ライフ・オブ・デビッド・ゲイルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ライフ・オブ・デビッド・ゲイル
 > (レビュー・クチコミ)

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

[ライフオブデビッドゲイル]
The Life of David Gale
2003年【米】 上映時間:131分
平均点:7.13 / 10(Review 182人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-07-26)
ドラマサスペンス
新規登録(2003-07-27)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-03-20)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アラン・パーカー〔監督〕
演出ダグ・コールマン(スタント・コーディネーター)
キャストケヴィン・スペイシー(男優)デビッド・ゲイル
ケイト・ウィンスレット(女優)ビッツィー・ブルーム
ローラ・リニー(女優)コンスタンス・ハラウェイ
ガブリエル・マン〔男優〕(男優)ザック・ステモンス
マット・クレイヴン(男優)ダスティ・ライト
ローナ・ミトラ(女優)バーリン
ジム・ビーヴァー(男優)デューク・グローヴァー
レオン・リッピー(男優)弁護士 バクストン・べリュー
マルコ・ペレラ(男優)TV司会者
メリッサ・マッカーシー(女優)ニコ
アラン・パーカー〔監督〕(男優)パーティ客(ノンクレジット)
挿入曲ジャコモ・プッチーニ歌劇「トゥーランドット」より「氷のような姫君の心も」
撮影マイケル・セレシン
製作ニコラス・ケイジ
アラン・パーカー〔監督〕
ユニバーサル・ピクチャーズ
製作総指揮モリッツ・ボーマン
ガイ・イースト
ナイジェル・シンクレア
配給UIP
美術ジェフリー・カークランド(プロダクション・デザイン)
スティーヴ・アーノルド[美術](美術監督)
編集ジェリー・ハンブリング
録音アンディ・ネルソン[録音]
デイヴィッド・マクミラン[録音]
字幕翻訳戸田奈津子
その他ジュリエット・テイラー(キャスティング)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
182.《ネタバレ》 レイプ犯で死刑囚のデビッド・ゲイルに対して、処刑4日前から女性記者が弾丸レポート。ムショのガラス越しから語られる真相。濃厚なサスペンスドラマを通じて死刑制度の賛否を問う。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2019-11-10 20:34:22)
181.《ネタバレ》 最後まですごく引き込まれた映画でした。

気になるのは・・・
 ・最後不倫奥さんに金が入ったのが残念。まぁ息子小さいし。
 ・主人公の崇高?な考えは分かるが、大学同期は良いとして
  酔っぱらってたとはいえ、悪名高い学生と衝動的なエッチしちゃったし同情があまりできなかった。
 ・カウボーイの謎のバレバレ連続尾行。あれはなんのため??
 ・そもそもインタビューを受けなくても、死後にマスコミへビデオを送りつければ良かったのでは??
とむさん [DVD(字幕)] 7点(2017-06-11 14:13:21)
180.《ネタバレ》  子供思いで真面目な生活を送っていた人間が、不真面目な生徒の逆恨みにあって人生崩壊していくドラマ。それが最初の印象。見ていて気持ちのいいものではありませんね。
 ミステリー要素があるため、サスペンス的な側面もあり。
 『死刑廃止論』というテーマをとりあげる『社会派ドラマ』の側面もあり。
 ですがこれはタイトルにもあるように、『デビッド・ゲイル』という人間の生き方を綴った人生ドラマなのでしょう。
 理不尽な仕打ちの連続に、一度も人生逆転することなく終わりそうだったのが、最後の最後で、命がけの逆転ホームランを打つ復讐劇に見えたのは私だけでしょうか。
 デビッド・ゲイルが本当に取り戻したかったのは、『自分という人間の信頼』であり、『人としての尊厳』であったと思うのですが、いかがでしょう。この死刑が冤罪だと証明できれば、過去のレイプ疑惑だって冤罪であった可能性を主張できます。
 どうせこのまま、濡れ衣を着せられたまま人生が終わるのであれば、最後自分を裏切り虐げていたすべての人々に、『お前達は全員間違っていたのだよ。俺が正しかったということを今更後悔しても遅いけどな。お前達は取り返しのつかないことをしたんだ。』と証明して死にたかったのではないでしょうか。
 私には少しだけデビッドの気持ちがわからんでもないのです。
 ただデビッドに感情移入させるために必要であった、デビッド主観の回想シーン。わかるのですが、結論に至るまでが、長い、長いよ。
 中だるみしちゃったよ。
 ラスト15分は、そりゃあ盛り上がりましたが、あのオチに対してもったいつけすぎではないですか。
 映画としての完成度は高いと思います。
 ですが、個人的な好み、そしてこのオチに対してこの尺か、という点は評価から差し引きました。
 ケイト・ウィンスレットが謎解きをするパート、良かったのですが、若干『泣きの演技』が過剰だったかもしれません。
 そこはもう少し冷静に事件を記者として追うほうが、デビッド・ゲイルの悲哀が逆に際立ったと思います。
たきたてさん [DVD(字幕)] 6点(2016-12-31 14:14:54)(良:1票)
179.《ネタバレ》  クオリティの高さは分かるのだけど、どうにも作中の価値観やらメッセージやらが肌に合わなくて「面白い」と素直に言えないタイプの映画があります。
 残念ながら本作もそんな一つとなってしまったみたいで、脚本の騙しのテクニックやら演出やらに感心させられつつも、観賞後は「うーむ」と腕を組んで考えさせられる破目になりました。

 まず、この映画の最大のオチに関しては「無実の人が死刑された確かな証拠があれば、死刑停止に追い込める」という台詞をデビッド・ゲイルが耳にするシーンがある以上、多くの人が途中で気が付かれたのではないかな、と思います。
 自分も、この台詞が飛び出す時点(映画が始まってから三十分程)でオチは読めていたので、衝撃という意味では薄かったのですが、ラストに長々と説明せず「デビッド・ゲイルも彼女が自殺であると承知の上であり、一連の計画の協力者であった」と映像で示すだけで、スパッと終わらせる演出は見事でしたね。
 こういうパターンの場合、つい「こんな分かり易い伏線があるんだから、気が付くに決まっている」と作品を見下してしまいそうにもなりますが、ラストの演出で説明を最低限に済ます以上、このくらいのバランスで丁度良かったのではないでしょうか。
 観客に対して、きちんと「推理する材料」を提示するという意味でも、非常に誠実な作りであったと思います。

 で、上述の「肌に合わない」部分に関してなのですが……これ、どう考えても「死刑制度の問題点」を指摘しているとは思えないのですよね。
 自分で死刑になるように行動しておいて「実は冤罪なのに殺されちゃいました」って、自業自得としか思えないし、この場合に明らかになった問題点とは「自ら積極的に死刑になろうと色々と工作した人間を死刑にしてしまう可能性がある」という話でしかない訳だから、台詞の通りに「死刑停止に追い込める」とは考えられないのです。

 デビッド・ゲイルの動機としては「取材を受ける報酬として手にした大金を、別居中の妻と息子に贈りたい」「もうじき病死してしまう恋人と心中したい」という想いの方が強かったのではないかな、とも思えますが、劇中ではそれらの感情的な動機よりも、あくまで「死刑制度の是非」という点に重きが置かれている為、やっぱり「そんなやり方で死刑制度を廃止出来る訳ないじゃん」という結論に至ってしまう訳で、何とも中途半端。
 本当に死刑制度の問題点を指摘したいなら、倫理的に許されないのを承知の上で「無関係な第三者を犯人に仕立て上げ、彼が必死に無実を訴えても死刑が宣告されるのを見届けてから、執行の直前に全てを自白する」という作戦を取った方が、よっぽど効果的だったのではないかと。

 そんな困った人物である彼を、過度に美化する事は無く「公開討論番組で、知事に言い負かされた仕返しをしたかっただけ」「権力者を馬鹿にして、自分の方が利口だって証明したかっただけ」と示す描写も挟むなど、作り手の器の大きさというか、公平な視野を感じさせる辺りは、好ましく思えます。
 それだけに、話の核となる部分から説得力が伝わってこなかった事が、実に勿体無く思える一品でありました。
ゆきさん [DVD(吹替)] 6点(2016-12-22 10:36:31)
178.《ネタバレ》 これはあくまでも娯楽映画。
死刑制度は、こんな単純なことではありません。
どんでん返し映画としては秀作ですが
死刑制度を娯楽に使う作風は好きになれません。
こっちゃんさん [DVD(字幕)] 3点(2015-06-26 04:29:19)(良:1票)
177.《ネタバレ》 まったくどんでん返しになっていないラストに呆然。
あまりにも見え見えだったので、それがミスディレクションでもう一ひねりあるだろうと思ったくらい。
ところが、早くから予想された通りの真相で、拍子抜けもいいところ。

レイプ殺人の被害者とされた女と、犯人とされた同僚の男が、ともに死刑廃止の活動家ということで、事件の真相は見えてくる。
それに、ケヴィン・スペイシーということで、どうしてもカイザーソゼのイメージがあって、素直に冤罪の被害者で終わるとも思えない。
そこで死刑撤廃を目的とした計略が疑われるが、それにぴったり合致するようなシーンが続く。
デビッドがビッツィーへ孤独と不安を抱える二人が愛し合ったところで、やっぱり二人は共犯だったと予想が確信に。
愛する女の思いを遂げさせ、一緒に死んであげるというのは、究極の男の純愛か。
愛というよりは共感と、冤罪ですべてを失ったことへの絶望と復讐のような動機かもしれないが。
ただ、中盤から真相が見えてしまい、謎解きやどんでん返しのサスペンスの醍醐味は味わえず。

そういったことを抜きにしても、内容的にもスッキリはしない。
死刑廃止の思想も、それを実現する手段もまったく共感できないし、生死をかけてそこに突き進んでいくことに違和感を覚える。
コンスタンスがデビッドも犠牲になる偽装計画に反対しなかったのも解せない。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 3点(2015-02-10 22:25:31)
176.全く中身を覚えていないほど印象に残らない映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-09-05 00:55:46)
175.《ネタバレ》 サスペンスとして完成度が高いのに取り扱うテーマが死刑制度(冤罪)なので地味オーラが漂いまくっています。エンターテイメントとしてもかなりの完成度ですが、このテーマでは派手に演出できませんねぇ。
セブン、ユージュアルのスペイシーを持ってきたのも凄い。普通、スペイシーが主役だと誰でも疑いたくなりますが、その上であえてこのラストを見せきるのは凄い勝負だったと思います。制作陣に拍手。

この映画の凄いところは、未見の人がラストシーンを見てもネタバレしていない点です。ストーリーを理解していない人にはなぜスペイシーがビデオに出てきたのか意味が判らないからです。学生とのセックスもそうですが、主人公はいつだって何も悪いことはしていません。。色んな意味で深い映画だったと思います。暗いですがイイ映画ですよこれ。
アラジン2014さん [DVD(字幕)] 7点(2014-09-03 17:23:34)(笑:1票)★《更新》★
174.《ネタバレ》  序盤から終始引き込まれ,ラストもうまくまとまっていて良かった。死刑制度の反対根拠のひとつに冤罪の場合にもっとも取り返しがつかないこと,というのがあるので,主人公らの行動もむちゃくちゃなものとまではいえないのでは。 
 余命わずかな彼女の命を最大限生かす行動として,ただ死ぬのを待つよりも,行動を選んだということも,しっかり伏線が効いていて納得できる。ただ,いくらなんでも冤罪で死ぬ必要まではなかったのではないでしょうか。死刑が確定してから,執行までの間に,冤罪であることを明らかにすれば十分だったと思いますが。
キャストにもう少し華があったほうがいい気がするけど,脚本,演出も良く,良作でした。
Yuさん [DVD(字幕)] 8点(2014-06-10 12:09:56)(良:1票)
173.《ネタバレ》 ケビン・スペイシーが神妙に語っている時点でどうしても「カイザー・ソゼェ」が頭に浮かんでしまい身構えて見てしまいました。
このため、ラストは2重に罠が張られていたにもかかわらず驚きは控え目でした。
ただ、これは見ているこちらのハードルが上がってしまっただけであって、サスペンスとしては普通に面白い作品だと思います。
しかしながら、これら一連の行動って死刑反対に結びつくのか?という根本的な疑問が消えなかったため評価は落としました。
午若丸さん [DVD(字幕)] 6点(2013-12-02 00:30:39)
172.《ネタバレ》 いやー、良い意味で裏切られました。舞台は政治的に保守的なカラーが根強いとされるテキサス。中盤まではカウボーイ風の男が記者二人を付け狙い、死刑制度反対派のゲイルは制度賛成派の右翼団体に嵌められた可能性を示唆する。この中盤まで「また豪く一方的に偏った内容だなぁ」と思ってました。いかにもゲイルが何らかの陰謀に巻き込まれた様にミスディレクションしていますからね。
しかし最後に明らかになるのは全く別方向の真相でした。この映画は死刑制度について「こっちが正しい!こっちは間違ってる!」と結論づけてはいない。ただ"冤罪の人間が死刑になる可能性もありうる"という当たり前の事実を示しているだけです。但し、観客への問題提起にもキチンとなっている。そういうバランス感覚も魅力の一つかと思います。
因みに私は最後までしっかり騙されました。観客の心情はともかくゲイル自身は納得してあの最期を受け入れた訳で、個人的には爽快感のある良いラストだと思いました。
民朗さん [DVD(字幕)] 8点(2013-11-23 14:14:52)(良:1票)
171.《ネタバレ》 ゲイルはなぜ彼女に調査を依頼したのか?結局事は彼のシナリオ通りに運んだのか?どうも根本的なところで腑に落ちない印象が残る。死刑を免れたいのなら早く証拠のビデオを提出すればいいし、免れたくないのならジャーナリストと危ういゲームをすべきじゃない。作劇上の都合が先に立って、論理的整合性がないがしろにされているのではないか。そもそも冤罪の可能性を訴えたいのなら、全力で無罪を主張しなくては効果が無い。あの作戦では死刑になっても自業自得と言われるのがオチだろう。ビデオ内で活動家の女性が自殺するシーンは、それに先だってジャーナリストが内容を予測して述べてしまっているので、得られるべきカタルシスがない。監督は観客の感情を操るのも不得手なタイプとみた。
皮マンさん [DVD(字幕)] 3点(2013-07-30 13:03:33)(良:2票)
170.《ネタバレ》 なんかなー。冤罪の可能性があるから死刑に反対なんでしょうか。死刑場に駆け付けた反対論者は「罪は神に許されたから」と言っていましたが。彼は冤罪であって冤罪でないわけで、こんな手法はもはやテロでしょう。彼が死刑になったのは悲劇で反対すべきことなんでしょうか。悲劇だとしたら、冤罪のそれなのか?運動に狂信的におぼれていった彼女の、そして彼自身の悲劇では?なんかもやもやする映画でした。「健康のためなら死んでもいい」と大真面目に言われたような気分です。
デルモゾールG軟膏さん [地上波(字幕)] 5点(2013-07-29 23:30:13)(良:3票)
169.何度繰り返し見ても理解に苦しむ場面や、そこまでやるのかと思わせる場面もあるが、よくできた映画だと思う。死刑制度や冤罪を問う社会派ドラマでもあるし、綿密に仕組まれたサスペンスでもある。何と言っても脚本がすばらしいし、敬遠されがちな政治的イメージもうまく映画にしていると思う。緊迫感があって最後まで目が離せないし、繰り返し見れば、細かな伏線も感じることができる。さらに言えば、カウボーイ風の男が登場するたびに流れるオペラのアリアも、最初はかすかに流れ、それが繰り返されるたびに明確な旋律となり、最後は舞台の場面となって出てくる演出もすごい。オペラはプッチーニの遺作となった「トゥーランドット」歌われるアリアは自己犠牲の象徴とも言うべきだろう。興味ある方はオペラ「トゥーランドット」について調べてみられるのが良いだろう。この映画と重ねて見れば、感動も倍になるかもしれない。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 9点(2013-03-09 09:54:16)
168.《ネタバレ》 素直に最初から最後までサスペンス映画として楽しめました。エンディングに賛否両論があるようですが、私にはすんなり入ってきました。アラン・パーカー作品とは相性があうのかな。
チェックメイト・キングIIさん [DVD(字幕)] 8点(2012-12-16 00:13:46)
167.私もラストにはちょっと疑問。ただ内容はサスペンス色が強いものの、興味深く観ることができた。
nojiさん [地上波(字幕)] 6点(2012-10-27 23:25:14)
166.《ネタバレ》 死刑制度の是非を問う上で「冤罪の可能性がある」という意見は微妙にズレている気がする。なぜ死刑に反対?→冤罪の可能性があるから→可能性が微塵も無い場合は刑を執行しても構わない?→○○。この○○からが本質、核心部分だろうと思うけど、本作は前段階での闘い。よって死刑反対を訴えるのが目的ならあまり効果的とは思えない。のめり込みすぎた活動家の狂気、なんて見方をすればいいのかな?。確かに「やりかねない」とは思ったけど…。ミステリーとしての面白さはあり、退屈せず見られたので6点献上。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-08-17 17:41:49)
165.《ネタバレ》 これがアラン・パーカーの作品だったなんて、ちょっとビックリ。かなり引き込んでおきながら、結局は全然社会派でもなんでもない単なる3番煎じドンデン返しサスペンスに仕上げてしまった駄作。これ、ひどい濡れ衣に苦しんだ経験のある人間が観たら、すっごく迷惑で腹立たしい話のような気がする。他の方も書いてらっしゃいますが、「冤罪」と「死刑」をごちゃ混ぜにするようなストーリーも嫌い。冤罪晴れてからもずっと苦しんでる人はいるでしょうに、命は助かっても奪われた人生は返ってこないし、受けた痛みはそう簡単に癒えないはず。「死刑にさえしなければ、命以外のものは何だって取り戻せる」わけではないのだから。そういう事態に無実の人間を追い込んだものが、それ相応の罰や責任をどう負うのかってことは全く問題にされず、それどころか「冤罪って、ほんとに全て冤罪なのかね?」みたいな何とも無神経なことをやらかして終わるとは・・・。そういう思いをさせられる人間というのは極々少数であるから、そういう立場の人にどう思われても痛くないしーみたいな精神を感じてすごく嫌な気分。「冤罪かもしれないし、冤罪じゃないかもしれない」みたいなことを映画で遊びたいなら、も少し「これは単なる現実離れしたサスペンス映画ですよ」という体を最初から成して欲しい。冤罪を受けた者にとっては非常に大きな問題だというのに、なんてお気楽な道楽精神でフィルム使ってるんだろう? あんなオチがどうしてもやりたいのなら「冤罪で無実の者を死刑にした者は、自分の死で償わなければいけない」というくらいの均衡を持たなきゃフェアじゃない。
だみおさん [DVD(字幕)] 4点(2012-03-29 01:46:00)(良:1票)
164.《ネタバレ》 個人的にスッキリしない作品。あの落ちは必要あるのかと思わせる内容であった。極端な話死刑はドンドンやっちゃてよってこと?
構成が良かっただけに残念な作品。
たこちゅうさん [DVD(吹替)] 5点(2012-03-27 00:22:50)
163.《ネタバレ》 ○とりあえず7点としたが、わかりづらい場面が多かったのが印象。改めてみて整理してみたい。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 7点(2012-01-18 23:50:06)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 182人
平均点数 7.13点
000.00%
100.00%
200.00%
352.75%
442.20%
5189.89%
62714.84%
74926.92%
84826.37%
92212.09%
1094.95%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.73点 Review15人
2 ストーリー評価 7.28点 Review21人
3 鑑賞後の後味 6.17点 Review23人
4 音楽評価 5.50点 Review14人
5 感泣評価 4.14点 Review14人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS