10日間で男を上手にフル方法のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ト行
 > 10日間で男を上手にフル方法の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

10日間で男を上手にフル方法

[トオカカンデオトコヲジョウズニフルホウホウ]
How to Lose a Guy in 10 Days
2003年上映時間:116分
平均点:6.17 / 10(Review 102人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-08-09)
ラブストーリーコメディロマンス
新規登録(2003-08-17)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-10-01)【HRM36】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ドナルド・ペトリ
キャストケイト・ハドソン(女優)アンディ・アンダーソン
マシュー・マコノヒー(男優)ベン・バリー
アダム・ゴールドバーグ(男優)トニー
トーマス・レノン[男優](男優)セア
ロバート・クライン(男優)フィリップ
ビビ・ニューワース(女優)ラナ
シャロム・ハーロウ(女優)ジュディ・グリーン
マーヴィン・ハムリッシュ(男優)本人役(カメオ出演)
キャスリン・ハーン(女優)
森田順平ベン・バリー(日本語吹き替え版)
魏涼子ミシェル(日本語吹き替え版)
檀臣幸セア(日本語吹き替え版)
磯辺万沙子(日本語吹き替え版)
塚田正昭(日本語吹き替え版)
大竹宏(日本語吹き替え版)
沢田敏子(日本語吹き替え版)
岸祐二(日本語吹き替え版)
脚本バー・スティアーズ
音楽デヴィッド・ニューマン〔音楽〕
挿入曲シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー♪ Kiss Me、♪ Don't Dream It's Over (CM予告編)
カーリー・サイモン♪ You're So Vain (うつろな愛)
撮影ジョン・ベイリー〔撮影〕
製作ロバート・エヴァンス
リンダ・オブスト
配給UIP
特撮ピクセル・マジック社(視覚効果)
美術ブラント・ゴードン
編集デブラ・ニール=フィッシャー
字幕翻訳戸田奈津子
あらすじ
アンディはNYで人気の女性雑誌のハウツー記事編集者。いつも男に振られてばかりいる女友達の行動を「10日間で男を失う方法」として実体験レポートを行うことになるが、果たして・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
102.ずいぶん中身の濃い10日間だなあ。脚本は中々よく出来ていると思うが、ヒロインがカワイイとは思えなかったのが難点。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(吹替)] 6点(2022-09-03 17:26:15)
101.《ネタバレ》  古き良き時代のラブコメ。といっても2003年ですが。いや、17年前か・・・。当時見たときは新しく感じたものですが、今見るとなんとなくファッションとかヘアスタイルとかやや時代を感じるかも。
 個人的にはケイト・ハドソンが一番かわいかった頃の作品。ファンにはたまらない作品でしょう。
 この作品はキャストがまず魅力的。脇を固める面々も良い。それぞれの友人が良い味出しているんですよね。メインの味ではないですが、隠し味。複数の隠し味が絶妙にからみあって、終始飽きない味わいのコメディ作品が出来上がっています。
 また、脚本が良い気がします。『絶対別れられない男』と『別れを切り出すように仕向ける女』。アンディのほうから別れを切り出すのは、おそらく雑誌の主旨と反するためできない、という隠れルールが絶妙。あの手この手で嫌な女を演じるアンディに、ひたすら我慢するベンの様子がただただおかしい。
 ドタバタコメディより、こーゆーストーリーがしっかりしているコメディのほうが好みです。
 『勝手に部屋の模様替え』『お肉食べられない』『プリンセス・ソフィア』『セリーヌ・ディオン』『ポーカー』など笑いのセンスはかなり良い。下品すぎないところも高評価です。
たきたてさん [DVD(字幕)] 8点(2020-07-29 03:21:12)(良:1票)
100.《ネタバレ》  ドナルド・ペトリ監督作のラブコメって「女性が観ても、男性が観ても楽しめる内容」な事が多い気がしますが、これもまたそんな一本。

 男の自分としては「住んでる部屋が煉瓦の壁でオシャレ」「職場にビリヤード台があるなんて羨ましい」と思えて、主人公のベンの描写は観ていて気持ち良かったですし、恐らく女性が観ても、ヒロインであるアンディの「仕事が出来る、自立した女性」って描き方には好感が持てるんじゃないかな、って気がしました。
 それと、ベンには「料理が得意」アンディには「スポーツ観戦が趣味」って属性が付与されており「女性にとっても魅力的な男性像」「男性にとっても魅力的な女性像」が、自然に描かれている辺りも上手い。
 これらの属性を「せっかく料理を作ったのに、菜食主義者の振りしたアンディに突っぱねられてしまう」などのコメディタッチな場面で、自然に描いているもんだから、全く嫌味に感じられないんですよね。
 これって、一歩間違えれば「ラブコメらしい、男に都合の良いヒロイン像だ」「女に都合の良い主人公像だ」なんて印象に繋がってしまいますし、それを感じさせずに仕上げてみせた手腕は、本当に見事だと思います。

 主人公のベンが「バイク乗り」という伏線が、序盤から張り巡らされている事。
 相手の嘘を見破るゲーム「馬鹿こけ」が効果的に活用されている事など、脚本も丁寧で良かったですね。
 ラブコメではお約束の、ハッピーエンド前の喧嘩についても「互いの文句を、替え歌で熱唱する」って形にしており、重苦しい印象を与えず、笑って観られるような感じに仕上げてある。
 その一方で「やっと目論見通りに別れられるとなった際に、寂しそうな顔になるヒロイン」の場面ではグッと来るものがあったし、そういった「決めるべきところは決める」作りなのも心地良かったです。
 クライマックスにて、アンディを追っかけバイクで街を疾走する場面も良かったし、予定調和なハッピーエンドに着地してくれるしで、終わり方も文句無し。

 よくよく考えてみたら「こんな相手の心を弄ぶような賭けするのって、どうなの?」という疑問も湧いてきたりするんですが、観ている間はスピーディーで楽しい作りゆえに、全く気にならなかったんですよね。
 中には上司の悪口を言ったりする場面もあるんだけど、そこも陰湿な印象は受けなかったし、やはり監督の魅せ方、役者の演じ方が上手かった、って事なんだと思います。

 それでもあえて不満点を述べるなら……ヒロインのアンディが職場でハンバーガーに齧り付いてる時に見せる「髪を後ろに結んだ姿」が非常にキュートだったので、出来ればアレをメインの髪型にして撮ってもらいたかったとか、そのくらいかな?

 ラブコメ好きには安心してオススメ出来る、良質な一品でした。
ゆきさん [DVD(吹替)] 7点(2020-02-20 14:20:10)(良:2票)
99.《ネタバレ》 ○女性観客をひきつけるタイトルなのはわかるが、「上手にフル」の部分の訳が全然違うんだよな。上映まで誰も気付かなかったのか。○気軽に観られる作品だが、設定を凌駕する展開などがなく残念。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-05-24 18:26:27)
98.まぁ、最初から分かりきっている結末なので、安心して見られるはずなのだけど、なんか盛り上がりに欠ける気がするのはあたしだけでしょうか?
奥州亭三景さん [DVD(字幕)] 6点(2010-09-22 12:32:02)
97.軽くていつでも見られる映画。ところどころ爆笑しちゃいました。
HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2010-01-17 20:26:26)(良:1票)
96.ケイトかわいー!!笑顔が最高!!上手にフル方法っていうか、フラせる方法?まあ語呂の問題ですね。bull○itばかりの、里帰りのシーンにじーんと来るものがありました。
SAEKOさん [DVD(字幕)] 6点(2009-05-13 00:16:20)
95.最初の設定だけで制作者がすっかり満足してしまったような感じ。それ以外のことが何も描かれてないですからね。ケイト・ハドソンの個性のなさもマイナス。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2009-04-25 10:12:10)
94.ケイト・ハドソンにあまり魅力を感じなかったため、終始こやつの行動が鼻につき、コメディとして楽しむことができなかった。マシュー・マコノヒーは、なかなかハマっていたのではないかと思われる。
AJさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2009-04-21 17:52:07)
93.パーティーあたりからラストまでの手抜きっぷりがかなり悔やまれる。それでも笑えるとこがたくさんあって楽しかった。ああいうことやってもただのムカつく女で終わらないところがケイト・ハドソン。母親超えは無理だけど、ケイト好きだよ~頑張れ!
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 8点(2008-07-23 18:28:04)
92.予想した通り。
Yoshiさん [DVD(字幕)] 3点(2008-03-19 21:38:11)
91.自分はこういうの大好きです!ベタだけど、おもしろいです。
よしふみさん [DVD(吹替)] 8点(2008-01-19 22:50:41)
90.《ネタバレ》 ほとんどこういう映画(ラブストーリー)は見ないのですが、友達に釣られて見ました。
まあ、なかなか面白い立場の人が恋愛(?)をするんだな。と、最初はワクワクしながら見てたのですが・・・疲れた。女性の行動にこれほど体力、精神面を奪われるとは。んで、何か結末的には女が男に惚れてしまったわけだから、男が勝ったみたいですよね。ここは女が勝ってほしかったんだけどな~
でも、最後主人公がヒロインを追いかけるときかかってた音楽がよかった!うん。満足満足。
SAKURAさん [DVD(字幕)] 6点(2007-03-25 00:38:59)
89.ケイト・ハドソンはホントにチャーミング!笑い顔なんてママを絶対意識してるだろーけど。あれだけカワイイとワザとフラれようとしてあれこれしててもかえってカワイク見えてしまいました。でも、ストーリーが…安っぽくて、映画じゃなくてTVみたいにみえてしまうんです。出演者のファッションも、一生懸命おしゃれにさせてるのはわかるんだけど(ちょっとトンだ編集長とか)どーも安っちく見えてしまうんです。「衣装さん」とかじゃなく、「スタイリスト」が担当しましたーみたいな。実際は存じ上げませんが。マコノヒーもイモくさくてNYにあんま合わない(狙いなのかもしれないでしょうが)。と、ハリウッドも最近経費削減とかで大変なのかなーと感じてしまってチト悲しかったです。でもケイトの可愛さは堪能できました、はい。
ミカエルさん [映画館(字幕)] 4点(2007-01-07 22:53:06)
88.この手の作品のコテコテぶりは予想通りなものの、期待していたよりは楽しめた。特に中盤以降は加速感もあって良かったと思う。主役の2人をパッケージで見たときは正直パッとしない感じだったが、実際に観てみるとずいぶん良い印象。見た目で損をしているかも。何も考えず普通に楽しく見れる作品。
ムッシュ★いち~ろ!!さん [DVD(字幕)] 5点(2006-11-02 18:16:19)
87.展開が単純すぎますが、休日にまったりと見るには、お手ごろのラブコメですね。
憲玉さん [DVD(吹替)] 6点(2006-10-14 20:22:58)
86.ケイト・ハドソンがキュート。確かに「やっちゃいけない」が満載。安心して楽しめました。主役級の女優さんが自分と同類(胸がない)で、何だかちょっとうれしくなったので、1点追加。キャリスタ・フロックハート(アリーマイラブ)と、ケイト・ハドソン。覚えとこ。
ミルアシさん [DVD(字幕)] 7点(2006-07-16 03:44:37)
85.何とも人の悪いお話でこんなのを笑う気はしない。ケイト・ハドソンは可愛くても「表情豊か」に見せるべく必死にがんばってるようにしか見えない。お母さんのようにはコメディエンヌにはむいてないようですね。
レインさん [映画館(字幕)] 3点(2006-01-28 16:24:35)
84.おもしろくない、笑えないし、なんだか1週間もしたら内容を忘れてると思うなーケイト・ハドソンはかわいかったけどなー
羊子さん [DVD(吹替)] 3点(2006-01-20 22:25:43)
83. ストーリーは分かりやすくて面白かったですが、ベン役の俳優が生理的に受け付けませんでした。顔もスタイルもなーんか気持ち悪い…。もう少し魅力的な人が演じてたらプラス1点あげます
ericaさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2005-11-02 15:54:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 102人
平均点数 6.17点
000.00%
100.00%
200.00%
354.90%
454.90%
52019.61%
62928.43%
72625.49%
81514.71%
921.96%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.83点 Review6人
2 ストーリー評価 5.12点 Review8人
3 鑑賞後の後味 5.57点 Review7人
4 音楽評価 5.00点 Review6人
5 感泣評価 1.40点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS