宮本武蔵 二刀流開眼のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ミ行
 > 宮本武蔵 二刀流開眼
 > (レビュー・クチコミ)

宮本武蔵 二刀流開眼

[ミヤモトムサシニトウリュウカイガン]
1963年【日】 上映時間:104分
平均点:6.77 / 10(Review 13人) (点数分布表示)
公開開始日(1963-08-14)
アクションドラマ時代劇シリーズもの小説の映画化
新規登録(2003-10-15)【紅蓮天国】さん
タイトル情報更新(2021-02-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督内田吐夢
助監督山下耕作
篠塚正秀
キャスト中村錦之助(男優)宮本武蔵
高倉健(男優)佐々木小次郎
入江若葉(女優)お通
木村功(男優)本位田又八
丘さとみ(女優)朱実
木暮実千代(女優)お甲
浪花千栄子(女優)お杉
江原真二郎(男優)吉岡清十郎
平幹二朗(男優)吉岡伝七郎
薄田研二(男優)柳生石舟斉
河原崎長一郎(男優)林吉次郎
南廣(男優)祇園藤次
竹内満(男優)城太郎
谷啓(男優)赤壁八十馬
阿部九州男(男優)淵川権六
片岡栄二郎(男優)村田与三
香川良介(男優)植田良平
国一太郎(男優)横川勘助
楠本健二(男優)友人
堀正夫(男優)庄田喜左衛門
神田隆(男優)出淵孫兵衛
常田富士男(男優)漁師
団徳麿(男優)長八
遠山金次郎(男優)小橋
藤木錦之助(男優)牢人者
鈴木金哉(男優)御池
大崎史郎(男優)宿の主人
片岡半蔵(男優)居酒屋の親爺
中村錦司(男優)西山
島田兵庫(男優)取次ぎの門弟
波多野博(男優)小侍
江木健二(男優)若侍
高根利夫(男優)門番
大浦和子(女優)宿の女中
有川正治(男優)門弟
名護屋一(男優)
島田秀雄(男優)友人
利根川弘(男優)宿の者
原作吉川英治「宮本武蔵」
脚本鈴木尚之
内田吐夢
音楽小杉太一郎
撮影吉田貞次
製作大川博
企画辻野公晴
小川貴也
翁長孝雄
配給東映
美術鈴木孝俊
編集宮本信太郎
録音佐々木稔郎
照明和多田弘
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.《ネタバレ》 第3部。
ついに吉岡清十郎を倒した武蔵。
しかし佐々木小次郎との激闘の前触れでもあったのだ。
武蔵の剣はどこを目指すのか?

石舟斎が圧巻の存在感。
第5部作中盤。このあたりの描写は漫画「バガボンド」のほうが
面白かったが、映画ならではの空間演出で、臨場感はかなりのもの。
終盤への期待が膨らみます。
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2019-11-04 02:58:12)
12.3作目でまだ続編があるようですが、もういいかなって感じです。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-09-22 22:20:38)
11.《ネタバレ》 つまらなかったです。五部作の中央で「繋ぎ」以外の役目を果たしていない。途中から武蔵は出て来ず、脇を固める人たちの因縁を追いかることに終始します。それは原作通りなのだけど、自分が本作に求める「太い」物語が感じられません。サブタイトルで「開眼」を謳うなら、もう少しそれらしい演出が欲しかったです。任侠もので鳴らす前の健さんが演じる嫌味な小次郎が収穫と云えば収穫でした。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2014-02-11 02:31:33)
10.《ネタバレ》 「二刀流開眼」といっても、二刀流はちょびっとしか出てこない。「宮本武蔵」といっても、途中からもっぱら佐々木小次郎の話になっちゃう。という、看板に偽りありの作品ですが、つまらないわけではない。関係者が偶然出会いまくるあたりは笑っちゃいますが、面白いので許す。五条の橋にゾロゾロ集まってくるあたりは、なんだかワクワクしてきます。朱実を助けるのは、本位田のおばばでなくてもいいかもしれませんが。しかし清十郎が弱すぎ、肝心のクライマックスが盛り上がりません。佐々木小次郎が高倉健というのも、個人的には違和感があります。
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-08-20 21:47:55)
9.宮本武蔵5部作の中で、ドハデな決闘を描く第2作と、破天荒過ぎる戦争映画のような決闘を描く第4作に挟まれ、繋ぎのような、はたまたちょいと地味な緩徐楽章のような、この第3作。サブタイトルの“二刀流開眼”がじっくり描かれる訳でもなし。しかし、前2作からの因縁をここに纏め上げ、続く2作へと期待を盛り上げる意味で、この第3作が一番、シビレる作品と言えるかも知れません。いや、実際、本作を観ていると、最終作では小次郎とではなくオババとこそ因縁の対決をして欲しくなっちゃう(笑)。いや、健さん小次郎の高笑いも勿論悪くないですよ。非人間的ですらある剣豪・小次郎と、剣豪になるには人間的すぎる武蔵。そして剣豪として担ぎあげられてしまった悲劇を背負う吉岡清十郎。はたまた、彼らに翻弄されてしまった女たち。実にシビれる、5部作の中でも特に欠くことのできない作品だと思います。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 9点(2013-08-15 20:59:38)(良:1票)
8.《ネタバレ》 やたら偶然の出会いで話を進めていくのは、大衆小説では珍しくないし、おそらく新聞連載のときはそれほど目立たなかったかもしれないが、書物として続けて読むと、いささかゲンナリする。それをさらに映画では時間を圧縮しているわけで、たしかに「こう偶然出会い続けるのはいかがなものか」と思わぬとこがないでもないが、不思議と本で読むときよりは許せるんだ。とりわけ五条の橋の場なぞ(半分は必然だが)主要人物が勢ぞろいして壮観。まず試合の告の立て札に朝日が当たってくるカットがあり、まるで小太鼓のトレモロのような期待感が醸される。武蔵と朱実、般若面の小僧におつう、駕籠から見ている清十郎、当然のごとく小次郎もやってくる。彼は清十郎のとこに寄食しているし、清十郎は朱実の処女を奪った男で、朱実はいま小次郎と暮らす、という因縁もかぶさる。小次郎は、あんたは武蔵に負ける、と清十郎に予言する。そうそう、橋の下には気を失っているおばばもいる。こういう場面は、映画だといいのだ。本ほど理屈で読んでいるわけではないから、ざわざわと登場人物たちが橋に召喚されていく事態を、絡み合った紐を解きほぐしている気分で眺めていられる。本作で一番嬉しいシークエンス。あとは花の切り口で唸ったりする講談的味わいや、偽の小次郎となった又八が本物と出会い、さらに朱実が絡んだりするときの、背後で聞こえる町の賑わいや祭囃子の効果もいい。
なんのかんのさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-06-23 09:28:31)
7.《ネタバレ》 '10.10/8鑑賞。内田吐夢監督「宮本武蔵」5作連続鑑賞予定の第3作。若き佐々木小次郎役 高倉健登場。当時高倉健が大スターになるとは全く思わず、大根と思っていた程だ。柳生での柳生石舟斉がらみのシーンは良かった。生け花の切り口などの話は原作でもわくわくした記憶がある。実際はそんなこと判る筈が無いとおもいながら・・。
ご自由さんさん [DVD(邦画)] 7点(2010-10-09 17:26:03)
6.佐々木小次郎を演じた若き日の高倉健、初登場!
これがかなりキマっていてカッコいい!
武蔵を演じた錦之助がかすんでしまう程の存在感だ。

(P.S.)
入江若葉は気持ち悪かった。
にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2009-06-02 00:56:24)
5.内田吐夢監督、中村錦之助主演による宮本武蔵シリーズの第3作「二刀流開眼」前の二つに比べるとやや落ちる気がするものの、それでも最近の時代劇と比べると明らかに上です。中村錦之助演じる武蔵の人間としての成長とそして、なんと言っても初登場の佐々木小次郎(高倉健)の若き姿を観ることが出来ます。それにしても本当に高倉健、若いなあ!今では貫禄十分やけど、さすがにここでは中村錦之助の方が貫禄もあり上です。次へのステップとしてこれはこれでなかなか楽しめました。
青観さん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-08-22 21:59:08)
4.宮本武蔵、佐々木小次郎。遂に出会ってしまった。二人が揃うと何とも言えないオーラと迫力がある。4部作目は一体どんなストーリーが待っているのか期待が膨らむ。
ボビーさん [DVD(字幕)] 7点(2005-06-06 18:37:21)
3.《ネタバレ》 シリーズ第3作。骨休めの中だるみの感があってタイトルになっている二刀流もとくにドラマが描かれるわけでもなくあっさりと開眼してしまうので、正直、武蔵のドラマとしては物足りなさがあるものの、映画としてつまらないかと言われれば決してそうではなく、今回は武蔵を取り巻く人々のドラマがじっくり描かれていて、これまでの武蔵の因縁をまとめ上げた感じになっているが、そこに群像劇的な面白さがあるし、主要人物が五条橋にぞろぞろと集まってくるクライマックスは見ていてワクワクせずにはいられない。そしてやはり何といっても佐々木小次郎(高倉健)の登場で物語はこれから佳境に入っていくというワクワク感もやはりあり、この五条橋のシーンは武蔵と小次郎が初めて対峙するときでもあり、その意味でもドキドキと興奮してしまった。やっぱりこのころは錦之助のほうが高倉健よりも貫禄あるなと思えてしまうのだが、ひょんなことから小次郎を名乗っていた又八(木村功)の前に本物の小次郎が現れるシーン(展開としてはまあよくあるパターン。)では、木村功(どの出演作を見てもいつも若々しい。)よりも高倉健のほうが貫禄があるように感じられるのがけっこう印象的だった。石舟斎(薄田研二)の存在感と花の切り口のエピソードも印象に残る。小次郎の初登場シーンで出てくる海鳥がアニメ構成ぽいのは内田吐夢監督がこのシリーズの合間に手掛けた「恋や恋なすな恋」を少し思い出した。小次郎から「お前は負ける」と言われた清十郎(江原真二郎)が武蔵と対決するラストシーンは昔見たときはもっと見ごたえがあったと思ったのだが、改めて見るとすごくあっさりとしていたのが逆に驚かされた。重傷を負いながらも歩いて帰ろうとする清十郎に吉岡一門としての意地とプライドを見ることができ、感動的ですらある。確かに全体的に見れば1作目や2作目には劣るかもしれないと思うものの、初めて見た時よりも面白かった。(2021年2月27日更新)
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 8点(2005-05-15 23:56:19)★《更新》★
2.この頃の高倉健はちょっと若過ぎて・・・。悔しいが錦之助の方がカッコイイ。
東京50km圏道路地図さん 7点(2003-12-27 01:14:05)
1.この後の第四部、第五部を控え、嵐の前の静けさか。それでも五条大橋に続々と武蔵を取り巻く人々が集まるシーンなど、群像劇的な面白さがある。高倉健の佐々木小次郎も初登場。
紅蓮天国さん 7点(2003-10-15 16:11:12)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 6.77点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
417.69%
517.69%
617.69%
7861.54%
817.69%
917.69%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS