ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ロ行
 > ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
 > (レビュー・クチコミ)

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

[ロックストックアンドトゥースモーキングバレルズ]
Lock, Stock & Two Smoking Barrels
1998年【英】 上映時間:108分
平均点:7.82 / 10(Review 265人) (点数分布表示)
犯罪もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-04-06)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ガイ・リッチー
助監督デヴィッド・リード(第一助監督)
キャストジェイソン・フレミング(男優)トム
デクスター・フレッチャー〔1966年生〕(男優)ソープ
ニック・モラン(男優)エディ
ジェイソン・ステイサム(男優)ベーコン
スティーヴン・マッキントッシュ(男優)ウィンストン
ニコラス・ロウ(男優)J
ヴィニー・ジョーンズ(男優)ビッグ・クリス
P・H・モリアーティ(男優)ハチェット・ハリー
レニー・マクリーン(男優)バリー・ザ・バプティスト
フランク・ハーパー(男優)ドッグ
ヴァス・ブラックウッド(男優)ローリー・ブレイカ―
スティーヴン・マーカス(1962年生)(男優)ニック
スティング(男優)JD
アラン・フォード(男優)アラン
マシュー・ヴォーン(男優)車を乗っ取られるヤッピー
アラン・フォードナレーター
江原正士トム(日本語吹き替え版)
高木渉ソープ(日本語吹き替え版)
井上倫宏エディ(日本語吹き替え版)
山路和弘ベーコン(日本語吹き替え版)
後藤哲夫JD(日本語吹き替え版)
廣田行生ビッグ・クリス(日本語吹き替え版)
手塚秀彰ドッグ(日本語吹き替え版)
大木民夫ハチェット・ハリー(日本語吹き替え版)
藤本譲バリー・ザ・バプティスト(日本語吹き替え版)
斎藤志郎(日本語吹き替え版)
脚本ガイ・リッチー
音楽デヴィッド・A・ヒューズ
ジョン・マーフィ〔音楽〕
撮影ティム・モーリス=ジョーンズ
製作マシュー・ヴォーン
製作総指揮トルーディ・スタイラー
スティーヴ・ティッシュ
衣装ステファニー・コーリー
編集ニーヴン・ハウィー
あらすじ
舞台はロンドンの下町。カード・プレイの切れ者として知られるエディは3人の友人を巻き込み、一世一代の賭けに出る。ギャングの顔役ハリーを相手にカードでひと儲けしようと企らんだのだ。しかし、結局、ハリーに莫大な借金を作ってしまい、1週間以内に大金を返さなければ指をつめると脅迫される。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
265.《ネタバレ》 基本的にはタランティーノのパルプフィクションを英国風に、そしてテンポをさらによくした作品という印象だが、これが非常に面白い。
スタイリッシュな映像に加えて、イギリス訛りによる言葉の応酬がとにかくカッコいい。
どんよりとしたロンドンの下町を、大騒ぎしながら駆け抜けていくような、とかく爽快な作品。

パルプフィクションの二番煎じに思える人(その点は否定できないが)、本作の気取ったスタイリッシュさが鼻につく人は、おそらく本作を好意的に観ることはできないだろう。

それにしても主人公たちのバカさ加減が笑える。世知辛い現実に燻っていて、結局はしょうもないこととか、もしくはグダグダになるまで酒を飲むことしかできないあんちゃんたちってイギリスの下町に溢れているんだよな。タランティーノが描くのとはまた違うベクトルの愛すべきダメ人間達で、げらげらと笑わせてもらった。
nakashiさん [ブルーレイ(字幕)] 10点(2019-02-10 15:36:46)
264.《ネタバレ》 最初に登場人物が非常に多いし、顔が割と似てるのでグループ分けして観ないと混乱します。内容は序盤はシリアス、中盤以降はコメディーです。ハリーに負けて1週間で50万ポンドも作らなければならなくなりますが、そこからの悪知恵で次々と名案が浮かび成功するが、こんな名案が何故、一世一代のギャンブルの前に思いつかなかったのか?と突っ込みたくなります。まー、それはさて置きテンポの良い痛快コメディーですね。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 7点(2017-02-08 08:51:02)
263.《ネタバレ》 評価が良かったのでDVDで観てみました。最初は登場人物が多くて少し混乱しましたが、途中からはうまく話しの流れを理解できました。色々な布石が徐々に融合して最後は一つにまとまる、という流れはどこかで観たことのあるような展開でしたが楽しめました。最後、あのライフルはどうなったんでしょうかね。お金に変えたら犯罪の証拠として捕まってしまうリスクもあるし、うーん、ちょっと気になります。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 7点(2016-10-05 08:30:34)
262.脚本のどうこうはまだしも、各登場人物の造形にほとんど配慮されていないので、役者がゲームの駒にしか見えません。タランティーノとはそこが違います。
Oliasさん [DVD(字幕)] 4点(2016-09-21 02:32:09)
261.まあ「スタイリッシュ」ってやつかもしれませんが、個人的にはつまらなかったです。
kaaazさん [DVD(字幕)] 5点(2016-03-26 23:18:55)
260.オープニングで多数の登場人物を紹介するのがこの監督のお気に入りの手法らしいですね。
しかし、外見の似た人物が何人も出てくる上、場面転換がやたらと多いために何が起こっているのか把握
しにくく、たったの100分間も観ているのがつらかったです。平均点は高いので、分かる人には面白いのでしょう。
私にはガイ・リッチ―作品は合わない。それに尽きます。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 4点(2015-08-13 15:12:16)
259.《ネタバレ》 ポップでスタイリッシュ、ユーモアも効かせたクライム映画。
チンピラ四人組が、組織の八百長賭博に引っかかって窮地に。
シリアスかと思えばコメディだった。
緊張感が高まってこそコミカルシーンが効いてくる。
プレミアのついた骨董銃をめぐるラストが笑える。
三谷幸喜作品のようなドミノ式の回り回ってのドタバタ騒動が楽しい。
------------
再鑑賞したが、ドミノ倒しのような展開とパズルのような無駄のない緻密な構成。
三谷作品にバイオレンスと現代的でポップなノリを加味したような印象。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 7点(2015-01-30 21:51:20)★《更新》★
258.まず一言、疲れました。良かったといえば良かったが悪かったといえば悪かったともいえる、なかなか難しい映画だったと思います。
ストーリー的な整合性はとてもマッチしていて、ラストの収まり方はバッチリです。「だから?」といわれるとそれまでですが、ま、映画って娯楽ですし。ラストの余韻は古き良きイギリス映画の雰囲気がありますが、他の方も指摘しているように深みはありませんのでパルプフィクションと同系統の映画と考えたい。

珍しい雰囲気とストーリーを持った映画ですのでハマる人にはツボと思いますが、映画に芸術性などを求める方には合わないかもしれません。バイオレンスが大丈夫な方は一度お試しください。
アラジン2014さん [DVD(字幕)] 4点(2015-01-27 12:03:29)
257.《ネタバレ》 コメディ色強し!真面目に見て損した・・・笑
 細かい沢山の点を最初に撒き、それをこれでもかと繋げまくるのが面白い。特にやられた!と思ったのは女の子がぬうっと起きてきた例のシーン。確かに忘れてた・・・。えっ!?と思って巻き戻して見たら確かに最初からそこにいるし・・・なんという擬態・・・笑
 しかし全体としては、そもそもこの作品を取り巻く殺伐とした暗めの雰囲気がイマイチ合わず。マフィアとか犯罪ものには仕方ないことなれど、やはりどうしても点数に影響してしまう。
 あと見ながら思ったのは、若々しい作品だな~ということ。ノリにまかせて突っ走るところ、ロック?なBGMをガンガン入れてくるところ、渋みが皆無なところ、等々。残酷描写の残酷さとか稼いだ金の使い方にしてもそうですね。おかげで、「バイオレンスながらもコメディ」という不思議な印象を受けました。
53羽の孔雀さん [DVD(字幕)] 5点(2014-12-14 23:03:17)(良:1票)
256.スナッチよりわかりやすくて、こっちの方が好き。邦題は思いつかなかったのかな(笑)
Sugarbetterさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-12-07 20:20:06)
255.すれ違いや偶然でストーリーが進んで行く、全体的にコメディ・タッチな印象。しかし、その割に人が死にまくる。
直接的な表現はないにせよ結構グロテスクなので、どういう気分で観れば良いのかちょっと困る。
また、子連れの借金取りなど、登場人物にもあまりリアリティがない。
スタイリッシュな作品なので好きな人は多そうだが、自分の好みではなかった。
ポン酢太郎さん [DVD(邦画)] 4点(2014-12-01 20:58:56)
254.《ネタバレ》  登場人物の誰もが、クセがあって、個性的で、クールで、大物っぽくて、それでいて間が抜けているのが最高に面白いです。
 そして何と言ってもストーリー構成が最高です。。バラバラだった点と点がつながって線となり、線と線がつながって最終的にひとつの物語を形作っていくのが爽快です。
 みんな死んじゃうような、カタストロフィ的な作品ではありますが、のんきな音楽とのアンバランスさが、過激なバイオレンスをものの見事に中和しちゃっています。だから見ていてイライラする部分はありますが、嫌悪感を抱いちゃうような作品にはなっていないのが良いです。エンターテイメント作品として、本作の楽しい部分だけを純粋に楽しめちゃう良さがあります。
 『金は天下の回りもの』と言いますが、本作では金以外にも『銃』と『マリファナ』も上手いこと劇中を回りまくります。黒人マフィアのローリーに、彼のところから盗んだ大麻を知らずに持っていっちゃうところなんか、ほんとにあほすぎて笑ってしまいます。しれ~っと『値打ちものの銃』が、誰もその真価をしらないまま人から人の手に渡っていくのも見ていて楽しいんです。
 個人的には、ラストの取立て屋が盗んだ金で高級車を買って金貸し業をはじめちゃったところに、キャラのぶれを感じてしまって残念でした。
 主人公の4人グループも、前半以降はすっかり影が薄くなってしまったのがちょっとだけ物足りなかったです。
 そして、大麻を栽培していた、ローリー子飼いの坊ちゃんグループが個人的に大のお気に入りだったので、あのメンバーが随分割を食っていたみたいで少々心が痛みました。特につま先撃たれちゃった人は可哀想すぎでしょう。
たきたてさん [DVD(字幕)] 7点(2014-09-15 04:07:19)
253.《ネタバレ》 脚本がいいとか書いてる人がいますが、脚本というよりプロットが面白いだけのような気がします。
評判いいみたいですが、キャラクターが、ただ動いているだけのストーリーで、心理描写が全く描かれていない本作を私は楽しむことはできませんでした。
タランティーノみたいと言われるのは、わかる気がします。
因みに私はタランティーノが大嫌いです。
キャラクターが皆馬鹿ばっかなので、イラつきました。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-08-23 13:15:27)
252.《ネタバレ》 純粋におもしろい
かっこいい、たのしい
映画があらためて好きになる
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 10点(2014-08-02 11:31:15)
251.《ネタバレ》 ここでの評価が高いので期待して鑑賞しましたが、期待しすぎたようです。後半はテンポも良く、楽しめましたが、全体として私には向かない映画でした。
モリーさん [DVD(字幕)] 6点(2014-07-06 16:13:45)
250.《ネタバレ》 面白すぎ。脚本が最高です。音楽も、オーシャンカラーシーン、ストゥージーズと非常に自分好み。やっぱり、スナッチと比べると一段も二段も上。
この映画は何回も見たが、記憶を消してもう一度見たい作品。
最高点の10点。文句なし!
kontikiさん [DVD(字幕)] 10点(2014-05-05 11:26:44)
249.《ネタバレ》 ガチャガチャいろんなグループの絡みがタランティーノっぽい。

もう一度観たくなる感がある。
ドンマイさん [DVD(吹替)] 6点(2014-04-16 02:28:24)
248.こうゆう映画にありがちな「意味のない絡み」が一切無かったのが、清くて好感が持てる。娯楽作品としてよく練られた脚本。一級品です。
la_spagnaさん [DVD(字幕)] 8点(2013-11-03 12:41:56)
247.《ネタバレ》 いいですね、何というかストーリーが少し破綻していても、ノリだけで行ってしまうところ好きですね。一気に観られるところ、重くないところが楽で良かった。
minさん [DVD(吹替)] 7点(2013-09-16 22:30:21)
246.《ネタバレ》 この映画を初めて観たときは、「俺さまこそが、英国のタランティーノじゃ!」というG・リッチーの雄叫びを聞かされたような気がしました。たしかに音楽の使い方のセンスなんかは、その当時のタランティーノを超えているんじゃないかな(もっともタランティーノの方はその後も進化を続けてG・リッチーを遥か彼方に置いてけぼりにしてしまいましたが)。 出てくる連中がどいつもこいつもろくでもないおバカさんなので、物語が動き出す前でも退屈させられません。派手な銃撃戦がある割には死ぬのは悪党だけなのでまあ後味すっきりと言うところでしょうか。 まあこの映画は、ビッグ・クリスことV・ジョーンズが最後はおいしいところを持っていってしまいましたが、あの“車のドア、バタバタ殺法”がちゃんと“スナッチ”でのV・ジョーンズ登場シーンに繋がっているところがにくいです。
S&Sさん [DVD(字幕)] 9点(2013-07-16 21:16:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 265人
平均点数 7.82点
000.00%
110.38%
241.51%
320.75%
4103.77%
5134.91%
6155.66%
74316.23%
87227.17%
96424.15%
104115.47%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.46点 Review13人
2 ストーリー評価 8.56点 Review32人
3 鑑賞後の後味 8.25点 Review27人
4 音楽評価 7.91点 Review23人
5 感泣評価 2.20点 Review5人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS