死国のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 死国
 > (レビュー・クチコミ)

死国

[シコク]
1999年【日】 上映時間:100分
平均点:2.66 / 10(Review 118人) (点数分布表示)
公開開始日(1999-01-23)
ホラー小説の映画化オカルト映画
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-02-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督長崎俊一
助監督中西健二
キャスト夏川結衣(女優)明神比奈子
筒井道隆(男優)秋沢文也
栗山千明(女優)日浦莎代里
根岸季衣(女優)日浦照子
大杉漣(男優)日浦康鷹
佐藤允(男優)仙頭直朗
諏訪太朗(男優)小田
大寶智子(女優)浅川ゆかり
神津はづき(女優)
原作坂東眞砂子「死国」
脚本仙頭武則
主題歌米良美一「ぼくは雨となり星となる」
撮影篠田昇
製作アスミック・エース(製作プロダクション/製作)
角川書店
東宝
IMAGICA
プロデューサー原正人(エクゼクティブ・プロデューサー)
柘植靖司
配給東宝
美術種田陽平
編集奥原好幸
照明中村裕樹
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
118.《ネタバレ》 雰囲気よかった。やはり美人が出てると映画はもちますね。
夏川さん、栗山さんで十分堪能できます。
筒井さんはさすがの優柔不断ぶりで、最終的には観るものに『喰われてろ』と、納得させる安定感。
ま、愛深き鯖折りで、抱きしめるものを壊してしまう哀しさを表現していたのでしょーか!!?
うーん、四国=死国の駄洒落で始まったのならこんな結末もやむ無しか。
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 5点(2020-02-15 08:41:29)★《新規》★
117.《ネタバレ》 原作既読。
思ったよりは悪くないと思う。背骨ポキポキは「え!?」とはなったが・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 3点(2019-12-22 18:43:59)
116.今観ても何とも思わないですが、当時、中学生の頃は結構ショッキングな映画でした。中高生が友達とわいわい観に行くにはちょうど良いおもんなさです。歳をとってから「あの時、観に行ったけどおもんなかったなぁ」とネタになるし、こういう映画も大事です。
アフロさん [映画館(邦画)] 3点(2011-06-22 12:35:07)(笑:1票)
115.《ネタバレ》 妻投稿■ゴジラやガメラやウルトラマンにも見捨てられた四国。徳島県生まれの私としては是非とも四国4県民総ゾンビ化および禁畿と厨国と窮州による総封じ込め作戦vs巨大ゾンビの出現でやってもらいたかった。「はははははは、見ろ、本州がごみのようだ」的ノリで。それが人間による幽霊の殺人死体遺棄で終わっちゃった。うははははは、見ろ、幽霊がゴミのようだ。
はち-ご=さん [DVD(邦画)] 3点(2010-03-27 20:50:11)(笑:1票)
114.いや、確かにくだらないけどそれなりに楽しく見ましたよ。逆打ちっていう題材がとても興味深かったし、特に冒頭はなかなかいい雰囲気だったと思いました。ラストは・・・笑
HAMEOさん [映画館(邦画)] 5点(2009-08-31 17:34:43)
113.二ヶ月あまりをかけてかみさんと四国歩き遍路にでかけ、帰ってきてから大いに期待して見たんですが、あまりのことに声が出ませんでした・・・
きのう来た人さん [DVD(邦画)] 0点(2009-01-10 06:25:23)(笑:2票)
112.ひたすら、田舎の風景と話を進めるだけの会話をだらだらと見せられたって感じでした。正直、どこで怖がればいいのかもさっぱり分からなかった。
その上「なんてひどかったんだ~!」という記憶すら残っていない作品。
万年青さん [映画館(邦画)] 2点(2008-09-10 21:50:13)
111.《ネタバレ》 公開時は2本立ての片方だったと思います。だからそんなに期待しないでビデオを借りて案の定という結果だったので点数の割にはがっくりは来なかったんですが、もう目新しさは無く不条理感だけが残る和風ペットセメタリー。そういえばそんなのあったあったというポジションの映画。
森のpoohさんさん [ビデオ(邦画)] 4点(2007-10-14 00:52:43)
110.《ネタバレ》 コレほどまでに点数が低いとは・・・まあ確かに、死国というわりに、ぜんぜん怖くないですが・・・ず~~~ッとシリアスな感じで話が進んでいき、人間関係もなんだかまとまらないうちに、ばあさんが死に、フミ君が死に・・・あの背骨をボキボキ折っていくところが気持ち悪いですね。最後も水の中に生きたまま沈んでいっちゃったし・・・ 映画が終わってもボーっとしちゃいます。初めて映画館でホラーを見たという思い出ある映画ですが、もう一度見ようとは思えません。
SAKURAさん [映画館(邦画)] 3点(2007-02-24 23:00:12)
109.《ネタバレ》 ん?聞いてたほど悪くは無いな。ここでの評価が大分低いから覚悟して観たんですが・・・。舞台設定は文句なしに素晴らしい。四国の田舎、日本家屋・・・まさにジャパニーズホラー。こういう舞台は今はもうたまにTVでやる金田一耕介シリーズぐらいでしか観れなくなったので貴重ですよ。それと演出もなかなか良い。多少ベタではあるけどそれで良いかと。というかあんな感じで多少ベタにしないと着信アリみたいな変な物が出来上がってしまうのであれじゃないといけません。比奈子と文也が川岸で話してるときに対岸にひっそりと出現したり勝手に襖?が倒れたり・・・外国のホラーでは味わえませんね。でもホラーシーンがちょっと少なすぎたかなと。一応この映画はストーリー重視でいこうとしてるようだけどホラーなんだからやっぱりそのへんはこだわらなきゃ・・・。そしてそのストーリーもあまり良くないからなぁ・・・もっと各人物の描写をしなかや駄目でしょう。特に1番大事な役の莎代里がどれほど文也の事を好きだったのか全く伝わってこないんですね。余計な村人は出さなくていいからあの3人をもっとメインに話を進めるべきだったでしょう。あと莎代里についてもう1つ・・・死ぬ前から怖い人だったってのはどうかと思う。監督はこの映画で何をしたかったよくわかりませんね、黄泉から生き返った人は腕力が上がるという事を伝えたかったのだろうか。でもまあこの監督にはよくぞ栗山千明を使ってくれたと御礼を言わねばなりませんな。いやホントありがたい。ありがとう長崎監督・・そしてバイバイ。特典のインタビューでぎこちない受け答えをする栗山千明がいるのでファンなら必見です(笑)
ケ66軍曹さん [DVD(邦画)] 6点(2007-02-03 00:45:32)
108.なんだかどこかで見た事あるような話でした。それでもいい役者さん出てるから見ても損はしないと思います。最後30分は結構怖かったです。でもなぁ。。。このての作品はもう出尽くした感があります。筒井の方がもうちょっとしっかりしないとね。結局生きていく人は何を支えに生きていけばいいんだ?ということになりかねないんじゃないかな。かなり脚本が甘いと感じます。

たかちゃんさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2006-11-13 12:39:16)
107.酷すぎる。本当につまらない。最後までいいところがないか探し続けた自分は偉いと思った。映画もつまらないけど原作も同様。作者(猫殺しの坂東眞砂子)の精神状態の方がよっぽどホラー。
snowさん [DVD(邦画)] 0点(2006-09-07 15:04:26)
106.予告編はすごい期待させられたのですが、怖くはないし、どうでもいい話だし。リング2だけでよかったのに。
ぽじっこさん [映画館(邦画)] 3点(2006-08-01 13:40:32)
105.栗山さんを、メジャーな映画に出演させて知名度を上げさせた理由でのみ意味を感じる映画ですね。確かに怖くないし抑揚も無いし、中途ハンパな感じが否めません。「逆打ち」は本当「ペットセメタリー」みたいな感じですが、思い切り怖がらせる展開か、「黄泉がえり」みたく切ない展開にもっていくかしてほしかったです。腹立たしい程つまらないって感じでもないけど、2度観るのは辛い映画かもしれません。
まさかずきゅーぶりっくさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2006-06-14 11:20:17)
104.1、2、3、シッコク!シッコク!シッコク!シッコク!ごめん、無理やりテンションあげてもた。だってそーでもしな、盛り上がれへんから。この映画。日本版ペットセメタリーで、展開はバカやけどバカなりに悪くないと思う。でも、全然、盛り上がらない。テンションはつねに低い。好みの役者さんそろってるのに、あんま惹きつけられる要素がない。魅力がダイナマイト四国に負けてる。これは、何が原因や?おもしろくなりそーな要素が揃ってるのに。只今の時点で105人、2.61点か・・。まー、納得。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 0点(2006-02-23 09:48:18)(笑:1票)
103.《ネタバレ》 まともな和製ホラー。方言による効果を生かしきった。優柔不断界の雄、筒井道隆を起用して、蘇った栗山千明の愛へギブアップすることに説得力を持たせようとしている。「逆打ち」も意表をついていてよい。
パブロン中毒さん [ビデオ(吹替)] 8点(2006-01-02 21:14:09)
102.低評価ですが、私はそこまで嫌いでもなかったです。まあ、面白かったとも言いませんが。監督の腕次第で、もっと面白くなったような気もします。
H.Sさん [ビデオ(字幕)] 5点(2005-12-23 18:54:00)
101."背骨ボキボキ"は、今でも酒の肴で『あれは無いよね♪』と話題に出ます。ある意味偉大な映画です(笑)。
まにさん [映画館(字幕)] 3点(2005-11-26 11:51:52)
100.原作は良いそうです。ボキボキボキってことはなくて、 筒井道隆自らの意思で逝ってしまうという切ないラブストーリーだそうです。
wishさん [ビデオ(字幕)] 1点(2005-11-26 10:23:23)
99.これと『リング2』が二本立てだったなんて、ある意味拷問です。普段あまり聞くことのない四国の方言が聞けたので、辛うじて1点を免れたってところ。
とかげ12号さん [地上波(吹替)] 2点(2005-11-03 15:39:27)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 118人
平均点数 2.66点
01815.25%
11815.25%
21714.41%
32420.34%
42420.34%
5108.47%
665.08%
700.00%
810.85%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.33点 Review6人
2 ストーリー評価 3.90点 Review11人
3 鑑賞後の後味 2.90点 Review10人
4 音楽評価 3.33点 Review6人
5 感泣評価 2.42点 Review7人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS