Menu
 >
 >
 > ガタカ

ガタカ

Gattaca
1997年【米】 上映時間:106分
平均点: / 10(Review 418人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスSF
[ガタカ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-10-09)【イニシャルK】さん
公開開始日(1998-05-02
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督アンドリュー・ニコル
キャストイーサン・ホーク(男優)ヴィンセント・フリーマン
ユマ・サーマン(女優)アイリーン
アラン・アーキン(男優)ヒューゴ刑事
ジュード・ロウ(男優)ジェローム・ユージーン・モロー
ローレン・ディーン(男優)アントン・フリーマン
ゴア・ヴィダル(男優)ジョセフ局長
アーネスト・ボーグナイン(男優)清掃係シーザー
ウナ・デーモン(女優)看護士長
ザンダー・バークレイ(男優)ラマー医師
イライアス・コティーズ(男優)アントニオ・フリーマン
マーヤ・ルドルフ(女優)分娩担当の看護婦
ブレア・アンダーウッド(男優)遺伝学者
トニー・シャルーブ(男優)遺伝子ブローカー
ウィリアム・リー・スコット(男優)10代のアントン・フリーマン
宮本充ヴィンセント・フリーマン(日本語吹き替え版)
田中敦子〔声優〕アイリーン(日本語吹き替え版)
井上倫宏ジェローム・ユージーン・モロー(日本語吹き替え版)
阪脩ジョセフ局長(日本語吹き替え版)
藤本譲清掃係シーザー(日本語吹き替え版)
仲野裕ラマー医師(日本語吹き替え版)
立木文彦遺伝学者(日本語吹き替え版)
千田光男遺伝子ブローカー(日本語吹き替え版)
小室正幸アントニオ・フリーマン(日本語吹き替え版)
山野史人ヒューゴ刑事(日本語吹き替え版)
後藤敦アントン・フリーマン(日本語吹き替え版)
脚本アンドリュー・ニコル
音楽マイケル・ナイマン〔音楽〕
撮影スラヴォミール・イジャック
製作ダニー・デヴィート
マイケル・シャンバーグ
ステイシー・シェア
コロムビア・ピクチャーズ
ジョージア・カカンデス(製作補)
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特殊メイクブライアン・ペニカス
特撮シネサイト社(視覚効果)
美術ヤン・ロールフス(プロダクション・デザイン)
衣装コリーン・アトウッド
ヘアメイクヴェ・ニール(メイクアップ監督)
録音ゲイリー・A・ヘッカー
ポール・マッシー[録音]
リチャード・キング[録音]
ダグ・ヘンフィル
字幕翻訳佐藤恵子
スタントマイク・スミス[スタント]
その他マイケル・ナイマン〔音楽〕(指揮〔ノンクレジット〕)
あらすじ
遺伝子の優劣が社会的階層を決定する近未来。自然な形で生れたヴィンセント(イーサン・ホーク)は、遺伝子操作で生れたエリート=“適正者”に対して、“不適正者”のレッテルをはられている。宇宙飛行士の夢を追い続けるヴィンセントは、下半身不随となった“適正者”ユージーン(ジュード・ロウ)の身分を借り、宇宙開発事業を手がけるガタカ社の社員として潜りこむことに成功する…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
298.ジュード・ロウの演技などはかなり秀逸。中身もあるし感動もある。だがいかんせん、全編通してのテンションの低さゆえに盛り上がり切れない。合点の行かない点も多い。内容は味があるもののあまりに淡々と進む展開や作りの甘さに高揚感が欠けるのは否めない。もう一点、この作品のジャンル分けがサスペンスになっている場合が多いが、これはサスペンスではなくヒューマンドラマである。何に期待して観るかによって評価が違ってくると思うので良質のサスペンスを期待するのであれば注意すべき。
ムッシュ★いち~ろ!!さん [DVD(字幕)] 6点(2007-02-15 23:36:08)(良:1票)
297.CGなどに頼らない未来描写が素敵ですね。最近ではCGを多用する映画が多くなり、スタンリー・キューブリック的な未来像の作り方が減ったと思っていたのでこの映画は魅力的でした。線引きされた向こうに将来の夢がある不適正者だけでなく、何かを与えられるように生まれた適正者もそれぞれ切ないものを抱えているということでしょうか。こういった差別は映画中の遺伝子を確認する「システム」でなく、現代にも人種や学歴などを名目にした「固定観念」として人々の中に存在しているものだと思います。それにしても「A.I.」といいジュード・ロウは未来人の役が似合いますね、ユマ・サーマンも素敵でした。「GATTACA」というネーミングもセンスを感じました。
Thankyouさん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-01-31 18:10:22)
296.《ネタバレ》 ○設定はSFであれ、運命は操作できないが、諦めなければ何でも出来るってこと。○ヴィンセントに自分の夢を託し、全てを消すため焼死するジェローム。何とも感動的ではあったが、もう少し彼らの心理描写を描いてもと感じた。○弟を作るために訪れた病院で医師が「欠陥は性格だけで十分」と言っていたが、ガタカに入っても、詐称する奴、見逃す奴、殺人を犯す奴が居るところと妙にリンクした。○宇宙は胎内に似ていると言うセリフと、ラストの故郷に帰ると言うセリフもリンクしていた。○映像から醸し出される雰囲気が最高。小物や建物など変に凝っていないのも良い。地味ながら音楽も出過ぎず良かった。○ストーリーに関わる主要キャスト全てが素晴らしかった。J・ロウ、U・サーマンと言い雰囲気と見事にマッチしていた。○ガタカ内に女性が少ないと感じたのは気のせいだろうか?
TOSHIさん [DVD(字幕)] 9点(2007-01-31 15:50:03)
295.《ネタバレ》 こんなに全てが美しい映画はその後もなかなかお目にかかれない。
どこかミッドセンチュリーな雰囲気の近未来の舞台もスタイリッシュだし、
主演の3人も一番美しい時期に撮ったと思われる作品で特にユマ!!
パルプフィクションの時も怪しい美しさでしたが、この映画のユマは本当に
光り輝く女神のよう。やっぱり恋してたからかなぁ・・・奥目の男に。イーサンホークもいつもは特にハンサムとは思わないんだけど、この映画だけは役柄とぴったり
外見がマッチしてるせいもあるのか、魅力的に見えました。ジュードは、もう
、言わずもがな。この時若いし、車椅子という効果的なセッティングだし、
ジュードはやっぱり「恵まれすぎた人で、悲劇的な」役が一番合うなぁ。
話も、必要以上に熱くなりすぎたり、ミステリアスになりすぎず、
割とたんたんと終末まで持っていく感じが上手くて好きです。
オチがちょっと弱いような気もするけど、いや~、この映画は
この描かれた世界のスタイリッシュな雰囲気に酔い、遺伝子によって全て決められてしまうことの不条理に悲劇的な気分になることが重要なのかな?って。公開時、
「美しすぎる未来。君に、届かない」とかいうコピーでしたっけ?確かにイーサンに
ユマは届かない嫁だったんだね。




やわらか戦車さん [映画館(吹替)] 9点(2007-01-06 00:00:25)
294.母親の胎内にいる受精卵の中からより良い受精卵を選ぶ行為が、今実際に現実の社会で「医療行為」として行われているんですよね。その先に存在することが十分推理できる社会を、この映画は描いていて本当に恐ろしく、引き込まれた。一度観ておいて良かった映画です。
ヒロさん [DVD(字幕)] 8点(2006-12-25 00:50:14)
293.《ネタバレ》 これをサスペンスとして見ると失敗します。ヒューマンドラマとして見るべきでしょう。
未来の映像はきれいで、科学レベルによる差別など、考えさせられるところはあります。現実でも、白人より黒人の方が遺伝子的に知能が低いなどというデータは発見されており、そこへつながっていく可能性は十分にあるので、結構現実的なテーマだと言えよう。
θさん [DVD(吹替)] 9点(2006-12-20 13:39:00)
292.愛情とか友情が深く感じられる温かい映画でした。人間っていいものだと思います。その一方であんな世界を作ったのも人間。細かい点はいろいろツッコミ所もあるでしょうが、大まかな方向性としてはリアルで怖さも感じる。「風にさらわれた」と言ってくれる人だけじゃありませんからね。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 10点(2006-11-23 08:18:46)
291.《ネタバレ》 現在から始まる冒頭シーン、櫛にワザと髪の毛を落とすなど、伏線を張っているが、まだ設定がはっきりしていないため、何をやっているのか解りにくい。
ビデオだと前に戻って「ああ、これか」となるが、劇場で見た場合はなんのことか解らないだろう。「差別は科学レベルで行われている」というのがゾッとした。
カタログさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-11-10 00:51:32)
290.ジュード・ロウがいい。ユマ・サーマンもきれい。でもたいくつ。会社に入る際に毎日指をさされるのって
なんか原始的すぎるんだが。血豆ができないんだろうか?
pokobunさん [DVD(吹替)] 6点(2006-08-04 20:49:41)
289.ユージーンの最後の行動に涙しました。彼も幸せだったんですね・・。にしてもユマ・サーマンは美しかった!!
ネフェルタリさん [DVD(吹替)] 9点(2006-07-17 10:22:08)
288.こんな世界には生きたくないな~  でも、ユマ・サーマンの遺伝子を受け継ぎたい女性は多いんじゃないかな~  
作品としてはスタイリッシュであり未来的な造形を描いているのに走ってる車をあえてレトロ調にしてる所なんかが素晴らしい。また、過剰なアクションで誤魔化さないところなんかも良いし、ヴィンセントが不適格者である事が“バレるんじゃないか?捕まるんじゃないか?”と思わせるドキドキ感がたまらない。派手さは無いけどサスペンス的には良くできた作品だと想います。
みんてんさん [DVD(字幕)] 8点(2006-06-27 00:37:48)
287.《ネタバレ》 何を買おうか迷ってる友人に、予備知識ゼロなのに個人的に好きな俳優が出演してて良さそうだから、なんとなく買わせたDVDで観ました(悪)、ジャンルがサスペンスになっていたので、ドキドキしながら観ようかと思ってましたが、良い意味で期待を裏切られたヒューマンドラマでした。スーツのままロケットに乗れる世界なので、強靱な体力はそれほど必要ではないのでは?
ないとれいんさん [DVD(字幕)] 7点(2006-06-19 10:59:55)(笑:1票)
286.《ネタバレ》 何十年後かには確実に訪れそうな最先端選民思想への恐怖をうまく描いていると思う。 少し冗長な分カタルシスも弱いが、展開自体はなかなかスリリング。 「着眼点の良さ」を、ストーリーが壊すことなく、キッチリ仕上がっていると思う。 面白かった。
とっすぃさん [DVD(字幕)] 9点(2006-06-15 01:29:16)(良:1票) (笑:1票)
285.この作品は大好きなので書きたいことは山ほどあるが、やっぱりラストシーンが音楽、セリフなど全部好き。なんど見ても飽きないです。
srprayerさん [DVD(字幕)] 10点(2006-05-29 06:00:19)
284.《ネタバレ》 この物語で注目すべきテクニックは対比にある。例えば、優性×劣性、オプティミスト×ペティミスト、裕福×貧富、社会×人間、科学×生命。対比の構図がいろんなところに存在する。その対比が果てしない未来にリアリティを持たせている。
 ところで、ジェロームはなぜ最後にあんなことをしたのでしょう?この謎がうまいテクニック。この謎が完全に解けるまで、何度も観て楽しむことができる。
028さん [ビデオ(字幕)] 9点(2006-05-06 16:07:33)(良:1票)
283.《ネタバレ》 刑事が捜査の初歩中の初歩を省いていたり、つっこみどころはいくつかあるけど、それは些細なこと。と思えるほど、心にしみてくるものがある。
MARK25さん [DVD(字幕)] 8点(2006-04-27 22:11:37)
282.今まで色んな要因で格差が作られてきましたが、近い将来このような社会になってしまうのでしょうか。あんまりぞっとしないですね…
サイレンさん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-04-22 07:59:32)
281.リアルな感じがいいですね。このような未来がくるんだろうか。
十人さん [DVD(吹替)] 8点(2006-04-20 18:43:24)
280.《ネタバレ》 観てすぐのころ、職場の同僚と「なんでジェロームはあんな苦しい死に方を選んだんだろう」と考えていたのですが、その理由に思い当たって二人して言葉を失ったおぼえがあります。初めて観てからもうすぐ8、9年ぐらい(!!!)たちますが、いまだにまた観たくなる映画です。最後のヴィンセントのナレーションでため息をつき、エンドロールをなんともやるせない気分で眺めるのが癖になってしまってるのかも・・・。音楽がまた素敵すぎて、ガタカ熱に拍車をかけてしまうのでした。
かいろさん [DVD(字幕)] 10点(2006-04-17 22:34:11)(良:1票)

279.この作品を「スタイリッシュな映像」という言葉で表現をすることがよくあります。確かにその通りなのですが、これだと単なるオシャレ系の作品と思ってしまい、敬遠される方がいるかもしれません(実際自分がそうでした)。また、SF作品としては突っ込みどころが満載です。時代とテクノロジーの設定に関しては、かなり粗さが目立ちます。しかし、これは些細なことです。この作品の持つ真の魅力は、「人は何のために生まれてくるのか」という人間が持つ根源的なテーマを、美しい映像と深みのある音楽、そして何より緊張感あるドラマで描いている点にあると思うからです。鑑賞後、切なさを含んだ複雑な感情を呼び起こす、素直に観て良かったと思える名作です。
目隠シストさん [DVD(字幕)] 9点(2006-04-17 17:35:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 418人
平均点数 7.75点
000.00%
100.00%
210.24%
330.72%
4122.87%
5317.42%
6378.85%
78019.14%
810926.08%
97818.66%
106716.03%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.47点 Review17人
2 ストーリー評価 8.26点 Review34人
3 鑑賞後の後味 8.25点 Review31人
4 音楽評価 7.19点 Review26人
5 感泣評価 7.85点 Review20人

【アカデミー賞 情報】

1997年 70回
美術賞ヤン・ロールフス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS