宮本武蔵 般若坂の決斗のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > 宮本武蔵 般若坂の決斗
 > (レビュー・クチコミ)

宮本武蔵 般若坂の決斗

[ミヤモトムサシハンニャザカノケットウ]
1962年【日】 上映時間:107分
平均点:7.21 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
公開開始日(1962-11-17)
アクションドラマ時代劇シリーズもの小説の映画化
新規登録(2003-10-15)【紅蓮天国】さん
タイトル情報更新(2021-03-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督内田吐夢
助監督山内鉄也
山下耕作
鳥居元宏
キャスト中村錦之助(男優)宮本武蔵
入江若葉(女優)お通
木村功(男優)本位田又八
丘さとみ(女優)朱美
木暮実千代(女優)お甲
浪花千栄子(女優)お杉
三国連太郎(男優)宗彭沢庵
江原真二郎(男優)吉岡清十郎
月形龍之介(男優)日観
南廣(男優)祗園藤次
黒川弥太郎(男優)宝蔵院胤舜
河原崎長一郎(男優)林吉次郎
佐々木孝丸(男優)池田輝政
阿部九州男(男優)淵川権六
吉田義夫(男優)陶器師
香川良介(男優)植田良平
織田政雄(男優)木賃の親爺
村田知栄子(女優)女主人
山本麟一(男優)阿巌
中村時之介(男優)大友伴立
堀正夫(男優)庄田喜左衛門
小田部通麿(男優)野州川安兵衛
加藤浩[男優](男優)山添団八
中村錦司(男優)納所
国一太郎(男優)横川勘助
尾形伸之介(男優)髯面の雲助
竹内満(男優)城太郎
宮口精二(男優)竹細工屋喜助
赤木春恵(女優)喜助女房
大前均(男優)大坊主
高松錦之助(男優)弥次馬
片岡半蔵(男優)赤犬の飼主
遠山金次郎(男優)吉岡の門弟
唐沢民賢(男優)
有川正治(男優)
名護屋一(男優)
鈴木金哉(男優)玄関坊
阿波地大輔(男優)別の武芸者
有島竜司(男優)髭面の牢人
晴賀俊介(男優)武芸者
玉喜うた子(女優)若女房
那須伸太朗(男優)騎馬役人
南方英二(男優)武芸者
五里兵太郎(男優)駕篭かき
香住佐久良夫(男優)
大城泰(男優)
野間勝良(男優)法師
兼田好三(男優)
江木健二(男優)牢人
宮城幸生(男優)仲間の牢人
利根川弘(男優)弥次馬
春路謙作(男優)饅頭屋親爺
野村鬼笑(男優)牛方
大崎史郎(男優)親爺
原作吉川英治「宮本武蔵」
脚本鈴木尚之
内田吐夢
音楽小杉太一郎
撮影坪井誠
製作大川博
企画小川貴也
翁長孝雄
辻野公晴
配給東映
美術鈴木孝俊
編集宮本信太郎
録音野津裕男
照明和多田弘
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.《ネタバレ》 第2部!
タケゾウからムサシへ。
いよいよ剣の道を進みだす旅の始まり。

因縁の吉岡一門。そして一癖も二癖もある仏門の爺さん、日観。
この坊さんが上とつながりのある人で、浪人掃除に
武蔵の剣を利用する。まったく油断ならぬ世が世である。
さぁ人として生きる武蔵はこの展開に憤慨して、第3部へ。
まったく面白いシリーズだなぁ(笑)
トントさん [DVD(邦画)] 8点(2019-11-03 03:47:01)
13.2作目でそれなりに面白かったです。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-09-22 22:19:38)
12.《ネタバレ》 シリーズ第二作。「剣豪」に向けてストーリーが転がり始め、初作に比べて面白さがグッと増した印象。凝ったカメラワークと丁寧なライティングの妙味に、古き良き邦画の色気を感じました。細かい話だけど、蝋燭の灯りの表現に神経を使っていて、そんな細やかな絵作りに好感を持ちました。錦之介さんも初作からガラッと変わって、決め台詞の迫力はなかなか。楽しめました。
城太郎は連れ歩いてもお通さんはNG。原作通りなんだけど、そのシーンに違和感を覚えました。連れて行ってあげれば良いのに、と思った訳です。はたと考えると、近年のスポーツや武道ものは身近な異性の存在を否定していない、むしろ奨励している印象です。梶原一騎世代の自分でさえ武蔵のストイックな姿勢を「やり過ぎ」と感じたことに、時勢の流れを覚えた次第です。
以下余談。旅立つ際に「どこまで人間として己を高められるか」と言う武蔵にも違和感を覚えました。原作や本作より先に読んだマンガ版で「強い奴を全員ぶち殺したら俺がイチバン」なんて言ってる印象が強いからです。マンガ版の武蔵には姫路城に籠る3年間が無いことによる落差で、これは原作の根底を覆すほど激しい変更ですが、違和感なく展開させている。本作を観ながら、マンガ版のアレンジの秀逸さも感じていました。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-02-06 02:19:54)
11.《ネタバレ》 エピソードの羅列という感じが強いのですが、それなりに楽しめます。一番印象的だったのは、日観師の影法師発言ですね。ものすごく納得してしまいました。入江若葉はよくなったけど、今回は出番が少なくなってしまいました。お杉婆さまとか、ほとんど顔見せ程度ですね。使い方が贅沢。映画としての面白さは、1作目に負けているように思います。
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-08-18 10:45:58)
10.城から出た武蔵は別人のようになっていたが、城の殿様は完全に別人になっていた(歌舞伎役者から新劇俳優に)。東映社内ではおつうも別人にしたら、という意見もあっただろうが、主要キャストは簡単には別人に出来ないのだった…。さて。ラストの般若坂より、宝蔵院での山本麟一との対決のほうが講談的な楽しさがある。まず呼ばれた剣客が小手調べを丹念にこなして臨み、にらみ合った後あっさり倒されてしまうリズム。音楽がないのもいい。そして武蔵が対戦し、麟一の阿巌がブルンブルン槍を振り回すのも大袈裟で嬉しい。その前の農作業していた月形龍之介の脇をハッと跳ぶ武蔵、現在では笑いと紙一重だが、講談的な愉しみだ。そういった語り物の味わいに満ちた一篇。おつうや又八などは、お荷物になってしまった。江戸時代に入ったとは言え、文化的背景はまだまだ中世で、時代考証の正確さは知らないが、襖の図案などは安土桃山ぶり、宿ったのが奈良の能楽師の家というのもあろうけれど、武蔵の物語にふさわしい。洗練された前時代の文化の中に、無骨な失業武士たちが溢れ、ラストでは散乱する死骸になる。まさにそういう転換期の物語なのだ。
なんのかんのさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-06-18 09:40:04)
9.'10.10/6鑑賞。内田吐夢監督「宮本武蔵」5作連続鑑賞予定の第2作。
宝蔵院日観・阿巌との場面、般若坂の場面、当時としてはワクワクしたおぼえが
ある。
ご自由さんさん [DVD(邦画)] 7点(2010-10-09 17:02:34)
8.奈良在住の私にとっては、比較的近所のオハナシなので、親近感の湧く作品であります。いよいよタケゾーからムサシとなって、武芸者の道を歩むこととなった宮本武蔵。吉岡一門との因縁も、いよいよ始まりますが、本作の主な見どころは、宝蔵院の槍術に武蔵が試合を申し込んだことから起こる事件。武蔵は、奈良から柳生を抜けて伊勢に向かおうとしているのですから、今で言う国道369号を歩いていこう、っちゅうわけですね。春日山や三笠山(若草山)を迂回して、東大寺横を北上していくと、斜面にさしかかる、そのあたりが般若坂でしょうか、そこに待ち構える刺客たちとの死闘。大勢の敵に単身向かっていく武蔵の姿、ゾクゾクするようなカッチョ良さです。チャンバラにおける残酷描写もなかなかのもの。そして後に待ち受ける、意外な展開。さて、繰り広げられる死闘の横には十三重の石塔が見えますが、これはもしや、般若寺の石塔(のつもり)でしょうか(当然、ロケは別の場所なので)。この石塔は、般若寺のシンボルとでも言うべきもの。重要文化財。秋は境内一面のコスモスに囲まれ、見事な風情です。一方、初夏にはアジサイが一面に咲き誇り、これまた見事。以上、奈良観光案内でした。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2009-06-27 17:59:40)
7.まったりまったりと観ているうちに、いつの間にかラストの般若坂のシーンへ。
錦之助の立ち回りは斬新さと躍動感があり、さすがの素晴らしさだった。
しかし、それ以外に心を動かされたり、興奮したり、感情移入できたりしたシーンなどはなく、これまた一作目に続き、自分の中で名前負けの部類に入ってしまった。
今回も残念だった。
次回の三作目に期待。
にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2009-05-09 01:58:04)
6.中村錦之助の立ち回りの見事さ、こういうのが本当の時代劇であると思う。ただチョンマゲ付けて侍のかっこさえすれば良いってもんじゃない。最近の時代劇との差をこの映画を観れば解る。前作に続き内田吐夢監督の力強い演出も冴え渡る。見応え十分の作品です。早く次の宮本武蔵シリーズが観たくなりました。
青観さん [ビデオ(字幕)] 8点(2005-08-15 20:04:21)(良:1票)
5.《ネタバレ》 シリーズ第2作。今回からいよいよ武蔵(たけぞう)から武蔵(むさし)になった後の物語が描かれるわけだが、冒頭の幽閉から解放された武蔵は前作の荒々しさがなくなり、人間的になった武蔵は本当に別人のようになっており、演じる錦之助の上手さをこの冒頭から感じずにはおれないが、因縁の相手である吉岡一門の登場など物語的にもここからが本当のスタートといった感じがよく出ている。そんな今回はタイトルにもあるように般若坂の決闘がクライマックスの見どころなのだが、今見ると中盤の武蔵と日観(月形龍之介)との会話やその前の阿厳(山本麟一)との対決シーンのほうが印象深く、とくにこの阿厳のシーンはまず阿厳の強さを見せておいて、そのうえでその阿厳を一瞬で武蔵が倒してしまうという展開で、武蔵のその圧倒的な強さが初めて示されるシーンでもあり、とても印象に残る。阿厳を演じている山本麟一も短い出番ながらもすごい存在感を見せていて良い。クライマックスの決闘の後で明かされる日観のしたたかさもなかなかのもので、自分が利用されたことを知って憤慨・葛藤する武蔵で次回へつなげるというのがうまい幕引き。今回から武蔵の弟子となる少年・城太郎(竹内満)が登場しているが、初登場となる今回から既に活躍の場があって、立派な主要人物の一人であることを印象づけている。もちろん、内田吐夢監督の演出も前作と変わらず重厚で力強く、2作目でも高い完成度を保っている。冒頭に登場する沢庵(三國連太郎)が武蔵と別れる直前の会話で「三年たって時代は変わった」というのを言うのだが、このシリーズをやっている5年間の間に東映は時代劇からヤクザ・任侠映画に方向転換することを知っているので、この沢庵のセリフは思わずそれと重なって聞こえてしまう。(2021年2月20日更新)
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 8点(2005-05-15 23:45:00)
4.獣でしかなかった新明武蔵が、三年の月日をかけ人間となり、宮本武蔵となり刀の道を極める為、そして天下無敵になる為旅に出る。お通を見捨て単身修行。先々での戦いは常に見物。あぁ、三作目が楽しみだ。
ボビーさん [DVD(字幕)] 8点(2005-05-03 19:34:30)
3.新免武蔵が宮本武蔵と名を改め流浪の旅を始めるくだりを描く。前作の荒々しさから一新して、剣術の極みを志す武蔵の確固たる眼差しが印象的。人間としては一皮むけつつも、剣の道、命の精神に対し葛藤する様も興味深い。宮本武蔵に着いて行く少年・城太郎を演じた子役の芸達者ぶりも光る。
鉄腕麗人さん [DVD(邦画)] 7点(2004-05-16 11:31:04)
2.冒頭、錦之助の変身振りにびっくり、そしていい男を存分に演じてくれます。
東京50km圏道路地図さん 8点(2003-12-27 01:11:24)
1.五部作、前半最大の山場。草原での立ち回りは迫力あり。刀を腰に差し、強い者を探して日本中を旅する。ロードムービー的な面白さも含まれていて、原作の面白さが存分に味わえます。
紅蓮天国さん 8点(2003-10-15 16:08:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 7.21点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
417.14%
500.00%
617.14%
7535.71%
8750.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS