Menu
 >
 >
 > シックス・センス

シックス・センス

The Sixth Sense
1999年【米】 上映時間:107分
平均点: / 10(Review 675人) (点数分布表示)
ドラマホラーサスペンスファンタジーオカルト映画
[シックスセンス]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-10-04)【イニシャルK】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督M・ナイト・シャマラン
助監督ジョン・ラスク
アンドリュー・モンドシェイン(第二班監督)
キャストブルース・ウィリス(男優)マルコム・クロウ
ハーレイ・ジョエル・オスメント(男優)コール・シアー
トニ・コレット(女優)リン・シアー
オリヴィア・ウィリアムズ(女優)アンナ・クロウ
ドニー・ウォールバーグ(男優)ヴィンセント・グレイ
ミーシャ・バートン(女優)キラ・コリンズ
ケイディー・ストリックランド(女優)訪問者
M・ナイト・シャマラン(男優)ドクター・ヒル
グレン・フィッツジェラルド(男優)ショーン
菅生隆之マルコム・クロウ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
矢島晶子コール・シアー(日本語吹き替え版【VHS/DVD/日本テレビ】)
勝生真沙子リン・シアー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
唐沢潤アンナ・クロウ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
伊藤和晃ヴィンセント・グレイ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
亀井芳子(日本語吹き替え版【VHS/DVD/日本テレビ】)
林玉緒キラ・コリンズ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
青山穣(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
内田直哉マルコム・クロウ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
堀越真己リン・シアー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
島本須美アンナ・クロウ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
平田広明ヴィンセント・グレイ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小林沙苗キラ・コリンズ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
佐久田修ドクター・ヒル(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
脚本M・ナイト・シャマラン
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
編曲ブラッド・デクター
ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影タク・フジモト
製作フランク・マーシャル
バリー・メンデル
キャスリーン・ケネディ
配給東宝東和
特撮スタン・ウィンストン・スタジオ(特殊効果)
美術フィリップ・メッシーナ
衣装ジョアンナ・ジョンストン
編集アンドリュー・モンドシェイン
字幕翻訳清水馨(字幕翻訳)
その他ピート・アンソニー(指揮)
あらすじ
小児精神科医マルコム(ブルース・ウィリス)と妻アンナ(オリヴィア・ウィリアムス)宅にある晩、嘗ての患者ビンセントが押し入ってきた。彼は自分を治せなかったマルコムを恨んでおり、マルコムに向かい発砲、自殺した。 一年後、未だにあの日の事件を重く引きずっていたマルコムは、妻とは会話もない冷えきった生活になっていた。そんなある日、マルコムは心を閉ざす一人の少年、コール(ハーレイJオスメント)と出会う。彼にビンセントの影を見たマルコムは、必ず彼を助けようと決心する。だが、コールには大きな秘密があった・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
675.オチを知ってしまっても、味のある作品。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-09-13 22:41:48)
674.《ネタバレ》 先日BSで放映されていたものを鑑賞。初見ではあったものの、有名すぎる作品であるので、あらすじ(というかオチ)は知っていた。なので、不幸にも最後に「え~~~~~っ」とひっくり返るような驚きは経験できなかったのだが、どのようにしてあのオチに持っていくのか、という点のみに関心を払って鑑賞。ところが、なんなんだ、あの子役は。どうして外国の子役はあんなに演技が達者なんだ?とただひたすら感心しまくり。なので、当初目的であった「あの有名なオチへの布石」に注力できなかった。なので、翌日に2度めの鑑賞。そしたら、やっぱり子役はうまいが、それ以上に子役の母親がすんげぇうまいのよ。第三者に説明させることもせずに母子の微妙な関係を演技だけで表現し、とどめは最後の車のシーン。ということで、またしても当初目的はそっちのけであったのでした。名作。
la_spagnaさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2016-09-10 22:57:23)
673.《ネタバレ》 この映画でおきるいろいろなエピソードには「後悔」というキーワードがあてはまる。
それも、死のあとにも残るほどの後悔。

マルコムが成仏せずこの世に幽霊としてとどまったのも、妻との疎遠な関係を後悔していることや、ヴィンセントを救えなかったこと(彼も幽霊が見えていた子供であり、それを理解せず解決とされてしまった)などが、彼の死後も心残りだったからである。

台所に出た傷だらけのおばさんは、夫のDVで苦しんで自殺したのだろう。夫への恨みが消えないまま夫に復讐できなかった後悔が残っているのである。

毒殺された少女も、自分の死の真相を父親に知ってほしかった、妹までギリ母に殺されかねない(お通夜で「妹さんも体悪いそうで」という会話から察し)のを阻止したかったが、それができないまま即死してしまった後悔があったから幽霊となってとどまっているのだ。

で、それらを解決していくコール少年。幽霊にとって、この世のひとへ思いをたくすメッセンジャーだ。


そして一番の、コール少年の功績は、母親の母親(コール少年の祖母)のメッセンジャーとなり、祖母が母親に伝えられないまま死んであの世でずっと後悔していた思いを、母親に伝えたこと。

「ケンカしたあと、険悪な空気になってあなたは私がダンスの発表会には来ないと思ってたとおもうけど、実はちゃんとこっそり見に行っていたのよとつたえてほしい」「お墓の前で母親が質問した答えは”YES”(「私を愛していた?」という質問)だとつたえてほしい」・・・

そうです、よくあることですよね、家族間で、心の中では思っていても言葉にして伝えていなくて、伝わっていないこと。

私はここで号泣でした。今思い出すだけで泣ける。。。。

私は中1の娘がいるが、このころの娘は反抗的になりもするし、きまずい母娘関係になったりもする。
でも愛しているし、いつだって心配している。。。
それを娘はちゃんとわかっているだろうか?それをあらためて考えさせるシーンだった。
この場面が出てきたとき、となりでスマホをいじっていた娘に「私はあなたのことが大好きだよ」と泣きながら言ってしまった。

あなたは、もし今亡くなってしまうとしたら、思い残すことはないか?後悔することはないか?
あらためて自問して、もしあれば、早めにそれをできるだけ解決していくといいのだと思う。

今ある命、人生をいかに、大切にして生きていくか・・・?

この「シックスセンス」はただのサスペンス・ホラーでもトリッキーなどんでん返し映画でもなく、『今ある命、大切に生きてください』という静かなメッセージが込められた、深い作品だと感じた。
フィンセントさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2016-09-09 10:11:16)(良:1票)
672.衝撃のオチを体験し、伏線を確認した後もなお何回も見てしまいます。最終的にラストへつなげるプロットが、とても注意を払って作られていると感じます。そして主人公の少年の演技がまた素晴らしい。母親に真実を打ち明けるシーンはジワリと来ます。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 9点(2016-06-25 12:12:45)
671.最後のどんでん返しがすごい映画になっているけど普通に観てもおもしろいです。どんでん返しはただのおまけ。そっちを探そうとして躍起になるのは本末転倒。そういう観方を観客に推奨するようにした日本の映画配給会社はクソ。
たろささん [DVD(字幕)] 9点(2016-05-07 22:55:41)
670.《ネタバレ》 大体のことはもう既に皆さんが仰っているので一つだけ。ブルース・ウィリスがラジカセの音量を少しずつ上げていくあのシーン。結果何も起こらないのですが、凄く怖くて無意識にリモコンを手に取り音量を下げてしまったほど。
最近多い、ただ大きな音を出してびっくりさせるだけのホラー映画!これが映画における正しい人の怖がらせ方だ!
素晴らしき哉、映画!さん [DVD(字幕)] 9点(2016-05-06 11:58:23)
669.《ネタバレ》 久々にDVDを借りて鑑賞。4,5回目か。
もちろんストーリーはわかっていたが、再度見てみると、多くのヒントがばらまかれている。
注意して見ていれば、それらはなんとなくの違和感ではなく、点が線になって見えてくるはず。
たとえば、ブルース・ウィリスは主人公以外とは言葉を「かわさない」。一方的にしゃべるだけである。
また、ドアノブに映る主人公の後ろにはブルース・ウィリスがいるはずであるが、写り込まない、といった細かい芸もある。
いずれにせよ、観客も「自分が幽霊である」ことに気づかず、「あれ、おかしいな」程度で済ませ、ラストを迎えてしまう。
考えてみれば世の中にも、後から言われれば沢山の伏線があったにもかかわらず、気付かずに見過ごしてしまうことは多い。
日頃から推理力、洞察力、観察力といったものをしっかり動員させておかねば、と変に気合が入ってしまった。
チェブ大王さん [DVD(字幕)] 7点(2016-03-27 17:16:04)
668.実に15年ぶりに観賞。さすがにネタバレわかってるんですがそれはそれで観方が違くても楽しめた。
シングルマザーで頑張って子育てしてるけどうまくいかない苦悩には特に共感。ママを応援したくなった。
シャマランこういう良作つくれるんだからもっと頑張れよって言いたい。
濤声さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-02-20 21:50:37)
667.《ネタバレ》 久しぶりに見ました。今見てもとても新鮮です。赤いテント乱入お姉さんが1番印象に残っていますね。
新しい生物さん [DVD(吹替)] 10点(2015-07-15 00:00:10)
666.《ネタバレ》 いやん、最後、宇宙人とか出てくるんかしらんって思って気張ってましたが、出てきませんやん 自分、バカん。そんなわけで、サインは未見でシックス・センスは今日が初見。今までオチがネタバレせぬよう必死に努力いたしてきましたが、今日でそれも解禁、ようやく過去レビュー読むことできます そして読み終えました667人分。読み終えるのに二時間かかりましたさ まさに本一冊分の重量感でした。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2015-04-07 23:33:07)(笑:2票)
665.ブルース・ウィリスの件はいいとして、ラストの、結局家族愛に持っていくところがあざとく感じた。
nojiさん [映画館(字幕)] 6点(2015-03-29 21:34:12)
664.《ネタバレ》 すげえ・・・666だ・・・マジかよorz
五感で感じられない幽霊。
霊を感じるのは「第六感」なのか。
主人公は子供を更生させる事を仕事にする男。
どんな不安や悩みも一身に受け止め、付きっきりで相談に乗ってくれる。
だが仕事熱心なあまり、妻をあまり構ってられない悩みも抱えている。
ある事件を境にそんな妻の夫への態度は冷たくなってしまう。しかしそれは・・・おっと。
そんな主人公はある日、不思議な少年に出会う。
彼は「霊が見える」という。
霊の見えない他の子供からはイジメられ、霊の見えない母親は、そんな息子に不安を抱く。
現実にいる体の病気が原因でイジメられたり、家族から冷たくされる子供もいるが、霊が見えるというだけで体は健康だ。
それだけに母親は辛い思いをしていた。
そんな時に主人公とその子は出会った。
最初疑っていた主人公も、親身に聴く内に徐々に霊の存在を意識はじめる・・・。
事件も無事に解決し、母親とも打ち解ける事ができた子供。
だが、主人公に訪れる「真実」とは・・・?
度肝を抜くラストが衝撃的すぎる。
だってあのブルース・ウィリスがだぜ?
ダイ・ハードのマクレーン刑事がだぜ?
まさかあんな事になるなんて・・・。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-09-14 15:46:17)
663.幽霊の見える少年と、彼を診察する精神科医を主人公に据えたホラー・サスペンス。世界的な大ヒットを記録し、シャマランの名を一躍世に知らしめた。あまりに多くの模倣を産んだ結末のどんでん返しはさすがに今日では食傷気味ではあるが、「癒やす者」と「癒される者」が最終的に逆転する構成、「そこにそのまま立っている」幽霊の表現など、今なお語る魅力の尽きない作品である。
野良猫さん [DVD(字幕)] 7点(2014-09-07 22:52:55)
662.1度観れは充分な映画。
始めて見た時の感動をそのままとっておきたい映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 7点(2014-08-17 16:08:08)
661.《ネタバレ》 当時、ラストに「はーなるほど」ってなりました。
そして、子役の演技はとても素晴らしい。
「シックスセンス」って言葉は、しばらく流行ったぐらい話題作でした。
(周りに、ネタばらしをしたがる輩がチラホラいた)

はじまる前(はじまってすぐ?)の
「この映画には秘密が・・・」みたいくだりはすっごい冷めます。

監督で映画を選ばないけど、この監督さん作品はこれ以外は良いのがないですね。
たかしろさん [映画館(字幕)] 6点(2014-05-07 14:57:46)(笑:1票)
660.二段落としのやり方が非常に素晴らしかった。一段目のバラしもインパクトがあって、この告白は子供にとっては大変なものです。あまり勘ぐらずに純粋に映画の流れに乗った人は素晴らしい体験が出来たと思います。私もハマったのでメディア新しく出るたびに買いなおしています。。

ブルースの演技や演出自体も素晴らしくて、メイキングを見た後に再鑑賞するのも楽しいです。子供の演技も良かったし、全体的にヒットしたのが納得の映画です。難点は監督さんが二段落としの呪縛に一生捕らわれることですね。この監督さん、コレ以後もこの映画を超える映画が生み出せないようですが、それでもなお、、諦められないようです。お気の毒。
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 10点(2014-05-03 12:52:33)(良:1票)
659.《ネタバレ》 久しぶりに見返しました。ネタバレを知ってみるとまた新たな発見が色々ありますね。人に勧めたい映画の一つです。
とむさん [DVD(字幕)] 9点(2014-02-28 18:15:52)
658.《ネタバレ》 人間の「思いこみ」を最大限に利用した映画なのでは。 自分をふくめて観客の多くはマルコム(ブルース・ウィリス)がバスには乗っていても車は運転していないことに、人と向かい合っていても会話はしていないのに気づかない。(唯一の例外はサイキック少年) 最低限の条件を提示されていて、「何か変」と思いつつ、そちらの方へは思い至らせない誘導がうまいのと、あと俳優の魅力。 ブルース・ウィリスはアクション・スター以外の慎重さを見せ、オリヴィア・ウィリアムズが視点の定まらない美しい妻。(指輪が落ちる場面は奈落へ落ちるような衝撃と哀しさがあります) ハーレイ・ジョエル・オスメント君もよかったし、母親のトニ・コレットがまた上手。 彼女のオスカーノミネートがこれ一つだけなのは少なすぎじゃないか!とは思いますが、トニの涙はアカデミー会員の方々もお気に召したよう。
レインさん [映画館(字幕)] 8点(2013-10-05 07:00:01)
657.《ネタバレ》 オチがどうこうという話があまりにも有名なので何も知らずに一回目を観たかった。
何も知らずに観ると評価はかなり変わる(上がる)のではないか。
虎王さん [DVD(字幕)] 7点(2013-04-24 13:03:18)
656.《ネタバレ》 “見えないものが見える”、第6の感覚に悩まされる少年。この子役が翳のある名演で弱冠11歳にして異例の米アカデミー助演男優賞ノミネート。見所はそれだけで、あまりにも名の知れたメガヒット作の割に霊感のない自分にとっては突拍子もない話で全く入り込めませんでした。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 5点(2013-02-13 01:08:09)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 675人
平均点数 7.06点
040.59%
130.44%
260.89%
3243.56%
4324.74%
5487.11%
69013.33%
714221.04%
819629.04%
99113.48%
10395.78%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.65点 Review26人
2 ストーリー評価 7.95点 Review42人
3 鑑賞後の後味 7.81点 Review37人
4 音楽評価 6.36点 Review25人
5 感泣評価 6.86点 Review29人

【アカデミー賞 情報】

1999年 72回
作品賞 候補(ノミネート) 
助演男優賞ハーレイ・ジョエル・オスメント候補(ノミネート) 
助演女優賞トニ・コレット候補(ノミネート) 
監督賞M・ナイト・シャマラン候補(ノミネート) 
脚本賞M・ナイト・シャマラン候補(ノミネート) 
編集賞アンドリュー・モンドシェイン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS