三大怪獣 地球最大の決戦のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > 三大怪獣 地球最大の決戦
 > (レビュー・クチコミ)

三大怪獣 地球最大の決戦

[サンダイカイジュウチキュウサイダイノケッセン]
(ゴジラ・モスラ・キングギドラ 地球最大の決戦)
GHIDRA,THE THREE-HEADED MONSTER
1964年【日】 上映時間:93分
平均点:7.13 / 10(Review 31人) (点数分布表示)
公開開始日(1964-12-20)
サスペンスSFファンタジーシリーズものミステリー刑事もの特撮ものロマンスモンスター映画
新規登録(2003-10-11)【鉄腕麗人】さん
タイトル情報更新(2019-11-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督本多猪四郎
円谷英二(特技監督)
助監督橋本幸治
中野昭慶(特殊技術)
キャスト夏木陽介(男優)進藤刑事
星由里子(女優)進藤直子
若林映子(女優)サルノ王女(金星人)
小泉博(男優)村井助教授
ザ・ピーナッツ(女優)小美人
志村喬(男優)塚本博士
伊藤久哉(男優)黒眼鏡の男(暗殺者マルメス)
平田昭彦(男優)沖田課長
佐原健二(男優)金巻班長
野村浩三(男優)調査隊員
田島義文(男優)寿山号船長
天本英世(男優)老臣
小杉義男(男優)インファント島の長老
高田稔(男優)国防会議議長
大川平八郎(男優)円盤クラブYシャツ
英百合子(女優)進藤サト
加藤春哉(男優)小牧記者
沢村いき雄(男優)漁師
富田仲次郎(男優)防衛大臣
石田茂樹(男優)国会議員
大友伸(男優)安楽椅子の男
大村千吉(男優)帽子を拾う男
松本染升(男優)円盤クラブの会長
黒部進(男優)暗殺団手下
伊吹徹(男優)暗殺団手下
鈴木和夫(男優)暗殺団手下
広瀬正一(男優)村人
向井淳一郎(男優)国会議員
勝本圭一郎(男優)村人
津田光男(男優)国防会議出席者
古谷敏(男優)調査隊員
岡豊(男優)電力会社社員
緒方燐作(男優)上野公園の野次馬(ノンクレジット)
橘正晃(男優)松本の避難民(ノンクレジット)
加藤茂雄(男優)上野公園の記者(ノンクレジット)
記平佳枝(女優)円盤クラブ会員(ノンクレジット)
中山豊(男優)新郎
久野征四郎(男優)喫茶店のボーイ
宇野晃司(男優)ホテルマン
千葉一郎(男優)
榊田敬二(男優)
池谷三郎アナウンサー
脚本関沢新一
音楽伊福部昭
作詞岩谷時子「幸せを呼ぼう」
作曲宮川泰「幸せを呼ぼう」
挿入曲ザ・ピーナッツ「幸せを呼ぼう」
撮影小泉一
富岡素敬(特殊技術)
有川貞昌(特殊技術)
鶴見孝夫(特殊技術 撮影助手)
川北紘一(特殊技術 撮影助手)
製作田中友幸
配給東宝
特撮向山宏(合成)
美術北猛夫
渡辺明(特殊技術)
井上泰幸(特殊技術 美術助手)
編集藤井良平
録音矢野口文雄
下永尚(整音)
斉藤禎一(録音助手)
照明岸田九一郎(特殊技術)
スーツアクター中島春雄ゴジラ
手塚勝巳ゴジラ
広瀬正一キングギドラ
その他東京現像所(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
31.《ネタバレ》  昨年末に、あるレビュアーさんが当作品を再投稿(変更レビュー)されていたのを機に、全員の方のレビューを拝読しました。その結果、無性に観たくなったので、DVDをレンタルして観てみました。
 実は、私にとって初めて観た【ゴジラ映画】が当作品です。当時、私は小学生。その頃は夏休みの夕方にフジテレビで、往年の特撮映画を放送していました。その中で観て、すっかり夢中になりました。ドラマ部分で言えば、王女の「私は金星人」、進藤・兄の「私は日本の警察官。あなたのボディーガード!」という台詞が記憶に残りました。
 その後も、放送されるたびに観たものですが、ここ30年ほどは観る機会もなく歳月が流れました。また、↓の【へちょへちょ】さんがおっしゃる通り、赤ひげ(黒澤明1965年)の製作が遅れたために急遽つくられた【埋め合せ作品】ということも、私も近年に知っていました。

 そして今回、再見したわけですが…
 まず、印象に残ったのは【埋め合せ映画】とは思えない熱の入れようだと思ったことです。単なる【埋め合せ】なら、大半を既存のフィルムをもとに再編集した作品を公開する選択肢もあったはずです。確かに構想に3年かけたと言われる【モスラ:1961年】に比べて、市街地のミニチュアは小規模であり、自衛隊との攻防シーンは皆無、しかも決戦の舞台が富士の裾野なのは、製作が短期間だったことを物語っているように思います。しかし、それはあくまで“見比べたら”の話。キングギドラという新怪獣を創造した時点で「時間などの制約はあっても、決して安直な作品にはしない!」と宣言して製作を始めたのも同然だったのでは…と思いました。
 そのギドラについて言えば、現在では「ギドラが金星を滅ぼした理由が描かれていない」と批判されそうですが…そんな理屈抜きに、他のレビュアーさん達もおっしゃる通り、ギドラが威風堂々として格好いいです。ゴジラ達を弾き飛ばしたりする姿は、まさに凶悪無比の宇宙怪獣!これこそキングギドラの真の姿だ!と私の中に眠っていた【ガキ】の心が蘇りました。ギドラの設定からも分かるように、核の警鐘といった従来の重々しい路線から離れて娯楽に徹した【冬休み・お正月映画】に相応しい作品だと思いました。
 またドラマについても特撮同様に手を抜かず【進藤・兄:王女の探索と護衛】【進藤・妹:預言者(王女)と小美人の保護】【村井助教授:隕石調査とキングギドラの登場】の3つが、クライマックスに向けて一つにまとまっていく構成は、あらためて上手いと思いました。なお、個人的には、前半の、進藤宅の居間でのやりとり=兄をからかう妹→怒って妹を掴む兄→「おかあちゃ~ん」と言う妹→「およしよ、2人とも、いい歳して」と諫める母親…という何気ない日常シーンに非常に親しみを感じました。本多監督の怪獣映画では、こうした生活感や温かみのある描写が伝わってくるものが多いように思います。
  
 さて採点ですが…当作品が公開された1964年(昭和39年)は、東京オリンピックが秋に開催された年だとあらためて気づきました。当時の日本全体に溢れていた勢いとエネルギーが当作品にも反映されていたのかもしれません。製作の追い込み時期は、まさにオリンピックの真っ只中だったでしょうから、スタッフの皆さんは「今、オリンピックで日本勢が大検討している。我々も負けずに良い作品に仕上げよう!」「我々が頑張れば、きっとオリンピックでも日本勢は勝てる!」と活き活きと取り組んでおられたのではないか…と想像したりしています。
 このようなわけで、一般的な感覚でなら7~8点の作品かもしれませんが、昭和のエネルギー満載の元気が出る映画として、大甘で10点を献上させていただきます。
せんべいさん [DVD(邦画)] 10点(2018-01-11 21:32:40)(良:1票)
30.私がリアルタイムで映画を映画館で観た最初が「地球最大の決戦」ではなかったかと記憶しているが・・・
やっぱりキングギドラの初登場と地球の怪獣の決戦が見どころで、今思うと何故日本ばかりに
怪獣が集結してるのかと疑問符が付くが(笑)それは兎も角、キングギドラの日本の町を引力光線で
破壊するシーンは傑作ですね!あと女王役の若林映子さんが私好みの真面目な美人でウットリしました(笑)・・・
まあゴジラ映画のピークの作品でしょうね。
マロウさん [DVD(邦画)] 6点(2015-11-30 02:51:10)(良:2票)
29.ゴジラ、ラドン、モスラが一堂に介し、人間といちおう和解し、美しく強い宇宙超怪獣キングギドラと戦う、怪獣映画の集大成的作品。ゴジラ映画はここで一段落するのだ。
以後、ゴジラは宇宙人に操られたり、人里離れた島でひっそり(?)と暮らすこととなるのであった。どんどん縮小していくのが哀しい。
ガブ:ポッシブルさん [映画館(邦画)] 10点(2015-10-14 20:35:56)(良:1票)
28.《ネタバレ》 本作については、以前見た際某ブログに感想を書き、その後某所のレビューにも書いているので、個人的には言いつくした感じですが……。
ひとことで言えば、娯楽映画の王道。無類に楽しい。こういう映画は、どこがどう面白いのか説明してはかえってつまらないものです。
ただひとつだけ言っておきたいのは、本作では本編と特撮のコンビネーションが特にいい。たとえばラドンが登場するあたり。落ちた帽子(本編セット)からパンして、ラドンが潜んでいるあたり(特撮セット)を映すやり方。その前には阿蘇でのロケシーンが使われていて、こういう映像の移行が臨場感を出しています。
あるいはストーリー的にも、ゴジラがラドンに落とされて停電するあたり。人間側と怪獣側が分離せずリンクした物語作り。ああいうところを見ると、私なんかは痺れちゃうのです。これこそ特撮映画、怪獣映画の面白さであると。本編と特撮が互いに補い合って、ひとつの物語を形作る。それがきわめてハイレベルに成功しているという点で、おそらく関沢・本多・円谷トリオの最高傑作でしょう。繰り返しますが、これぞ娯楽映画の王道。ザッツ・エンタテインメント!
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 10点(2014-09-08 21:25:20)(良:1票)
27.《ネタバレ》 ラドンに小突かれるゴジラ。石を蹴飛ばしてラドンにぶつけるゴジラ。ラドンに石を跳ね返されるゴジラ。モスラを引っ張るゴジラ。石を蹴飛ばし石を投げつけキングギドラに攻撃するゴジラ。なんて、可愛らしい仕草なんでしょう。あぁ、ゴジラLOVE。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-08-30 02:15:08)(良:1票)
26.《ネタバレ》 キングギドラは本当にカッコイイです。
登場の音楽を聞くと胸がワクワクしてきます。
そんな最強の敵に対して、南方からの長旅?で疲れているはずのモスラが健気にも仲間の説得にあたります。
そんなの知ったこっちゃ無いとつれなくされても、真面目なモスラは一途に突き進みます。
ああ、なんて素晴らしいモスラ・・・
捨て身の攻撃には思わずうるうるしてしまいました。

そして若林映子さん演じる「サルノ王女」の存在感、品のよさ。
「わたくしは金星人です。」繰り返されるこのセリフが、最初はおかしく、次第に説得力をもって観ている私たちの心を動かしていきます。
それからまた、ザ・ピーナッツのお二人の真面目さ歌の素晴らしさにも感動しました。
ちっちゃい二人ですが、その存在の大きさは計り知れません。

そしてやっぱり、ゴジラは素晴らしい。
ゴジラの登場には心震えます。
その存在感、人間ぽさ、動きのよさ、とにかく私はゴジラが好きです。
そしてゴジラLOVEの方がたくさんいらっしゃると信じて、「面白かったね!」と言う気持ちを共有したいと切に願ってこのレビューを書いています。
たんぽぽさん [CS・衛星(邦画)] 9点(2014-08-13 20:58:29)(良:1票)
25.《ネタバレ》 前半がとにかくかったるい。三大怪獣どころか、せっかく四大怪獣勢揃いなんだから、前置きなんてのは最小限にして、あとはとにかく怪獣の格好良いところを見せるのに徹すればよいのに・・・。ラドンなんて何のために出てきたんだろう?
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2014-07-30 03:31:48)(笑:1票)
24.隕石からキングギドラが初めて登場したシーンの衝撃は忘れられない。この最強の宇宙怪獣に対し、けなげにもモスラが単独で戦おうとするシーンは涙腺が緩む。キングギドラに対抗するための地球怪獣の3者会談や、3者が協力してギドラと戦うシーンなどを通じて、民主主義的な「何か」を学んだ気がする。それに引き替え、平成ゴジラシリーズはゴジラを無敵の独裁者にしてしまった。大嫌いだ。刑事役夏木陽介がいい。妹役の星由里子とのやり取りも軽快で息がピッタリ。
風小僧さん [映画館(邦画)] 9点(2012-12-24 10:13:09)(良:1票)
23.《ネタバレ》 まさかまさか?ゴジラとラドンがタッグを組んでキングギドラに戦いを挑む。しかも地球の平和を救う為といのが何とも意外であって面白い。ゴジラとラドンを説得する役目がモスラであるがこのモスラの動きと説得されているゴジラとラドンも面白い上にその説得を通訳するピーナッツの二人の小美人には笑わせてもらいました。モスラの説得に対しゴジラとラドンの「そんなこと、知ったことか」って何と言う通訳だ。もう、笑いを堪えるのに必死でした。確かにゴジラとラドンからしてみたら「知ったことか」である。がモスラの素晴らしい説得に負けてキングギドラに挑むゴジラとラドン、そんな協力しあうことの大切さをこの映画は怪獣というものを使って人間に訴えかけているとも思えるし、また金星人であるサルノ王女の姿からは人は忘れてしまいたいこととそうでないことをあの最後の方のシーンの「ローマの休日」のパクリのようなやりとりから色んなものが見えてくるような気がするし、そう考えて観るとこの映画はふざけてるようで意外と奥の深い映画でもある。それにしてもラドンに攻撃されて倒され、キングギドラとの戦いでも転んでぱかりで自分の力だけでは立てないゴジラをついつい、応援してしまいます。
青観さん [DVD(邦画)] 8点(2011-12-08 21:47:45)(良:2票)
22.ゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラ。
魅力ある怪獣たちが総登場し、もう子供の時は生唾物の映画だった。
四体も怪獣が出演しているので、ストーリーは当然ながら後半からもの凄くバタバタしている。
ゴジラやラドンの動きも雄大さが失せ、特にゴジラに関しては、
この頃からコミカルな動きを見せていたようだ。キングギドラの登場シーンは今見ても格好いい。
終盤の小美人のシーンは、あまりにもくだらなくてお腹を抱えて笑い転げてしまった。
最後は何とか収拾をつけたといった感じで、今までのシリーズと比べると出来は今イチなのだが、
懐かしい思い出を甦らせてくれただけでも十分楽しめた作品だった。
MAHITOさん [地上波(邦画)] 4点(2011-08-14 08:39:23)(良:1票)
21.私の持っていた最強のメンコの絵柄は「キングギドラ」でした。子供の頃、映画館でもテレビでもなぜか本作を見る機会が無く、私にとって幻の最強怪獣だったのです。「怪獣大戦争」の方を先に見てしまいました。キングギドラ初登場作品の鑑賞は、大人になってからのビデオで、となりましたが、こちらの方が面白いですね。映画は「悪役=ヒール」で決まる。怪獣映画ではキングギドラです。
ジャッカルの目さん [ビデオ(邦画)] 7点(2011-02-05 10:19:54)(良:2票)
20.《ネタバレ》 謎と怪異を前面に押し出して趣向を凝らす前半部分が秀抜だ。
地球規模で異変が起こっている。日本は記録的な暖冬で、宇宙からの怪電波が入り乱れ、夜には流星雨が甚だしい。ある日巨大隕石が黒部渓谷に落下する。隕石は時折磁性味を帯び、徐々に大きくなる。他国の王女が極秘来日のため飛行機に乗っていると、内なる声が聞こえ、飛び降りろという。飛び降りた直後、飛行機は爆発する。王女は日本に現れ、自ら金星人と名乗り、ゴジラ、ラドン、キングギドラの襲来を予言する。来日していたモスラの友人の謎の小美人は、王女の予言を信じ、ゴジラ奇襲による船の撃沈事故から免れることができた。
これらの大風呂敷を広げた謎の解明部分だけでも咀嚼玩味の妙趣がある。実は金星は五千年前にギドラによって滅ぼされ、一部の金星人は地球に逃れ、人類と同化したのだった。王女は先祖の金星人の記憶と能力を継受している。王女は国内の政治紛争の巻き添えになり、暗殺団に追われている。その暗殺団は怪獣によって撃退される。このように物語を交錯させているのが上手い。
加えて、女王と彼女を警固する刑事の恋物語の要素もある。刑事の妹の記者はお転婆でかわいい。脚本に無駄がない。最大の見世物は、最兇の宇宙怪獣キングギドラだろう。ビルを融通無碍になぎ倒す破壊光線の暴威は凄烈で、観る者を震駭させる。形態の美しさには誰も瞠目するところだろう。
さて言うまでもなく、最も括目すべきは三大怪獣とギドラの決戦場面だ。その為の映画といって過言ではない。しかし、期待ははかなくも裏切られた。怪獣を擬人化して、モスラが説得するのでは怖さが失われる。理屈ではなく、有無を言わさず巻き込まれればよいのだ。戦闘特撮は何とか及第点の水準には達しているものの、プロレスごっこの域を出ず、胸がすくような大激突、快哉を叫ぶような破壊活動が見られない。ビル街での決戦であればぐっと迫力が増したはずだ。ビルが破壊されることによって観客は怪獣の破壊力の激烈さを実感できる。自衛隊が参戦しないのは理解に苦しむ。たとえ咬ませ犬であっても、爆撃機の編隊飛行やミサイルの火力で、視覚的聴覚的に大いに盛り上がったはずだ。また人間と怪獣が協力して宇宙怪獣を追い払うところに意義があるのではないか。
脚本はゴジラ映画の中では最上級。キングギドラが初登場した歴史的作品。キングギドラの単品作品が見たい。
よしのぶさん [ビデオ(邦画)] 8点(2010-10-15 23:24:49)(良:1票)
19.《ネタバレ》 5作目。人間の行動に愛とか反戦とか商業主義とか変なヒューマニズムを持ち込まず、怪獣を擬人化して地球防衛の意思を持たせた脚本は、エンタテインメントとして前作より好感が持てる。
 「怪獣」の戦いそのものをショウとしてうまく見せているし、主役級の夏木陽介、小泉博、志村喬、星由里子の演技が自然だし、王女、刑事、記者のそれぞれのストーリが徐々に絡み合ってうまく作ってある。
 現実にはありえない点や矛盾点を「怪獣」に集中させて、人間ドラマは破綻させずに収束させるという手法は、SF系の娯楽映画の王道ともいえる。
 モスラ登場以降の怪獣プロレスは突っ込みどころ満載だが、自衛隊が住民が逃げるの助けるだけで一切攻撃していないのも、人間ドラマを破綻させないという点で良い選択だったと思う。
 電気ショック療法で悪者に電圧を上げられてヤバイというときに、ゴジラが電線を壊して停電して危機一髪助かる、なんてシーンは、娯楽アクション映画のセンスを感じる。
 ラストシーンでの王女と刑事の一コマが、ローマの休日のパクリと思わせるのもご愛嬌。
 また何かの委員会にいた「防衛大臣」は、将来、省に格上げされるのを予言してたかのようで思わず(笑)。
 第2作以降、「怪獣」が何故暴れるのか説明が何もなく、違和感が増す一方だったのが、本作で「怪獣」を擬人化することによって有無を言わさず元来の地球上の生物で我々の仲間であると位置づけ、娯楽アクション映画に徹した、という点でその後長くシリーズ化する土台が確立できたのかもしれない。(そういえば、モスラだけは4作目でも人格(神格)があったか)
nobo7さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2010-07-01 00:57:56)(良:1票)
18.《ネタバレ》 人生で悪役をカッコいいと思ったのは、おそらくこの映画のキングキドラが最初だろう。あの引力光線には破壊のカタルシスがある。対称的に、この作品を境にゴジラは人類の味方になって行ってしまう。ザ・ピーナッツの同時通訳「ラドンもそーだ、そーだと言っています」にはずっこけた。そんな怪獣たちの会話など、突っ込みどころがいくつかあるが、キングギドラの存在感が圧倒的で自分の中では最高の怪獣映画のひとつです。
アンドレ・タカシさん [映画館(邦画)] 7点(2008-11-18 23:24:25)(良:1票)
17.キングギドラ初登場ということで、恐らく史上最強のキングギドラが楽しめる作品。もう、狂ったように引力光線を吐きまくって東京を破壊するキングギドラには、少年時代鳥肌が立ちまくったのを覚えている。モスラがゴジラとラドンを説得するのが、あーだこーだ言われている作品ではあるが、少なくとも小学生だった自分はブラウン管を通して、怪獣の人間臭い描写に親近感を持ったものである。怪獣映画全盛期の集大成的作品として、評価されて然るべき作品だ。
ドラりんさん [DVD(邦画)] 8点(2007-08-14 22:27:42)(良:1票)
16.小学生の頃、ゴジラ作品の中でも1番多く何回も見た作品です。あの頃は大好きだったな~、キングギドラが好きだったんです☆10年ぶりに今回見たのですが、懐かしく見れたのですが、正直あまり面白くはなかったです。キングギドラの登場シーンはすごかったですが。にしても、金星人さん予知能力あるんなら、ゴジラ、ラドン、モスラが協力してギドラを倒しますよって教えてやってよ!!中途半端な予知能力やなぁ~と思って見ていました。ゴジラ、モスラ、ラドンの単独作品はとても面白かったので、ギドラも、対自衛隊で見たかったな~、残念。にしてもモスラ幼虫の吐く糸はホントに効果絶大ですね~成虫になるより強いですよね?それに比べてゴジラの吐く放射熱線の弱弱しいこと・・・。最後に92年のギドラよりこっちの方が全然カッコいいですね~ホントw。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 6点(2005-11-19 21:44:53)
15.「人間そっくり」の自称・金星人。ってまさかアダムスキーの影響か?そんなアホなと思いつつ、これが実は侮れない。彼女が金星人ではないということは実は証明できそうでできないのだ。同様に我々もまた、本当に地球人なのか、それとも地球人そっくりの異星人なのか。これぞ人間存在の根幹を揺るがす価値観の転倒だ。⇒というわけで、安部公房が本作に触発されて『人間そっくり』を書いたということは想像に難くないのであります・・・。それはさておき(笑)。ゴジラとラドンの闘いが、怪獣同士の対決ではなく、小動物の小競り合いにしか見えないのがナントモカントモ(ラドンのクチバシ突っつき攻撃が一番効いてそうに見える)。両者の説得にあたるモスラ幼虫、一番年下の癖にずいぶん大人びてるじゃないの。しかも、彼らを見限ってギドラに単身立ち向かう姿は、実に渋くてかっこいいではないか。う~む、背中に哀愁が。そうそう、これはギドラ登場の記念すべき作品でもあって、久しぶりに見ましたが、ギドラ登場シーンにはつい「おお~」と声をあげてしまいました。本作単品で観れば、ラストが完全決着でないのが惜しいところ。・・・それにしてもあのナントカ王国の人たちの、首にシャンプーハットを巻いたみたいな服装には、言葉を失いますナ。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2005-11-19 14:46:59)(良:1票)
14.ゴジラ最大のライバル、キングギドラが初登場する第5作。本来ゴジラが持っていた「破壊の権化」的要素を受け継いだキングギドラから地球を守るためにゴジラ。ゴジラがゴジラであることを真に放棄した映画といえる。
とかげ12号さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2005-11-04 21:23:41)(良:1票)
13.《ネタバレ》 ギドラ登場に尽きるでしょう。豪華絢爛さに
yu-miさん [映画館(字幕)] 7点(2005-10-06 16:46:49)
12.これを観てずっと気になっていた事。
冒頭、王女が飛行機にのっていて、宇宙から来た物体と飛行機が衝突するも、超能力を持った存在として、物語でキィパーソンになる。
これって(執事の登場も併せて)漫画版「幻魔大戦」の始まりと全く一緒なんだよね?
偶然の一致なのか?30年来の謎。
柿木坂 護さん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-07-16 01:27:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 31人
平均点数 7.13点
000.00%
100.00%
200.00%
313.23%
426.45%
513.23%
6722.58%
7722.58%
8722.58%
926.45%
10412.90%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review6人
2 ストーリー評価 6.57点 Review7人
3 鑑賞後の後味 7.66点 Review6人
4 音楽評価 7.83点 Review6人
5 感泣評価 6.00点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS