ハルクのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ハ行
 > ハルクの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ハルク

[ハルク]
Hulk
2003年上映時間:138分
平均点:4.48 / 10(Review 145人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-08-02)
アクションドラマSFアドベンチャーロマンス漫画の映画化
新規登録(2003-07-27)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-11-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アン・リー
キャストエリック・バナ(男優)ブルース・バナー
ジェニファー・コネリー(女優)ベティ・ロス
サム・エリオット(男優)ロス将軍
ジョシュ・ルーカス(男優)グレン・タルボット
ニック・ノルティ(男優)デヴィッド・バナー(父親)
カーラ・ブオノ(女優)イーディス・バナー
スタン・リー(男優)警備員
カーク・B・R・ウォーラー(男優)コマンチパイロット
ルー・フェリグノ(男優)
小杉十郎太ブルース・バナー(日本語吹き替え版)
渡辺美佐〔声優〕ベティ・ロス(日本語吹き替え版)
小林修ロス将軍(日本語吹き替え版)
堀之紀グレン・タルボット(日本語吹き替え版)
玄田哲章デヴィッド・バナー(日本語吹き替え版)
日野由利加イーディス・バナー(日本語吹き替え版)
松山鷹志(日本語吹き替え版)
高橋広樹(日本語吹き替え版)
原作スタン・リー(キャラクター創造)
ジャック・カービー(キャラクター創造)
ジェームズ・シェイマス(脚本原案)
脚本ジェームズ・シェイマス
マイケル・フランス
音楽ダニー・エルフマン
編曲ピート・アンソニー
ジェフ・アトマジアン(編曲補足)
ブルース・ファウラー〔編曲〕(編曲補足)
挿入曲ヴェルヴェット・リヴォルヴァー"Set Me Free"
撮影フレデリック・エルムズ
製作ユニバーサル・ピクチャーズ
マーヴェル・エンタープライゼス(共同製作)
ラリー・J・フランコ
ジェームズ・シェイマス
ゲイル・アン・ハード
アヴィ・アラッド
製作総指揮スタン・リー
ケヴィン・ファイギ
配給UIP
特殊メイクジェイク・ガーバー
ノーマン・カブレラ
特撮デニス・ミューレン(視覚効果スーパーバイザー)
マイケル・ランティエリ(特殊効果スーパーバイザー)
ロバート・カーツマン(アニマトロニック・エフェクト・スーパーバイザー)
ガーソン・ユー(視覚効果)
マシ・オカ(テクニカル・ディレクター)(マサヨリ・オカ 名義で)
ILM/Industrial Light & Magic(CGスーパーバイザー/視覚効果&アニメーション制作)
K.N.B. EFX Group Inc.(アニマトロニクス / パペット)
ドナルド・エリオット(特殊効果)
美術リック・ハインリクス(プロダクション・デザイン)
シェリル・カラシック(セット装飾)
ガーソン・ユー(タイトル・デザイン)
衣装マリット・アレン
編集ティム・スクワイアズ
録音ゲイリー・ライドストロム
ユージーン・ギーティ(音響効果エディター))
字幕翻訳戸田奈津子
スタントリック・エイヴリー
トーマス・ロサレス・Jr
ケイシー・オニール
ジャック・カーペンター
その他ピート・アンソニー(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
145.ハルク好き、あるいはマーベル好きの人には申し訳ないのですが、「全身緑でムキムキのパンツ一丁の男が暴れまわる」というハルクのコンセプトは21世紀にはもうオワコン。コンテンツとして無理があるのではないでしょうか。

特にこの2003年版ハルクは、後のイン(略)ハルクと比較してもハルクの造形が極めて漫画チックであり、個人的には失笑の対象にしかなりません。
だって全裸で緑でパンツ一丁でしかもムキムキなんだよ…失笑以外の感情を持つのは僕には不可能です。
で、失笑レベルの主人公を起用した時点で、そこにどんな物語を紡がれても全く頭に入ってきません。
映画の途中、ときどき入ってくる画面マルチ分割などを利用したおしゃれ映像は、おそらくコミック的な演出を狙ったものだと思いますが、そういう意味では成功していると思います…が、何しろ主人公のコンセプトがあれすぎて、そういう事のすべてがどうでもいい事にしか思えないのです。
多分世間が「フランケンシュタイン対地底怪獣」のころのメンタリティならこのハルクはめちゃくちゃ面白く観る事ができたと思うのですが、残念ながらそこから50年もたっていますし僕ももう大人(つか老人)です。
(つか「フランケンシュタイン対地底怪獣」のころ僕はまだ1歳なので映画を観るもなんもないんですが)

21世紀にハルクは無理、それが僕の結論です。
あばれて万歳さん [地上波(吹替)] 4点(2017-08-16 15:24:32)
144.当時、XMENの1作目が公開され、スパイダーマンが大ヒットして、アメコミヒーローモノが流行り始めた頃だったと思います。
主題歌を歌っていた元ガンズのメンバーで結成されたヴェルヴェット・リヴォルヴァーのアルバムが大好きでした。
で、肝心の本作ですが残念ながら見ていて退屈です。映像など凝っていて、作り手側の熱意も伝わってくるのですが、ストーリーが退屈で面白くないです。面白くないならないで、B級的な面白さを期待したくもなりましたが、それもないです。
リブートされましたが、そちらも今のところ、続編もなく、アベンジャーズの一員としてのみ生き残ってます。原作は知らないのですが、ハルク単体としては他のキャラに比べると厳しいんじゃないでしょうか。
映画の夢さん [DVD(字幕)] 2点(2016-07-19 16:05:50)
143.事前に評価の低さを知っていましたがそれでもつまらなかった。いや、アクションは二の次でストーリーメインで行くんですーって言うならそれでもいいんだけどそのストーリーもゴミのようにつまらないんだもんな。
ケ66軍曹さん [DVD(字幕)] 3点(2015-08-12 00:25:09)
142.《ネタバレ》 他のアメコミ映画化作品とは趣が異なり私は面白かった。
アン・リー監督は作風が徹底していてブレが無い。
「Life of Pie」を観賞した後だったので、余計そう思えた。
ただ、シンプルなアクション大作を期待していた人は肩透かしを喰らうかも。
大々ファンのジェニファー・コネリー出演と言う事も有り、少々甘めの採点。
それにしても、このお方は本当に綺麗です。
こんな綺麗な人に見つめられれば、そりゃハルクの怒りも治まりますよ。
たくわんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-07-31 13:28:30)
141.画面構成やカット割り等がテレビぽくって、映画としてのダイナミックさに欠けていた。話の展開がダラダラで、核心部分を異常に勿体ぶりすぎ。その割に解明したからといって、別段特別な驚きもなかった。主役であるハルクの面白さ、映画としての役割は、どれだけ暴れまわって爽快さを観客に体感させられるかだと思う。その点に関してこの作品は、全くそれが追求されておらず、非常に残念でした。かと言って人間ドラマも何か中途半端で消化不良。ジェニファー・コネリーの美しさだけが唯一の救いでした。
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 2点(2013-06-19 13:15:28)
140.《ネタバレ》 絵に描いたように可もなく不可もなく。
CGとかの完成度とか結構凄いし、アクションシーンもよく考えられてるんだけどやっぱりなんというかひと味も二味も足りない。
量産型という感じのお話だった。
黒猫クックさん [DVD(吹替)] 5点(2012-04-14 21:07:14)
139.《ネタバレ》 緑に染まった怒れる怪物。ジェニファー・コネリー演じる美しいヒロインとナメック星人、まさに美女と野獣ですな。何も残らないけど何も考えずに楽しめました。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2012-03-27 00:03:27)
138.《ネタバレ》 今、TV実写版「超人ハルク」観たら、そのチャチさに笑っちゃうんだろうけどさ… 
でも、TVハルクには、まだマトモなストーリーとドラマがあった。 
だから、今でも思い出と共に語られる価値がある。
それら共感できるストーリーとドラマが本当にないんだよね、このハルクには。 
だから、5年後に作り直されちゃうんだよ。 

伊達邦彦さん [映画館(字幕)] 3点(2012-03-18 04:20:53)
137.この女優さん、なんとかコネリーに似てるな。新しい人かな…。美しい人だな。
この人の他の出演作も見てみよう…と思ってたら、ジェニファー本人でした。若!。
あ、そうか。そもそも「ハルク」自体が結構前の映画なのか。
内容は…。まあ、とにかく長過ぎ。
じょるるさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-01-02 22:36:28)
136.あのダッシュ、ジャンプ力、色…ルイージだな。
SINさん [DVD(字幕)] 4点(2009-09-17 22:23:55)
135.《ネタバレ》 えぇ、ジョシュ・ルーカス演じるタルボットの死に方完璧お笑いの域やん。。なんちゅー手抜き・・、画面から浮きすぎです。アメコミもあんまり知らないし、もちろん「ハルク」も知らないんだけど最初から暗くて重苦しくオープニングクレジットも長い。で、そっからも長い。全編ハルクの豪快な暴れ方と特撮に力を入れましたよー!!っていう雰囲気しか感じなかったし変に画面のコマ割りが多かったので結構ウザかったです。ハルクも力が強いのはわかるけどなんでそんな飛び方で何百メートルも飛べるんだ・・??
M・R・サイケデリコンさん [地上波(吹替)] 4点(2009-03-19 11:01:39)
134.う~ん、、、何か全体的にもっさりしてますね。
ハルクとして観ると何だか物足りないです。
抹茶御膳さん [DVD(字幕)] 3点(2009-03-05 10:06:18)
133.暗い…。絵も暗ければ、話も暗い。
アメコミの映画化は、どういうわけか暗いのが多い気がする。
スーパーパワーで、にっくき敵をぶっ潰すぜ!みたいな
誰でもわかるようなストーリーにどうしてできないのか、
その屈折ぶりは理解に苦しむ。
ハルクの表現はとてもよい。普通の人間からハルクに変化するところは
とても自然だし、壁をブチ破ったりあたりのものをちぎって
ブン投げたりするのもよい。ジャンプ力はありすぎな気もするが。
しかし明確な敵がいなく、かわりにアメリカ軍が追ってくるけど
戦わずに逃げてばかり。
映像は迫力あるけど、爽快アクションとは言いがたい。
コマンチとかラプターが出るのは見所かもしれない。
さん [地上波(吹替)] 6点(2009-01-11 06:56:49)
132.《ネタバレ》 何というか昨今のアメコミブームに乗っかって一応作ってしまったというような感じの作品。大した悪役も設定してないので、映画中ハルクが軍隊と延々とバトルしているのは観ていて非常に疲れました。見所は殆ど無かったですが、ハルクの走り幅跳びは凄かった。
民朗さん [DVD(字幕)] 3点(2008-08-08 01:11:12)
131.ある年代以上にとって『ハルク』といえば、テレビドラマの『超人ハルク』。そうは言っても自分の場合、怒ると緑色のマッチョに変身という設定以外あまり覚えていません。CGの無い時代ですから、ハルクは全身を緑色に塗ったごく普通のムキムキ男。アクションもそれ相当のものでした。そんなドラマ版と比べると、本作のハルクは「凄まじい」の一言。大地を蹴って大ジャンプ。戦闘機に飛び乗って大気圏突破。その爽快感は素晴らしい。アメコミをそのまま実写化したような演出も面白いです。ただ物語に中身がない。主人公は何を受け入れ、何を放棄したのか。特異体質を手に入れた若者の苦悩が見えてきませんでした。映像は確かにスゴイけど物足りないです。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-07-02 18:03:26)
130.緑のおっちゃんのパンツすげぇ!
くまさんさん [DVD(字幕)] 5点(2007-04-15 20:38:03)
129.全体的にパッとしない作品。
ucsさん [DVD(字幕)] 4点(2007-03-06 16:14:08)
128.《ネタバレ》 アメコミの映画化にしては、他と比べてかなり重い。精神的葛藤がメインになっていて、豪快な戦闘シーンは二の次って感じになっている感じ。こういう精神面を描くのは嫌いじゃないんだが、これはどうしたものかつまらない。実の親父がサイコで、最終的に親父と戦うことになるって展開もまあ面白味があるのに、何故だろう?
MARK25さん [DVD(字幕)] 4点(2006-05-28 18:39:37)
127.《ネタバレ》 長い・・そして暗すぎる画面に飽きてきた。
「ダークシティ」のような灯りを消せば観られるという暗さではない。
なんとこの作品の暗がりでの格闘シーンはCGとCGの戦いみたいなもので、
揺れるし暗いしで全く臨場感もない・・
唯一よかったのが明るすぎるくらい明るい砂漠や裸の山を飛ぶハルク、
かなりドンキー・コングみたいに飛びまくるのだがその浮遊感はよかった。
何が合わないというのはすぐわかった。
演出だ。
デ・パルマの映画のようなカット割り。
あちらはサスペンスだからまだよいとして・・
SFでのこの説明的な漫画のコマ割りはどうなのか?
たまにあるなら許せるにしてもあまりに乱雑に使われると、
安物のスパイ映画をテレビで観ているよう・・
もしこういった演出をたとえば「キング・コング」でやったらどうか??
SFで一応お金かけてるんだから・・
監督のアン・リーは「ブローク・バック・マウンテン」の人なんだけど、
まさかこういうのその映画ではやらないでほしい・・
あのカット割りはデ・パルマやタランティーノ作品で観るべき(苦笑)
ハルクに変身してからも緑の怪人=シュレックか、
サッカーのイタリア代表のビエリか!?
そう、体の動きはドンキー・コングやってるみたいだった。
「宇宙戦争」の地面の割れる見せ所のようなシーンが出てくるが、
同じようなシーンを演出してもコレだけ違うんだと納得。
SFは見世物でもあるのだから「ダークシティ」を見習ってほしい。
その作品にも出ていたジェニファー・コネリーをまた観た事になる。
かわいいしきれいだなぁ・・
どちらかといえば彼女は男顔で東洋的、
天海祐希に感じが似てる気がするのだけれど・・
エリック・バナは「ミュンヘン」のほうがよかったなぁ。
もちろんこの作品でも親子愛やらシリアスな演技もしてはいるものの、
「トロイ」や「ミュンヘン」に比べると・・
というより彼はこういうのに出ちゃいけないとさえ思う。
ハリウッドで数少ない誠実な普通の大人が素でやれる役者だと思うんだけど・・
うまいけれど作られた普通さのトム・ハンクスとか、
若い朴訥なトビー・ワグワイアやユアン・マクレガーとかは別として・・
役者の個性という点ではジェニファーの父がよかったなぁ・・

アルメイダさん [DVD(字幕)] 4点(2006-04-02 13:19:43)
126.子供の頃、テレビシリーズの「超人ハルク」、大好きでしたよ。子供って、筋肉ムキムキが大好きなんだねえ(と一般化する)。そして何となく漂う哀愁。あの超人ハルクが、CGになって帰ってきた!と思ったら、暗くて何やってるのかさっぱりわからん!イライラ~!と思ったら、突然、これでもかとイヤミな程に明るすぎる陽光の下に姿を現すハルク! こりゃ見やすくていいや、がんばれハルク~! 一方迫り来るは、「大」戦車軍団(笑)! こんなショボイ数の戦車、映画らしくなくって新鮮さすら感じる。こんなことで大丈夫なのか、アメリカ軍! というわけで、ハルクの手にかかったらひとたまりもないんだけど、さあ、ここがハルクの腕の見せ所。戦車を振り回してハンマー投げ! 室伏選手が以前、CMで巨大レンゲを投擲していたが、まさにそれに勝るとも劣らぬハルクの大投擲&気合のポーズ! このシーンに限らず、映画のアチコチでハルクのダイナミックな「投げ」が登場、なかなかの快感でありました。映画はこの後、支離滅裂となり(いやその前から支離滅裂だけど)、「お見苦しいものをお見せしてすみませんでした」とばかり、最後はまた画面を暗くして何がなにやらよく判らないまま終わってしまう。いやはや、おそらくもっと普通に「CGの都合」を優先し、普通にゴマカシつつ普通にCGを使って普通にハルクの活躍を描けば普通に面白い映画になったかもしれないのに、敢えてその「普通のゴマカシ」を逆手にとったかのようで、これがかえって味のある仕上がりになってます。「おや、この映画、もしもハルクさえ登場させなければ、ちょいとした傑作になっていたんじゃないの」と思った人がいれば、まさに成功と言えるでしょう(か?)
鱗歌さん [DVD(字幕)] 7点(2006-03-25 20:28:47)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 145人
平均点数 4.48点
032.07%
174.83%
2138.97%
32114.48%
42315.86%
53826.21%
61913.10%
7128.28%
885.52%
910.69%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.33点 Review3人
2 ストーリー評価 4.00点 Review8人
3 鑑賞後の後味 4.14点 Review7人
4 音楽評価 5.00点 Review7人
5 感泣評価 3.50点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS