ダイナマイトどんどんのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > ダイナマイトどんどん
 > (レビュー・クチコミ)

ダイナマイトどんどん

[ダイナマイトドンドン]
1978年【日】 上映時間:143分
平均点:6.76 / 10(Review 21人) (点数分布表示)
ドラマコメディスポーツものヤクザ・マフィア小説の映画化
新規登録(2003-10-08)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-01-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督岡本喜八
助監督山下賢章
キャスト菅原文太(男優)嘉助
宮下順子(女優)お仙
北大路欣也(男優)橘銀次
金子信雄(男優)橋本伝次郎
岸田森(男優)花巻修
中谷一郎(男優)香取裕一
フランキー堺(男優)五味徳右衛門
石橋正次(男優)吹原
丹古母鬼馬二(男優)鬼熊
志賀勝(男優)南里
田中邦衛(男優)芦刈の作蔵
藤岡琢也(男優)岩崎警察署長
大前均(男優)中谷巡査部長
草野大悟(男優)藤崎
嵐寛寿郎(男優)岡谷源蔵
伊佐山ひろ子(女優)きん子
桜町弘子(女優)千代竜
二瓶正也(男優)犬飼
ケーシー高峰(男優)和田山の繁蔵
長谷川弘(男優)小林部長
大木正司(男優)猿渡
誠直也(男優)九州海運会組員
岡本喜八(男優)
原作火野葦平「新遊侠伝」
脚本井手雅人
古田求
音楽佐藤勝
撮影村井博
製作俊藤浩滋
武田敦
大映
製作総指揮徳間康快
配給東映
美術竹中和雄
録音田中信行〔録音〕
あらすじ
GHQにより、暴力行為が禁止された昭和25年の九州を舞台に、民主的に野球で決着をつけることになったヤクザたちを描くコメディー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
21.《ネタバレ》 野球映画というジャンルが不毛の地である邦画界ではありますが、この映画はチャーリー・シーンの『メジャーリーグ』に匹敵する快作じゃないでしょうか。とは言っても、これは野球映画と呼んでいいのかはちょっと首を傾げるところですがね(笑)。中谷一郎や岸田森といった岡本喜八組の常連が再集結しているだけでなく『独立愚連隊西へ』以来のフランキー堺まで顔を見せてくれるのは嬉しいところです。「チッキショー」でおなじみの佐藤允が出ていなかったのはちょっと残念でしたけど。おまけに菅原文太と北大路欣也という東映実録シリーズの巨星が主演とくれば、ますます野球というよりもヤクザ映画って感じです。文太はお馴染みの広島弁ではなく小倉弁でセリフを捲し立てるわけですがこれが実に様になっていまして、彼ほど西国訛りが似合う俳優はいないんじゃないでしょうか(本人は東北出身ですけどね)。気になったのが岡源組の留吉役の俳優で、巨人の左投手で現コーチの宮本和知にそっくりで最初は本人かと思いましたよ。実はこの人は松竹新喜劇がホームの小島秀哉という方だということを後に知りましたが、今回再見してもやはり似てますよ、賛同してくれる人いますかね? というわけで野球+ヤクザ映画なのかは確かですが、任侠映画の強烈なパロディであることは間違いないです。クライマックスの決勝戦にまで持ち込んでゆくエネルギッシュな撮り方は痛快そのもの、とくにラストの大乱闘のカオスぶりはまさに岡本喜八の本領発揮としか言いようがない痛快さでした。ストーリーテリングとしてもふつうは嘉助と銀次は途中で何らかの和解が成立して友情を育むというのが定番ですが、ほぼ最後の一球までずっといがみ合い続けるという展開が面白かったです。北大路欣也のキャラも三振とる以外は打者にぶつけるだけ(それも頭!)、一つ間違えば殺人マシーンになりかねないシャレにならない男です。でももちろんカット割りしますけど欣也の投球フォームはなかなかのカッコよさで、この人野球選手経験があるんじゃないかと思いました。 まあ一つ言えることは、頭をカラッポにして愉しめる映画だということですね。
S&Sさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2020-05-04 23:08:53)★《新規》★
20.こんな傑作の存在を、今まで知らずに生きてきた自分の不明を恥じるばかり。熱くて汗臭いコメディっていいですね。ナンセンスでありながら、ヤクザ映画のパロディになっているところがいい。物語をグイグイ引っ張る菅原文太の熱演も、相変わらず嫌らしい役がピッタリはまった金子信雄もいい感じ。岸田森も、フランキー堺も、しっかりキャラが立っていました。しかし何より気に入ったのは、以下の3点。
その1、田中邦衛の妙に妖艶なサイドスロー。独特のフォームながら、いかにも素人が投げてます、という感じでもない。このフォームだけでも楽しめました。ついでに北大路欣也の豪快なオーバースローもさすがです。巨人の沢村より打たれなさそう。
その2、デッドボールを受けたときの倒れ方。後半でバタバタと倒れるわけですが、あれはヤクザ映画で銃弾を受けたときと同じリアクションでした。意図的だと思いますが、そのたびに笑ってしまいました。
その3、やっぱりラスト。それまでの2時間あまりの〝死闘〟を無にするような舞台転換と、それでも野球で決着をつけようとする心意気と、やっぱりその場に金子信雄はいなかったことが綯い交ぜになって、もう泣きたいやら笑いたいやら。短いシーンでしたが、とても印象的でした。
眉山さん [CS・衛星(邦画)] 9点(2016-11-06 01:57:00)
19.《ネタバレ》 ○この時代の邦画の勢いたるもの。終盤にかけて球場内で繰り広げられる乱闘はもはやカオス。○ただ基本的にはコメディ。酒に酔ってべろんべろんの田中邦衛や包帯だらけなのに試合に出てくる菅原文太などなど。○しかし菅原文太にしても、北大路欣也にしても「漢」だねぇ。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-09-03 13:16:20)
18.《ネタバレ》 ヤクザ達が、いつものドンパチでなく野球で闘わせるという発想は面白いですね。
平和な闘いということで微笑ましいんですが、でもすぐ殴り合いになりとてもじゃないけどまっとうな野球とは言い難い。
でもバカバカしいんで笑える。ヤクザさん達がやたらめったら元気いっぱいで、一歩間違えば単なる馬鹿の集まりみたいなんですけど(笑)、
おっぱい丸出しの女性応援団にも驚きましたね。男よりも女が強い映画でした。
あろえりーなさん [地上波(邦画)] 6点(2016-07-31 22:19:41)
17.突拍子もない設定で、メタな任侠パロディみたいなところもありつつ、任侠モノとしてもコメディとしてもちゃんと成立している。ピッチングではないけれど、演出も豪華出演陣の芝居も、緩急の使い方が素晴らしい。軽薄に堕さず、軽妙の線を守れているのは、出演者と監督の力量も大だろう。1950年という煤けた印象のある時代の、しかもヤクザ物でありながら、ファンタジーであることを優先した鮮やかな色彩も表彰もの。岡源ダイナマイツのユニフォームには衣装賞をあげたい。決闘や乱闘シーンの間延び、若干の長さを感じるところは減点材料だけど、ときに笑い、ときに手に汗を握り、ときにしんみり。娯楽映画の王道のような作品で、「ああ、現代でもこういう映画をもっとみたいなあ」と思える作品だった。
C-14219さん [地上波(邦画)] 8点(2015-12-15 10:51:51)
16.やくざ屋さんたちのハチャメチャ野球大会。じゃりン子チエを少し思い出しますな。あと2軍時代の番場蛮とか。もう何でもありの、治外法権。野球というスポーツを心底、真剣に愛する人にはとても見せられたもんじゃありません。これだけ乱痴気騒ぎ大暴れしていても、何となく映画として整って見えてしまうのは、さすがと言ってよいのか、いけないのか。
それにしてもこういう作品を見てると、菅原文太というヒトはやっぱりコメディ俳優なんだと思います。で、一番クールな北大路欣也が、なぜか一番暑苦しいという・・・
(ところで昭和25年という設定だったら、当時米国は48州なので、国旗のデザインが違うのでは。どうでもいいですけどね)
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-12-05 16:24:45)
15.《ネタバレ》 ヤクザに野球で決着をつけさせるという無茶な設定を、大真面目に真剣に映像化している時点で、もう低い点はつけられません。脇役の多い宮下順子さんも、この作品ではいい感じに目立っていますね。終盤がやや間延びしたのが残念。全体として、120分くらいに収まる内容だと思う。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-12-05 01:32:00)
14.舞台は昭和25年だが車や服装がきれいでみすぼらしさが感じられない。殆ど笑えない前半も田中邦衛の出番あたりからコメディらしくなってきて嵐寛寿郎も可笑しい。この頃の邦画は意味があるとは思えない女の裸映像がやたらと出てくるが単なる流行りだったのか。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-12-02 23:50:33)
13.看板役者の文太を使って、『仁義なき戦い』と『トラック野郎』を足して2で割った作品を作ればウケルとでも思ったのか。原作は何度か映画化されているようだが、これは企画と脚色の失敗だな。戦後の混乱期のエネルギー溢れる反戦・反米映画と見れなくもないが。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2015-12-01 11:54:34)
12.《ネタバレ》 個人的に喜八映画で一番好きな作品。
終戦から5年後の夏。汗だくの男たちが、何かを合図に支度をすませる。トラックを待ち受け、店に隠された銃を、刀を抜き放って襲い掛かる!ジープを奪って挑発。
市場を破壊する追走劇、待ち伏せ、機銃、花火、ダイナマイトでホームランじゃあっー! ドッカーン!

 
ヤクザ同士の会合、組長の翻訳、市街地でおにごっこ、股間に何かを隠す、場数踏んでそうな女主人、塩まいて、指でテクテクカウンターの上を歩く仕草が可愛い。 


非合法な殺し合いの場が合法な野球の場に、婦人野球(パンパン)、元野球選手の鬼コーチ、命(タマ)の取り合いから球の取り合い&金玉の潰し合い、だが体を張ってボールを受け止める命がけ。何事も本気でやれば最高の仕事にしてしまうプロフェッショナル魂。

歌で士気をあげる、本当に暴れだす、掛け声で士気をあげろ!「ダイナマイツ~ どん どん」 先攻後攻が丁で決定。

旦那と対峙、ナイフ投げ、裏では博徒、泥酔ピッチャー、ひらがなや漢字、数字が混ざる背番号、思わぬ再会、挑発しまくって真意を確かめる、指の使い方、監督の手の古傷、ピッチャーの指が示す過去、それぞれの心に刻まれた傷跡。


練習投球から試合へ、今までの仕返しにボッコボコ、ツンデレ。

「原爆ピッチャー」って不謹慎にもほどがあるわwww
NGワード:指 
雨の中の死闘、シャベルや鍬をとっての殴り合い、さりげなく傘をやる任侠。

野球で命の賭け合いに、敵球団のスカウト。

こしらえた着物、唐突に現れる母ちゃんの遺影、殴り込みに行く馬鹿2人・・・おい野球しろよ。 ※ご覧の映画は「ダイナマイトどんどん」です

ダイナミック不祥事!その格好で銃を持つなwww
あくまで野球で蹴りをつけてやるぜという心意気。もしくは単なるご都合主義(ry


扉が思いきっりオープン、着物をそっと肩にかけ、電気を消して去っていく。肩の刺青が物語る愛情。


デッドボールの応酬、ボールを持って殴り合い、乱闘寸前、「ばかもん!」「ばけもん!」複数のルールブック、アンパイア死亡、銀次なりの償い、守備妨害。

ヌードになる必要はあるのだろうか、ベースは盾、MPもブチギレ、修羅場に慣れてきた審判。

打球が、バットが、グローブが、血潮が、ありとあらゆるものが宙を舞う大乱闘!その後に両雄が再び顔を合わせるクライマックスが良い。
すかあふえいすさん [DVD(邦画)] 9点(2015-07-14 13:37:32)(良:1票)
11.《ネタバレ》  日本を代表する役者陣(まさにオールスター!)を贅沢に起用して、その個性を見事に生かしながらここまでむちゃくちゃで突き抜けた喜劇を作り上げることのできる岡本喜八監督は凄いですね。もう、ダイナマイトのような破壊力を持ったエネルギーに満ち溢れていて、まさに「これぞ娯楽映画!」と言える楽しい作品になっています。

 野球のルールをよく知らなくても楽しめる作品だと思います。

TMさん [ビデオ(邦画)] 8点(2010-09-11 12:52:33)
10.こりゃ笑えます。軽快で豪快。豪華キャストが大暴れ。音楽のセンスも抜群。
不良が更生してマジメに野球やる感動話より、こんな無茶苦茶な話の方が好きだ。
それにしても、ヤクザが野球で乱闘するだけの話に二時間半近くも使うなんて・・・。
耳に残るなー、ダーイナマイトどーんどんっ♪
すべからさん [ビデオ(邦画)] 8点(2010-01-09 15:00:17)
9.《ネタバレ》 なにか得体のしれないパワー感が満点な映画だなぁ(九州が舞台というのも個人的には○)  出演の皆様もそんなパワーがのり移ったかのような演技に圧倒されました(文太カッコイイ!!) 一見ちぐはぐに見える任侠と野球も「男の美学」に照らし合わせれば、きっと同じものなのかもしれません。そんな岡本喜八監督の作品をもっと観てみたいとオモイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2010-01-01 16:46:25)
8.《ネタバレ》 野球と任侠、この何とも男の中の男臭さの漂う作り、どいつもこいつもアホでマヌケだけど、憎めない。岡本喜八監督の映画に出てくる男達はアホな奴ばかりであるが、そのアホの中にこそ人間の持っている何かがあるような気がして観ていても嫌な気持ちになどけしてならない。菅原文太のあのマヌケぶりなんてまるで「トラック野郎」の桃さんみたいです。全体的に間延びしている感じではあるが、何とも漫画的な笑い、田中邦衛とのやりとりはアホだけど、可笑しくて笑ってしまう。相手の投手に酒を飲ませ、ベロンベロンに酔わせるという暴挙ぶり、しかし、この映画、野球映画ではあるけど、野球の面白さといものはさほど伝わらない。どちらかというと完全に喜劇の形であり、またまたやくざ映画であり、何しろ出演者の顔ぶれの恐ろしさ、凄さなんて明らかに喜劇的でもあり、任侠映画である。金子信雄がユニフォームを着ているなんて想像出来ないぐらい普通じゃないところが何とも可笑しい。とにかく何から何まで滅茶苦茶であるが、作品全体にパワーと映画に対する愛情が感じられる。だからそんなに出来としては良くなくても低い点数などつけられない。みんな大暴れのどさくさに紛れていっぺんでいいからお願いと宮下順子に対して迫る菅原文太、これなどどう見てもトラック野郎の桃次郎そのままでる。キャラが被りすぎてるという意味で本来ならマイナスもそうはならない何か上手く言えない馬鹿馬鹿しさが私は好きです。
青観さん [ビデオ(邦画)] 7点(2008-12-11 20:43:59)(良:1票)
7.男は傍から見て実にくだらない事でも何故だか力を込めて突き進むもの。男には女性以上にメルヘンな部分があること。時に童心を発散しないと駄目な事。確かにだれるっちゃぁ、だれるが良いではないか。喜八映画の「男」ってなぁどうしてこうもワクワクさせるのだろうか。ニンキョー!
Nbu2さん [映画館(邦画)] 6点(2007-12-06 21:48:19)
6.《ネタバレ》 なんで投稿数少なく、評価も低いんでしょうか?
男というのはこういう生き物なのだ、と再認識させられたものです。石橋が魔球を投げられると思い込んで指を落としたり、嵐さんがその場でおさまりがつかなくて勝負を受けてしまったり、文太の策略にまんまと乗って田中邦衛が焼酎に走ってしまったり、もうわかってても笑わずにはいられません。まだありますが、きりがありませんので。
そして、沖縄に送られた(こういうことって講和の前には実際あったんですか?)野球用具を持った両方の組が向き合う形になりながら、文太側がきびすを返して同方向に歩き出すラスト。これからグラウンドで勝負!
もうたまりません。
私は、少なくとも独立愚連隊シリーズのレベルには達してると思っています。
オットー・クレンペラーさん [映画館(邦画)] 10点(2006-04-30 13:20:01)(良:1票)
5.話としてもなかなか面白く、役者陣も脂が乗っていて、岡本喜八らしく訳の分からないエネルギーと胡散臭さが充満しています。文ちゃんは私たちが期待する文ちゃんらしく、北大路欣也はとことんクールで、宮下順子は艶っぽく、フランキーは相変わらずフランキーでした(笑)。何よりも個人的に収穫なのが田中邦衛の怪演で、あの風貌であの投げ方、観ていたのが深夜にも関わらず、思わずかしわ手を打ってしまいました。少し疲れていたためか、最後の乱闘でウトウトしかけてしまいましたが、イカンイカンと眼を覚ましてもまだ乱闘をやってました。やっぱり少し長尺すぎたかも。
製作:ジャッキー・トリホーンさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2005-10-30 09:15:37)
4.期待しないで見たが、とてもテンポが良くて面白かった。ただこの内容で143分はちょっと長すぎるかも。途中でほんの少しダレてしまった。「仁義なき戦い」のプロデューサーに菅原文太主演で監督が喜八というのもちょっと違うような気もするが、楽しめたからいいか。
イニシャルKさん [ビデオ(邦画)] 7点(2005-03-21 16:12:51)
3.な~んか中途半端。野球の試合での乱闘騒ぎはもっと派手にやってくれれば良かった。
新井さん 4点(2004-02-23 18:35:28)
2.序盤の話の展開はとてもテンポがよくてすばらしい。残念なことに中盤だれてしまう。そして後半はメチャクチャ。序盤だけでいえば世界に出しても恥ずかしくないだけの出来。なんといってもパワーが凄い。もっと多くの方の評価を聞きたい作品ではある。
神谷玄次郎さん 6点(2004-02-01 22:22:52)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 21人
平均点数 6.76点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
429.52%
5314.29%
6419.05%
7523.81%
8419.05%
929.52%
1014.76%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 10.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 10.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS