サハラに舞う羽根のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > サハラに舞う羽根
 > (レビュー・クチコミ)

サハラに舞う羽根

[サハラニマウハネ]
The Four Feathers
2002年【米・英】 上映時間:132分
平均点:4.71 / 10(Review 41人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-09-20)
ドラマアドベンチャー戦争もの小説の映画化
新規登録(2003-10-05)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-05-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督シェカール・カプール
助監督ヴィク・アームストロング(第二班監督)
キャストヒース・レジャー(男優)ハリー・フェバーシャム
ウェス・ベントレー(男優)ジャック・デュランス
ケイト・ハドソン(女優)エスネ
ジャイモン・フンスー(男優)アブー・ファトマ
マイケル・シーン(男優)ウィリアム・トレンチ
ルパート・ペンリー=ジョーンズ(男優)トム・ウイロビー
クリス・マーシャル(男優)エドワード・キャスルトン
ティム・ピゴット=スミス(男優)フェバーシャム将軍
ジェームズ・コスモ(男優)サッチ大佐
クリスチャン・コールソン(男優)太鼓演奏者
アレック・ウェック(女優)アクオル
ルーシー・ゴードン(女優)イザベル
森川智之ハリー・フェバーシャム(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
草尾毅ジャック・デュランス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
坂本真綾エスネ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
麦人アブー・ファトマ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小島敏彦フェバーシャム将軍(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
桐本琢也ウィリアム((日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
加瀬康之トム・ウイロビー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
伊井篤史(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
乃村健次エドワード・キャスルトン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
三木眞一郎ハリー・フェバーシャム(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
宮本充ジャック・デュランス(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
川島得愛トム・ウイロビー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
銀河万丈アブー・ファトマ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
津嘉山正種フェバーシャム将軍(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
小森創介エドワード・キャスルトン(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
落合弘治ウィリアム・トレンチ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
原作A・E・W・メイソン
脚本マイケル・シファー
ホセイン・アミニ
音楽ジェームズ・ホーナー
編曲ジェームズ・ホーナー
撮影ロバート・リチャードソン〔撮影〕
ジョナサン・ブラウン〔撮影〕(第二班撮影監督)
ジェームズ・デヴィス(アクション班撮影監督)
製作スタンリー・R・ジャッフェ
ミラマックス
パラマウント・ピクチャーズ
制作ケイエスエス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
テレビ東京(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
特殊メイククリフ・ウォーレス
美術アラン・キャメロン(プロダクション・デザイン)
キース・ペイン(美術監督スーパーバイザー)
ピーター・ハウイット〔美術〕(セット装飾)
衣装ルース・マイヤーズ[衣装]
編集スティーヴン・ローゼンブラム
録音マイケル・ミンクラー
スタントデレク・リー
その他ジェームズ・ホーナー(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
41.1939年版の「四枚の羽根」も見たけど、それ以上に過酷で生々しく壮絶だった。もうこうなると何のために戦争をしているのかわからないし、ハリーの心情や行動はもっとわからない。そしておまけは超人みたいなアブーがどうして守り神になってくれるのか。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 3点(2015-09-07 14:11:34)
40.ラクダさんも血を吸われたら逃げちゃうよね。
真尋さん [DVD(吹替)] 2点(2010-12-24 12:41:27)
39.最初はヒロインとの恋愛や仲間の将校たちとの友情の回復がテーマかと思いきや、後半は一転砂漠からの孤独な脱出劇へ。このへんの話が本筋にとって本当に重要だったのか疑問です。最後もヒロインが心変わりした理由がはっきりとは示されず、カタルシスが得られることなくよくわからないまま終わってしまい残念。
プライドだらけさん [地上波(吹替)] 4点(2010-11-13 00:08:35)
38.なんでしょう、このドタバタ感。「ベンハー」「アラビアのロレンス」を真似て学園祭で制作しましたー、、はいい過ぎかもしれませんが、何もかも中途半端で、ラブストーリーのところはいらんかったんじゃ、、、とか、ふに落ちないところ多々あります。ヒース・レジャーじゃなかったら見てなかったでしょうね。。。
HRM36さん [地上波(吹替)] 5点(2010-09-28 23:34:24)
37.《ネタバレ》 この苛立ちは「パール・ハーバー」を思い出します。①ヒロインの自己中な男選びが目に付き、腹が立つ。②必要以上に助けるアブーの存在も不自然。③登場人物が多い上にキャラ分けが出来ていなく、誰が誰だか把握しにくい。④ハリーの策なしで敵陣地に捕まりに行く、無鉄砲な行動に感情移入できない。⑤あの劣悪な環境の中で、死んで再び生き返る超レアアイテムを使用し、成功するご都合主義に不満。なんにしろ、不満が多くて後味が悪い。ラクダの血を吸うシーンはトラウマになりそうな映像でキツイ。この映画を見て最後に一言・・・私にはとてもじゃないが砂漠での生活は無理です。
マーク・ハントさん [地上波(字幕)] 0点(2009-07-12 03:08:02)(良:1票)
36.《ネタバレ》 予告編を見て、戦争に敢えて行かなかった男の苦悩の話かと思いきや、結局主人公は自ら戦地へ行き、同等以上の危険をくぐりぬけていっちゃったりします。その割に主人公の存在感も薄く、なんだかなぁって感じのがっかり映画。
すべからさん [DVD(字幕)] 4点(2008-04-22 13:00:16)(良:1票)
35.婚約者に「チキン野郎!」とはっきり伝える英国お嬢様は怖い。復縁しないほうがいいゾ。
mimiさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-04-28 17:05:15)
34.《ネタバレ》 これはなかなか面白くない映画でしたね。それぞれの登場人物の行動原理が理解不能だったり支離滅裂だったりするので、話にのってあげようにも何を考えながら見ればいいのかサッパリわかりません。友情とは?勇気とは?なんてことを描こうとしたマジメな感動作のはずなのに、各人物の心理や行動が理解しがたいというのは致命的ではないでしょうか。まず、世間に白い目で見られながらも軍隊を除隊したにも関わらず、後に単身でスーダンへ渡った主人公ハリーの心変わりがよくわからないし、当初何の目的があってスーダンへ行ったのかすら不明瞭でした。何の策もなく収容所へ潜り込むに至っては単なる熱血バカにしか見えないし。こんな主人公には感情移入できませんよ。それに輪をかけてわからないのが、ハリーのボディガードとなる原住民の傭兵。ハリーのために何度も命を張ってるわりにそれだけの行為の動機が不明瞭だし、さらには侵略者であるイギリス軍のために奔走までするし。彼は奴隷部族出身で、現地においても差別を受ける身であるという描写があり、それがイギリス側に与する理由になっているとも考えられますが、それにしてもあそこまでの献身ぶりは腑に落ちませんでしたね。あと細かいですが、ハリーを脱走させる時に使った毒薬ありましたよね。一時的に仮死状態になってその後蘇生するアレ。あれはどういう原理の薬なのかが納得できず、なんとも都合のいいアイテムもあるもんだと呆れてしまいました。そして最強なのがヒロインの行動のムチャクチャぶりですね。将軍の息子にして士官学校でも有望株だったハリーとはラブラブだったものの、彼が除隊し一転して不名誉を背負った途端に臆病者と罵り、以後は戦地で英雄となったジャックにラブレターを書くんですね。ハリーを自暴自棄に追い込んだ反省もそこそこに、よりによってそのハリーの親友のジャックに色目使いますかね。さらにさらに、そのジャックが盲目となって帰還するや「ハリーに会いたい」と言い出す始末。ラストではこんな女とハリーが結ばれるわけでして、この締めにどうやって感動すればいいんだって感じです。原作(しかも名作)のある作品だけにご都合主義のストーリーでもいじりづらいという制約があったのはわかりますが、もうちょっと考えて作って欲しい映画でしたね。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 2点(2006-06-24 20:48:18)
33.《ネタバレ》 題名だけ見るとなんか壮大な歴史ドラマっつう感じがするけど内容は、、、めちゃくちゃ戦争やん。羽で人生を左右されるのもどうかと思いますよー。字幕なしだったからたっぷりどっぷりの画面で見れましたけど個人的にはイマイチ合わなかったみたい。砂漠での銃撃戦も誰が誰だかものすごぉいわかりづらかった。もーちょっと頑張ってよ!!
M・R・サイケデリコンさん [地上波(字幕)] 5点(2006-03-13 06:51:44)
32.もの凄く古臭い戦争メロドラマ。原作が古典だからしょうがないのかもしれませんけど、そもそもこの物語を21世紀に映画化した意義が全く見出せません。たぶん製作側としてはメロドラマではなく、「戦争に行かない者は臆病者である」という唯一点に、戦時下の国策映画としての意義を見出したのでしょう。それが証拠に、本作はアメリカとイギリスの合作です。それに、大儀なき戦争に於ける戦う目的に、「隣にいる戦友の為」という常套句を、ここでも性懲りも無く繰り返してる。「角陣」の戦闘シーンなんかそれなりに新鮮でしたけど、話がこれじゃどうしようもありませんヨ、4点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2005-06-12 00:08:41)(良:1票)
31.《ネタバレ》 ヒースとケイトが好きだからみたのにぜんぜん面白くなかった。だらだらしたかんじだし、ラクダの血をのむなんていやだぁー!らくだがかわいそうだとおもわんのかぁぁぁぁあぁッっておもいました。
ギニュー隊長★さん 4点(2005-03-22 20:25:59)
30.恋愛ドラマだと思って観たので、肩すかしを食らった気分。そもそも日本人には臆病者=羽が結びつかない。主役の行動であるが、突発的でそれでいて説明不足のため観ているこちらは完全に置いてきぼりを食らう。あれでは勇気というよりも単に自己満足と感じてしまう。黒人が助けるあたりも”侵略した国がぬけぬけと”と冷めて観てしまった。結局、砂漠と侵略戦争の様子が伺えたのが収穫。
まさサイトーさん 3点(2005-01-02 05:51:06)
29.誰がすごいって用心棒の彼が凄いんであって、主人公がほぼ無計画な所。他の人も書いていましたが、主人公がただのラッキーボーイなので、なんか微妙。誇りはあってもなぁ…さらにヒロインも微妙。人に進められません
マキーナさん 4点(2004-07-29 19:44:53)
28.羽根の為にあそこまでできるハリーは凄いと思いました。
ぷりんさん 6点(2004-07-26 12:53:19)
27.薄味な映画でした。
フィリップ・バルカシジクさん 4点(2004-07-24 00:32:05)
26.これほどまで砂漠を描ききった作品は見たことがなかった。
そして、迫真の演技。
それだけでも見る価値はあった。
作品としては今この時代に作るならもっとテーマを絞り込む必要があったのでは。
価値観が違いすぎて心に響いてこなかった。
ひでさん 6点(2004-07-19 23:01:50)
25.期待と違っていて残念!宣伝では面白そうだったのに。期待と違って話のスケールが小さい。
misoさん 4点(2004-07-13 02:46:48)
24.何か物足りないです…。戦闘シーンは迫力がありました。
ギニューさん 6点(2004-06-04 21:29:38)
23.ものすご~いアホなのに、何故かどえらく運がいい男の話。言いたい事は山ほどありますが(ケイトもっと可愛く撮れよ! 小道具が手抜き臭い! どこかで見たような話と映像のつぎはぎ(例・パール・ハーバー、イングリッシュ・ペイシェント)! ジャックの台詞、支離滅裂すぎ! 相変わらず非白人の描き方が納得いかない! etc,etc,etc.....)手短かに纏めてみました。
ともともさん 3点(2004-04-25 23:56:59)
22.友情ですか。戦闘シーンは凄かった。飢えてる人々を見てたら楽しいが、まったりするとおもしくない
no_the_warさん 7点(2004-04-11 22:04:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 41人
平均点数 4.71点
012.44%
100.00%
224.88%
3512.20%
41024.39%
5819.51%
61126.83%
749.76%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS