ドラゴンボールZ/燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > ドラゴンボールZ/燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦
 > (レビュー・クチコミ)

ドラゴンボールZ/燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦

[ドラゴンボールゼットモエツキロネッセンレッセンチョウゲキセン]
1993年【日】 上映時間:70分
平均点:5.20 / 10(Review 20人) (点数分布表示)
アクションSFファンタジーアニメシリーズものTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2003-06-02)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-03-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山内重保
助監督今村隆寛
野沢雅子孫悟空/孫悟飯
堀川亮べジータ
草尾毅トランクス
古川登志夫ピッコロ
田中真弓クリリン
宮内幸平亀仙人
渡辺菜生子チチ
龍田直樹ウーロン
鶴ひろみブルマ
江森浩子ブルマの母
川津泰彦モア
林延年試験官
佐藤正治べジータ王
家弓家正パラガス
島田敏ブロリー
八奈見乗児ナレーション
原作鳥山明
脚本小山高生
音楽菊池俊輔
作詞佐藤大[脚本]「バーニング・ファイト-熱戦・烈戦・超激戦-」
森雪之丞「CHA-LA HEAD-CHA-LA」
作曲清岡千穂「CHA-LA HEAD-CHA-LA」/「バーニング・ファイト-熱戦・烈戦・超激戦-」
主題歌影山ヒロノブ「CHA-LA HEAD-CHA-LA」/「バーニング・ファイト-熱戦・烈戦・超激戦-」
製作今田智憲
東映動画
企画清水賢治
週刊少年ジャンプ
森下孝三
金田耕司
配給東映
作画細田守(原画)
山室直儀(作画監督)
中鶴勝祥(原画)
美術行信三(美術監督)
録音新井秀徳(音響効果)
その他フジテレビ(宣伝協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
20.《ネタバレ》 ブロリーが強すぎて面白くないし、最後もパワーを送るとか謎理論。ドラゴンボールでパワーを送るのは元気玉だけでなくてはならない。サイヤ人の生き残りも納得いかない。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2020-10-10 17:16:49)
19.《ネタバレ》 ブロリーが圧倒的に強過ぎて逆に詰まらない。「こんな強い敵どーやって倒すの?」と期待していたら、答えは「どーにかして倒しました」って!そんなオチなら最初から強くし過ぎないでくれよ。いやブロリー自体は良いキャラと思うんですけどね。
民朗さん [ビデオ(邦画)] 3点(2010-09-10 00:47:50)
18.《ネタバレ》 ベジータのアホっぷりが非常におもしろかった。
なぜか今はニコニコ動画で人気者の、はい、ブロリーです。
映画の中では、敵としては確かに一番印象深い相手だな。
みーちゃんさん [DVD(邦画)] 6点(2009-04-17 21:00:43)
17.《ネタバレ》 超サイヤ人とどういうものなのか、本来の超サイヤ人「ブロリー」の初登場作。 性格や気質が悟空・悟飯とも違い、またベジータとも違う。そしてこの映画で最も魅力がある点は(特にコアなファンには)あの「ベジータ」が物語の終盤までブロリーにビビリまくり、ピッコロに髪の毛を掴まれるシーンであろう。
あるまーぬさん [ビデオ(邦画)] 7点(2007-07-31 17:11:41)
16.《ネタバレ》 DB映画史上最凶の敵・ブロリー初登場作品。
獅子-平常心さん [映画館(邦画)] 6点(2007-02-01 00:13:38)
15.ドラゴンボール映画としてはプロットが破綻してないだけマシなほうかもしんない。しかし原作を無視しきった作りには拒否反応。ベジータのお頭の弱さとプライドの無さは何だアレ。

ブルマさんが作中で俺の気持ちを代弁してくれたんで引用しておく。
「何が新惑星ベジータの王よ。バカじゃないの」
Arufuさん [DVD(邦画)] 4点(2006-05-06 17:57:35)
14.ドラゴンボール劇場版の歴代悪役の中でもブロリーはかなり印象的だったなあ。
イニシャルKさん [地上波(邦画)] 5点(2005-08-09 14:12:26)
13.ブロリーはカカロットとかのように修行して強くなったのではない。だから彼こそ本当のスーパーサイヤ人である。
フィリップ・バルカシジクさん 6点(2004-09-18 17:36:38)
12.戦意喪失のべジータが面白い。
リーム555さん 4点(2004-09-14 12:31:14)
11.スーパーサイヤ人になったブロリーは相当かっこ良かった。親父を殺す非情さに当時ビビりました。カカロットとしか言わないので、おつむの弱いキャラかと思っちゃいました。
カーマインTypeⅡさん 5点(2004-07-21 13:48:46)
10.あ…ブロリーって「カカロット」以外にも喋れたんだね…伝説のスーパーサイヤ人って、スーパーサイヤ人自体が伝説なんじゃ…?って、言うのが頭の中を掠めました(笑)ギャグはそれなりには面白いんだけど、どうも戦闘シーンが他の作品と違って間延びしまくり。亀仙人とかクリリン、ウーロンも全然危機感案じてないんだもの。それにやっぱり最初に余分なストーリー加えちゃったからなんかイマイチに感じるんだろうなぁ。これ以降あと2回ブロリーは登場するけど、どうだろうねぇ。個人的にドラゴンボールのベストキャラはフリーザ様(大マジ)だから、微妙なとこなんだよね~。
クリムゾン・キングさん 6点(2004-07-07 00:37:54)
9.べジータいい味だしてたなあ。それにしてもブロリー強し
rainbowさん 5点(2004-06-09 17:48:23)
8.伝説の超サイヤ人ブロリーはかっこええ!!
ギニューさん 6点(2004-05-26 00:19:57)
7.ブロリーどうよ?今作から3作も映画版に登場するわけだけど、そんなに魅力的なキャラだろうかね。
鉄腕麗人さん [ビデオ(邦画)] 3点(2004-02-08 13:14:03)
6.戦いは間延びしていて緊張感がなく気がぬける。ベジータもらしくない。ギャグはところどころ面白かった。悟空とチチの面接やラストのオチがいい。悟空の趣味は読書とスポーツ!
ピンクさん 4点(2004-01-14 18:56:04)
5.《ネタバレ》 全体的には悪くない話だとは思うんだけど、ラストの悟飯やベジータ、ピッコロ、トランクスの気を集めてそれで悟空が逆転するってのがどうも頂けませんね。まあ、そこは我慢するとして、もっと許せない所があった。それはピッコロの扱い。活躍が少ないどころか良い所がぜんぜん無いじゃないですか。登場はカッコ良かったのに、その後やられっぱなしだし・・・。
カズゥー柔術さん 5点(2004-01-07 03:27:19)
4.これ見たことなかったけど、おもしろくなかった。時期的にはトランクスが髪長い時期。ベジータのアホぶり、ヘタレぶりが見所ですね。あとはトランクスの魔閃光とかかな。ブロリーが話しするのも初めてみた。
バカ王子さん 4点(2004-01-02 11:07:56)
3.伝説のスーパーサイヤ人はブロリーだけなんだよ!!
ZVoさん 7点(2003-12-30 21:02:40)
2.生まれたばかりのブロリーより戦闘力の低いラディッツやナッパっていったい・・・。
たけぞうさん 5点(2003-11-05 09:56:07)
1.劇場版のなかで、一番おもしろかった。
タコスさん 8点(2003-03-22 18:35:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 20人
平均点数 5.20点
000.00%
100.00%
200.00%
3210.00%
4420.00%
5630.00%
6525.00%
7210.00%
815.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 0.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review1人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS