Menu
 >
 >
 > エニイ・ギブン・サンデー

エニイ・ギブン・サンデー

ANY GIVEN SUNDAY
1999年【米】 上映時間:164分
平均点: / 10(Review 108人) (点数分布表示)
ドラマスポーツものスポコンもの
[エニイギブンサンデー]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-05-30)【イニシャルK】さん
公開開始日(2000-05-27
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督オリヴァー・ストーン
助監督リチャード・パトリック〔助監督〕
キャストアル・パチーノ(男優)トニー・ダマト
キャメロン・ディアス(女優)クリスティーナ・パグニアーチ
デニス・クエイド(男優)ジャック・"キャプ"・ルーニー
ジェームズ・ウッズ(男優)ハーヴェイ・マンドレイク医師
ジェイミー・フォックス(男優)ウィリー・ビーメン
LL・クール・J(男優)ジュリアン・"J"・ワシントン
マシュー・モディーン(男優)オリー・パワーズ医師
ローレン・ホリー(女優)シンディ・ルーニー
チャールトン・ヘストン(男優)コミッショナー
アン=マーグレット(女優)マーガレット・パグニアーチ
エリザベス・バークレイ(女優)マンディ・マーフィ
ジョン・C・マッギンレー(男優)ジャック・ローズ
アーロン・エッカート(男優)ニック
ローレンス・テイラー〔男優〕(男優)ルーサー
ジェームズ・カレン(男優)エド・フィリップス
オリヴァー・ストーン(男優)タッグ
樋浦勉トニー・ダマト(日本語吹き替え版【VHS/DVD/テレビ朝日】)
佐々木優子クリスティーナ・パグニアーチ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
相沢まさきジャック・"キャプ"・ルーニー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
谷口節ハーヴェイ・マンドレイク医師(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
檀臣幸ウィリー・ビーメン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
平田広明オリー・パワーズ医師(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
有本欽隆コミッショナー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
藤波京子マーガレット・パグニアーチ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
麦人モンテズマ・モンロー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小野健一ニック(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
星野充昭タッグ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
江川央生パトリック“マッドマン”ケリー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
内田直哉ジャック・ローズ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/ジュリアン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
井上喜久子クリスティーナ・パグニアーチ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
水内清光ジャック・"キャプ"・ルーニー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
森川智之ウィリー・ビーメン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
一城みゆ希マーガレット・パグニアーチ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
菅生隆之トニー・ダマト(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
深見梨加クリスティーナ・パグニアーチ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
大塚明夫ジャック・"キャプ"・ルーニー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小川真司〔声優・男優〕ハーヴェイ・マンドレイク医師(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
宮本充オリー・パワーズ医師(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
納谷悟朗コミッショナー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
沢田敏子マーガレット・パグニアーチ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
渡部猛モンテズマ・モンロー(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
羽佐間道夫タッグ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
東地宏樹ハーヴェイ・マンドレイク医師(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
原作ジョン・ローガン(原案)
脚本ジョン・ローガン
オリヴァー・ストーン
音楽ロビー・ロバートソン
リチャード・ホロウィッツ〔音楽〕
挿入曲ミッシー・エリオット"Who You Gonna Call"
LL・クール・J"Shut'em Down"
ジェイミー・フォックス"Any Given Sunday","Any Given Sunday Outro"
DMX"My Niggas"
撮影サルヴァトーレ・トチノ
製作ローレン・シュラー・ドナー
クレイトン・タウンゼント
ダン・ハルステッド
製作総指揮オリヴァー・ストーン
リチャード・ドナー
配給日本ヘラルド
美術ヴィクター・ケンプスター(プロダクション・デザイン)
衣装メアリー・ゾフレス
録音トム・フライシュマン
ワイリー・ステイトマン
字幕翻訳菊地浩司
その他テリー・ミラー〔助監督〕(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
108.豪華なメンバーによる映画でしかもアメリカ人の大好きなNFLが題材とあってそれなりに稼げる映画だったのだろう。しかし、チーム内の確執やオーナーとコーチの対立、フランチャイズ移転問題など、ちょっと詰め込み過ぎな感じは否めない。結局ポイントの分かりにくい散漫なストーリーとなってしまっている。NFLファンならどのチームの誰をモデルにしたエピソードなのかピンとくるのだろうが……。試合のシーンもカメラワークがアップで揺れるものだからちっともプレー内容が分からない。もう少しプレーシーンを楽しみたかったんだけどな。好み25/50、演出8/15、脚本7/15、演技6/10、技術6/10、合計52/100→5/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 5点(2015-07-02 23:03:41)
107.《ネタバレ》 オリヴァー・ストーンらしい、とにかく熱い男たちの映画。アメフトのルールすら知らないけれど、そこはちゃんと見せ方を心得ているストーン監督らしく、ちゃんと楽しめる映画に仕上がっている。余談だけけど、あの目ん玉飛び出るシーンはちょっとトラウマになった。あそこだけ妙に浮いている気がするのは僕だけ??
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2012-05-27 23:14:46)
106.《ネタバレ》 ○展開が予定調和すぎるが、その割に長い上映時間を感じさせない演出はさすがオリヴァー・ストーンというところ。○控えだった選手が活躍し、酔いしれて、チームメイトから嫌われ、最後はみんなで勝つというありきたりもいいところのストーリーなのだが、オーナーとのやりとり、メディアとのやりとり、そしてあくまでコーチが主役でというバランスがある程度取れていたのがよかったのだろう。○バランスこそそこそこいいかもしれないが、時間の割になぁという印象。アル・パチーノに言わせるからこそといったセリフもあろうが、他でも聞けるスポ根モノのセリフばかり。もう少しオリジナリティがほしかった。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 5点(2011-03-16 23:03:21)
105.オリバー・ストーン監督とあってはアメフト界の内幕を暴くような作品になるのかと思いきや、なんと直球勝負のスポ根映画でした(DVDジャケットに書いてあった「大逆転の謀略!!」なんてものは一切出てきません)。21世紀に入ってからはすっかり腕前の鈍った感のあるストーンですが、本作では圧倒的な演出力を披露。そのビジュアルはアメフトの迫力を見事に表現しているし、2時間31分の長丁場にも関わらず中弛みなしの熱い熱いドラマは見ごたえ十分です。私はアメフトのルールにそれほど詳しくないのですが、そんな私でも十分に楽しめる仕上がりになっているのですから、余程よく出来た映画なのでしょう。選手達の一挙手一投足がスローモーションで映し出され、「この一撃で勝つ!」というみんなの思いがボールに託されるラスト10秒はスポーツ映画の定番ですが、そんなお決まりのクライマックスをこの映画は血がたぎるような名場面にしてみせます。この辺りの演出の巧さは本当に突出しています。キャスティングも見事なもので、アル・パチーノやジェームズ・ウッズといった定評あるベテランをいとも簡単に使いこなしてみせる一方で、映画への出演経験のほとんどなかったジェイミー・フォックスを物語の中心に据え、10年以上キャリアが低迷し忘れ去られていたデニス・クェイドを掘り起こし、当時はお人形さん扱いだったキャメロン・ディアスに演技力が要求される役を任せています。キャメロン・ディアスについては、すべての出演作中本作がもっとも彼女を美人に撮影しているし、同時に「こんなに演技力あったの?」と驚かされました。俳優の魅力や才能を引き出すことも監督の重要な仕事だとすれば、本作でのオリバー・ストーンの仕事は百点満点だったと思います。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 8点(2010-05-26 21:40:15)
104.数々の実話のエピソードを纏めアメリカのスポーツビジネスをリアルに描いた作品で面白いのだが、カットの組み方で思ったがパスに対するアップの多様が目に付いた。結局この映画の面白さのうちの大部分(スリルなど)はアメフトというスポーツの面白さではないのかと思ってしまった。QBがパスをしWRへ届くまでキャッチできるかそれとも突然インターセプトされるのかというあの緊張感はアメフト中継を見ている感覚と同じである。飛んでいくボールのスローモーションとスポーツに依存するスリルではなくもう少しスピーディーに中継では見れない映画ならではのフィールドに立っているかのような臨場感で攻めてほしかったところだ。その点期待感から減点しているがそれでも十分7点
Arufuさん [DVD(字幕)] 7点(2009-07-04 02:34:06)
103.2時間半を超える長~い作品ですが、火傷するほどの熱いパチーノが大好きな方にはオススメです。パチーノのおなじみの熱い演説もしっかりとありますよ!
とらやさん [DVD(字幕)] 6点(2009-01-19 22:49:45)
102.《ネタバレ》 熱い男たちのドラマです。
アメリカの国技であるアメフト。その裏側を冷静に見せつつそこに生きる男達の苦悩と歓喜をよく描いています。
スター選手であるがゆえ家族、生活を大事に無理をしてでも出場する男や、一気にスターダムに登りつめ天狗になったためチームメイトから無視される男。
年齢的に引退をほのめかずが妻から蔑まれる男。
しかしそんな男達をアメフトのために私生活を犠牲にしたコーチが一つにまとめます。
アル・パチーノの試合前の演説。
男なら痺れるはずです。
DVDも購入済みですがちょっと元気が無くなった時などこの演説シーンを見ます。
それくらい熱いもの。
あまたあるスポーツモノの中では一番面白いと思います。
ゆたさんさん [映画館(字幕)] 8点(2008-10-26 11:19:42)
101.《ネタバレ》 Legendary Al Pacino Speech ??? 一聞の価値あり. スポ根もので熱くなれます. 楽しく見れました.
RTNEE USAさん [DVD(字幕)] 6点(2008-09-20 21:36:03)
100.《ネタバレ》 それほど身長が高くないアル・パチーノが2mに達するようなアメフトの選手達を睨み付け一喝するシーンは凄いものがありますね。目の力と存在感がその場を支配してしまうのは流石です。ストーリーはスポーツビジネスの裏側を描きつつのスポ根モノです。まぁ。。。パチーノのためのパチーノによる(ry
AIRSさん [DVD(字幕)] 6点(2008-06-09 16:25:07)
99.アル・パチーノの、顔がもう作品に合っていた。カッコいい。
プロのスポーツの世界が少し見える。
bluestarさん [地上波(吹替)] 4点(2008-01-12 00:36:48)
98.熱いスポ根もので私は好きである。キャメロン・ディアスの演技は少々厳しいものがあった。
あるまーぬさん [地上波(吹替)] 7点(2008-01-06 00:59:22)
97.《ネタバレ》 ロッカールームのシーンが衝撃的過ぎた。
黒人さん”自身”に驚いて、思わず2度ほど巻き戻して見てしまった。
だって本当にビックリしたんだもん!!
「世界基準」という言葉が私の頭の中を駆け巡りました。

広く世界を見渡していこうと誓いました。
こんな私を変態と蔑んでも構いません、きっと本当に変態です。
港のリョーコ横浜横須賀さん [DVD(字幕)] 5点(2007-12-06 16:13:49)
96.《ネタバレ》 中盤はどろどろ。最後はまとまりすぎ。そしてアル・パチーノが熱い。
たろささん [CS・衛星(字幕)] 8点(2007-07-31 14:33:09)
95.映像に迫力があり面白いのですが、ちょっとアップで撮りすぎのような気がします。もう少し全体を撮るようにしてほしかったです。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(字幕)] 6点(2006-07-17 20:05:06)
94.アル・パチーノはこういう役をするとはまりますね。でも脚本がかなり荒いです。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2006-04-19 21:04:48)
93.珍しくキャメロン・ディアスが汚れ役で出ています。アル・パチーノ、熱すぎ!でも、GOD FATHERの頃より、今の親父なパチーノのほうが好き。
H.Sさん [DVD(字幕)] 6点(2005-12-18 23:56:44)
92.オリバー・ストーンの偏ったキャラクター造形がスポ根によくはまるというのは盲点であった。こういういかれた男たちのギラギラした熱い世界を描かせたら右に出るものはいない。マイケル・マンのナルシシズムと生真面目さは観ていて疲れることも多いが、ストーン監督のある種投げやりな明るさと単純さは実に爽快である。「ウォール街」のアメフト版がつまらないわけがない。感傷を徹底的に排したスポーツビジネスの裏側と若者の成長物語は、感動というより痛快という言葉が似合う。「ニクソン」や「アレキサンダー」など(未見だが)のシリアスな大作が失敗するのを見ると、本作のような作品をもっと撮ればいいのにと思うのだが。本来品のない人間が、重厚な人間ドラマに挑むのが間違いの元だ。しかし結局本作で一番評価すべきなのは、試合シーンの編集と音楽かもしれない。トリッピーでトリッキーな編集には昔から定評がある。「JFK」「ナチュラル・ボーン・キラーズ」「ウォール街」しかり。ジェイミー・フォックスが出演していたとは知らなかった。
わいえすさん [ビデオ(字幕)] 9点(2005-11-19 03:11:54)
91.お馴染みのアル・パチーノの演説が堪能できる作品。アメフトはルールもさっぱり分かんないし、別に興味を惹かれたわけでもないけど、この映画は面白かったです。やっぱアル・パチーノはいいね。こんな上司なら毎日説教されても楽しいぞ。
(^o^)y-~~~さん [DVD(字幕)] 6点(2005-11-18 00:40:54)
90.スポーツ映画の佳作の一つか。人気のアメフトが題材。

コーチを中心に、選手、若き女性オーナー、その他関係者との葛藤を上手く描

いている。、
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2005-08-01 21:44:17)
89.アメフトのことはよく分からないが、一歩一歩距離を詰めていくゲームと思われる。
そういう一歩一歩の大切さをアメフトを通しながら人生の歩みについて語る仕組みは良いと思う。
「アメフトも人生も犯す過ちは気付かないほど些細なものかもしれないが、半歩遅くても早くても失敗する。何かを失ってその大切さを始めて気付くのには遅すぎる。大事な一歩は人生の至るところにある。」というのは名言だろう。
映画の中でもその一歩の大切さをそれぞれの登場人物が学んでいたと思う。
ウィリーはいうまでもないが、トニーしかりクリスティーナしかり。
そしてチームワークや自己犠牲についても描いていたと思われるが、肝心のクォーターバックの役割が映画によってゲームの主導権を握る重要なポストだとは分かるが、詳しくは何も知らないので多少つらい所。
しかし、ウィリーの自己中心的なプレイによってチームがバラバラになる姿や、トニーの演説やキャップによって一つにチームがまとまる姿や、映画の中でも散々チームリーダーの必要性やチームワークの重要性が語られてたので、同じものを目指して戦うことの素晴らしさは充分伝わってきた。
パチーノが語っていた「思い出すのはハドルの皆の顔」というセリフも重要だろう。
難をいえば、キャップがもうちっとこの点を伝えるのに適切な役割を果たしてもらいたかったものだ。
キャップは引退したいとか言い出して嫁にビンタを食らったり、自信を喪失していたりして少し役割が違うような気がした。
もっとも選手が抱えるプレッシャーや悩み、恐怖等についても描く必要はあるが、他の選手でこの点は充分描かれているのだから。
映画自体は面白いと思うが、結構様々なものを詰め込みすぎている部分が多いと感じる。
トニーが記者への暴行などはストーン得意のマスコミ批判かもしれないが、あまりストーリーとは関係ないし、エッカートは映画の中ではニックという名前があるのに本レビューの名前欄に名前がないほど存在が必要ないので彼は要らない。
クリスティーナについては、彼女の家族についての取り扱いや自分を取り戻すことについてもやや中途半端な印象。こちらはもっと大きく取り上げても良かったと思われる。
医者間のトラブルなども悪くないテーマなので多少雑な扱いという印象だった。
六本木ソルジャーさん 7点(2005-01-15 20:51:31)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 108人
平均点数 6.11点
000.00%
121.85%
210.93%
365.56%
41110.19%
51816.67%
62624.07%
71816.67%
81614.81%
965.56%
1043.70%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review3人
2 ストーリー評価 4.66点 Review6人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review4人
4 音楽評価 7.66点 Review3人
5 感泣評価 3.66点 Review3人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS