ブルークリスマスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ブルークリスマス
 > (レビュー・クチコミ)

ブルークリスマス

[ブルークリスマス]
1978年【日】 上映時間:133分
平均点:4.80 / 10(Review 15人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスSF
新規登録(2003-10-12)【_】さん
タイトル情報更新(2021-03-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督岡本喜八
助監督山下賢章
キャスト勝野洋(男優)沖退介
仲代達矢(男優)南一矢
岡田英次(男優)兵藤光彦
竹下景子(女優)西田冴子
八千草薫(女優)兵藤夫人
田中邦衛(男優)西田和夫
天本英世(男優)代議士風の男
岸田森(男優)代議士風の男の側近
高橋悦史(男優)沢木
中条静夫(男優)沼田報道部長
岡田裕介(男優)木所
沖雅也(男優)原田
稲葉義男(男優)司令官
神山繁(男優)院長
草野大悟(男優)
松田洋治(男優)南の息子
芦田伸介(男優)相場修司
中谷一郎(男優)宇佐美幕僚長
大滝秀治(男優)竹入論説委員
小沢栄太郎(男優)五代報道局長
松本克平(男優)鈴木理事
島田正吾(男優)吉池理事
永井智雄(男優)城制作局長
大谷直子(女優)喫茶店の女性
岡本みね子(女優)南夫人
堺左千夫(男優)タクシー運転手
小川真司〔声優・男優〕(男優)中本助手
伊藤敏孝(男優)
武内亨(男優)田村方面軍司令
脚本倉本聰
音楽佐藤勝
作詞阿久悠「Blue Chrismas」
作曲佐藤勝「Blue Chrismas」
主題歌Char「Blue Chrismas」
撮影木村大作
製作森岡道夫
東宝映画
配給東宝
美術竹中和雄
編集黒岩義民
録音東宝録音センター(整音)
田中信行〔録音〕
照明小島真二
あらすじ
UFOを見た人間の血は青くなり怒りの感情を失う。そして彼らはもはや人間ではないとみなされる。クリスマスの夜、世界の首脳は密かに彼らを粛清することに…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
15.景子嬢の清楚な美しさにドギマギしてしまった。大物俳優がいっぱい出てて、社会派SFって感じのストーリーで、海外ロケもふんだんに織り交ぜながら、最後は場外投げっぱなしジャーマンて感じでダメ映画好きとしてはたまらない。
センブリーヌさん [インターネット(邦画)] 6点(2022-04-05 22:30:09)★《新規》★
14.テーマ性、ストーリーそのものは非常にスケール感もあり、エキサイティングでもあり、素晴らしいとは思うのですが。

この映画の製作状況はよくわからないのですが、ひょっとして岡本喜八監督、途中参加なのですか?もしくは一部のみとか。
特に前半に問題が多く。
カットカットに考えがなさすぎるというか、考えぬかれたカット割りがあまりにも無いというか。。あの岡本喜八監督なのに。
撮影も木村大作さんなので名人中の名人のはずですが…
セリフを順番に追ってアップで切り返しているだけで…へんなカメラワークのミスも多いし。

時代背景がよくわからないのですが、カットの多く撮ることに挑戦したのか、手持ちで臨場感を考えたのか。
後半から、岡本喜八作品という感じになり、画も非常に品のある画になり、ストーリーに引き込まれました。
脚本も問題あると思いました。screenplayの部分ですか。セリフが文語体すぎるのではと。
もっとのめり込めるはずなのに。
大好物のテーマですが不満が多く残りました。
大経師さん [DVD(邦画)] 5点(2018-09-07 09:58:39)
13.《ネタバレ》 岡本喜八らしい反体制、反ファシズムなんだが、どこかしら詰めが甘いというか、温いというか……。いやいや。それ以前に、この脚本、何か間違ってるよなぁ。
 話の前半3分の2は、仲代達矢演ずるTVディレクターが政府の陰謀を探る話なんだが、当のディレクターが何かしらの見当や推理を持って動いているワケでは無いので、ただ行き当たりばったりに動いては、つかんだ事実に流されているだけ。しかも、この仲代の調査の件がもたもたと冗長に過ぎる。
 そして残り3分の1、上映も1時間半を過ぎてから、ようやく勝野洋と竹下景子の話になる。このバランスの悪さ……。しかも、話の背景の説明に時間を割き過ぎてるから、人物描写が全くできておらず、登場人物がペラッペラに薄い。この映画の主人公は誰よ? 勝野&竹下ではないのか? 観る者は誰に感情移入すれば良いんだ? ラストも酷い。勝野は、然したる葛藤に悩むことなく竹下を射殺してしまう。女を殺した後、叫びながら本隊に向かって行って自分も殺されるんだが、描き方が下手過ぎるだろ! 殺す前にもっと苦悩しろよ。結婚しようとまで思った女だろ!
 挙句になんと、あろうことか仲代の話と勝野&竹下の話は交わらない! 約1時間半を費やした仲代の物語は、ただ2人を取り巻く状況を説明するための話でしかないのだ。この映画は何を見せたかったんだ???
 何でもカンでもドタバタと馬鹿エンターテインメント化してしまうハリウッド流も軽薄でつまらないが、回りくどくヘンに重たければ何かを言ったような気になってるコノ手の日本流も相当ウザい。
 映画ってのはバランスだねぇ、やっぱり。 竹下景子の美しさに免じて3点。倉本の脚本は0点だ!
TERRAさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2013-02-28 00:03:20)
12.《ネタバレ》 90年代の有名アニメの元ネタの一つということで見た。
恐るべき科学力か何かを備えたユーエフオーが、人間の血液に変異を生じさせるというところまではまあいいとして、そのことに対する人類社会(台詞では「政治」)の対応にリアリティが感じられないのは困ったことである。発生源を断つことも考えずにただ対象者を隔離して抹殺するのでは、とにかく嫌なものは見たくない、という子供じみた行動のようで、本気で対策を打とうとしているようには思えない。一体ここで「政治」がやろうとしているのはユーエフオー対策なのか、迫害そのものなのか。
また劇中では「謀略」という言葉が妙に好まれていたようだが、登場人物に怖い顔で「政治における謀略ってものはな…」などと大仰なことを言わせるなら、背後にはもっと深い闇があると匂わせるくらいでないと凄味に欠ける。しかし結局は登場人物が語ったことそのままで終わりだったようで、かえって底が浅く感じられた。

ほか、個人的にこの映画が好きになれない最大の理由は、ヒロインに魅力が感じられないことである。変にとぼけた感じに見えるのは金星人(※)の仕業かも知れないが、やはり普通に「イライラしたり、嫉妬深かったり、人を憎んだり」していた頃の方がよほど生き生きしていたのではないか。こんな連中ばかりになるのでは、為政者が事態の拡大を危惧するのも当然に思われる。そもそも相手役の男が無口で何を考えているかわからない上に、ヒロインの精神が退行状態では誰にも共感できなかった。最後の場面は人が死んでいるので気の毒というべきだが、素直に泣けないのが残念だ。
※注:アダムスキー型の円盤に乗って来るのは主に金星人とされている。

なお余談だが、この映画の脚本段階では特殊部隊が暴走族を射殺する場面があったのを監督が削除したとのことだが、結果的にはその場面があった方が、ヒロインの相手役の本来の非情さが際立った気がする。
かっぱ堰さん [DVD(邦画)] 2点(2012-03-12 20:33:20)
11. 体制による陰謀、プロパガンダ、いわれなき差別の怖さを真正面から描いた怖い映画。

 ストーリーはしっかりしており、絵作りも演技も非常に真面目に作られているのだが、原因がUFOというのが、作品を非常にチープにしているのが惜しまれる。原因は全く不明で、プロパガンダでUFOを持ち出すほうが良かったように思う。

 また、仲代達矢の記者のストーリーと、竹下景子の恋愛のストーリーが、それぞれ別々にある感じで、もっとしっかり融合させるか、あるいは、どちらかに絞って深めて欲しかった。

 ラスト近くのシーンは、思わず涙が出てしまうほど情緒的に撮られており、悪い映画ではないのだが、テーマ、ストーリーが極めて重く、反体制の岡本喜八精神のみが発揮され、軽妙コミカルな娯楽の要素の岡本喜八ワールドの出番が全くなかったのも残念。
nobo7さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2011-01-09 19:52:28)
10.《ネタバレ》 UFOを観た人は血が青くなっちゃって健康になる。でも、血が青い人は迫害される。っていう特撮なしの和製SF。監督:岡本喜八、脚本:倉本聰 という豪華すぎる布陣だが、どうもダラダラしててパっとしないのはなぜ…。
結局ラストの虐殺だけワーっと盛り上がって終わっちゃう。この内容ならもうちょっと短いほうが良かった。 
こういう作品こそ海外リメイクとかされれば面白いかもしれないな。
すべからさん [ビデオ(邦画)] 5点(2010-12-14 11:04:14)
9.30年前、当時「前略おふくろ様」「6羽のかもめ」「あにき」など倉本聰のTVドラマの大ファンだったので期待して観にいった。特撮のないSF映画というふれこみだったが、UFOを題材にした倉本ワールドで、静かな展開の中で権力の怖さも伝わり、Charの劇中歌も格好良く、十分に楽しめた記憶。
Q兵衛さん [映画館(邦画)] 7点(2008-04-09 15:53:11)
8.《ネタバレ》 一時期はレンタルや中古ビデオ屋で探すのにも苦労するようなマイナーな作品だったが、「エヴァ」に影響を与えた作品として一部マニアに再評価されたせいか、ようやくDVD化され鑑賞するに至った。子供の頃劇場で、雪の上に倒れる男女の死体から流れる赤と青の血が交わる衝撃的な予告編を見た際、分けが分からず困惑したことを鮮烈に覚えている。今になって見るとさすが岡本喜八、物語の背景を丹念に描いているとは思うが、テンポがあまりにも遅くて少々ダルくなって来る。青い血液になった人々の性格が温厚に成るという、内面の変化の言及はあるのに、それが掘り下げられていないので、物語がうすっぺらになっている。そして何よりも強制収容や虐殺の描写が手ぬるいので、恐さや悲しさが今ひとつ伝わって来ない。時代的な制約があるかも知れないが、ただ血液が青いというだけで罪も無い人々が国家権力によって大量抹殺されるのだから、ここはリアルにこれでもかというぐらい陰惨にやって貰わないと……。主役以外は数人が銃口越しに撃たれる所を描いただけなんて、まるでギャグ映画。コンセプトが良い作品だけに悔やまれる。脚本は倉本聰ということで、物語やキャスティングなど「なるほど、それで…」と納得するような部分も多い。厳しい点数をつけい所だが、個人的に思い入れの深い作品なのでかなり甘め。
lafishさん [DVD(字幕)] 7点(2008-02-11 03:09:49)
7.《ネタバレ》 UFOを見た一部の人類だけが青い血になってしまい…政策に行き詰まり実験に使う人以外はクリスマスの日に同時に抹殺する…考えてみれば凄いストーリーなのに、全体的に緊張感が無さ過ぎ!青い血がペンキそのもので、見ながらブルーな気持ちになってしまいました(-_-;)俳優陣も豪華だし、倉本脚本なのに残念です。
うさぎ大福さん [DVD(邦画)] 2点(2007-02-05 19:27:48)
6.《ネタバレ》 四つを除いて、まずまずいいのではないでしょうか? 未知のものへの恐怖をあおる・・・・・で思い出していたのは、デビルマン(もちろん漫画のほうです)。 しかし、結局宇宙人は、どうして血を青に変え、性格を温和していったのだろう。 たぶんどちらかと言うと好戦的な地球人を少しずつ温和にしていき、その判別の為に青にしたのかなぁぁ。 
駄目なところ、
①最後のほう、UFOが度々確認されるようになったけど・・・・あれは、要らないと思う。 そんなに見られたら、クリスマスどころではないはず。 
②ラストの一斉殺害は、全世界的同時にやっているのではなかったのでは? 日本が20時なのに、メルボルンや中国のどこかの都市は昼だったぞ!! 
③前半の仲代演じる記者の部分が長すぎる。もっと詰めていい。これは、私が観たビデオが135分だったのがいけなかったのか? 某映画サイトでは上映時間は115分となっていた。
④仲代の記者仲間の城所との電話のおかげで、NYで兵頭博士と会える。 城所がそんな実力のある記者には、見えない。
※しかし、テキサスとスコッチの共演は、・・・・・。作品中、スコッチは自殺してしまいますが、将来を暗示か?
yoshi1900olololさん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-11-09 01:34:22)
5.《ネタバレ》 血が青いというだけで人間性を否定され抹殺されてしまう物語。淡々と流れる日常と着々と進む「青い血」狩り。こうやって書くと何かメッセージ性の強い映画と思われるかもしれないが、果たしてどうだろう。私にとっては何かピンとこない。UFOを見たものが青い血になるという(あまりにも非科学・非現実的で理由のない)設定だからだろう。もっと凝った設定だったら「うーん」とうなってしまうような映画に化けたかもしれない。もしかすると私が戦争を直接体験していないからピンとこないのかもしれない。出演者は豪華です。そういう意味では見る価値があるかも。
蝉丸さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2005-05-06 22:01:08)
4.UFO信者で有名な倉本聰脚本の、いわゆる最低映画。本作の1年前に公開された「未知との遭遇」のヒットに便乗して製作されました。しかし本作は、信者が正気を失って書いた脚本であったため(迫害されるUFO信者がテーマ)、一般の方が観るのはかなり辛い作品となってしまいました。
DONGYAOSさん 1点(2004-06-21 14:10:31)
3.《ネタバレ》 UFO目撃者の血液は青色に変化するというアイデア一本で、いくつものエピソードを同時進行させる倉本聰のオリジナル脚本を、岡本喜八がダイナミックに演出した現代の(と言っても四半世紀以上も前の)魔女狩りを描くSFサスペンス。本作のテーマは未知への畏怖ではなく人心の恐怖だったらしく、UFOや青い血、そして「X-ファイル」ばりの陰謀にまつわる説明は一切無し。従って不気味さはありますが、今一つ説得力の無い仕上がりとなっていたように記憶してます。降り積もった白い雪の上を流れる竹下景子の青い血が、勝野洋の赤い血と混ざり合う美しくも悲壮なラストシーンで、倉本聰は人種融和のメッセージを伝えたかったのだと思いますが、当時は多少がっかりして映画館を後にしました、5点献上。
sayzinさん 5点(2004-05-25 23:11:37)
2.《ネタバレ》 まるでナチのユダヤ狩りのようです。見てて真剣に恐ろしかった。
gyu_yanさん 7点(2004-05-05 21:43:17)
1.《ネタバレ》 「エヴァンゲリオン(アニメ)」の劇中に有った“青い血”の描写はこの映画の影響だとフィルムブックの解説文で読みましたが、それを分かる人はごく少数でしょうね(私は分かりましたよ。庵野監督!)。自分は幼い頃に観賞した為、“UFOを見た者は青い血に変わる”…と言う劇中の噂をまんま信じて怖くなってしまいました。次いで“青い血”と言う、当時としては意表を付いた見えざる恐怖と、“UFOを目撃した”と言う必ずしも断定的では無いアヤフヤな伝染を設定に絡めるのは、実に衝撃的なストーリーでした。…が、かなりブラックな内容でも有ります。人間の持つ異物を排除しようという人間描写が戦慄に描かれ、後味はあまり良くない。かなりの異色作なので、人に勧められる映画では有りません。
_さん 6点(2003-10-14 21:32:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 15人
平均点数 4.80点
000.00%
116.67%
2213.33%
3213.33%
400.00%
5320.00%
6320.00%
7426.67%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.50点 Review2人
2 ストーリー評価 4.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 2.50点 Review4人
4 音楽評価 3.00点 Review1人
5 感泣評価 5.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS