Menu
 >
 >
 > アミスタッド

アミスタッド

Amistad
1997年【米】 上映時間:152分
平均点: / 10(Review 57人) (点数分布表示)
ドラマ歴史もの伝記もの
[アミスタッド]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-01-05)【ESPERANZA】さん
公開開始日(1998-02-28
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・スピルバーグ
キャストジャイモン・フンスー(男優)シンケ
モーガン・フリーマン(男優)セオドア・ジョッドソン
マシュー・マコノヒー(男優)ロジャー・ボールドウィン
アンソニー・ホプキンス(男優)ジョン・クィンシー・アダムズ
ジェレミー・ノーザム(男優)
ナイジェル・ホーソーン(男優)マーティン・ヴァン・ビューレン
ピート・ポスルスウェイト(男優)ホラバード
ステラン・スカルスガルド(男優)ルイス・タパン
デヴィッド・ペイマー(男優)フォーサイス
ピーター・ファース(男優)
トーマス・ミリアン(男優)
ザンダー・バークレイ(男優)
ホーソーン・ジェームズ(男優)Creole Cook
アンナ・パキン(女優)イザベラ女王
大友龍三郎シンケ(日本語吹き替え版)
前田昌明セオドア・ジョッドソン(日本語吹き替え版)
森田順平ロジャー・ボールドウィン(日本語吹き替え版)
山内雅人ジョン・クィンシー・アダムズ(日本語吹き替え版)
大木民夫マーティン・ヴァン・ビューレン(日本語吹き替え版)
牛山茂フォーサイス(日本語吹き替え版)
脚本デヴィッド・フランゾーニ
音楽ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]
ケネス・ワンバーグ(音楽編集)
撮影ヤヌス・カミンスキー
製作スティーヴン・スピルバーグ
コリン・ウィルソン
製作総指揮ウォルター・F・パークス
特殊メイクブライアン・ペニカス(ノン・クレジット)
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
美術リック・カーター(プロダクション・デザイン)
トニー・ファニング
衣装ルース・E・カーター
ヘアメイクヴェ・ニール(メイクアップ・アーティスト)
編集マイケル・カーン
録音アンディ・ネルソン[録音]
チャールズ・L・キャンベル
あらすじ
1839年。アフリカで家族と平和に暮らしていたシンケ(ジャイモン・ハンスウ)は突然拉致され船で奴隷として運ばれる。地獄そのものの航海の中、シンケとその仲間は、反乱を起こし船を乗っ取るが、アメリカで海賊行為と殺人の容疑で裁判にかけられてしまう。 彼らの自由のために立上がった若手弁護士(マシュー・マコノヒー)、元奴隷(モーガン・フリーマン)とそして元大統領(アンソニー・ホプキンス)ら、勇気ある人々の険しい闘いと友情の物語。 実在した事件をもとに、奴隷貿易という世界史の暗部にスポットを当てたスピルバーグの意欲作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
57.Give us free!がすごくよかった。が、セリフにいまひとつ冴えが見られない。感動とスペクタクルを得意とするスピルバーグだけに小気味よいセリフは苦手なのだろうか。セリフのない奴隷船のシーンは圧巻だっただけに、惜しい映画である。
Balrogさん [DVD(字幕)] 6点(2012-06-30 23:59:25)
56.脚本はよく作り込まれています。奴隷商人、アメリカ海軍、スペイン王室らの利益が複雑に絡み合い、さらに国際条約や国家間の力関係、アメリカ国内の対立までが影響を及ぼすかなり厄介な裁判をテーマとしながら、事件を取り巻く環境の交通整理がうまくなされています。マシュー・マコノヒーに「この裁判の本質は所有権争いである」と言わせ、どうすれば黒人奴隷達が裁判に勝てるのかを観客に対して事前に提示したことで、話がグっとわかりやすくなっています。このようなストーリーテリングの工夫には好感が持てます。証拠や論理を積み重ねていき、裁判を有利に導く様は小気味よく、法廷ものとしてなかなかのレベルです。しかし残念なのは、当のスピルバーグが本作を法廷ものとして描く気がなく、法廷で論理を積み重ねることよりも、いかに感動的なセリフを言わせるかを重視したこと。感動過多というスピの悪い癖がここでも出ています。また、アフリカ出身で西洋文明には馴染みがないはずの黒人奴隷が聖書に関心を持ったり、西洋の価値観である「自由」を叫んだりと、黒人の白人化が目に付きました。「奴隷制度に反対を叫んで、奴隷達そのものに無関心な人間」という印象的なセリフがありましたが、本作の作り手達にもこれを自問していただきたいところです。一方、スピお得意の残酷スペクタクルのインパクトは絶大で、本作の壮絶さはシンドラーのリストをも超えています。言葉でのみ語られてきた歴史を、迫真の映像で見せられるとここまでショッキングなものかと驚きました。ロスト・ワールド、プライベート・ライアン、そして本作と残酷描写が際立つ作品を3つもほぼ同時に作り上げたスピの絶倫ぶりは、さすが巨匠なのです。
ザ・チャンバラさん [DVD(字幕)] 5点(2009-07-18 21:22:05)
55.《ネタバレ》 ○なんかぱっとしない作品。冗長と言えば冗長。○確かにこういう題材は取り上げる価値こそあるが、そこまで大きなイデオロギーを感じさせるだけの力はない。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 4点(2009-06-17 13:08:54)
54.日本ではあまり取り上げられない悲惨な歴史を知るという意味では価値ある作品だと思う。
すたーちゃいるどさん [DVD(字幕)] 6点(2008-05-05 19:20:02)
53.映像に割と力がある(あくまで「割と」)こと以外は,スピルバーグ監督とは思えないほど不出来な作品でした。どうも描こうとしたものをうまく料理できず,結果としてテーマの大きさにこの映画が負けてしまった感が強いです。こういった社会派の作品がとても好きなので期待した分,残念でした。「シンドラーのリスト」も「ミュンヘン」も好きなのでスピルバーグ監督には挫けずに頑張ってほしいです(挫けたかどうかは知らないが)。
Thankyouさん [ビデオ(字幕)] 2点(2007-06-05 02:24:35)
52.これスピルバーグの映画ですか?映画館で見ても眠気と戦うのに必至でしたよ。なんか、言葉の一つ一つが押し付けがましいというか・・・翻訳に問題有りなのかな?まぁ良い事は言ってるんだろうし奴隷の扱いとかはそりゃ悲惨極まるんだけど・・・
Junkerさん [映画館(字幕)] 4点(2006-12-30 23:52:57)
51.《ネタバレ》 アメリカが描いたアメリカの美談なだけに、美化されすぎてる感じがしなくもない。アンソニー・ホプキンスの最後の演説が見せ場で、その他は退屈。長かった。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2006-05-02 22:21:04)
50.当時の黒人奴隷たち、かわいそう。ただ、良いテーマを扱ってはいるんですが、どこか物足りなさを感じました。
H.Sさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-12-17 21:09:00)
49.人種問題を取り上げている時点で、どうしてもイデオロギー臭い映画に思われ勝ちですが、決してそんな一筋縄でいくような映画ではありません。怖さと美しさが同居した映像こそがこの映画のキモと言えるのではないでしょうか。囚われのアフリカ人たちが船上から錘をつけられ「処分」されるシーンのおそろしさ。「悲惨」とか「可哀想」ではなく、これは紛れも無く「恐怖」の映像。映画はしばしば、敢えて「見せない」ことで「想像に訴える」恐怖を演出するが、だからこそ、時にはこのような「想像を越える」恐怖を敢えて「見せる」ことが、驚くべき効果をもたらします。その一方では、例えば裁判のシーンでは、室内に柔らかい光が立ち込めて、むしろ穏やかな美しさにあふれています。この対比こそが、本作の持つ本当のパワーと言えるでしょう。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2005-10-24 23:24:32)(良:1票)
48.いい映画なんだとは思うんだけど・・・。つまらなかったです。延々と続くんだなー。スピルバーグ印ではこれか、太陽の帝國、カラーパープルが「3大微妙」な作品でした。
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2005-06-06 12:38:32)
47.長い過酷な歴史、でも未だ・・・ 。2015.02/24 2回目鑑賞。奴隷問題を扱った作品は多いと思うが私が好きな作品として「リンカーン」「アメイジング・グレース」とこの作品です。数十年間の英国・米国の政治、裁判での奴隷制度の扱いを骨太に取り上げています。比較鑑賞もいいですよ。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2005-03-27 21:36:32)
46.奴隷解放運動家と、奴隷を家畜のように扱う人々、どちらの言い分が正しいかなんて第三者から見れば簡単にわかること。ただそう単純にはいかないのが現実。政治的背景もある。内戦を恐れるのも当然の考え方。この作品は、当時の色々な人々の思惑がからみ合った、複雑な歴史の局面を描くことに誠実に取り組み、成功していると思う。勉強にもなるし、感動的でもある。シンケ役のジャイモン・ハンスウはものすごい存在感で、「原始のパワー」みたいなものを表現していた。またラストのサーの演説「先人のおかげで今の我々がある」という言葉はまさに、現代人に投げかけられた作り手のメッセージである。彼らが虐げられ、戦い、話し合ったから今の私たちがあるのだと。とっても素晴らしい作品だったのに平均点低すぎなので、この点出しちゃいます。
ちゃかさん 10点(2005-01-31 12:39:54)(良:1票)
45.人種差別や奴隷などについて描いた作品は多いが、奴隷船での残虐非道をここまで描いたのは初めて見たのでかなりショックだった。アフリカから多くの黒人が大陸に連れてこられたことを知ってはいても、その実際はどうだったかなんてことは深く考えもしなかったし知らなかった、ということを改めて思い知らされた。
これほどの人権蹂躙の史実から自由・平等・人権を真面目に誠実に描こうという思いは強く伝わってくるし、シンケのジャイモン・ハンスゥが発する迫力と存在感はピカいちだった。彼の「我々に自由を」とかホプキンスの演説なども見たときは感動的だと思ったが、なぜか記憶に残らず印象が薄いのが不思議。



キリコさん 6点(2004-09-26 22:23:49)
44.良い感じなんだけどどこかイマイチだった。伝えたいことはすごく分かったんだけど・・・
ゆきむらさん 5点(2004-09-22 23:10:11)
43.《ネタバレ》 なんかモーガンフリーマンもアンソニーホプキンスもマシューマコノヒーもみんな存在が薄かった。感動させたいのは分かるんだけど、いい歴史の勉強になったなぁ~って感じでした。
もりまりもさん 6点(2004-05-29 00:49:23)
42.《ネタバレ》 冒頭のカメラワークと青黒い画面と音楽に圧倒され、それ以上ひとりで見るのが怖くて友達と見ました。ホラー慣れしてる私が、気持ち悪くなったほどの迫力。覚悟のいる映画でした。ところがです。なんて誠実な映画なんでしょうか。
面白いとかの娯楽性もないけど、他の戦争ものなどの
シリアスでありながら見せてしまう娯楽優良映画とは違う。
シンドラーやライアン・・
私、この映画で前から映像としては嫌いだった、ヤヌス・カミンスキーを見直しました。前出の作品はスピルバーグの訴える甘さと、カミンスキーの冷たい無機質な絵とが合わず、それが偽善とか言われながらも成功してきたと思う。これは、ふたりの息があってて、逆に一般にはつまらない。それもまた良いんじゃないかと、最後までこちらも真剣に見入りました。
良い作品ですよ。真面目すぎて、
山もなくたんたんとしてるけど、心がある。こういう作品の評価は難しい。このての映画ならば、演説シーンのあと拍手が沸き派手に盛り上るところが、なんとあっさりしたことか・・
これは賞狙いで作ったものではないと、見ててあきれるほどわかるのですが。ほんとのことを言うと、盛り上げて泣かせてくれるのを期待して、この監督の映画を見続けてました。
後味もいいし、ある意味泣かされても泣いたということは、ストレス解消になるものです。それだけが不満かな。
役者については言うことはありません。モーガン・フリーマンですが、静かでセリフも少ないけど、味がある人はあれでいい。映画本編を見た後、特典を見られることを強くお勧め。地味で暗い内容でしたが、他の監督がやってたらどうでしょう。レインメーカーよりはるかにわかりやすく面白かったけど・・スピルバーグは時間内でうまくまとめてると思います。損得や利害も、主人公を救えた結果でそれでいいと。誰も映画化したくない映画に、たまに手をつけ誤解を招く監督ですがそれも評価したい。この監督は、時代にあってないというか少し早い気がして、今これを作ったらどうとか考えます。今の自分は先祖が作ったというエピソードは、東洋的でなんか深いです。残酷で哀しい人種差別の映画なのに、エポックな星は優しい。
どこから来た?と問う弁護士の質問は重要な貿易領域問題。
それがまた、スピルバーグの手にかかると・・
あの、E.T.の答えを思い出す。アフリカが星のよう。
未知との遭遇も、通訳が重要でした・・
アルメイダさん 7点(2004-04-20 06:52:44)(良:1票)
41.いい映画なんだろうけど。。。
刹那主義さん 4点(2004-04-13 22:48:15)
40.歴史ものがたりをスペクタクルっぽく描いた渋い大作。下克上的な残虐シーンの冒頭に軽く引き、一転して政治的な小難しい話に軽いとっつきにくさを覚え、淡々としたその後のストーリー展開になじめずに、気がつけば中盤ぐらいまで観てしまった。もしこのまま終わっていたら全く共感できない映画だったに違いない。でも、ラストのアンソニーホプキンスの名演に息を呑んだ。凄すぎる。あの演説シーンだけがこの映画の価値、そのもの。あとは中途半端な出来損ないのエンターテイメントな展開。力技で半ば強引に感動させられた不思議な大作って印象です。
yuuaさん 6点(2004-03-19 22:25:18)
39.アメリカの負の歴史。ここまで正面切って描いた勇気に拍手を送りたい。もちろん、アメリカ人が観てどう思うか、それはわからないけど。
ロイ・ニアリーさん 7点(2003-12-12 11:18:55)
38.小説「ハンニバル」によると、飛行機のエコノミークラスの座席は、当時の奴隷船と2インチ程度しか間隔が違わないらしい。うーん、複雑・・・。
ガーデンノームさん 4点(2003-12-10 09:57:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 57人
平均点数 5.74点
000.00%
100.00%
223.51%
323.51%
41119.30%
51221.05%
61628.07%
747.02%
847.02%
935.26%
1035.26%

【アカデミー賞 情報】

1997年 70回
助演男優賞アンソニー・ホプキンス候補(ノミネート) 
撮影賞ヤヌス・カミンスキー候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)ジョン・ウィリアムズ[音楽・1932年生]候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞ルース・E・カーター候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS