平均点:7.12 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
アクションサスペンスコメディアドベンチャー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-09-07)【アングロファイル】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フィリップ・ド・ブロカ
キャストジャン=ポール・ベルモンド(男優)アドリアン
フランソワーズ・ドルレアック(女優)アニエス
ジャン・セルヴェ(男優)カタラン教授
アドルフォ・チェリ(男優)カストロ
脚本フィリップ・ド・ブロカ
ジャン・ポール・ラプノー
ダニエル・ブーランジェ
音楽ジョルジュ・ドルリュー
配給東宝東和
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.意外としっかりしたストーリーに於いて理屈抜きで彼女救出に奮闘するジャン=ポール・ベルモンド。その全力疾走シーンに惚れ惚れ。突き抜けたアクションにも体を張って全力で挑んでいるのでしょう。大満足の良作です。
The Grey Heronさん [映画館(字幕)] 8点(2021-12-27 01:42:35)★《新規》★
7.《ネタバレ》 ん~、自分は「カトマンズ」はアクション・コメディ共に良かったですが、こちらはややアクションに傾倒しすぎてコメディの方にもうひと頑張りあればという印象。
期待した分だけ落差があったために若干低めの点数です。
大好きなベルモンドのアクションは相変わらず格好良く、乱闘シーンや飛行機から飛び降りるシーンなど後のハリウッド作品などにも影響を与えたというのも納得の冒険活劇です。
フランソワーズ・ドルレアック扮するアニエスがさらわれて空港まで追いかけるわけですが、運良く見つけることができた上にパスポートの提示もなしに国際線でリオまで飛べてしまうという謎の展開はもちろんご愛嬌。このコミカルなドタバタ劇にツッコむなんぞ野暮というもの。
ホテルの部屋からアニエスを救い出して監視していた男を部屋の外から扉をロックして閉じ込めてしまうのももちろんご愛嬌ですし、建設途中の建物を上へ上へと登りながら物を落として追手にぶつけるのも、よくあそこまで都合よく転がりやすいものが並べられてるなと、アクション活劇は楽しく見ることができました。
主演二人は、ベルモンドはストライドの大きい走る姿は見ていて格好良いし、一方のドルレアックもサンバのリズムの軽快なステップも見どころの一つだと思います。
余談ですが、当時のリオデジャネイロの開発途中の街並みが見れたのはある意味貴重ではなかろうかと。自分は行った事ないですけどね(笑)
もっつぁれらさん [映画館(字幕)] 6点(2021-05-14 23:24:50)
6.フィリップ・ド・ブロカとベルモンドのコンビのアクション・コメディはどれも面白いですね。
本作はこのコンビの後の作品である「カトマンズの男」などと比べると
笑わせる部分と共にサスペンスの要素もしっかりと挿入されています。
「ルパン三世」や「レイダース」の元ネタになっているとも言われている通り、
ベルモンドのキャラクターの楽しさやアクション・アドベンチャーとしても見どころ十分です。
そう言えば、ルパンの声優といえば山田康雄さん。多くの映画でベルモンドの吹替も山田さんがつとめられました。
本作を吹替で見るのも面白いかもしれません。
そして若くしてこの世を去ったフランソワーズ・ドルレアックの美しくもキュートな魅力も全開。
彼女の代表作といえば、妹との共演作「ロシュフォールの恋人たち」になると思いますが、
本作は彼女のコメディエンヌぶりを存分に堪能できるという意味でも貴重な作品です。
とらやさん [DVD(字幕)] 8点(2016-02-13 15:16:56)
5.《ネタバレ》 ベルモンド主演のアクションコメディは何本かありますが、これはその初期の作品。あとのものほどのドタバタ感はなく、うまくまとまっています。誰が黒幕かは、簡単に察しがつきますが。
前半はどちらかというとサスペンス味が強く、007を思わせる部分もありました。終盤は元祖『レイダース』みたいな展開で、そこまでも普通に面白いのですが、この最後のあたりがいちばん楽しめました。あの結末も、皮肉が効いています。

以前見たときは英語版だったのですが、今回はフランス語だったのもよかったです。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-08-10 10:50:28)
4.《ネタバレ》 確かにジャン=ポール・ベルモンドのひょろっと細長い足で軽快にアクションをこなしつつコメディタッチな感じは“ルパン三世”だ。
終盤は本当、スピルバーグの冒険活劇だし・・・

一番ビックリしたのは、ヒロインのフランソワーズ・ドルレアックが若くして亡くなられたみたいだけど、カトリーヌ・ドヌーヴのお姉さんだったってこと・・・

ちょっと粗いけどテンポが良いので面白く観れました。
ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 7点(2014-05-06 03:00:38)
3.《ネタバレ》 この映画、監督は狙っていたのでしょうが、はっきり言ってちょっと変です。連続した場面なのに夜がいきなり昼になったり(エド・ウッドか!)、千キロ距離があるリオとブラジリアをオンボロ車で一昼夜で走破したり、『そんなあほな!』と突っ込みたくなるシーンの連続ですが、そのいい加減さが妙にいい味出しているのも確かです。結構危険そうなシーンも軽々こなしている足が長いベルモンドを観ていると、そう、ルパン三世を思い出しますね。そして観たらご理解いただけますが、なんと本作は『レイダース』の元ネタだったのです。ラスト20分は『レイダース』で使われたネタのオンパレードです。ヒロインのフランソワーズ・ドルレアックがわがまま放題のまた変な娘で、笑わせてくれます。フレンチコメディ独特のあくの強い作風なので好き嫌いが別れそうですが、後のアニメやアクション映画に少なからぬ影響を与えた異色作として再評価されても良いのではと思います。
S&Sさん [ビデオ(字幕)] 7点(2009-12-27 13:09:01)
2.この当時のフレンチスラップステックの代表作。誘拐された彼女を勢いだけで追っかけてくベルモンドが良い。
leoさん 9点(2004-04-03 23:40:20)
1.黒人の少年がよかった。
あろえりーなさん 5点(2003-01-28 23:23:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 7.12点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5112.50%
6112.50%
7337.50%
8225.00%
9112.50%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review2人
4 音楽評価 7.00点 Review2人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

1964年 37回
脚本賞フィリップ・ド・ブロカ候補(ノミネート) 
脚本賞ジャン・ポール・ラプノー候補(ノミネート) 
脚本賞ダニエル・ブーランジェ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS