トレジャー・プラネットのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > トレジャー・プラネット
 > (レビュー・クチコミ)

トレジャー・プラネット

[トレジャープラネット]
Treasure Planet
2002年【米】 上映時間:96分
平均点:6.08 / 10(Review 25人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-07-12)
SFアドベンチャーアニメファミリーロマンス小説の映画化
新規登録(2003-07-22)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2010-10-15)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・マスカー
ロン・クレメンツ
ジョセフ・ゴードン=レヴィットジム・ホーキンス
エマ・トンプソンアメリア船長
デヴィッド・ハイド・ピアースドップラー博士
マーティン・ショートベン
ロスコー・リー・ブラウンアロー
ローリー・メトカーフサラ
マイケル・ウィンコットスクループ
パトリック・マクグーハンビリー
加藤晴彦ジム(日本語吹き替え版)
若山弦蔵シルバー(日本語吹き替え版)
小林聡美アメリア船長(日本語吹き替え版)
稲葉実ドップラー博士(日本語吹き替え版)
山寺宏一ベン(日本語吹き替え版)
郷里大輔アロー(日本語吹き替え版)
佐々木優子サラ(日本語吹き替え版)
大友龍三郎スクループ(日本語吹き替え版)
飯塚昭三ビリー(日本語吹き替え版)
津嘉山正種ナレーター(日本語吹き替え版)
原作ロバート・ルイス・スティーヴンソン「宝島」
ジョン・マスカー(脚本原案)
ロン・クレメンツ(脚本原案)
テッド・エリオット(脚本原案)
テリー・ロッシオ(脚本原案)
脚本ジョン・マスカー
ロン・クレメンツ
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
編曲ピート・アンソニー
ジェフ・アトマジアン
ブラッド・デクター
ジェームズ・ニュートン・ハワード
ジョン・キュール
製作ジョン・マスカー
ロン・クレメンツ
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給ブエナビスタ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
25.《ネタバレ》  基本的な設定を拝借しただけの別物かと思いきや、予想以上に「宝島」のストーリーを忠実になぞっていた事に驚かされました。

 主人公のジムが青年に近い外見となっており、感情移入しやすくなっている事。
 そしてシルバーがサイボーグという設定の為、武器をアタッチメントする描写が楽しかったり「目に油を差し過ぎたようだ」という台詞にホロリとさせられたりした辺りは、良かったですね。
 その一方で、船長を女性に変えた事に関しては「女っ気の無さを改善する」という以上の意義は窺えず、最後に天文学者と結ばれる顛末に関しても予定調和で驚きも無かった為、ちょっぴり残念。

 原作小説を既読の為、仕方無い事ではあるのですが、ストーリーとしては王道そのもの、全て決められたレールの上を走っているかのような印象を受けてしまい、少々退屈さを覚えたりもしましたね。
 失望したり、落胆したりする事は無い代わりに、大きな興奮も味わえない感じ。

 そんな中でも、欲深なシルバーが宝物を諦めて、息子のように可愛がっていたジムを助ける事を選ぶ場面に関しては、とても良かったと思います。
 両者が絆を育む描写が丁寧であっただけに「そう来なくっちゃ!」と、声を出して歓迎したくなるような展開。
 別れのシーンにて、ジムとシルバーが抱擁を交わす姿にも、涙腺を刺激されるものがありました。

 「宝島」最大の魅力といえば、やはりシルバーの存在に尽きると思っているので、本作の扱いに関しては、大いに満足。
 ジムとの交流を経て、段々と父性が芽生えていき、悪党から足を洗いそうになるも、最後の最後で善人にはなりきれないまま退場するという、その独特のキャラクター性が、しっかりと表現されていたと思います。

 そういった具合に、原作と同じような魅力を秘めているからこそ
(もし「宝島」のストーリーを全く知らない状態で、この作品を観ていたら、もっと感動出来ていたかも知れないな……)
 と思うと、何とも勿体無い気持ちになる。
 そんな一品でありました。
ゆきさん [DVD(吹替)] 6点(2016-09-29 23:15:43)★《更新》★
24.飛行機の中で見ました。字幕なしの英語で見てて、機内うるさかったからあんまり何言ってるのか聞こえなかったんだけど、それでも内容が分かる映画でした。ロマンがあって良い話だけど、最後がちょっとあっさりしてたかな。
ネフェルタリさん [DVD(字幕)] 6点(2011-03-27 20:04:43)
23.スターウォーズやん
くまさんさん [DVD(字幕なし「原語」)] 6点(2010-10-24 20:46:27)
22.トレジャー・アイランドならぬプラネット、この世界観はおもしろい。(空に浮かぶ海賊船のイメージは「ピーター・パン」のラストにもありましたね)ディズニーの手描きアニメ末期の作品で、いたるところCGに浸食されているのが見ていて痛々しい感じ。シルヴァーとジムのお別れハグは「T2」なみにベタで、やりすぎじゃない?
レインさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-12-04 18:31:27)
21.光子?帆船の描写は綺麗だった。あまりアレコレ考えずに見れば良い映画だと思う。
鈴都丸子さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2009-11-07 23:05:23)
20.思っていたより、人物像が単純じゃなくて、どんぱちやらないあたりは、息子はたいくつしていたようだが、大人のほうはけっこう楽しめた。ディズニーアニメ特有の、あのわざとらしい表情にはちょっと辟易したけど。加藤晴彦は悪くないんだけど、やっぱり若山弦蔵にくわれていたかな。
よんひゃんさん [映画館(吹替)] 5点(2007-07-27 18:07:06)
19.最近のディズニーアニメ(ピクサーを除く)は安易な感情移入を拒むかのようなキャラクター設定をしているような気がして仕方ありません。てか、主人公を始めとして見ていてウザいキャラが多すぎ・・・。生身の人間ならば伝わってくる感情も、アニメの単純な表現では単なるイライラ小僧だったり、単細胞的に気分が変わる悪人だったり。主人公の成長物語だけに絞った事で、物語にゆとりがなくなり、入り込めないとひたすらツラい、という映画になってしまっていると思います。ヒロインとなる存在くらい設定すれば良かったのに。「宝島」を「スター・ウォーズ」風に描いてみました、ってところから生じる安易なデザインや視覚効果や展開が、ディズニーアニメ部門の混迷を感じさせて、その末路を知っているだけに複雑な気持ち。第一、この規模のアニメ映画を作るのに、一体どれだけのスタッフを動員してどれだけの製作費をかけているのよ?と。一から十まで日本のアニメに学べ、とは思いませんけど(テレビで垂れ流されている記号化されたアニメとか、アニメーターの安い賃金と過酷な労働時間を考えたら、日本のアニメだって改善されなくちゃいけない事はいっぱいあります)、この映画の数分の一の規模で製作されている日本製のアニメが、なんで世界で支持されているのか、なんでアニメーションにおけるディズニーブランドが失墜してしまったのかを研究して、再び世界のディズニーアニメを復興させて頂きたいと切に願います。あ、もちろんディズニー製萌えアニメ作れ!ってワケじゃないですよ。
あにやんさん [DVD(字幕)] 4点(2006-07-26 00:16:32)
18.キャラクターが弱すぎる。物語を引っ張っていく例のサイボーグが中途半端だと、何もかもがぼやけて見える。憎めない悪役としての艶やあくに欠ける。少年を思う気持ちと強欲さとが、整理されて描かれていないので、彼が少年を気遣えば、(裏があるんじゃないか?)と思うし、「宝が欲しい!」と欲望をむき出しにしても、(口先だけか?)と、見ているこちらはいちいち疑ってしまう。宮崎監督『名探偵ホームズ』に出てくるモリアーティ教授くらい個性がはっきりしていたら、もっとあの2人は面白い味を出してたかも。少年もなんとなくインパクトが足らなかった。
tonyさん [ビデオ(字幕)] 5点(2006-05-17 10:54:16)
17.非常にハイクオリティ!!お勧めです
承太郎さん [DVD(字幕)] 9点(2006-02-14 00:12:51)
16.そこはかとなくラピ ラピ って思ったのはどうやら俺だけじゃないようですね。ああよかった(なんでもかんでもラピラピ言うのは病気ですか)。「アトランティス」はそのへんもっと露骨らしいですね。楽しみにしときます(CG以外特に褒めるところは見当たらないけど、クライマックスのシーンはちょっと好きだった。アメリカは時間制限とエアボードをネタに映画造らせたら最強だね)。
池田屋DIYさん [DVD(字幕)] 6点(2005-05-02 19:03:28)
15.キャラクターの外見が好きになれなかったからか、最後までノレませんでした。ストーリーも登場人物背景も中途半端で内容が薄い印象を受けてしまいました。各シーンもなにかどこか他の映画で見たものばかりのような気がして新鮮味がなかった。同じアニメでもニモやモンスターズインクなんかは好みで自分の中では評価高いんですが、この作品は個人的にはインパクトありませんでした。
かけさん 5点(2005-01-16 00:15:53)
14.CGがあんまり気にならなかったがキャラクターが気に入らなかった。最近のディズニー作品はアメリカTVアニメのようなキャラクターばかりであんま好きじゃないです。話もいたって普通ですが、まあ楽しめたかな。
bokugatobuさん 6点(2004-12-01 05:13:11)
13.《ネタバレ》 CGのきれいな映画です。が、サイボーグのおやじが良い奴なのか悪い奴なのかハッキリしないので、勧善懲悪完結のディズニーらしくない。またどうも宮崎アニメ(天空の城ラピュタ)を思い出してしまいます。パクリとはいいませんが、かなりの影響を受けているように思われます。(真似すんな!)ディズニーも堕ちたもんだ。
杜子春さん 5点(2004-11-30 16:52:46)
12.動物と融合させたキャラクターデザインがイマイチ好きじゃありません・・・。
キャラの表情や動き、背景や色や効果は良く、
話や設定もディズニーらしさがあり良かったです。
アオイさん 7点(2004-10-16 22:40:53)
11.映像きれいだったし、それなりに楽しめました^^ キャラとか船とか、、なんかいろんな映画のパクり??っていうところはあるけれど、それらをウマくまとめあげてるのがさすがディズニーだと思いました。
カルーアさん 7点(2004-08-16 12:43:18)
10.中世と未来的なビジュアルが上手にミックスされてて、流石ディズニー。CGだって違和感なしに観られて、なかなか画面は冴えてる。でもぉ、旅に出るきっかけが中途半端だしストーリーもなかなか単調。流石ディズニー。ただ、僕がいちばん気になったのが題である「トレジャープラネット」が魅力を感じなかったこと。べつにあの緑色の星に行きたいとは思いませんでした。
でもラストは手に汗握って、どなんの?どうなんの?って興奮した候。
やいのやいのさん 7点(2004-07-16 21:36:11)
9.休日午後のファミリー向け映画。大きな感動を求めようとすると肩透かしをくらう。肩の力を抜いてわいわい見るものかと。そうするといろんな所からのパクリの匂いも御愛嬌、許せる感じ。主人公と海賊の親分との関係はちょっとじーんとくる所もあったりしていい感じ。ただ全体的に軽い。登場人物の背景、舞台設定などはサーッと撫でる程度しか見せないのでわけがわからないまま進んで行く危険アリ。それに全体で見ると大きな流れってのがないんだよね。物語のダイナミズムというか。主人公の成長をテーマに置くには描き方が浅すぎる。旅に出る動機も薄いし。ま、そのへんも子供向けってことなのかな。あとディズニーキャラってどうなんだろ?かっこいいとか、かわいいとか、恐ろしいとか思わせないといけないシーンも全てディズニー風味でやってしまうのはちょと疑問。作品を殺してると思うのだが。この作品はちょと違うテイストで見たかった気がする。ベンにはまいった。うるさい、くどい、むかつく。記憶を取り戻した後は頭脳明晰冷静な口調とかになるといい感じになるのに。
まことさん 5点(2004-05-23 22:56:29)
8.原作は読んだ事ないからか素直に楽しめました。映像の浮遊感も心地いいし、近代と近未来の融合も面白かった。アメリカ産「天空の城ラピュタ」でした。
もりしげひさやさん 8点(2004-05-11 23:45:28)
7.主人公の髪型微妙。
あしたかこさん 5点(2004-03-02 06:05:56)
6.そこそこ楽しめます~ 映像の方はかなりいい出来です..
コナンが一番さん [ビデオ(字幕)] 6点(2004-02-13 15:47:12)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 25人
平均点数 6.08点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
428.00%
5832.00%
6728.00%
7312.00%
8416.00%
914.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review2人
2 ストーリー評価 3.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.33点 Review3人
4 音楽評価 8.00点 Review2人
5 感泣評価 4.66点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

2002年 75回
長編アニメーション賞ロン・クレメンツ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS