青い珊瑚礁(1980)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > 青い珊瑚礁(1980)
 > (レビュー・クチコミ)

青い珊瑚礁(1980)

[アオイサンゴショウ]
The Blue Lagoon
1980年【米】 上映時間:105分
平均点:5.96 / 10(Review 57人) (点数分布表示)
公開開始日(1980-08-16)
ドラマラブストーリーアドベンチャーシリーズもの青春ものリメイクロマンス小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-11-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ランダル・クレイザー
演出伊達康将(日本語吹き替え版【TBS】)
キャストブルック・シールズ(女優)エメライン
クリストファー・アトキンズ(男優)リチャード
ウィリアム・ダニエルズ(男優)アーサー・レストレンジ
レオ・マッカーン(男優)パディ・バトン
アラン・ホップグッド(男優)船長
潘恵子エメライン(日本語吹き替え版【TBS】)
三ツ矢雄二リチャード(日本語吹き替え版【TBS】)
富田耕生パディ・バトン(日本語吹き替え版【TBS】)
渕崎ゆり子(日本語吹き替え版【TBS】)
津村まこと(日本語吹き替え版【WOWOW追加録音】)
池田勝(日本語吹き替え版【TBS】)
平林尚三(日本語吹き替え版【TBS】)
広瀬正志(日本語吹き替え版【TBS】)
郷里大輔(日本語吹き替え版【TBS】)
脚本ダグラス・デイ・スチュワート
音楽ベイジル・ポールドゥリス
撮影ネストール・アルメンドロス
ピーター・ライオンズ・コリスター(第二班撮影監督&挿入シーンの撮影)
製作リチャード・フランクリン(共同製作)
ランダル・クレイザー
コロムビア・ピクチャーズ
配給コロムビア・ピクチャーズ
編集ロバート・ゴードン[編集]
字幕翻訳野中重雄
あらすじ
そんなこんなで(←どんなこんなだ?)、思春期を迎える前の白人の少年と少女がサンゴ島(ラグーン)で2人きりになってしまう(←これが重要)。月日は経ち、2人は第2次性徴を終えて、美しい男と女に成長する(←これも重要)。さあ、君ならどうする?!まばゆいサンゴ礁と波しぶき、若摘みの果実のような肢体、果てしないイノセント・ラブを御堪能下さい。『ブルーラグーン』はこの映画の続編。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
57.内容としては4点なのですが、主演のお二人が嘘みたいに美しいので観賞用として追加1点献上。久しぶりに再見しましたが、大人になってから観てもお話の構成はやはり退屈でした。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-04-17 13:09:51)
56.《ネタバレ》 この頃のシールズを見ていると「果物は腐る直前が一番ウマイ」というのも頷ける気が(←こ、こら!)。また、シールズの影に隠れてはいるが子役の子だって十分に可愛い。といっても「プリティベビー」の頃のシールズにはやはり敵わないが。ラストがちょっとまどろっこしい終わり方になってるのは、製作者の立場からすれば「もし普通に『うう、もうダメだ、喉がカラカラで死にそうだ…。あ、船だ!お~い、助けてくれ~!』という終わり方にしてしまうと、なんだか『一時は気の迷いで島の生活を優先させたけど、いや~、やっぱり文明社会が一番だね。ああ、文明様や、ありがたや、ありがたや…』みたいな空気になってしまって、この映画で一番言いたかったことの焦点がぼやけちゃう危険性があるな…」という考えだったんじゃないでしょうか。また、「普通の映画みたいなドラマティックなストーリー展開がほとんどない」というのもこの映画的には大正解なんじゃないでしょうか。そもそも普通の映画がなんでドラマチックな展開になってるかと言うと、要するにそれによって「主人公の精神的な成長過程を表現する」のが目的なわけですが、この映画ではそのような“外的な要因”に対応することによってどうこうの話でなく、人間が元々持っている自然な“肉体的(性的)変化”に対しての二人の不器用だが一生懸命な対応の妙が面白いわけですから。考えてみりゃ、シールズとアトキンズが登場した時にはもう「いい年頃の若者」ですよね。それが「お~い、待てよ~、ハハハ~…」とか追いかけっこしたりする姿が微笑ましく観れるのも、変にドラマチック過ぎる展開にして急激な精神的成長をさせないからこそです。つまり「外界と遮断された世界」という設定を賢く使ってるわけです。「既に様々な知識を持っている男女なんかを外界と遮断された世界に送り込んだところで、身体的成長に関する話も面白く出来ないわ、精神的成長に関しても面白く出来ない(何しろ何も起こらない世界なんだから)わで、表現できることなど限られてるに決まってるじゃないか」とつっこみたくなる様なお間抜けな続編より断然クレバーな映画だと思ったんですけど…。平均点5点台…。予想を遥かに下回る点数にちょっとショックです…。これ、そんなにダメな映画っすかね…?
バーグマンの瞳さん [地上波(吹替)] 8点(2015-03-22 14:15:09)
55.《ネタバレ》 若くて美しいブルック・シールズが印象的。少年の頃はエロ目線で、大人になった頃には懐かしい目線で楽しめる作品。捜索船に対して反応せず、島での生活の継続を望んだ2人。偶然に小船は流されて発見されますが、結果的に幸せだったのかどうか。何年も探し続けたお父様には拍手。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 5点(2013-11-24 18:14:32)
54.南国の美しい自然の中で若い二人の愛の交歓。
ストーリーはあんまり後に残らない。
飛鳥さん [ビデオ(吹替)] 5点(2013-08-17 19:47:21)
53.《ネタバレ》 まぁ、あれですわな、これは「夢物語」なんですよ。かわいい男の子と女の子が南の無人島で暮らしたらどうなる?的な。未成熟で危ういがそこには間違いなく「愛」があり、そして「家族」がありました。そういう観点で観ればとーってもいい映画だと思います。海中を三人で泳ぐシーンなんて感動的な程美しく、水中撮影(きっと苦労が多かったでしょう)でのカメラ班の力量が伺えますね。その他風景や、島の野性動物などとても美しく撮影されてて南の島が満喫できます。プチ南国旅行気分(笑)※突っ込みどころは満載だけど、そこんとこは我慢我慢。でもなー、ちょっと一つだけ。ラストに向けボートが流されるシーン。リチャードが気付き海に入る。そこでエムが「あーっ!サメが!!」・・・。。。(苦笑)そうきましたか・・・。ハイ!とっても良い映画でした。以上!
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-08-10 09:29:04)(良:1票)
52.十代の若い男女の姿、眼を通して性とは何か?愛とは何か?親になることとはどういうことなのか?とまあ、色々と深いテーマを美しい海、景色によって描かれている。そして、扱っているテーマこそ重たい上に一歩間違えれば嫌らしくなりそうな所をそうは全く感じさせない雰囲気で描いている点がこの映画の素晴らしさであって、ラストシーンのを観ると幸せだった二人のその後のことを思うと何だか切なくなってくるほどこの映画の最後は何とも哀しい。面白いとかつまらないとかいうような映画なんかではないけど、凄く印象に残る映画になっているのは主演の二人の初々しさあればこそであり、特にこの映画の中で若くして母親となる運命を演じているブルック・シールズのあどけなさ、美しさはこれから何年時が経とうが絶対に失われることはないと思う。この映画一本でブルック・シールズという女優を忘れられなくなった映画ファンが果してどれぐらいいることか?私もそんな中の一人です。
青観さん [DVD(字幕)] 8点(2012-06-09 21:11:02)(良:2票)
51.《ネタバレ》  古い映画ですが、映像はかなりきれいです。特に生き物や南の島の景色、海が相当きれい。生き物好きな人は映像だけで楽しめるかもしれないです。
 ストーリーはやや退屈ですが、他の方のレビュー見て納得しました。
 寝ている間にボートが少し流されて、オールも流されて、って、ずっと南の島で暮らしているのに今更そんな初歩的なミスするかな。しかもすぐに生きることをあきらめちゃって。もっと大変なことがいくらでもあったろうに。ラストだけ適当に終わらされた印象でした。
たきたてさん [DVD(字幕)] 5点(2012-03-14 13:18:20)
50.《ネタバレ》 この映画はアレね、主演二人と自然の美しさを堪能するためのイメージビデオね。 もちろんいろいろとツッコミどころ(赤ちゃんにオッパイあげることさえわからないのに、ちゃっかりエッチはできたのね(←ソコ?)とか)はあるんだけど、そんなことはこの際どうでもいいのよ。 とにかくクリストファー・アトキンズの青年なりたてみたいな肉体の美しさと、ブルック・シールズの奇跡的な美少女っぷりが素晴らしくって! 若いっていいわねー。 って感想もどうかと思うけど。 ホホ。 確かミラ・ジョヴォヴィッチ主演で続編もあったわよね? この親子三人は結局助かったのかしら? 気になるわー。
梅桃さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-10-19 15:28:49)
49.まるでおとぎ話のような映画。一応要所要所でポイントは押さえているんだけど、
細かい部分での設定がチープで突っ込み所が満載。それでもこの状況を羨ましいと思ったりして、
当時は好きだった女の子と同じシチュエーションを妄想したりしたものだ。
まあ、実際には原始人のような生活しかできないんだろうけどね。
主演の二人の俳優には、個人的にまったく魅力を感じなかった。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 2点(2011-08-03 16:47:51)
48.《ネタバレ》 ABCくらいしか書けず、ジングルベルも完全に歌えない程の幼児二人が成長していっていつの間にか親になる、無人島(と思われる)ところで。しかし、満月になると不気味なドラムが鳴り響きブギーマンが島の反対側に現れる。スリルもあって、イノセントでまばゆいくらい若くて美しい二人、そして島と海の大自然、見所たくさんありました!
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-05-24 09:25:52)(良:1票)
47.話題作でしたね~。いや~きれいです、海もシールズも。甘っちょろく生活出来てることなんぞを突っ込んではいけません。南国の島の映像美と十代の美しい容貌・肢体、これを堪能出来るだけで充分なんです。アイドル映画ですもん…それに本作、アイドル映画と言ってもそんじょそこらの日本のそれとは比べ物になりません。アイドルの容姿のレベルが格段に高いことも、十代半ばのアイドルがかなりちゃんと脱いでくれることも、金かけられるところも、まったくもって羨ましい限り(ホント、惜しげなく見せてくれた15の少女にラジー賞なんて大人気ないよなあ)。それにトロピカルな映像美のみならず、赤ちゃんの水泳とか、おおっ!頑張ってる!ってシーンもありますしね~。でもストーリーもあまり手を抜きすぎちゃいけません、「島の反対側の部族」とか、引っ張り出したものを中途半端にしたのはNGですな。
あっかっかさん [地上波(吹替)] 6点(2009-04-07 13:12:38)(良:1票)
46.《ネタバレ》 えーと、公開時に通っていた学校から”性教育指導優良映画”であるから実費で観なさい!と指導を受け観たのです。今じゃ信じられないことだよね。
成田とうこさん [映画館(字幕)] 7点(2008-03-29 10:52:36)
45.この頃のブルック・シールズってまだ18にもなってないんだよね確か。それなのに結構男と女を表現するシーンをやらせるのって今じゃできんだろね~。漂着した無人島の雰囲気がよかったのに余りにも単純すぎたストーリーにちょっと退屈さを覚えました。おじさんが意味不明の死を遂げてから思春期に成長するまでの間をもうちょっと描いててくれたらまだよかったんだけど。
M・R・サイケデリコンさん [地上波(吹替)] 5点(2008-03-15 10:19:24)
44.なぜ突然こんな旧作にいきなりレビューが増えてるんだろ?最近テレビ放映でもされたんでしょうか?とりあえず便乗しとこw当時のファン雑誌『ロードショー』では、これとフィービー・ケイツのパクリ作品「パラダイス」のどっちが良いか、双方ファンの間でかしましい論争が繰り広げられていたモンです。私はといえば断然「青い珊瑚礁」派でした。実際「プリテイ・ベビー」から、少なくとも「エンドレス・ラブ」までのブルッキー嬢には神がリキ入れて造りたもうた美少女っていうオーラが漂ってましたね。お相手役のクリストファー・アドギンス君(←あってる?)も当時かなり人気があったけど、今はどうしてんのかなあ・・・。私も夏になるとこの映画の事を思い出します。碧い海、孤島での隔絶生活、携帯なんかどっかにほっぽり出してひと夏だけでも過ごしてみたい・・・。作品的にはしょーもないけど、個人的には突っ込みどころ満載ラジー賞候補、次作「エンドレス・ラブ」のレビュー数が殊のほか少ないのが寂しい。
放浪紳士チャーリーさん [地上波(吹替)] 6点(2007-07-15 11:02:10)
43.「プリティ・ベビー」で魅了されたブルッキーに2度目に会えた青い海に浮かぶ島。濃い化粧に彩られた幼い娼婦は消え、小麦色の肌をさらし日に焼けた髪をなびかせる、すらりとした少女がいた。対照的なこの2作、彼女の代表作としてどちらも好きだ。呪術的な暗い闇が眩しい陽光を引き立て、時おり挿入される自然の産物が南の島の情緒を生み、パディの口からこぼれる蟹が幼い二人に死を教える。夏になるとこの島に思いを馳せるひともいるだろう。エムとリチャードの島に。(エメラインのヌードはブルッキー本人のものではありませんので念のため)
レインさん [映画館(字幕)] 8点(2007-07-14 09:18:23)(良:2票)
42.《ネタバレ》 アイドル映画だと思ってずっと食わず嫌いだったけど、実際たまたま
見てみたら、なかなかいい映画じゃないですか~~。というか、
いつまでも、残しておきたい映画の一つだわ。

無人島でのサバイバルの緊張感の無さにはもう、つっこみ所満載だけど、
そこを除けば、少年少女の性への戸惑いと目覚めや、自然に愛に目覚めていくとこなど、なかなかいい感じに描かれてます。
出産シーンの簡単さも突っ込みたいけど、でも逆にそこをあんまりリアルに
描かれても違うかな?という気もするし。

なにせ、全てが美しい島での夢物語だけど、ラストあたりは、ず~~ん!!と意外に
真実をついてくる。
助けの船が来ても帰ろうとしない、二人・・・。子供が死んでしまうであろう、船の上であっさりと死を選ぶ二人・・・・。二人はずっと無人島にいるのに、結局そこが「夢の島」だという事をちゃんと知ってるんだなぁ・・・と。
あかちゃんが泳ぐシーンや、ブルックシールズの奇跡的な一時的な美しさと
あまりにもマッチする海の風景が、本当に好き。美しい。ネバーランドの物語だ。









やわらか戦車さん [地上波(吹替)] 7点(2007-07-13 02:34:56)(良:1票)
41.私が、ちょうど思春期の頃に何度もテレビで放送していて、当然エロ目的でだけで観ていました。
憲玉さん [DVD(字幕)] 4点(2007-01-21 01:18:18)
40.現実にはあり得ない逃避的な物語である。しかしおそらくこのストーリーは、幸か不幸か文明社会と呼ばれる世界で生活する者たちが普遍的に、そして無意識の内に欲求する物語なのではないか。だとしたらそれを作品化した本作は、映画史上に残る価値ある作品なのではないか?
さん [DVD(字幕)] 8点(2006-10-07 02:03:27)(良:2票)
39.《ネタバレ》 なんとも中途半端な映画でしたね。2人の男女が無人島で大人へ成長していくという単純な設定ではあるが、そこへ辿り着くまでの過程もほとんど描かれていないし、ほとんど大きな苦悩もなくあっさり大人になってしまうのが残念。最初にいたおじさんがなぜ死んだか良くわからないし、10年後ぐらいして現場に見に行けばきれいに骨が残ってるのもおかしい。あと、島の反対側の話も中途半端。思春期の二人の描き方はまあまあ良かったが、なぜ子供が生まれたかわからないのに、2人目が生まれないんだろうかと感じた。終盤、船に乗った人たちが現れるが、なぜ今頃なんだろうと思う。10年以上も経っているのに。それに、音楽も良くなかった。南国の無人島に合う音楽を作ってほしかった。
TOSHIさん [地上波(吹替)] 1点(2006-09-21 15:25:59)
38.《ネタバレ》 あまりにも単純明快なところが良い。「あはは、待て~、捕まえるぞ~」なんて、まさか映画の中でそのまんま聞くとは思わなかったし、中盤の2人の喧嘩が完全に小学生レベルなのも良い。かと思えば、船を黙って見送るシーンなど、物語としてのポイントを抑えているのも良い。しかし、だからこそ、ラストへのあの持って行き方は何とも中途半端だよなあ・・・そのまま島で幸せに暮らしました、で何の問題もないのに。あと、蛇足ながら、陸海の珍しい動植物の数々をきちんと捉えた撮影部隊も頑張っていると思う。
Oliasさん [DVD(字幕)] 6点(2006-08-19 02:13:13)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 57人
平均点数 5.96点
000.00%
111.75%
211.75%
311.75%
4610.53%
51424.56%
61526.32%
758.77%
81221.05%
911.75%
1011.75%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review4人
2 ストーリー評価 5.50点 Review6人
3 鑑賞後の後味 5.83点 Review6人
4 音楽評価 3.00点 Review2人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1980年 53回
撮影賞ネストール・アルメンドロス候補(ノミネート) 

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

1980年 1回
最低主演女優賞ブルック・シールズ受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS