Menu
 >
 >
 > ラブ・オブ・ザ・ゲーム

ラブ・オブ・ザ・ゲーム

For Love of the Game
1999年【米】 上映時間:138分
平均点: / 10(Review 63人) (点数分布表示)
ドラマスポーツものロマンス小説の映画化
[ラブオブザゲーム]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-11-13)【イニシャルK】さん
公開開始日(2000-01-29
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督サム・ライミ
キャストケヴィン・コスナー(男優)ビリー・チャペル
ケリー・プレストン(女優)ジェーン・オーブリー
ジョン・C・ライリー(男優)ガス・シンスキー
ジェナ・マローン(女優)ヘザー・オーブリー
ブライアン・コックス〔男優・1946年生〕(男優)ゲイリー・ウィーラー
J・K・シモンズ(男優)フランク・ペリー
マイケル・パパジョン(男優)サム・タトル
テッド・ライミ(男優)ギャラリーのドアマン
大塚芳忠ビリー・チャペル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
勝生真沙子ジェーン・オーブリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
田中正彦ガス・シンスキー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
長克巳ゲイリー・ウィーラー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宝亀克寿フランク・ペリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
後藤哲夫(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
糸博(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
津嘉山正種ビリー・チャペル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
佐々木優子ジェーン・オーブリー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
喜多川拓郎ガス・シンスキー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
銀河万丈(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
かないみかヘザー・オーブリー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
納谷六朗フランク・ペリー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
音楽ベイジル・ポールドゥリス
編曲ベイジル・ポールドゥリス
挿入曲ロイ・オービソン"The Only One"
撮影ジョン・ベイリー〔撮影〕
製作アーミアン・バーンスタイン
エイミー・ロビンソン
ユニバーサル・ピクチャーズ(presents)
製作総指揮マーク・エイブラハム
配給UIP
特撮シネサイト社(視覚効果)
美術ニール・スピサック(プロダクション・デザイン)
スティーヴ・アーノルド[美術](美術監督)
カレン・オハラ〔美術〕(セット装飾)
衣装ジュディアナ・マコフスキー
編集アーサー・コバーン
録音グレッグ・ランデイカー
ワイリー・ステイトマン
スティーヴ・マスロウ
字幕翻訳太田直子
その他ベイジル・ポールドゥリス(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
63.《ネタバレ》 ケビンも野球も好きじゃない、のに、見始めた、、、ただならぬ映画な雰囲気、ヒロインの彼女が美しい、ただもう、うっとりできます。愛のゲームは、野球へ、彼の人生、彼女と子供への愛なのか、、、。かえって野球に興味がない方が、この映画はストレートに感じられるかも、二人の出会いはある日、突然始まり、ゲームを挟みながら進んでいく、その様が美しい事、彼も、彼女もシーンが、カット割が、表情が実に素晴らしいです。愛情が主題なのだと思うと素晴らしい映画です。
ケビンって、最新のスーパーマンに親父役で出ていたっけ、それとも似た人なのか、このケビンもスーパーマン役の父さんも好きですね。いつものケビンのいやらしさ、俺はモテモテの2枚目俳優なんだ、と言うオーラーが少なくて、良い作品です。本当にこの映画楽しめましたね、実は途中でやめてターミネーターかダイハードを見ようと思っていたが、この映画を見て、本当に良かったと思えました、この映画のケビンには感動を覚えます。
yasutoさん [ビデオ(字幕)] 10点(2014-09-26 10:39:16)
62.野球好きが喜ぶようなゲーム展開に付け加えた、観ているこっちが恥ずかしくなるようなベタベタなラブストーリーです。
当時、2流映画ばかり作っていたサム・ライミが「スパイダーマン」を制作したくて、真面目に作った3本のうちの一本だそうです。「俺、こんなんのも作れるんだぞ!」って。(因みに残りの2本は「シンプル・プラン」と「ギフト」)
それを知ったら、なんだか「スパイダーマン」の監督になるためのノルマを達成させただけの映画だったのかなって思いました。
それなりに楽しめましたけど、野球を知らないと感動は半減します。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-06-10 01:01:32)
61.ストレートな映画。でも俳優が良いから見入ってしまう。特にケリー・プレストンは驚くほどきれい。ただ、後半の感動にはもう一歩…かな。でも好きです、これ。
コーホーさん [DVD(字幕)] 7点(2013-04-24 06:54:07)
60.もう先が見えているベテラン投手。哀愁を感じさせながらも、絵になっている。ケビン・コスナーが野球をしている姿はやはりいいですね。ポジションは異なりますが、コスナーがマイナーのベテラン選手を演じた「さよならゲーム」を思い出しました。

しかし本作は・・・。現在進行形の試合の途中に過去のことや女とのことを挿入するのはいいのですが、その一つ一つが長い。作品のテンポも悪くなってしまっています。

対戦相手ヤンキースの優勝がかかった敵地ヤンキースタジアムでの試合。監督・長年連れ添った捕手・ライバル選手との絡み方、とある関係があるヤンキースの若手選手の土壇場での登場のさせ方など試合の方は見所もあっただけに惜しい作品です。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-02-14 22:16:52)
59.ベテランピッチャー最後の試合。そこに回想シーンが並行することで、彼の人となり、彼の置かれた状況、彼の抱えているものが明らかとなっていき、試合シーンに深みが加わっていく、という趣向ですが。その回想シーンとやらが、「とりあえず必要そうなエピソードを一通りさらってみました」と言わんばかりの、やっつけ仕事ぶり。それに、手の痛みと戦いつつピッチングを続けている、らしいけど「以前、大怪我をしました」というシーンを挿入するだけで、その痛みを感じて欲しいと言われても、あまり盛り上がらない。要するに何もかも八百長クサイのがこの映画の欠点。ただし、ケビン・コスナーにはこういうクサさが似合うのであって、まさに彼ならではの映画、とも言えるかもしれない。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-12-26 23:20:31)
58.本当にケビン・コスナーは野球が良く似合う。
あるまーぬさん [ビデオ(字幕)] 7点(2007-07-31 19:46:52)
57.《ネタバレ》 ○全然野球映画ちゃうやんと言うのが率直な感想。恋愛シーンと野球シーンが交錯する変な映画。○ケヴィン・コスナーはユニフォーム姿がよく似合っているが、それを着ている必要がないと思うくらい恋愛映画。恋愛映画だとしても褒められたものじゃない。いい歳して子供みたいなこと言って、共感の余地なし。○そして、野球映画だとしても完全試合のシーンに全くの感動なし。ああいうシーンには過去の挫折やチームがなくなる事への寂しさ、チームメイトとの友情など外せない要素があるはずなのに、この映画にはない。全くの個人プレーに見える。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 2点(2007-06-17 12:00:54)
56.《ネタバレ》 完全試合達成の時はジーンときました。
エンディングがいまいちかな。ビリーとジェーンの目があったところでカットした方がよいような・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 6点(2006-07-17 23:51:21)
55.《ネタバレ》 ケビン・コスナーは苦手で「フィールド・オブ・ドリーム」
しか観たことがありませんでした。
出演作の予告とか見ても彼だけ目立つんですよね。
私にとってのトム・クルーズかな(苦笑)
ああまた彼だけ活躍して終わるんだなぁみたいな・・
観るきっかけとなったのが先日と同じく、
サム・ライミ監督作だから。


引退間近のピッチャーが人生を振り返る映画。
野球は9回あるからそのつど回想シーンが入るんだろう。
想像したとおりにコトが運ぶのも別に気にはなりません。
だいたいそういう映画なのだから。
ただ、題名どおりに(恋愛)映画だとは思っていなかった。
それならば(恋愛)の棚に置いておいてくれれば・・
(ドラマ)の棚にありました。
でもジャンルは関係なく監督で選んでますからしょうがない。
野球は好きですから撮り方が変わってるライミの演出はよかった。
(ノイズ消去)とヤジが聴こえなくなるマジックとか、
ボールのスピード感とか楽しめました。
こういう躍動感ある演出や奥行きのある撮り方はうまい。
恋愛がほとんどだったのが邪魔でした。
しかもその恋愛が高校生のような感じで恥ずかしくなるくらい。
ええと何が描きたいんだ?と戸惑います。
過去を振り返るシーンのたびに恋愛が入るので、
野球選手の挫折や栄光といったものが薄く感じました。
繰り返しますが試合のシーンは本当にいいんです。
サム・ライミにスポーツ映画を撮る才能がこんなにあったかと感心。
恋愛モノはちょっと・・ですね。

ちなみにハッピーエンドで終わる映画はあまり好きではありません。
ハッピーエンドとは報われることです。
悪い奴らのハッピーエンドなら笑えるんですが、
普通に正義が勝つ!みたいなハッピーエンドは苦手。
犠牲や成功の裏に失くしたものを描けていれば、
最後にハッピーエンドで感動できます。
惜しいなぁ・・
ゲームが終わるまではそれはよかったんだけれど(恋愛以外は)
パーフェクトの裏で引退というちょっとかっこいい筋書きなのに、
あの空港での抱擁は全て安っぽくしてしまいました。
空港のロビーで目が合ったところで終わっていれば、
そこそこ残る映画になっていたと思いました。
ケビン・コスナーは最初から最後まで映画の中で主役なんですね~
アルメイダさん [DVD(字幕)] 5点(2006-05-28 15:09:04)
54.スポーツ物として楽しめる。ケビンが様に成っている。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-05-06 17:34:09)
53.つまらない上に長い。演技が下手だなぁという印象だけが残った。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 1点(2006-04-27 22:48:09)
52.ストーリーも場面設定も台詞も、すべてがものすごく安易。一番の問題点は、登場人物が自分の心理を自分で説明してしまっていること。脚本書いてて、これではまずいと思わなかったのだろうか。ケビン・コスナーには格好良さなど期待していないが、ヒロインもあまり美しくないのというのも困りもの。
Oliasさん [DVD(字幕)] 4点(2006-03-01 04:13:06)
51.スポーツ物と言うより恋愛映画だったので少しガッカリ。しかし最後の完全試合達成か?のくだりは話の予想はできたが良かった。
misoさん [DVD(字幕)] 4点(2006-01-17 20:56:22)
50.常にまったりとした時間が流れ、安心して見ていられました。
午後のコーヒーさん [DVD(吹替)] 5点(2006-01-17 01:25:55)
49.《ネタバレ》 この映画今回見たので3回目、1回めは劇場で見たけど、その時“ケリー・プレストン”に一目惚れしました。彼女ばかり見てたので、実は1回目は内容を殆んど把握できず。
2回目はビデオで見てフーン!という“良くも悪くも無く”って感じ!
3回目(今回)であーなんか良い映画だなーと思うようになった。大リーガーの威厳が漂うオープニングも良かった、野球を辞めると決心したビリー・チャペルが完全試合の後一人部屋の中で泣くシーン、人生の全てを野球にかけてきた男の悲しさ寂しさがヒシヒシと伝わってきます。
しかし“ケリー”は綺麗ですねー。トラボルタにゃーもったいない。
みんてんさん [DVD(字幕)] 8点(2005-08-04 12:57:19)
48.試合、恋愛どれをとっても中途半端な描き方ですね。ケビンがあまりにも自分勝手な男過ぎて好きになれないですね。いくらなんでもあれで完全試合はやりすぎかと思います。恋愛の方も、中学生カップルみたいな子供の恋愛の描き方でうんざりです。それと話の進め方が試合は試合、恋愛は恋愛と分けて進んだほうがいいと思います。試合の途中でやたら回想が入ってきて・・・。それもクリスマスだったり、少年時代だったりしてイマイチ試合に入り込めないですね。この程度のないようだとやはりケビンもこれまでかと思ってしまいますね。
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2005-05-14 08:19:31)
47.スタジアムの雰囲気も選手も本物っぽくて、テレビの中継画面なんかもそれらしいのは、成功していました。それに比べて、恋愛エピソードは、完全試合を達成するかどかの選手の物語の緊張感から、浮いているんじゃないかな。と言うか、足引っ張ってないですか。調味料は選んでかけないと。何にでも醤油をかければ良いというものではない。
パセリセージさん 7点(2004-12-05 15:16:13)
46.《ネタバレ》 野球映画というよりも、野球を題材にした黄昏流星群のような映画。野球そのものが喜びだと思っていたのに、人生最高の夜に孤独しか感じなかった中年男。それは単純にもう野球ができないという事実も加担したかもしれない。しかしぽっかり空いた穴を埋めてくれるはずの人を、自分から傷つけ、遠ざけてしまっていた。部屋での一人ぼっちの場面が印象深い。
ラーションさん 7点(2004-11-28 00:02:37)
45.また野球か。まあそういう意見を上回る作品かもと思ったが、超ありがちでひねりのない内容、おいおいそのフォームで完全試合? なんかだらしない中年の体さらしてだらだら~。3本も野球モノ作っといてこれ? 勘弁してくれ。
ぱぴんぐさん 2点(2004-11-17 16:48:10)
44.野球のシーンはおもしろいのですが回想シーンばっかりでテンポが悪く感じました。あの彼女の性格が短気で好感が持てなかった。
ギニューさん 5点(2004-10-20 21:00:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 63人
平均点数 5.41点
000.00%
111.59%
246.35%
3711.11%
41117.46%
5812.70%
61219.05%
71015.87%
8711.11%
911.59%
1023.17%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review2人
2 ストーリー評価 7.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review2人
4 音楽評価 7.00点 Review2人
5 感泣評価 6.00点 Review2人

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

1999年 20回
最低主演男優賞ケヴィン・コスナー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS