エバー・アフターのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > エバー・アフター
 > (レビュー・クチコミ)

エバー・アフター

[エバーアフター]
EverAfter
1998年【米】 上映時間:118分
平均点:6.84 / 10(Review 80人) (点数分布表示)
公開開始日(1999-04-24)
ドラマラブストーリーコメディファンタジー歴史ものロマンス小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-12-10)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アンディ・テナント
キャストドリュー・バリモア(女優)ダニエル“シンデレラ”
アンジェリカ・ヒューストン(女優)継母ロドミラ
ダグレイ・スコット(男優)ヘンリー王子
ジャンヌ・モロー(女優)貴婦人“陛下”
パトリック・ゴッドフリー〔男優〕(男優)レオナルド・ダ・ヴィンチ
メラニー・リンスキー(女優)ジャクリーヌ
ジェローン・クラッペ(男優)オーギュスト
ティモシー・ウェスト(男優)フランシス王
リー・イングルビー(男優)ギュスターヴ
リチャード・オブライエン(男優)ピエール・ル・ピュー
エリザベス・アール(女優)ヤング・マルガリート
トビー・ジョーンズ(男優)ロイヤル・ページ
松本梨香ダニエル“シンデレラ”(日本語吹き替え版)
沢田敏子継母ロドミラ(日本語吹き替え版)
大塚周夫レオナルド・ダ・ヴィンチ(日本語吹き替え版)
山野史人フランシス王(日本語吹き替え版)
佐々木優子ジャクリーヌ(日本語吹き替え版)
稲葉実オーギュスト(日本語吹き替え版)
日野由利加マルガリート(日本語吹き替え版)
原作シャルル・ペロー「サンドリヨン(シンデレラ)」(ノンクレジット)
脚本アンディ・テナント
スザンナ・グラント
音楽ジョージ・フェントン
撮影アンドリュー・ダン
製作トレイシー・トレンチ
20世紀フォックス
配給20世紀フォックス
特撮シネサイト社(視覚効果)
美術マイケル・ハウエルズ(プロダクション・デザイン)
ジュディ・ファー[美術](セット装飾)
衣装ジェニー・ビーヴァン
字幕翻訳戸田奈津子
あらすじ
多くの童話を収集してきたグリム兄弟は、ある日、陛下と呼ばれる貴婦人の元に招待された。なんと「シンデレラのお話は間違ったものである」と告げられる。「むかーしむかし、あるところに、ある少女が伯爵である父と幸せに暮らしていました。ある日父は再婚した継母と2人の娘を連れてきました。しかし翌日、父は急死してしまいました。10年後、少女は灰まみれのメイドとしてこき使われる毎日を過ごしていました。…と、ここまではみんなが知っているお話。実は…」貞淑なシンデレラ像を根底からくつがえした、痛快ラブ・ファンタジー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
80.《ネタバレ》  魔法の力に頼らないシンデレラというのが大変面白いです。シンデレラ役と王子役に、あえて美男美女ではない二人を起用しているところに好感が持てます。
 自分の運命は自分の力で切り開こうとするダニエルは大変に魅力的ですね。もともとドリュー・バリモアは好きな役者さんの一人ですが、今作の彼女は特に良い持ち味を出してくれています。彼女の芯の強さを感じさせる台詞まわし。亡き父親に剣を習っていたというサプライズ設定。ジプシーに『かついで持っていけるものであれば持っていけ。』と言われ、王子をかつぐシーンは今作のベストシーンでしょう。
 脇を固めるキャラたちも、無難ではありますが良い味を出し、ストーリーを盛り上げてくれます。中でも、ちょいちょい出てくる王子と父王のボケと突っ込みは面白いですね。
 マイナス要素を挙げるとすると、思いのほか過激描写があることでしょうか。例えば鞭打ち。それにラストの落とし所も、思いの外過酷な罰を与えちゃってやや驚きです。そこはシビアなんですね。それに、仮面舞踏会がクライマックスかと思ったのに、そこでの王子の変わり身に少々引いちゃいます。アホな王子は最高なんですけど、アホすぎる王子は最低です。
 今作は、良くも悪くも勧善懲悪でわかりやすいハッピーエンドストーリー。万人が楽しめる良作だと思います。こういう作品は貴重ですね。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2014-11-22 12:30:46)(良:1票)
79.《ネタバレ》 最近、どうしてこのDVDをリストに入れたのか覚えていないものが届いて戸惑ってしまうのだが、今回もまた・・・。しかも、シンデレラが元ネタって。、、、なんぞと思って見てみたら、あらま、結構面白いでないの。ドリュー・バリモア演じるところのダニエルがどっこいたくましい。お姫様抱っこされるのではなく王子様担ぎをし、魔法なんかに力を借りず、持てる才知と優しさで人生を歩んでいくところが、好感持てるんだよね。王子様と結婚して末永く幸せに暮らしましたとさ、というエバー・アフターのエンディングなんで、ファンタジーの域はもちろん出ないのですが、これはこれで良いのでは。ガラスの靴の使い方もなかなか粋です。ヘンリーも、出来過ぎた王子でなく、傲岸不遜なところがあったり、軟弱なところがあったりと、人間臭いのもgoo。ダグレイ・スコットって、あんまり良いイメージなかったんですけど(役者としては素晴らしいけど、もちろん)、こういう爽やか系も結構イケるんだね、と新発見。しかも、若い。つっても、この頃の彼、既に30代では・・・? ドリュー・バリモアは美人の範疇ではないかもだけど、非常にチャーミングです。掘り出し物に出会いました。
すねこすりさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2014-02-03 23:54:26)(良:1票)
78.シンデレラってペロー童話以外にもあり、エリナー・ファージョンの「ガラスのくつ」のように独自の味つけがされた作品。 ドリューは茶髪にしていてシュワ似?の王子さま、テンポもスローでシンデレラなのに魔法使いは出さず実話としての作りでも、舞踏会のドレスは羽つきで妖精のような灰かぶり姫にフェアリー・テイルらしさが。 アンジェリカ・ヒューストンの意地悪継母ぶりが堂に入っていて、彼女のためにこしらえたのかシンミリする場面もあり、継姉のうち一人はいい子なのもうれしい配慮。 「ロック・ユー!」にチョーサーがいたように、これにはレオナルド・ダ・ヴィンチが登場し、冒頭のダニエルの肖像画は彼の「ほつれ髪の女性」(1508)をアレンジしたもの、時代はこの頃ということでしょうね。 最初と最後ではジャンヌ・モローがグリム兄弟に貫禄を示し、西洋はおとぎ話と地続きなのが感じられます。 少し地味だけど好きな人がいるのがわかる HAPPILY EVER AFTER。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-10-04 07:00:15)(良:1票)
77.意外と楽しめた。召使の身分を考えてしまう。ドリュー若い!
HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2010-01-16 20:09:31)
76.おとぎ話のシンデレラにちょっと現実っぽい所が入ってて、意外と面白かったです。シンデレラの強さに気持ちがスカっとました☆
Seaさん [DVD(字幕)] 6点(2009-10-03 19:07:23)
75.暗く大人しいイメージがあるシンデレラをちゃきちゃきのドリューが演じるということでミスキャストかと思われたが、なかなかのものだった。いつものはっちゃけでなく、要所要所で強さや明るさを見せた事で雰囲気を壊さず、それでいて爽快な話に仕上がっている。男性陣よりも圧倒的に女性陣が輝いており、彼女達のための映画だと言っていい。主役のドリューは自分の得意とするものを出しながら、一方で落ち着いた演技も見せていて好感が持てた。何度見ても楽しめると思う。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 8点(2008-12-29 17:59:10)
74.《ネタバレ》 宣伝文句にもあるとおり、シンデレラを現代風にアレンジし、新しい解釈を付け加えた映画です。そこにコメディのエッセンスを振りかけ、軽やかに仕上げたらこうなりましたって感じですかね。結構笑えて良かったと思います。D・バリモア演じる主人公は現代的でありながらも、時代背景はそのままなので、実に奥ゆかしい。義姉妹にパンチ食らわすトコは大笑いでした。
shoukanさん [DVD(字幕)] 6点(2007-04-30 14:42:42)
73.《ネタバレ》 外国にいる時、テレビで見ました。字幕がなくても英語が少々わからなくても充分楽しめました。今の時代、不幸であっても耐えるだけじゃダメ!という教訓でしょうか。逆境にあっても自己主張が出来る主人公が頼もしい。お母さんの形見の靴を義姉に取られそうになって、彼女をグーで殴るシーンは大好き!私の回りにもグーで殴ってやりたい人間がいるので、自分が殴っている気分になって爽快でした。(^0^*
Mirandaさん [地上波(字幕)] 7点(2006-03-30 18:08:47)
72.ちょっと思ってたのと違ったけど、なかなか面白かったです。
バイオレットさん [映画館(字幕)] 6点(2006-03-04 01:36:24)
71.ドリュバリュモアの笑顔ってのはいつ見てもいいものです。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 7点(2006-03-03 12:31:01)
70.うーーん、ドリューに魅力を感じないなぁ。もっと美人の人が演じてたら思いいれもできたけど。。。話的にはシンデレラの実写版で特に目新しい部分はなかったです。自分が、王子ならドリューは選ばないな。シンデレラってもっと細身で、色白でっていうイメージがあるんだけど。ドリューには度の作品にも魅力を感じない。
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2005-12-16 12:41:54)
69.普通に楽しめました。
私の知っているシンデレラとはかなり違ってて新鮮でした。
りえりえさん [インターネット(字幕)] 5点(2005-12-04 12:45:33)
68.これは良かった! 久しぶりに清々しい、爽快感に満ちた映画を観ました。誰もが知っているシンデレラの話だったのもありますが、ドリュー・バリモアの元気な演技に深夜の2時に観たのに惹きこまれました。継母と長女が憎ったらしく、王子もほどよくバカなのが良い。あんなに虐げられても、我慢の限界まで継母に愛されようとしたダニエルの気丈さに、つい涙がでそうになりました。継母もやなやつだったけど、一度だけ見せた亡き夫への思いをはせた表情だけが救いのような気がします。シンデレラのお話の先入観をもって観ると、非常に楽しめる映画だと思います。勧善懲悪って、やっぱりいいなぁ!スカッとする!
どんぶり侍・剣道5級さん [DVD(吹替)] 9点(2005-11-05 08:43:29)(良:1票)
67.頑張るよな~ドリュー・バリモアは。見終わった後はすっきりしました!!なんだかんだ言ってもドリューの役柄って毎回好きかも☆
西川家さん [ビデオ(字幕)] 5点(2005-08-15 14:35:58)
66.筋書きはわかってるんでラストまでどうやってもっていくのかなと思って見てた。けっこううまくラストまでいったんで文句無いです。
ゆきむらさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-08-10 15:53:04)
65.会社の後輩(女の子)が「これ見てはまっちゃったんですよ~」って薦めてくれたので見てみた。土曜日の昼下がりに見るにはちょうどいい軽さで、いつもどおりやりすぎなドリュー・バリモアの演技を素直に楽しめたが、シンデレラストーリーに感動できたかというと??という感じだった。むしろ、俺にはどちらかというと現実的で打算的なあの後輩が、これに感動しちゃってたことが驚きだった・・・。
ぽん太さん [DVD(字幕)] 5点(2005-06-25 19:48:01)
64.シンデレラ強ッ!王子の情けない感じも予想外でいい。退屈はしなかったけど、惹き込まれるほどではなかったかな。
チャコさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-06-03 19:12:40)
63.あまり考えちゃいけないかわいらしいおとぎ話。フランスの設定なのに英語って妙に気になってしまうのですが、一緒にくやしがったり、私だったらこうはしない!って思ったりで面白かった。
ドリュー・バリモアが似合っていないようで妙に合っている。はまり役。
でも私だったら農民出の召使をあんなに馬鹿にするような男は、いくら王子様だって、後から謝ってきたっていやだなぁ、と思ってしまった。 だましていたっていうことに怒っていたというよりも、実は賤しい出の者だったってことのほうにショックを受けて怒っていたので。。
るいるいさん 6点(2005-02-09 21:56:57)(良:1票)
62.基本はシンデレラだけれど、かぼちゃの馬車とかの魔法は出てこなくて、ガラスの靴もうまい具合に使われていた。ただ所詮は子供向けのお話で、悪い人は心の底から悪い人というところがどうも受け入れがたい。
HKさん 6点(2004-10-15 20:50:38)
61.シンデレラ役の女優が可愛い。
勧善懲悪もので眠らずに楽しめた。
ご自由さんさん 6点(2004-06-27 21:17:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 80人
平均点数 6.84点
000.00%
100.00%
200.00%
322.50%
411.25%
51417.50%
62126.25%
71417.50%
81316.25%
91113.75%
1045.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review2人
2 ストーリー評価 5.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 5.33点 Review3人
4 音楽評価 5.00点 Review3人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS