フラッシュダンスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > フラッシュダンス
 > (レビュー・クチコミ)

フラッシュダンス

[フラッシュダンス]
Flashdance
1983年【米】 上映時間:95分
平均点:5.74 / 10(Review 104人) (点数分布表示)
公開開始日(1983-07-16)
ドラマ青春もの音楽ものロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-01-04)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エイドリアン・ライン
助監督マーティ・P・ユーイング(第二助監督)
キャストジェニファー・ビールス(女優)アレックス・オーウェンズ
マイケル・ヌーリー(男優)ニック・ハーレイ
リリア・スカラ(女優)ハンナ・ロング
リー・ヴィング(男優)ジョニーC
シンシア・ローズ(女優)ティナ・テック
ミコール・マーキュリオ(女優)ローズマリー
ロバート・ウール(男優)
モニーク・ガブリエル(女優)ストリッパー(ノンクレジット)
戸田恵子アレックス・オーウェンズ(日本語吹き替え版)
小川真司〔声優・男優〕ニック・ハーレイ(日本語吹き替え版)
中尾隆聖リッチー(日本語吹き替え版)
高島雅羅ティナ・テック(日本語吹き替え版)
納谷六朗ジョニー・C(日本語吹き替え版)
安西正弘セシル(日本語吹き替え版)
富田耕生ジェイク・モービー(日本語吹き替え版)
横尾まりケティ(日本語吹き替え版)
原作トーマス・ヘドリー・Jr(原案)
脚本トーマス・ヘドリー・Jr
ジョー・エスターハス
音楽ジョルジオ・モロダー
作詞アイリーン・キャラ"Flashdance... What A Feeling"
キース・フォーシイ"Flashdance...What a Feeling"."Lady, Lady, Lady"他
編曲シルヴェスター・リヴェイ
主題歌アイリーン・キャラ"Flashdance... What A Feeling"
挿入曲ジョーン・ジェット"I Love Rock 'N' Roll"
撮影ドン・ピーターマン
製作ジェリー・ブラッカイマー
ドン・シンプソン
パラマウント・ピクチャーズ
リンダ・オブスト(製作補)
トム・ジェイコブソン(製作補)
製作総指揮ジョン・ピーターズ
ピーター・グーバー
配給CIC
特撮マイケル・ランティエリ(視覚効果)
美術チャールズ・ローゼン〔美術〕(プロダクション・デザイン)
マーヴィン・マーチ(セット)
振付ジェフリー・ホーナディ
衣装マイケル・カプラン〔衣装〕
ボビー・リード
編集バッド・S・スミス
字幕翻訳戸田奈津子
スタントコンラッド・E・パルミサーノ(ノンクレジット)
その他トム・ジェイコブソン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
シルヴェスター・リヴェイ(指揮)
チャールズ・ニューワース(ロケーション・マネージャー〔ノンクレジット〕)
あらすじ
昼間は男に混じって溶接工として鉄工所で働き、夜はモービーズ・バーのフロアダンサーとして激しいダンスを披露する少女、アレックス。彼女には、プロのダンサーとして成功するという夢があった。愛、友情・・様々な困難に藻掻きつつも、夢を求めて走りつづける、青春サクセスストーリー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
104.大好きな映画です。ストーリー、演技、音楽は最高です。光や照明を細部にまで意識しかなり凝った撮影をしています。各シーンも丁寧に撮られて無駄なシーンは一つもありません。私はアレックスに影響されて、高校時代は自転車通学をして、赤いマルボロを吸ってました。しかし実は、主人公アレックスよりも、スケート大会で失敗してストリッパーになってしまうアレックスの友人ジニーの方が好きでした。そのジニーを演じたサニー・ジョンソンが公開の翌年に脳内出血で亡くなったのがとても残念で悲しかったです。。。オーディション(役をつかむためのオーディションではなくダンス学校に入学するためのオーディション)に全力でぶつかり、合否は見た人の想像に任せるようなエンディングも好きです。何度見ても良い映画です。
みるちゃんさん [映画館(字幕なし「原語」)] 10点(2020-01-09 12:45:18)★《新規》★
103. 
数々のナンバーに合わせて俺の青春も蘇る。

時系列はすっ飛ばすが、フットルースやストリート・オブ・ファイヤー…
これらと共に青春のミュージックが想起したのさ。

流れるのはミュージック。
夢を諦めないまま溶接工をしていた彼女。
ジェニファービールス演じるアレックスの笑顔に胸を貫かれた。

このフィーリング!
映画の奴隷さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2019-05-18 20:58:18)
102.《ネタバレ》 懐かしい青春映画の傑作の一つ。
驚いたのは、有名なオーディションシーンとラストシーンの尺の短さ。
ここまで思い切って短くしていたんですね。
大切な人がいなくなってしまうシーンも、無駄をギリギリまで省いて観せてくれます。
その潔さ(と言っていいのかな?)は、昨今の長尺映画に参考にしてほしいものです。

まぁ、この作品にも「ん?このシーン長いね、、」があるとは思いますが。
hyamさん [インターネット(字幕)] 8点(2019-02-19 21:37:08)
101.テレビとかビデオでも何度か観た...音楽、特に最後のシーンを堪能するために。
全体的には普通の出来。でも時代を思い出すし、記憶には残る映画(ただし最終盤のみ)。
simpleさん [映画館(字幕)] 6点(2019-02-16 16:17:02)
100.夢を捨てることは死ぬことと同じ。ダンスと音楽と爽快感。昼は溶接工、夜はバーのダンサーとして働くアレックス。彼女にはプロのバレエダンサーになるという夢があった。恋愛と友情。様々な困難を乗り越え、夢に向かって走る女性姿を描く。シンプルな物語に迫力あるダンスと爽快な音楽を盛り込み、80年代に大ヒットした映画だ。子供のころ友人と劇場で鑑賞した際には、同じ日に3回連続で観てしまった。物語は本当にシンプルな展開で、大した山場も捻りもない。合間合間に挟まれるダンスと音楽のため、長尺のミュージックビデオ的な構成になっている。だが、何も考えずに物語に入り込める内容は好み。連続して再生される音楽と映像に包まれるような気分になり良い。悩んでいたり、落ち込んでいる時に観ると、気分をアゲてくれること間違いなし。たまにはこんな映画も観てみてはいかが?
しぇんみんさん [DVD(字幕)] 7点(2017-01-22 21:59:55)(良:1票)
99.《ネタバレ》 何かもうストーリー云々及び、ダンスシーンがモロ吹き替えだろ・・・とかを抜きにして(抜きにしていいのか?)、この映画の公開時は青春真っ只中でアイリーン・キャラの曲を聴くだけで、その頃にフラッシュダンスぢぁなくフラッシュバックする貴重な映画(私にとって)。

何をやっても中途半端だった自分だったが、当たって砕けろとばかりに少しづつでも前に進む勇気を貰えた作品でもある(砕けてばっかだったが・・・)。

80年代って良かったよ、本当(懐古オヤジでスマン)。

そんな訳で、ストリートダンサーでもあった私にとっては(ウソです)、大好きとは言えないまでも嫌いになれない映画なのです・・・ゴメンナサイ(誰に謝ってるんだか・・・笑)。

ブサ可愛いワンちゃんのグラント君も必見で影の主役!!

ぐうたらパパさん [DVD(字幕)] 7点(2014-01-05 13:05:31)
98.《ネタバレ》 まず顔が違う、背格好が違う、肩がすで男、あんだけ踊り狂ってよくカツラすっ飛んでかなかったな ラストにしてこれかよ あんまりじゃないか とにかく別の意味で衝撃を覚えてしまったオーディションシーンだった。もっと上手い事やれなかったのかしら せめて少しくらいジェニファーに踊りを教えて 少しくらい踊ってるとこ見せてくれるべきだったのではないだろうか あんましだと思ってしまった それまで溜めに溜めた90分がこれで消化できろうハズもないですやんか 

そもそも、お受験って、ダンスなん?クラシックバレエなん? どっちなん?
それこそホントに ホワット・ア・フィーリングだってんだ。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2013-12-27 20:54:06)(笑:1票)
97.《ネタバレ》 お話は・・、そうねそんなには面白くないかも。ベタですし。封切当時はまさに青春まっさかりで、若さのさなかにいた時は他人のサクセスストーリーにそれほど感じ入らなくて「ふーん」程度の感想だった。それから数十年、ああ青春の輝きは遠い所から見るほどに気付くもの。J・ビールスの若々しさ、初々しさ。夢を追う友人たちの健気さと挫折、後押ししてくれる叔母、恋人だけど上司といった周りの人達のドラマもバランス良く織り込まれて正統派なドラマの作り。演出になかなかセンスを感じるのですよ。路上でのパントマイマー達や、交通整理のお巡りさんのアクションをもコミカルに描写しちゃう場面。事務のおばさんの食事中の悲劇。ブサイク犬グラント君も重要な脇役、ラストのおめかし姿は必見。なにしろオープニングの音楽からどーっと当時の感覚を呼び覚まされてしまうので、なつかし補正も手伝ってちょっと大甘の点数ではありますが。
tottokoさん [映画館(字幕)] 8点(2013-06-07 00:40:07)
96.《ネタバレ》 出てくる音楽やダンスが好きな人なら点数は上がると思う。
どちらにも興味が無い私にとっては、映画として点数をつけると4点になる。
30分で終わる話を音楽とダンスでの~んびりとやっている。
虎王さん [DVD(字幕)] 4点(2013-05-29 22:22:37)
95.公開当時は話題になったしそれなりに感動したような気もするが、今見直すとそれほどでもないような…。
シンプルでわかりやすくまとまってはいるが、よくあるストーリーといった感は拭えない。
同じダンスを素材にした青春映画の『フットルース』と比べても、話に深みがない印象。
飛鳥さん [DVD(字幕)] 6点(2013-05-27 19:59:12)
94.《ネタバレ》 当時も劇場で観たけれど、やはり同じ箇所で大減点でした。最後のオーディションでのボディダブル使用。身長も体格も違うしカツラだし、、、。あんなにいいシーンなのに。せめて審査員に指差すカメラ向いてる時くらいジェニファー本人にするとかさ。残念。
movie海馬さん [地上波(字幕)] 5点(2013-01-25 20:59:19)(良:1票)
93.懐かしい。当時観た人にとっては、それしか残っていないだろうと思います。主題歌も含め、ヒットしました。当時は感動した私。今の私にとって、90分間が苦痛でしか感じないのは、やはり私自身のせいでしょうか?
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-01-22 18:22:07)
92.《ネタバレ》 今観ると、ジェニファー・ビールスちっとも踊ってないじゃん。胸から上のカットで頭を振ってるだけ。子供だましなカット割りに騙されてました。私が子供だったってことか。さらに、記憶にあった以上にエッチでした。彼氏を自宅に入れて目の前でトレーナーの下のブラを外すシーンは勿論、レストランでロブスターを食べるシーンなんて前戯ですな。そういえばエイドリアン・ラインって、この後も調子に乗ってエッチな作品を撮ってました。でも、目のくりくりした小麦色の肌の女の子の可憐さと音楽を散りばめた構成が当たって、映画の内容以上にヒットしました。取っ付き易かったんですね。以降、主題歌に力を入れた映画が増えたように記憶しています。映画自体は公開時の鑑賞を含めてたぶん3回目くらいですが、サントラのレコードをテープに録音して何度も聴いたので、劇中の曲にもの凄く馴染みがあったのが可笑しかったです。
アンドレ・タカシさん [映画館(字幕)] 5点(2011-12-21 23:27:42)
91.ミュージカル映画じゃなくて、れっきとした青春ドラマ。
ひと言でいえば、「サタデー・ナイト・フィーバー」の女性版。
でもストーリーは結局二番煎じだし、こちらは雰囲気が妙に暗くてあまり面白くない。
内容が薄いぶん、時おりPVのような映像で音楽に合わせたダンスシーンを見せてくれる。
これらの音楽は、日本でも随分とヒットしたっけ。懐かしい。見所はそれぐらいかな。
MAHITOさん [映画館(字幕なし「原語」)] 4点(2011-07-19 07:53:52)
90.はっきり言って内容が無い映画。ダンスで成功をと言う点でも、恋愛と言う点でもかなりあっさりとした作り。まぁ、映画と言うよりは80年代のPVって感じだ。80年代の映画が好きな自分としてもこれでは低評価にしか出来ない。劇中で流れる音楽とダンスシーンを見てこの時代の雰囲気を感じるのにはいいかもしれない。それに、主人公がキュートなところも良いところだ。楽しめるとすればこれぐらい。それにしても、最後の終わり方がサラッとし過ぎていて、「おい、ここで終わりかよ!」と思ってしまった。
スワローマンさん [DVD(字幕)] 3点(2011-05-08 22:43:57)
89.ダンスと挿入曲以外の中身が見事にないんだよなあ。80's青春ものには甘い私でも、これでは点数を絞らざるをえない。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-03-07 00:01:17)
88.「ザ・80年代前半」代表選手みたいな映画ですね。小さな田舎町で、一番最初に出来た「レンタルレコード」店で最初にレンタルしたのが、この映画のサントラ盤。「サントラ」って覚えたての略語を口にするだけで少し大人になった気がして、やたらと友人との会話中の端々でこの単語を出し、誇らしげにいい気になって使ってました・・・(汗)サザンやユーミンよりも、なぜか杉山清貴の音楽が「都会の象徴」だと、勝手に自分の中で断定し毎日のように聴いていた、ニキビ面坊主頭の自分の姿を思い出します。当時のこっ恥ずかしくも、懐かしい思い出と空気感と共にこの点数で。でもこの映画、出来もそんなに悪くなかったと思います。今見てどうかという議論はとりあえず置いといて。
放浪紳士チャーリーさん [映画館(字幕)] 7点(2010-10-31 09:57:28)(良:1票)
87.主題歌は凄くいいし、主人公は光ってるんだけど・・、あの終わり方は消化不良です。
ネフェルタリさん [DVD(吹替)] 5点(2010-09-27 12:28:27)
86.何も考えずに、軽い感じで観るには良い映画です。
ちょっと少ないけどブレイクダンスやジャズダンスのシーン、アイリーン・キャラが歌う『フラッシュダンス:ホワット・ア・フィーリング』等の軽快なサウンドが心地よい。
ただし、ストーリー的な深みは全くない。ジェニーやハンナのエピソードがあるにはあるが、それらを十分に生かし切れていない。懺悔するだけでオーディションに向かわせてしまうのはもったいないと思うぞ。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 6点(2010-05-31 02:18:23)
85.懐かしいですねえ・・・。 大ヒットしたアイリーン・キャラの“what a feeling”にマイケル・センベロの“maniac”とか、ベストヒットUSAなんかでかなりヘビーローテーションで流れていたし、この頃からかな。この手のジャンルの映画の主題歌や挿入曲のPVに映画のワンシーンを挿入するという手法も多く見られましたね。自分の住む街に映画館が無い田舎住まいでまだ映画館に行くにはちょっと早かった頃なのでその後レンタルビデオか何かで見たのだと思いますが、80‘sテイストたっぷりの音楽やダンスは今観直すと感動的なまでに懐かしさを感じる映画です。
とらやさん [DVD(字幕)] 5点(2010-04-17 21:33:24)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 104人
平均点数 5.74点
000.00%
121.92%
221.92%
376.73%
454.81%
53129.81%
62725.96%
71615.38%
887.69%
932.88%
1032.88%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review2人
2 ストーリー評価 3.66点 Review9人
3 鑑賞後の後味 5.71点 Review7人
4 音楽評価 7.60点 Review10人
5 感泣評価 3.50点 Review4人
chart

【アカデミー賞 情報】

1983年 56回
撮影賞ドン・ピーターマン候補(ノミネート) 
オリジナル主題歌ジョルジオ・モロダー受賞作曲"Flashdance...What a Feeling".
オリジナル主題歌アイリーン・キャラ受賞作詞"Flashdance...What a Feeling".
オリジナル主題歌キース・フォーシイ受賞作詞"Flashdance...What a Feeling".
オリジナル主題歌 候補(ノミネート)"Maniac".
編集賞バッド・S・スミス候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1983年 41回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)ジェニファー・ビールス候補(ノミネート) 
作曲賞ジョルジオ・モロダー受賞 
主題歌賞ジョルジオ・モロダー受賞作曲"Flashdance...What a Feeling".
主題歌賞アイリーン・キャラ受賞作詞"Flashdance...What a Feeling".
主題歌賞キース・フォーシイ受賞作詞"Flashdance...What a Feeling".
主題歌賞 候補(ノミネート)"Maniac"

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS