デジモンアドベンチャー/ぼくらのウォーゲーム!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > デジモンアドベンチャー/ぼくらのウォーゲーム!
 > (レビュー・クチコミ)

デジモンアドベンチャー/ぼくらのウォーゲーム!

[デジモンアドベンチャーボクラノウォーゲーム]
2000年【日】 上映時間:40分
平均点:7.59 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
アクションSFファンタジーアニメシリーズものTVの映画化モンスター映画ゲームの映画化ネットもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-04-29)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督細田守
藤田淑子八神太一
山口眞弓ガブモン
坂本千夏アグモン
天神有海泉光子郎
水谷優子武之内空
風間勇刀石田ヤマト
前田愛(声優)太刀川ミミ
平田広明テレビアナウンサー
八奈見乗児ゲンナイ
荒木香恵八神ヒカリ
小西寛子高石タケル
菊池正美城戸丈
櫻井孝宏テントモン
竹内順子ゴマモン
徳光由香テイルモン
松本美和パタモン
原作本郷あきよし(集英社「月刊Vジャンプ」連載)
脚本吉田玲子
音楽有澤孝紀
作曲有澤孝紀「レクイエム」
編曲渡部チェル「Butter-Fly」
主題歌和田光司「Butter-Fly」
AiM「作品No.2「春」イ長調 ~ぼくらのウォーゲーム!~」
挿入曲宮崎歩「brave heart」
撮影福井政利(デジタル撮影)
安藤茂(デジタル撮影)
製作泊懋
高岩淡
玉村輝雄
柴崎誠
東映(「2000春 東映アニメフェア」製作委員会)
東映アニメーション(「2000春 東映アニメフェア」製作委員会)
バンダイ(「2000春 東映アニメフェア」製作委員会)
フジテレビ(「2000春 東映アニメフェア」製作委員会)
集英社(「2000春 東映アニメフェア」製作委員会)
企画関弘美
プロデューサー櫻田博之(プロデューサー補)
配給東映
作画石浜真史(原画)
小西賢一(原画)
山下高明(作画監督/キャラクターデザイン)
長谷川眞也(原画)
中鶴勝祥(キャラクターデザイン)
中山勝一(原画)
橋本敬史(原画)
編集福光伸一
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
17.《ネタバレ》 デジモン?親戚の家に用事があって出かけたら親戚の家の小学生が観てる横で観ていたら何だ?何だ?コンピュータウイルスか?パソコンの中で暴れまくる怪獣、どうやって倒す?気になり、気になり、お願いだから最初からじっくり見せてくれと小学生を説得して、また最初から見ることに!
子供向けアニメだと思うけど、いや、待てよ?今作は寧ろ大人が見て楽しめる作品だ!まるで現在のインターネット社会で実際、起こり得る怖さを見ることになる。電話のシーンで突如出てくる数字における恐怖、パソコン上で暴れまくる怪獣、新着メールが届いて、それを見る2人の少年、核ミサイルが迫り来る状況を何とかするべきだと立ち向かうシーン等、僅か40分の中でなんて濃いメッセージを持った作品だ!
正直言って、デジモンが何なんのかさえ分からないし、細田守作品に対してもあまり良い印象はないけど、細田守監督作品の中でもおそらく観てる人は一番少ない筈ですが、私にとってはこの作品が細田守監督のベスト作品である。作品の最後の方で消えていく怪獣の姿が自ら地球を守ろうという想いが感じられて感動的です。テレビシリーズを見てないと分からない欠点があるものの、子供向けアニメだと見ないのは勿体ないです。
青観さん [DVD(邦画)] 8点(2021-08-05 19:38:27)(良:1票)★《新規》★
16.デジモンをよく知らないため、登場人物たちの背景が分かり辛いが、まだネットが発達していない時代の先見性に、わずか40分で長編映画並みの濃度で描いた細田監督を評価したい。後にこれが『サマーウォーズ』になるのだが、あれぐらい贅肉が付かない方が丁度良いかも。原作付き、脚本家次第で傑作を作れると思うので、オリジナル作品より合っている気がする。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 7点(2018-02-11 23:16:42)
15.登場人物の関係がよくわからないんだけど、
それ以上に完全子供向けのキャラ設定はやっぱキツいわ。
時間が短いということもあり、
皆が力を合わせて、といった印象も受けないし。
ストーリー自体はちゃんとまとめてあるんだが・・・。
「デジモンアドベンチャー」より出来がいいということはわかった。
MAHITOさん [インターネット(字幕)] 2点(2011-07-11 01:18:34)
14.サマーウォーズ流れで知ったんだけど、こいつぁスゲエや。完全なる元ネタだった訳か、私自身はデジモンなど全く知らなかったし、登場人物の関係も何も解らない、が、それでも十分観れてしまう凄い展開。
少しのシーンで、なるほどこいつがリーダー格、彼女もいるのか、かわいい妹もいてこっちが賢い子、やんちゃなのがいて他にも何人かいるみたいだけど今回は時間の都合上か参加しないんだ、そしてそれぞれが支配できる怪獣みたいなのがいる訳ね、ふ~ん。そしてあとはハイセンス映像で画面に釘付け。
内容はホントにサマーウォーズだったけど時間やキャラの制限で監督はもう一度ちゃんとやりたかったのかな、40分のアニメとしては面白いけど私にとってはサマーウォーズを再度高評価したくなる感じだった。
このようなセルフリメイクをプロデュースした製作者に敬意を表したい、結構勇気がいると思う。(サマーウォーズのレビューみたいになっちゃたけど、すでにレビューしちゃってるからなぁ)
カーヴさん [DVD(邦画)] 6点(2010-10-27 15:21:34)
13.山田守監督の凄さをたっぷりと堪能させて頂きました、40分です。
ピンフさん [DVD(邦画)] 10点(2010-03-07 04:18:51)
12.《ネタバレ》  『同時上映のワンピースを喰った』『数多の映像関係者(非アニメ含む)が絶賛』『これを見てデジモン(TV版)も見るようになった』等の伝説を残した作品ですが、十分うなずける内容でした。
 抜群の戦闘描写、ストーリー構成、『デジタル』と言うキーワードを使った設定(大量のメール受信でデジモンのレスポンスが低下するとか)とそれを利用した戦略。
 あれだけの内容を僅か40分に収め起承転結(おまけに時間軸を現実(視聴者)世界とリンクさせる芸の細かさ)を作り出した、まさに神懸り的な才能を見せ付けられました。
 ただし、気になる点もちらほら。
 まず、ボスのディアボロモンに魅力が無い。最終的に核ミサイルを発射させたり、数万体でリンチをかけたりと、『存在』は凄いのですが、究極体のデザインが微妙。
 進化途中に攻撃するのは悪くないのですが、2回も同じ失敗をする光子郎(一番頭良さそうなのに)。
 上に書きましたが、相当濃い内容を短い尺に収めているので『無駄』は極力省くべきなのは分かります。レギュラーの出番が少なくなるのも分かります。しかし、それでも出て来て欲しかった・・・・・・・・・ゴマモン。
 総合すると7点ですが、細田監督の才能に感動して+1点。別のレビューでも書きましたが、TV版のその後的な内容が大好きなのでさらに+1点。
 TV版も個人的にはお勧めですので本作とセットで御視聴ください。
ムランさん [DVD(邦画)] 9点(2009-04-17 12:32:31)
11.《ネタバレ》 特別な面白さは感じられなかった。
spputnさん [DVD(邦画)] 5点(2009-01-25 22:05:39)
10.《ネタバレ》 テレビシリーズ一度も見たことない状態だったので、一見さんお断りな映画だったらどうしようかと思っていたが、これが本当に東映アニメフェアの子供向け映画として公開された映画なのかと思うほど緻密に作られていて、ネットの中に現れたモンスターがデータを食い荒らすという展開もリアルにコンピューターウイルスを連想させていてひょっとしたら実際にこんなことが起こるかもしれないと思わせる設定で見事だし、細田守監督の演出もしっかりとしていて大人の鑑賞にじゅうぶん堪えうる作品に仕上がっていたのでかなり驚いた。NTTやペンタゴンなど実在のものがそのままの名前で出てくるのがちょっと子供相手の東映アニメでは異色な感じだが、そうすることでなおも映画にリアリティーを生むことに成功している。それに下の方も書かれているけど主人公たちが戦っているのを知らないで日常生活を送っている一般の人々の描写も細かで丁寧でこれが入ることによってストーリーに厚みが出ているのもうまい。確かにテレビシリーズ見ていないから登場人物たちのバックボーンとかがよく分からない点は少し残念だが、この映画は今まで見た東映アニメ映画の中でもいちばん面白いと思うし、純粋に映画という枠で考えても快作といえる作品だと思う。
イニシャルKさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2008-12-23 01:03:49)(良:1票)
9.これはヒットするよな、と見終わった感想。この映画の
素晴らしい点の一つが「時間軸」であろう。この映画は
後半、時間が一つのキーになってくる。それとシンクロさせる
ように緊迫迫っている主人公達との「時間」と、
何も知らない市民達との「時間」を細かに入れることによって、
臨場感が増してくる。だが、それだけではない。
この映画を見ている自分達の「時間」もまったく
一緒なのだ。これはもう、感情移入せざるを得ない。
時代を先取りしたネットも良かったし、
主人公達は終始、部屋から出ていないというのもおもしろかった。
幕ノ内さん [ビデオ(吹替)] 9点(2008-03-13 15:32:07)
8.話の内容は普通に楽しめる程度ですが、細田守の演出を堪能するには最適な逸品ではないでしょうか。
カラバ侯爵さん [ビデオ(邦画)] 7点(2007-03-26 14:55:06)
7.子供向けだからって手を抜かず、ストーリーも演出もしっかりとやっているに好感が持てる。短いながらも緩急があり時々見たくなる。
ただ、この時代のCGアニメ特有のキャラクターと背景との境界に見えるジャギーが気になるだよなー。
寺 梅斗さん [DVD(吹替)] 6点(2007-01-14 08:59:38)
6.《ネタバレ》 キャラクターの背景や、デジモンワールドってナニよ?みたいな部分が全然説明されない点は映画としては問題アリなのですが、ネット上をどんどん侵蝕してゆくデジモンに対抗する物語は、密度の濃い展開と細かな構成で一本の映画としての見応え十分。後半にタイムリミットが設定されてからの緊迫した展開は、悲劇的なラストを迎える訳はないと思いつつドキドキします。ちょっと子供向けらしからぬ、ネットワークで繋がってる世界のリアリティがやたら凄かったり。NTTとかBIGLOBEとかが実名で登場する世界ですし(まあISDN回線であの当時のPCのスペックでアレはさすがにムリでしょーとかいうツッコミは野暮ってモンで)。一作目の短編に比べると、これはもう後の「時をかける少女」に直結するような、細田監督のカラー出まくりな一編という感じですね。夏の空、繰り返しのカメラポジション、静と動に分かれた構成。バトルシーンなどは日本製アニメの枠を越えて、アメリカンなカートゥーン風や、実験アニメ的な表現まであって、引き出しの多い、懐の深いアニメだったりします。しっかりと感動ポイントもあり、子供向けだからと言ってスルーしちゃうのは勿体ない映画ですね。
あにやん‍🌈さん [DVD(邦画)] 8点(2006-08-12 01:37:06)(良:2票)
5.《ネタバレ》 文句のつけようがない作品。ところで、最後にすべてのメールをディアボロモンに送信したとき、本当なら、オメガモンの手以外は消えてしまうんじゃないでしょうか?オメガモンは、みんなの気持ちが集まってできたデジモンですし・・・。
???さん 10点(2003-08-08 13:55:53)
4.子ども向けと思って、なめてかかると痛い目をみる作品。
「デジタル」という作品世界を活かしきったシナリオは圧巻の一言。
随所に散りばめられた見事な演出、そして美しい作画には鳥肌が立ちました・・・。
とにかく、日本の子ども向けアニメのシナリオってこんなにもレベルが高かったんだ...と感じた1本です。
sirou92さん [映画館(邦画)] 8点(2003-08-08 01:13:37)(良:1票)
3.音楽の使い方、間の取り方、絵の表現、キャラクターの動き方、どこをとっても非の打ち所が無い作品。約40分という狭い枠内で、実に見事な出来だと思います。アニメ作品としては(単に映画というカテゴライズでも)最高傑作です。
ろきさん 10点(2003-05-25 02:36:25)
2.傑作、これしか言うことないでしょ。デジモン=ポケモンのパクリって思ってる人とかたいしたセンスもないのにVJ気取りのバカは観るべし。ポップな色彩感覚と少年特有のセンチメンタリズムが充満してます。
ミウラタンさん 10点(2003-05-08 04:49:13)
1.まぁ割とオメガモンがかっこいいポケモンよりはずっと見れた作品
ジャイアンズは永遠に破滅ですさん 6点(2003-04-30 13:06:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 7.59点
000.00%
100.00%
215.88%
300.00%
400.00%
515.88%
6317.65%
7211.76%
8423.53%
9211.76%
10423.53%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.50点 Review2人
2 ストーリー評価 6.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.66点 Review3人
4 音楽評価 5.66点 Review3人
5 感泣評価 4.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS