ロッカーズ ROCKERS(2003)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ロ行
 > ロッカーズ ROCKERS(2003)の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ロッカーズ ROCKERS(2003)

[ロッカーズ]
2003年上映時間:105分
平均点:6.87 / 10(Review 39人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-09-27)
ドラマ青春もの音楽もの
新規登録(2003-10-26)【戦慄の右クロス】さん
タイトル情報更新(2016-04-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督陣内孝則
助監督杉山嘉一(監督補)
キャスト中村俊介(男優)ジン
玉木宏(男優)タニ
岡田義徳(男優)モモちゃん
佐藤隆太(男優)ガクちゃん
塚本高史(男優)コーちゃん
上原美佐〔1983年生〕(女優)真弓
玉山鉄二(男優)桜井
伊佐山ひろ子(女優)高木芳江
小林且弥(男優)
はなわ(男優)
白竜(男優)山路
小泉今日子(女優)杉村パルコ
中井貴一(男優)牧師
佐藤浩市(男優)人見医師
八嶋智人(男優)若い医師
松重豊(男優)コンテスト司会者
鈴木京香(女優)看護婦
大杉漣(男優)マスター
風間トオル(男優)
モト冬樹(男優)キース・リチャード似男
麻生祐未(女優)母親
原作陣内孝則(原案)
脚本斉藤ひろし
製作木村純一(製作総括)
ギャガ・コミュニケーションズ
テレビ朝日
製作総指揮早河洋
企画岩本太郎
鈴木裕光
プロデューサー杉山登
配給ギャガ・コミュニケーションズ
美術清水剛(美術監督)
あらすじ
舞台は福岡。4人組のバンド「ロッカーズ」を率いるジン(中村俊介)は、プロデビューに焦燥感を募らせていた。ギターのタニ(玉木宏)の加入でバンドは一気に加速、進退をかけてライヴ・コンテストに臨むが、タニには失明の危機が迫っていた・・・。陣内孝則監督の半自伝を映画化。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
39.よくあるストーリーですが、脚色はあるにしろ陣内監督の実体験ベースで作ってるのでよく出来てると思います。
演奏の多くを当時のルースターズのメンバーからなる現役バリバリのロックンロール・ジプシーズがやっていて(ボーカルは中村俊介ですが)監督の思惑通りの迫力あるライブシーンになってると思います。ルースターズ、ロッカーズからの楽曲のセレクトもいいです。玉山鉄二もモダンドールズがモデルのヘンテコなライバル役でしたがなかなか印象的で、フーっと将棋倒しに失神しちゃう女ファン達には笑いました。
クリプトポネさん [DVD(邦画)] 7点(2017-08-02 00:15:31)
38.バカ映画ではあるが、分かっていても結構面白い。
音楽系(?)で日本の作品でたまにはこういうのを観るのも悪くないか。
simpleさん [地上波(邦画)] 6点(2016-11-13 21:47:47)
37.見所はライブだけ、深みも感じられないし中途半端。
ProPaceさん [地上波(字幕)] 5点(2016-11-12 22:29:57)
36. 福岡、博多が舞台になっただけでうれしか。「きさん」って久しぶりに聞いた。昔はヤンキーが多かったけん、こんな言葉遣いみんなしよった。バンドもよかー。なつかしか。良い映画やけど、福岡出身じゃない人にはセリフが聞き取りづらかろーっ。
たきたてさん [DVD(邦画)] 7点(2011-12-06 03:48:01)
35.まったく期待せずに見ましたが ライブシーンの迫力で思わず足踏みをしてしまいました
ロッカーズはリアルタイムの体験でしたので懐かしさもありますが、それを差し引いてもよくできた構成でした。ストーリーはベタなのですがね
かじちゃんパパさん [地上波(邦画)] 6点(2011-03-07 15:54:51)
34.陣内孝則が監督をして自分役に中村俊介を持ってきたのは映画だから仕方ないけれど、あの人自分は歌下手くそのくせに音楽に関して偉そうで嫌な感じ…というのは映画とは関係ないけれど、コミカルな部分は全然笑えなかった。ストーリーもわざとらしく、楽曲、ライブシーンも別段よいとは思えず、俳優勢の豪華さだけが際立つ個人的には全く惹かれない映画でした。方言も不自然です。
なこちんさん [DVD(邦画)] 3点(2010-12-20 13:25:43)
33.《ネタバレ》  玉木宏のあどけない顔に驚いた。サインの練習をしている時のアップ。頬がこけてないせいか?MWを見た後だったので、なんか、すごく懐かしい気がした。玉木宏はもうこの時代を通過したのだと思って。
 演奏シーンは色々誉められているので、他の所を。付けニキビまでして見事なブスに造った上原美佐との絡みが良い。ここで玉木が出している声は、他のどの作品よりステキだ。
TAMAKISTさん [DVD(邦画)] 10点(2009-12-20 00:24:13)
32.《ネタバレ》 ロッカーズはリアルタイムで知っております。
なので劇中で流れるタテノリの音楽に対して「あ~懐かしい」と思わず唸ります。
全編「博多弁」で台詞が構成されており、最初は「???」って聞き取り辛い部分も多々ありましたが、映画を見ているうちにそれも自然と納まり最後まで楽しく見ることができました。
特に印象的だったのは俳優達がしっかり演奏をしていることです。
こういったバンドを題材にした映画やドラマは「演奏しているフリ」「手元だけプロ」というのが当たり前だと思っていましたけど、この作品はギターにしろドラムにしろしっかり演奏していて彼らの手元もカメラがしっかり追っています。
そこが「ホンモノのバンド映画」を作りたかった監督の意図なんだろうなと思います。
唯一難点を書きますと、台詞回しや撮影技法など「どこかで見たことある」「聞いたことある」と思ってしまったこと。
それはクドカンの作品。
出演者のうち数名が彼の作品に出演していたこともありますが、どうしても「木更津キャッツアイ」や「池袋ウェストゲートパーク」を頭に思い浮かべてしまう映像がありました。それも難点と言うほど鼻に付く訳ではないんですけどね。
総じて真面目に音楽を題材に映画を作りたかった監督の「情熱と意思」が見る側にしっかり伝わる映画でした。
秀作です。

ゆたさんさん [DVD(邦画)] 6点(2009-08-07 15:34:37)
31.《ネタバレ》 これはある知人の強ーーーーい勧めで観ることになりました。正直期待してませんでした、はい。最初からベタ~なギャグが続き うむむ~と思ってましたが、このノリに慣れてくると…なかなかいやいやどうしていいじゃないですか!(笑) フと気がつくと意外に出演者が豪華・見たことのある場所がいっぱい出てきて→「岩田屋のごたる家に~で歯磨き」なんて、かなりいい! みなさん博多弁うまい 特にお父さん役バリうま!! 陣内氏の 亡きメンバーへ・そして福岡・博多への熱い想いが表現されたいい作品です。 こりゃいっぺん見らないかんですバイ!
Kanameさん [DVD(邦画)] 9点(2009-02-20 21:53:12)
30.《ネタバレ》 演奏シーンもまあ良かったですが、コミカルなシーン結構良くってビックリしました。ウインナーコーヒーとサインの練習のところが面白かった。
紫電さん [DVD(邦画)] 6点(2009-02-17 22:09:10)
29.《ネタバレ》 曲はルースターズを中心として使われててかっこいいし、ライブとかのカメラワークもツボを押さえているし、テンポもいいし、とにかく爽快です。ライバルバンド達のレベルも高くて楽しめます。客のノリがイマイチかっこ悪いのと、バンドがいきづまらないでトントンすぎるところが惜しいです。出演者がちょっと旬すぎるけど、いい味はでてました。陣内さんのロック好きっぷりが前面に出ていて、やる気の出る映画ではないでしょうか。ロックンロールでビッグになりたいやつ必見の意外な良作。
すべからさん [ビデオ(邦画)] 9点(2008-11-17 15:50:11)
28.《ネタバレ》 これからオヤジバンドを組むということで、バンドメンバー(予定・31歳)に薦められて観ました。思ったより楽曲が良かったので、いい意味で裏切られました。あれ、中村俊介歌ってるんですよね?いい声してますね、ちょっと氷室っぽくって。コンテストのシーンはめちゃカッコよかったけど、他バンドの演奏がエライ長く感じたなぁ。他バンドはちょっとだけ、雰囲気がわかればいいのに。ストーリー的に「スゲーよかった!」とか「感動した!」ってのがなかったのは残念だけど、やっぱバンドやりてーなぁと思える作品でした。あと、桜井気持ち悪いw
グングニルさん [DVD(邦画)] 5点(2008-09-14 11:50:39)
27.《ネタバレ》 個人的にはロッカーズといえばやはり陣内孝則。本作に出演している中村俊介がホントに若い頃の陣内孝則に見えました。なにより谷役で出演している玉木宏がメチャクチャカッコ良い。玉木宏がこんなにカッコ良く撮れてる映画は始めてかもしんない。おそらく監督の陣内さんの手腕でしょう。ブラボー。亡きロッカーズのメンバーの谷さんへ捧げるための作品ですが湿った雰囲気ではなく、ところどころにギャグをちりばめており非常に軽い感じで鑑賞できるつくりになっています。でもノリは軽いですが、陣内さんの、亡き谷さんへの友情・愛情がヒシヒシと感じられる良い作品です。
Endorphineさん [DVD(邦画)] 9点(2008-07-20 07:37:42)
26.僕が音楽物の映画に求めるのは、ベタベタなストーリー展開。努力して練習して、葛藤やぶつかり合いがあり、本番で優勝するって流れを見たくてみてるので、その通りに進んで満足。ふしぶしのギャグが陣内監督の古臭さが出てしまっているのが痛々しかったが、それはそれでテンポよく見れて総じて高評価。監督がミュージシャン出身ってはじめて知りました。
六爺さん [DVD(邦画)] 7点(2008-05-26 01:53:14)
25.とくにロッカーズのことを詳しく知らないですし、たまたま観ただけなので…正直ファンだけ観れば十分かと思います…でも演奏シーンは迫力ありました。
垢抜け戦隊さん [DVD(邦画)] 1点(2007-08-04 15:26:17)
24.期待したわりには・・・でした。この手のバンドもの映画は星の数ほどあるからストーリー展開とか目新しい所は特にないし、ライヴシーンも中村の歌と、意外にも演奏が下手で楽しめませんでした(というか曲的にRockersというよりはPunkersじゃない?)。それとラストも実話とはいえ悲しい終わり方なのが残念!せっかくだからお馬鹿丸出しなハッピーエンドで終わって欲しかったかな。とはいえ本作で一番輝いていた玉木宏のカッコよさ、陣内の初監督にしたら悪くない出来ということを評価して5点!それにしても 王様とモト冬樹は何故出てたの?
ピルグリムさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2006-07-20 17:39:14)
23.冒頭のシーンから自分の家の近所ばかり映っていて興奮しまくり。「うぉ、あの橋だよ!」「うゎ、あのラーメン屋だよ!!」興奮がやまない映画でした。
ばっじおさん [ビデオ(字幕)] 6点(2006-05-03 12:05:37)
22.ベタベタな展開ですね。随所にアマチュア監督っぽさがあり、またそこも映画の中身の荒っぽさとあいまって魅力かな?自分的にはラストのLIVEまでに歌のシーンが多いのでちょっと飽きてしまいました。フルコーラスは最後だけでもいいかな。まぁ誰が作ってもこれぐらいの水準の作品は作れるでしょう。でもロッカーズって二人だけのものじゃないんでしょ?メンバーがいてファンがいて成立するものなのに二人だけの世界が延々とあって。。。もうちょっと回りのみんなにも気を配ってほしかったです。
たかちゃんさん [DVD(吹替)] 5点(2006-04-13 16:19:54)
21.九州の男はやっぱりよかねー。何も考えずに楽しめました。
リニアさん [DVD(字幕)] 7点(2005-11-23 17:44:55)
20.この作品は普通だったら見てないと思います。でもこのホームページで平均点が高かったので、皆さんの感想を読んでみて、見てみようかなって思いました。ここで皆さんが書かれている通り、すごくおもしろく、ラストも迫力があって、期待以上に楽しめました。『た か く ら け ん!! た か く ら け ん!!』って最高☆ やっぱり音楽も良くて、サントラも借りちゃいました(^^) 私的にはこの音楽の中でも ♪ぼくのステッキが~ きみのステップに~ の歌がお気に入りです!!
makoさん [ビデオ(字幕)] 8点(2005-11-16 19:22:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 39人
平均点数 6.87点
000.00%
112.56%
200.00%
312.56%
412.56%
5615.38%
6820.51%
7615.38%
8717.95%
9615.38%
1037.69%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.33点 Review3人
2 ストーリー評価 8.80点 Review5人
3 鑑賞後の後味 8.20点 Review5人
4 音楽評価 8.60点 Review5人
5 感泣評価 6.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS